シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

ドコモの648円スマホはdocomo withよりもお得なのか料金を徹底比較!


ドコモの648円端末はdocomo withよりお得?

ドコモには648円で購入できる格安スマホがありますが、ずっと1,500円の割引を受けることができるdocomo withの対象機種ではないので基本料金の割引を受けることができないので、648円端末を購入するかdocomo with対象機種を購入するか非常に迷うところ。

ということで、ドコモに安く乗り換えたい時に648円端末を選ぶべきなのか、docomo wtih対象機種を選ぶべきなのかを比較してみたいと思います。これから、ドコモに乗り換えてみようかと考えている方は是非参考にしてください!

 

ドコモの648円スマホ vs docomo with対象端末 どっちがお得?

648円スマホとは

ドコモが販売している648円スマホは端末購入サポートにより端末価格から割引することで一括600円(税込648円)で購入することができる超格安のスマホのことです。

648円スマホのラインナップ

現在販売している648円スマホは以下のラインナップとなっています。

648円スマホのラインナップ
  タイプ 価格 割引金額 実質価格
Xperia XZ1 Compact SO-02K 購入サポート 77,760円 -77,112円 648円
arrows NX F-01K 月々サポート 87,480円 -87,480円
MZ-01K 月々サポート 92,664円 -92,016円
らくらくスマートフォン4(F-04J) 購入サポート 58,968円 -58,320円

さすがにラインナップは豊富ではありませんが、今でもバリバリ現役で使うことができるSonyのXperia XZ1 Compactや、富士通の「ザ・割れにくいスマホ」のarrows NX F-02K、2画面スマホのMZ-01Kなどを選ぶことができます。

残念ながら648円スマホにiPhoneはないのでAndroidスマホを使うことになりますが、Androidスマホに関してはdocomo withよりも基本性能が高い端末が多いのが実情です。現在は在庫はありませんがジョジョスマホもハイエンドスマホですしね。

とはいえ、購入時に648円を支払うだけで今後の支払いはないので月々の支払いは通信費用だけになるので端末代金の高いiPhoneやAndroidを購入するよりも間違いなく月々の支払を抑えることが可能となっています。

648円スマホの適用条件と注意点

648円でスマホを購入するにはいくつか適用条件があります。

648円スマホの適用条件
  • カケホーダイ、カケホーダイライト、シンプルプラン、データプランのいずれかの契約
  • ドコモ指定パケットパック/ シェアオプションの契約
  • 購入サポートに対応した端末は購入から12ヶ月の契約が必須
  • 月々サポートに対応した端末は購入から24ヶ月の契約が必須

購入サポートに対応した端末は購入から12ヶ月以内に機種変更、契約解除、SIMロック解除すると解約金と割引額変換(解除料)が発生するので注意してください。

月々サポートに対応した端末は24ヶ月以内に機種変更したり契約解除すると割引が終了となり、残債を支払う必要があるので注意しましょう。

docomo withとは

docomo withは対象端末限定で月々の基本料金から1,500円をずっと割引してくれるサービスでイメージとしてはこんな感じです。

docomo with 料金プランの仕組み

通常のドコモの料金プランは基本料金から24ヶ月の月々サポート(端末割引)を受けることができますが、docomo withは25ヶ月以降も1,500円の割引を受け続けることができるので最安で月々280円でドコモの回線を使うことができる料金プランです。

docomo withの対象機種は以下の通りで2019年2月27日よりiPhone 7もdocomo with対象端末に入っています。

docomo with 対象機種の価格
機種 一括払い 24回払い 1,500円割引後の実質価格
iPhone 7 39,600円 1,650円/月 150円/月(3,600円)
AQUOS sense2 SH-01L 29,400円 1,225円/月 -275円/月(-6,600円)
Galaxy Feel2 SC-02L 39,000円 1,625円/月 125円/月(3,000円)
らくらくスマートフォン me F-01L 40,200円 1,675円/月 175円/月(4,200円)
arrows Be F-04K 31,200円 1,300円/月 -200円/月(-4,800円)
LG style L-03K 37,200円 1,550円/月 50円/月(1,200円)
AQUOS sense SH-01K 28,200円 1,175円/月 -325円/月(-7,800円)
MONO MO-01K 23,400円 975円/月 -525円/月(-12,600円)
らくらくスマートフォン me F-03K 36,000円 1,500円/月 0円

