シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone XRはiPhone XS Maxよりおすすめ!トータルバランスに優れたスタンダードモデル。


iPhone xS MaxよりiPhone XRを選ぶべき理由

2018年モデルのiPhoneは5.8インチ・6.1インチ・6.5インチの3つの画面サイズから選ぶことができるようになったので、どのサイズのiPhoneを選ぶべきか分からなくなってしまいますが、よっぽどのことがない限り一番安い価格で買うことができるiPhone XRを選んでおけば問題はないでしょう。

むしろ両機種を実際に使ってみて、iPhone XS Maxを選ぶよりもiPhone XRにした方が使いやすさは上なんじゃないのかな...と思ってしまうほど。

ということで、なぜiPhone XS MaxよりもiPhone XRの方がいいと思うのか。その理由について。

 
↓ iPhone XS/XS Max/XRをキャリアで買う ↓

iPhone XRはトータルバランスに優れたモデル

iPhone XRは端末価格が安い

iPhone XRの端末価格は2018年にリリースされたiPhoneの中で一番低価格で買うことができます。iPhone XRはiPhone XSよりも28,800円安く、iPhone XS Maxよりも40,000円も安く買うことができます。

  iPhone XS
5.8インチ
iPhone XR
6.1インチ
iPhone XS Max
6.5インチ
64GB 112,800円 84,800円 124,800円
128GB - 90,800円 -
256GB 129,800円 101,800円 141,800円
512GB 152,800円 - 164,800円

価格だけで見ると完全にiPhone XRを買うべきだろうと思ってしまいますが、それでOKです。よっぽどのこだわりがないのであればiPhone XRを買えば特に問題はないのかなぁと思います。

また、iPhone XRの端末価格はiPhone 8 Plusの初値よりも5,000円ほど安い価格設定になっているので、PlusユーザーはXRに乗り換えるのがおすすめです。

  • iPhone 8 Plus(64GB)の初値:89,800円
  • iPhone XR(64GB):84,800円

iPhone XRはiPhone 8 Plusよりもサイズダウンしながら画面サイズが大きくなっており、価格も安くなっているのでコストパフォーマンスは非常に高いものとなっています。

ダブルカメラ機能や有機ELディスプレイじゃないと嫌だという方はiPhone XSかiPhone XS Maxを選ぶしか選択肢がありませんが、そこまでこだわりがなく大きめの画面サイズのiPhoneが欲しいならiPhone XRが最適な選択になるでしょう。

64GBの次の容量が256GBではなく128GBというのも選びやすい理由の一つでもあります。

iPhone XRはXS Maxよりも小さいが表示領域の大きさは同じ

画面解像度と表示領域の関係について

iPhone XRのディスプレイサイズは6.1インチとiPhone XS Maxの6.5インチよりも少しだけ小さいサイズのものを搭載しています。

画面解像度はiPhone XS Maxの方が高いのでiPhone XRよりも見やすいと思われがちですが、実はiPhone XRとiPhone XS Maxは画面サイズと解像度は違うが表示領域は全く同じなんです。

iPhone XS/XR/XS Max 画面解像度の関係
  iPhone XS iPhone XR iPhone XS Max
画面サイズ 5.8インチ 6.1インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ピクセル
458ppi
1,792 x 828ピクセル
326ppi
2,688 x 1,242ピクセル
458ppi
表示ポイント 375 x 812 414 x 896
倍率 x3 x2 x3

iPhone XSは375 x 812ピクセルをベースに素材を3倍拡大して表示していますが、iPhone XRはiPhone XS Maxと同じ414 x 896ピクセルを2倍拡大して表示しています。(iPhone XS Maxは414 x 896ピクセルを3倍拡大している。)

6.1インチで6.5インチと同じ作業領域を確保できる

つまり、iPhone XRはiPhone XS Maxと同じ表示ポイント数なので、iPhone XSよりも解像度は劣りますが、一度に表示することができる情報がiPhone XRの方が多くなっておりiPhone XS Maxと全く同じ情報量を表示させることができるのです。

実際に当ブログのトップページを表示させてみました。

iPhone XS・XR・XS Max 情報量の比較

左からiPhone XS/X、iPhone XR、iPhone XS Max

iPhone XRはiPhone XSよりも解像度が低いですがiPhone XS Maxと同じ情報量を表示しているのが分かります。

iPhone XS・XR・XS Max 画面表示領域の違い

左からiPhone XS/X、iPhone XR、iPhone XS Max

Apple StoreのMacの比較表もiPhone XRはiPhone XS Maxと同じ情報量を表示することができます。

画面解像度が低いのが気になるところですが、画素密度は300ppi以上になると肉眼で判別することができないと言われているので特に気にする必要はありません。実際にiPhone XRとiPhone XS Maxの画面を見比べてもどちらも綺麗な画面でうっとりすることができます。

