シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

新型のFire 7・Fire HD 8と旧型モデルのスペックの違いを比較してみた!


AmazonがFireタブレットシリーズの新型モデルとなるFire 7Fire HD 8を2017年5月に発表し2017年6月7日に発売しました。現在(2018年12月)はFire 7を5,980円から、Fire HD 8を8,980円から販売をしています。

この記事では2017年の新型モデルとなるFire 7・Fire HD 8と2016年以前の旧型モデルとの違いについて詳しく書いています。

ちなみに、Fire HD 8は2018年10月にモデルチェンジをして外部SDカードの対応最大容量が256GBから400GBに増量するなどスペックが少しだけ変化しています。

 

Amazon、新型Fire 7・Fire HD 8を発売へ

Fire 7とFire HD 8のスペックの違い

両モデルの違いについて比較してみましょう。ディスプレイサイズは7インチと8インチとさほど大差ないように見えますが、解像度が8インチのFire HD 8の方が高くなっているので画面の綺麗さはFire 7よりもFire HD 8の方が断然上ということになります。

20170517232658j:plain

新型モデルのFire 7・Fire HD 8と旧型のスペックを比較表で比べてみましょう。

  Fire 7(新) Fire 7(旧) Fire HD 8(新) Fire HD 8(旧)
ディスプレイ 7インチ
1024 x 600
(171 ppi)
8インチ
1280 x 800
(189ppi)
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz
RAM 1GB 1.5GB
ストレージ 8/16GB 16/32GB
OS Fire OS
オーディオ モノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos
デュアルステレオスピーカー
マイク
カメラ VGAフロントカメラ
2メガピクセルHDリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
シングルバンド
b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n
バッテリー 8時間 7時間 12時間
サイズ 192 x 115 x 9.6mm 191 x 115 x 10.6mm 214 x 128 x 9.7mm 214 x 128 x 9.2mm
重量 295g 313g 369g 341g
価格 5,980円 8,980円 8,980円 11,980円

本体サイズと重量の違い(新旧)

新型Fire 7は旧型と比較して小型軽量化しており、本体の厚みも1mm近く薄型化されて、本体重量も20gほど軽くなっています。Fire HD 8はなぜか本体に薄さが0.5mmほど厚くなり、本体重量も28gほど重くなってしまったようです。

なぜ新世代モデルの方が分厚くて重いのだろうか...。Amazonのデバイスはたまに逆転現象が起きてしまうので摩訶不思議ですね。

microSDカードの対応容量が向上

また、microSDカードの対応容量が200GBから256GBに増量されており、Fire HD 8は2018年10月に400GBまでの容量に対応することが可能となっています。

Fire 7noストレージ容量は8GBの低容量モデルからとなっていますが、SDカードを追加することでストレージ容量を増設できるので、容量を気にせずにKindle本、音楽、写真、映画、動画、ゲームを楽しむことができますね。

基本スペックは旧型と同じですがfire OSは比較的軽量なOSなのでCPUの性能はあまり気にしなくても普通にタブレットとして使う分には特に問題はないのかなと思います。

Wi-FIの通信性能が向上

新型の7インチのFire 7は旧型の本体の厚みよりも薄く・軽くなっており、Wi-Fiのアンテナがシングルバンドからデュアルバンドになったことで通信の安定性が向上しています。大容量のデータをダウンロードする必要のあるAmazonプライムビデオを楽しみたいときに旧型よりも快適になっていることが期待できます。

 

耐久性がiPad mini 4の2倍!

Fire 7は5,980円から購入できる超格安タブレットです。こんなにも安くタブレットを買うことができるなんて驚きなんですよね。しかし、Fireタブレットはただ安いだけではなインです。

Fire 7・Fire HD 8の落下による耐久性はiPad mini 4の2倍も強くなっていることが確認されています。ちなみに旧型モデルはiPad Air 2を比較対象に2倍の耐久性があるとしていたので更に耐久性向上を果たしたことになります。

確かに我が家ではFireタブレットを子どもたちに渡してYouTubeとか見せてますけど、多少乱雑に扱ったとしても壊れたことは過去に一度もありません。

また、Fireタブレットは価格も10,000円前後とかなり安いので気持ち的に「傷付いてもいいや。」「壊れてもいいや。」くらいの気軽な感じで使うことができるのも、Fireタブレットの大きなメリットといっていいのかもしれません。

Kindle Fireタブレットで出来ること

Kindle FireタブレットはFire OSと呼ばれる独自OSを搭載していますが、ベースとなっているのがAndroid OSなので、基本的にはAndroidタブレットと同じ感覚で使うことができます。

Android OSをベースにKindle(電子書籍リーダー)やAmazon映画やAmazonミュージックなどに特化したタブレットと考えればいいでしょう。

ただ、Google Playストアを使うことができずKindleストアからアプリやコンテンツをダウンロードする形になるので、Androidタブレットに比べると使うことができるアプリは極端に減ることになります。電子書籍や映画、音楽などのコンテンツに関してはAmazonのコンテンツ量は膨大なので心配ないでしょう。

Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10の個別レビューはこちら!

比較レビューはこちらをどうぞ!

Amazonプライム会員になってプライムビデオが見放題に

Amazonの有料プランのプライム会員になると一部の映画やアニメなどの動画コンテンツを無料で見ることができるAmazonプライムビデオを使うことができます。

すべての動画は見放題になりませんが、かなりの数の映画やアニメなどの番組をプライム会員の年会費(3,980円)のみで見放題となるのでかなりお得だと思います。Fire HD 10とプライムビデオの相性が良いのでFire HD 10を買う前にプライム会員になっておきましょう!時期にもよりますが割引価格で買うことができることもあります。

Amazonプライムの詳しいメリットについてはこちらの記事をどうぞ!

Amazonではサイバーマンデー やプライムデートいった大型セールを定期的に開催しており、Fireタブレットも安く買うことができるかも?

Fireタブレットをお得に買うする方法

Fireタブレットを買うならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

↓ Amazonギフト券を購入はこちら ↓
Amazonギフト券

また、初回購入限定キャンペーンも開催しておりキャンペーンにエントリーすることで5,000円以上チャージすると1,000ポイントをもらうことができます。(条件あり)なので、Amazonギフト券にチャージする前にこちらから「初回購入限定キャンペーン」にエントリーしておきましょう。

電子書籍だけ見るならKindleがおすすめ

電子書籍だけ楽しみたいならFireタブレットではなくてKindleを選んだ方が幸せになれると思います。こちらの記事で詳しく書いているので是非とも参考にしていただければと思います。

本を聴くAudible(オーディブル)もおすすめ

ちなみにオーディオブックのAudible(オーディブル)をご存知ですか?オーディオブックサービスで本を朗読で聴くことができるので、すきま時間やながら作業で本を読むことができる画期的なサービスです。

↓ 30日間無料体験できる ↓

実際にAudibleを使ってみたのですが、思っていたよりも良かったです。本を読みたいけど読む時間がなかなか取ることができない人におすすめのサービスですよ。