正直なところdocomo with対象機種はiPhone 7以外はちょっと微妙な感じなので、欲しい端末が見つからないのなら648円スマホを選ぶのも良いでしょう。

docomo withのiPhone 7(32GB)は月々150円となり実質3,600円で購入することができます。MOMO MO-01Kなら端末価格よりもdocomo withの割引金額の方が高く基本料金から端末代金を越えて割引を受けることができます。

docomo withの適用条件と注意点

docomo withでスマホを購入するには適用条件があります。

docomo withの適用条件
  • docomo with対象機種を購入すること
  • カケホーダイ、カケホーダイライト、シンプルプランのいずれかの契約
  • ドコモ指定パケットパック/ シェアオプションの契約

24ヶ月以内に機種変更したり契約解除すると割引は終了して残債を支払う必要があります。docomo with対象機種に機種変更した場合は1,500円の割引は継続されますが一つ前に契約したスマホの端末代金はしっかり支払う必要があります。

648円スマホとdocomo withの月々の料金

Xperia XZ1 CompactとiPhone 7の月々の料金を比較してみました。一人で契約した場合と家族でシェアオプションを使った場合の料金で試算しています。

Xperia XZ1 Compact・iPhone 7(一人の場合)
  Xperia XZ1 Compact iPhone 7
シンプルプラン 980円
ベーシックパック(〜1GB) 2,980円
SPモード 300円
端末価格 72,000円-71,400円 = 一括600円 39,600円-36,000円 = 3,600円
月々:1,650円 × 24回 = 1,500円
1年目 4,260円 4,410円
2年目 4,260円 4,410円
3年目 4,260円 2,760円
Xperia XZ1 Compact・iPhone 7(家族と使う)
  Xperia XZ1 Compact iPhone 7
シンプルプラン 980円
シェアパックオプション 500円
SPモード 300円
端末価格 72,000円-71,400円 = 一括600円 39,600円-36,000円 = 3,600円
月々:1,650円 × 24回 = 1,500円
1年目 1,780円 1,930円
2年目 1,780円 1,930円
3年目 1,780円 280円

648円スマホのXperia XZ1 Compactは購入時に支払いが終わるので3年目以降も月々の料金が変わることはありませんが、docomo withのiPhone 7は端末代金の150円が必要となるので24ヶ月間の料金は648円スマホの方が安くすることができます。

iPhone 7とXperia XZ1 Compact 料金の違い

3年目以降も同じ端末を使い続けるのなら648円スマホではなくdocomo with対象機種を選んだ方が月々の料金を安くすることができます。

しかし、3年置きに新しいスマホに機種変更していきたいならdocomo withではなく648円スマホを選んだ方が月々の料金を下げることができます。

ちなみに、docomo withのMOMO MO-01Kは端末価格が月975円なのに対して割引が1,500円なので端末代金を支払うどころか基本料金から525円の割引を受けることができるとんでもないものとなっています。

Xperia XZ1 CompactとMO-01K 料金の違い

MO-01Kというスマホは性能はあまり期待できませんが、スマホとしての機能は普通に使うことができるので、とにかく通信料金を安くしたいのであれば悪くない選択肢になるのではないでしょうか。

648円スマホとドコモの学割の組み合わせ

ドコモの学割は25歳以下なら1,500円の割引を最大13ヶ月受けることができるサービスで、docomo withとの併用ができません。

648円スマホならドコモの学割を適用させることができて、1年目は基本料金から1,500円割引となるので端末代金の支払いが必要となるdocomo withよりも安い料金にすることができます。