こちらはエディタアプリのUlyssesをランドスケープモードで表示させたものです。

iPhone XS・XR・XS Max ランドスケープモードの違い

上からiPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X/XS

アプリにもよりますが、iPhone XRならiPhone XS Maxと同じようにランドスケープモードで画面を分割してフルで作業することが可能となっています。

ということから、iPhone XRはiPhone XS Maxよりもコンパクトサイズで同じ情報量を得ることができる最高のiPhoneとなっているのです。

 

片手でギリギリ使えるサイズ

iPhone XS Maxはどんなに頑張っても片手で操作するのは難しいですが、iPhone XRはギリギリ片手でフリック入力で文字を打つことができるのです。

iPhone XR・XS Max 片手操作

左:iPhone XR、右:iPhone XS Max

6.1インチサイズだと画面サイズが大きすぎて片手操作できないと思っていましたが、なんとか片手でも使えるレベルです。手の小さい方だと少し厳しいかもですが、少なくとも操作性はiPhone XS MaxよりもiPhone XRの方が上といっていいでしょう。

なお、iOSのキーボードは左寄せ・右寄せすることもできるのでiPhone XS Maxでも片手操作しようと思えばできます。

iPhone XS Max 片手キーボード

左寄せキーボードにするとiPhone SEと同じキーボードサイズになってしまうので幅が狭くて少し使いづらさを感じますし、両手使いするときにキーボードのサイズを元に戻さないといけなかったり色々と面倒なんですよね。(わがまま)

握り心地が思っていた以上に良い

iPhone XRはiPhone XS Maxより画面サイズが小さいので筐体サイズも少しだけコンパクトとなっており、思っていた以上に握りやすくなっています。おそらく、サイドフレームにアルミニウムを使っているのが影響しているのかも。

iPhone XR・XS Max サイドフレームの素材の違い

iPhone XS/XS Maxはサイドフレームはステンレススチールを採用していて指紋がベタベタ付いてしまうのでお手入れをしないとヌルヌル滑ってしまう(汚い)ことがあります。

しかし、iPhone XRのアルミフレームは指紋が付かないので清潔感もありますし、滑りにくくしっかりと握って使うことができます。iPhone XRの筐体サイズはiPhone XS Maxよりもコンパクトなのでしっかり持つことができて安心感があるのもメリットの一つといえるでしょう。

iPhone XRのカメラの画質はXS Maxとほぼ同じ

iPhone XRのリアカメラはシングルレンズカメラ仕様となっています。

iPhone XR・XS Max カメラの違い

iPhone XRのカメラはiPhone XS/XS Maxの広角カメラと同じものが搭載されているので基本的な画質は同じでiPhone XRは望遠カメラを使うことができないだけとなっています。

  iPhone XR iPhone XS/XS Max
広角カメラ 1200万画素(iPhone Xよりも32%大きいイメージセンサー)
ƒ/1.8のレンズ
望遠カメラ - 1200万画素
ƒ/2.4のレンズ

もちろん、iPhone XS/XS Maxから搭載されたスマートHDRもiPhone XRでも使うことができるので、iPhone XやiPhone 8/8 Plusと比べても全体的な画質クオリティは高くなっています。

20181030124024j:plain

左からiPhone XR、iPhone XS/XS Max、iPhone X

iPhone Xのカメラは空が白とびしてしまっていますが、iPhone XRはiPhone XS Maxと同じように空の微妙な色合いの変化も上手いこと表現できています。

シングルカメラのポートレートモードが使いやすい

iPhone XRはシングルカメラなのに背景をボカすことができるポートレートモードを使うことができます。iPhone XS/XS Maxは望遠カメラを使うので約70cm〜2.5mの間で撮影することができますが、iPhone XRのポートレートモードは広角カメラを使って表現をするため約20cm〜1mの間で撮影することができます。

つまり、iPhone XRのポートレートモードは被写体に寄って撮影をすることができるので、子どもを撮影するときなどこちらに向かって寄ってきたとしても撮影範囲外になることがないので非常に使いやすいものとなっているのです。

