新型となる12インチMacBook13インチMacBook Pro15インチMacBook ProがWWDC 2017で発表され、すでに販売が開始されています。2017年モデルはCPUプロセッサがIntelの第7世代Coreプロセッサ「KabyLake」にアップデートされています。

それ以外にも比較してみると、細かい部分で強化されている部分があるので、2016年モデルと比較したいと思います。


 

新型のMacBook/MacBook Pro 2017は何が進化した?

12インチMacBook 2017

12インチMacBook

一番変化があったのは12インチMacBookかもしれませんね。2017年モデルと2016年モデルのスペックを比較しました。

12インチMacBook
2017
12インチMacBook
2016
ストレージ容量256GB/512GB
ディスプレイ12インチ
2,304 x 1,440ピクセル
226ppi
CPU1.2GHzデュアルコア Core m3
1.3GHzデュアルコア Core i5
1.4GHzデュアルコア Core i7
第7世代 KabyLake
1.1GHzデュアルコア Core m3
1.2GHzデュアルコア Core m5
1.3GHzデュアルコア Core m7
第6世代 SkyLake
GPUIntel HD Graphics 615Intel HD Graphics 515
RAM8GB 1,866MHz LPDDR3
16GB 1,866MHz LPDDR3
8GB 1,866MHz LPDDR3
FaceTimeカメラ480p FaceTime HDカメラ
ワイヤレス802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
キーボード第2世代バタフライ構造第1世代バタフライ構造
外部ポートUSB-C(USB 3.1 Gen1) DisplayPort 1.2ビデオ出力に標準対応 外部ディスプレイで最大4,096 x 2,304ピクセル(60Hz)USB-C(USB 3.1 Gen1) DisplayPort 1.2ビデオ出力に標準対応 外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル(30Hz)
バッテリー駆動時間10時間のインターネット閲覧
12時間のiTunesムービー再生
バッテリー容量41.4Wh
サイズ28.05cm x 19.65cm x 0.35〜1.31cm 0.92kg
カラーシルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールド
価格142,800円(Core m3)128,800円(Core m3)

Core m5/m7がCore i5/i7に

KabyLakeプロセッサを搭載したことで、上位モデルの1.3GHzモデル/CTOモデルがCore mではなくCore i5/i7に変更されています。

ただ、勘違いしがちなのですがKabyLake-Yの低電力タイプのプロセッサがCore i5/i7に名称が変わっただけでCore m5/m7の後継チップには変わりないので性能はさほど向上していません。(Skylakeから20%ほど向上)

また、DisplayPort経由での4Kディスプレイの出力の能力が向上しているのもも見逃せないポイントでもあります。(2016年モデルはHDMI出力で4K 60Hzの出力が可能)

RAMを最大16GBに増設可能に

MacBook 2017ではRAMを16GBに増設することが可能になりました。8GBでも普通に使うことができますが、起動するアプリが増えてくるとどうしてもモタモタしてくるので、選択肢が増えるのはとても良いことですね。

またスペック表には記載されていませんが、SSDのストレージの速度が50%ほど速くなっている点も見逃せないところです。

キーボードが第2世代のバタフライ構造に

バタフライ構造のキーボードは12インチMacBookで初めて搭載された極薄キーボードですが、その後に登場したMacBook Proは第2世代のバタフライ構造のキーボードとなりMacBookは置いてけぼりとなっていましたが、今回のアップデートでMacBookも第2世代のバタフライ構造キーボードにアップデートしました!

第1世代のバタフライキーボードはふにゃふにゃした感触なので、これは嬉しいアップデートです!

13インチMacBook Pro 2017

13インチMacBook Pro

13インチMacBook ProのTouch Barなしモデルのスペック比較です。

13インチMacBook Pro
Touch Barなし
2017
13インチMacBook Pro
Touch Barなし
2016
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ13インチ
2,560 x 1,600ピクセル
226ppi
500ニトの輝度
広色域(P3)
CPU2.3GHzデュアルコアIntel Core i5
2.3GHzデュアルコアIntel Core i7
第7世代 KabyLake
2.0GHzデュアルコアIntel Core i5
2.4GHzデュアルコアIntel Core i7
第6世代 SkyLake
GPUIntel Iris Plus Graphics 640
(64MB eDRAM)
Intel Iris Graphics 540
(64MB eDRAM)
RAM8GB 2,133MHz LPDDR3
16GB 2,133MHz LPDDR3
8GB 1,866MHz LPDDR3
16GB 1,866MHz LPDDR3
FaceTimeカメラ720p FaceTime HDカメラ
ワイヤレス802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
外部ポート2つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
【DisplayPort、Thunderbolt(最大40Gbps)、USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)】
1台の外部ディスプレイで最大5,120 x 2,880ピクセル(60Hz)十億色以上対応、2台の外部ディスプレイで最大4,096 x 2,304ピクセル(60Hz)数百万色以上対応、2台の外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル(60Hz)十億色以上対応
バッテリー駆動時間10時間のインターネット閲覧
10時間のiTunesムービー再生
バッテリー容量54.5Wh
サイズ30.41cm x 21.24cm x 1.49cm 1.37kg
カラーシルバー、スペースグレイ
価格142,800円(128GB)
164,800円(256GB)
148,800円(256GB)