ウェルカムスマホ割の組み合わせ

648円スマホはFOMAケータイ(ガラホ・他社のケータイも対象)からXiスマホに機種変更すると1,500円の割引を最大13ヶ月受けることができるウェルカムスマホ割を適用することができます。

つまり、子どもがすでにキッズ携帯を使っていてスマホデビューする場合はウェルカムスマホ割(1,500円割引)、さらにdocomo with対象機種(1,500円割引)で計3,000円の割引となります。

子どもが新規契約やスマホからの乗り換えする場合はドコモの学割(1,500円割引)が適用されますがdocomo withを併用できないので648円スマホを選ぶことになるます。

ドコモの学割・ウェルカムスマホ割
  新規契約・スマホから乗り換え ケータイ・キッズ携帯から乗り換え
ドコモの学割 648円スマホ -
ウェルカムスマホ割 - 648円スマホ or docomo with対象機種

学生でケータイやキッズ携帯からの乗り換えなら648円スマホ、docomo with対象機種のどちらを選んでも1,500円割引となりますが、新規契約の場合は648円スマホだけが1,500円割引の対象となります。

648円スマホとdocomo with対象機種 どっちがおすすめ?

648円スマホを選ぶべきか、docomo with対象機種を選ぶべきかをまとめます。

648円スマホがおすすめの人は

648円スマホがおすすめの人
  • 毎年、スマホを機種変更していきたい
  • 欲しい端末が648円スマホにある
  • Xperia XZ1 Compactを購入したい
  • 学生ですでにスマホを使っていた(ドコモの学割を適用させる)

648円スマホは端末購入サポートによる端末割引によって648円で一括購入できるようになっています。docomo with対象機種じゃないので1,500円の割引を受けれない通常の料金プランが適用されますが12ヶ月の利用期間が過ぎれば機種変更してもOKです。

つまり、1年ごとに648円スマホを機種変更していくこともできるので意外と面白い使い方ができるのかなと思います。というのも、基本的に648円スマホはdocomo with対象機種よりも性能が高い機種が多いので選ぶメリットは大きいでしょう。

Xperia XZ1 Compactは2018年2月に648円スマホに仲間入りした機種ですが、そこらへんの格安スマホよりも性能がかなり高く、画面サイズも4.6インチと小さく片手操作でスマホを使いたい方には打って付けの機種となっています。

1年ごとに648円スマホを機種変更していく以外にもdocomo with対象端末を購入して1,500円の割引を受けるプランに変更して648円スマホを使い続けるのもいいのかなと思います。

docomo withがおすすめの人

docomo withがおすすめの人
  • 長く同じスマホを使いたい(3年以上)
  • とにかく月々の料金を安くしたい
  • iPhone 7を購入したい
  • 3年後にSIMフリー版スマホを使おうと思っている
  • 学生でキッズ携帯からの乗り換え(ウェルカムスマホ割を適用する)

なによりも月々の支払い金額を安くするのを優先したい方はdocomo with対象機種を購入がおすすめです。3年経過後も機種変更しなければずっと1,500円の割引を受けれるのでトータルで通信料金を抑えることができます。

お子さんがキッズ携帯(他社でもOK)を使っていたならウェルカムスマホ割を適用してdocomo withと組み合わせることで最大13ヶ月は3,000円の割引を受けることができるので、めちゃくちゃお得です。

docomo withならiPhone 7を実質3,600円で購入することができて3年目以降も1,500円の割引を受けることができるので、かなり安くドコモを使うことが可能となるのでおすすめです。iPhone 7がdocomo with対象機種になったことについてはこちらをどうぞ!

ドコモオンラインショップでスペシャルキャンペーンが開催しています。

ドコモオンラインショップのメリットはこちらで詳しく書いています。契約手数料と頭金を無料で手続きすることができるのでお得です。

ドコモ光とクレカのdカードGOLDを組み合わせることでドコモのスマホ料金を安くすることができます。

小学生になる子どもに持たせたいキッズ携帯、みまもりスマホについてはこちらをどうぞ!

やっぱり格安SIMと組み合わせたいという方はこちらを参考にどうぞ!