20181027013112j:plain

ただし、iPhone XRのポートレートモードは人物にしか対応していないので注意が必要です。ブツ撮りで背景をボカしたい方はiPhone XRではその夢を叶えることができないので、iPhone XSかiPhone XS Maxを選ぶことをおすすめします。

20181030124035j:plain

iPhone XS/XS Max ポートレートモード

iPhone XS/XS Maxなら枯葉でも背景を簡単にボカすことができるので、ふとした瞬間をカメラに収めたいカメラ男子・カメラ女子ならiPhone XS/XS Maxがいいと思います。

個人的にはiPhone XRは寄って撮影することができるので子どもを撮影するときはiPhone XS MaxよりもiPhone XRの方がしやく、どちらが良いのかと判断つきにくいのが辛いところ。 たぶん、2台持ちすると思う...。

iPhone XRはバッテリーの持ちが良い

iPhone XRはiPhone XS Maxよりもバッテリー持ちが良くなっています。Appleの公式サイトに記載されているバッテリー接続時間はこうなっています。

連続通話時間
  • iPhone XS Max:25時間
  • iPhone XR:25時間
  • iPhone XS:20時間
インターネット利用
  • iPhone XS Max:13時間
  • iPhone XR:15時間
  • iPhone XS:12時間
ビデオ再生
  • iPhone XS Max:15時間
  • iPhone XR:16時間
  • iPhone XS:14時間

正確な数字は測定していませんが、iPhone XS MaxよりもiPhone XRの方が気持ちバッテリーが持っているような気がします。

iPhone XRはiPhone XS Maxよりもバッテリー容量は少ないのに電池の持ちが良いのはディスプレイ解像度は低いことが影響していると思われますが、バッテリー駆動時間の長さはiPhone XRを選ぶ大きな理由になるのではないでしょうか。 

豊富なカラーバリエーションから選べる

iPhone XRはカラフルならカラーバリエーションの中から選ぶことができます。

iPhone XR カラーバリエーション

iPhone XRにはあまり売れず黒歴史とも言われたiPhone 5cっぽいカラーを選ぶことができます。

iPhone 5cが売れなかった要因としては、筐体にポリカーボネートを採用したことでiPhone 5sと比べるとチープ感が出てしまい、CPUも1世代前のものを採用するなど性能の差別化されていたのに価格差があまり無かったことがあるでしょう。

しかし、iPhone XRの筐体はガラスとアルミフレームを採用し質感が高くてiPhone 5cのようなチープ感が全くないですし、CPUもiPhone XS/XS Maxと同じA12 Bionicプロセッサを搭載しています。

つまり、iPhone XRはXS/XS Maxよりも28,000円〜40,000円も安く買えるのに一切の妥協のないiPhoneに仕上がっているのです。

 

iPhone XRには愛嬌がある

iPhone XS/XS Maxは全体的にシュッとしていてカッコイイ印象がありますが、iPhone XRはXS/XS Maxと比べてベゼルの幅が太いせいなのか全体的にボテッとした印象があります。

20181030131138j:plain

これがデメリットでもありメリットでもあるのかなぁと思っており、同じデザインなんですけどベゼルの幅が違うだけでiPhone XRって可愛く見えてしまうんですよね。

おそらくカラーがポップな色なのも影響しているのだと思いますが、使っていくうちになんか見捨てることができない、そう思えてくる愛嬌のある圧倒的な存在感があるのです。

iPhone XRは64GBモデルなら84,800円で買うことができますが、iPhone XS Maxは124,800円と40,000円も高いです。40,000円もあればiPad(第6世代)を買うことができますし、アクセサリーとしてAirPodsやApple Watchを別で購入することも可能です。

どの組み合わせがいい?
  • iPhone XS Maxを買う
  • iPhone XRとiPadを買う
  • iPhone XRとAirPodsを買う
  • iPhone XRとApple Watchを買う

どの組み合わせがいいかは人それぞれだと思いますが、生活を変えてくれるのは間違いなくiPhone XR +(その他のApple製品)です。もし、予算が限られているのであればiPhone XS/XS MaxではなくiPhone XRを買ってその他のApple製品を組み合わせるのが最善の選択肢になるのではないでしょうか。

↓ iPhone XS/XS Max/XRをキャリアで買う ↓

iPhone XRの細かいところのレビューはこちらの記事を参考にしてください。

iPhoneのストレージ容量とカラーの選び方はこちらを参考にしていただけたらと思います。