RAMの転送速度が向上している

2016年のTouch BarありモデルのRAMは2,133MHz LPDDR3でしたが、Touch Barなしモデルは一つ下の1,866MHz LPDDR3のRAMで性能差がありました。しかし、2017年モデルは全てのモデルで2,133MHz LPDDR3のRAMを搭載し、RAMの性能差はなくなりました。

128GBモデルが追加された

価格の安い128GBモデルが新たに追加されました。が、円安の影響なのか2016年の256GBとの価格差は6,000円となっています。というか、新モデルになってから価格がかなり上がってしまいましたね。

Touch Barありモデルについて省略しますが、CPUがKabyLakeプロセッサにアップデートされた程度で価格が同じように上がっています。


 

15インチMacBook Pro 2017

15インチMacBook Pro

15インチMacBook Proのスペック比較です。CPUとGPUが変わったくらいしか変更点はないのかな?

15インチMacBook Pro
2017
15インチMacBook Pro
2016
ストレージ容量256GB/512GB
ディスプレイ15インチ
2,880 x 1,800ピクセル
220ppi
500ニトの輝度
広色域(P3)
CPU2.8GHzクアッドコアIntel Core i7
2.9GHzクアッドコアIntel Core i7
第7世代 KabyLake
2.6GHzクアッドコアIntel Core i7
2.7GHzクアッドコアIntel Core i7
第6世代 SkyLake
dGPURadeon Pro 555(2GB GDDR5)
Radeon Pro 560(4GB GDDR5)
Radeon Pro 450(2GB GDDR5)
Radeon Pro 455(2GB GDDR5)
Radeon Pro 460(4GB GDDR5)
nGPUIntel Iris Plus Graphics 630Intel Iris Graphics 530
RAM16GB 2,133MHz LPDDR3
FaceTimeカメラ720p FaceTime HDカメラ
ワイヤレス802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
外部ポート4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
【DisplayPort、Thunderbolt(最大40Gbps)、USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)】
2台の外部ディスプレイで最大5,120 x 2,880ピクセル(60Hz)十億色以上対応、4台の外部ディスプレイで最大4,096 x 2,304ピクセル(60Hz)数百万色以上対応、4台の外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル(60Hz)十億色以上対応
バッテリー駆動時間10時間のインターネット閲覧
10時間のiTunesムービー再生
バッテリー容量76.0Wh
サイズ34.93cm x 24.07cm x 1.55cm 1.83kg
カラーシルバー、スペースグレイ
価格258,800円(256GB)
302,800円(512GB)
238,800円(256GB)
278,800円(512GB)

とにかく高いです。上位モデルで税別で30万円超えに。2016年モデルをすでに所持している方はわざわざ2017年モデルに乗り換える必要はないのかなと思います。

32GBのRAMに増設できない

結構期待していた方は多かったんじゃないのかなと思いますが、2017年モデルも引き続き32GBのRAMに増設することはできません!残念!

まとめ:性能アップ以上に価格が高くなったのが痛い

高いです。2回言います。高いです。

全体的に2万円ほど価格が高くなってしまいました。13インチモデルは128GBを追加して、安くなったように見えますが256GBモデルで比較すると完全なる値上げとなってしまいましたね。

円安の影響なのでしょうか。でも、MacBook Airに関しては値上げされていないので戦略的値上げなのでしょうか。ちなみにMacBook AirもしんなりとCPUのアップデートが実施されているようなので、まだまだ現役で販売が継続されることになりそうです。

値上げされてネガティブな言葉しか出てきませんが、なにげに一番スペックアップしたように思える12インチMacBookがちょっと気になっていたりします。第2世代のバタフライ構造キーボードと16GBのRAMに増設できるのはかなりいいですよね。

MacBookの弱点をうまく埋めてきたと思います。

2017年モデルの13インチMacBook Proと12インチMacBookを購入してレビュー記事を書きましたのでぜひ参考にしてください。