MacBook Pro 2016 レビュー

MacBook Pro 2016はデザインを大刷新した革新的なシリーズに変貌を遂げましたが、ファンクションキーを廃止して指紋認証のTouch IDを内蔵したTouch Barを搭載し全ポートをUSB-cに統一するなど、かなり冒険をしたモデルとなっています。

そんな15インチMacBook Pro 2016が手元にやってきました!

これでメインで使用している2013年モデルのMacBook Proから乗り換えることができそうです。3年前のモデルからの乗り換えなのでちょっとワクワクしています。ということで、15インチMacBook Pro 2016のレビューをお届けしたいと思います。

 

15インチMacBook Pro 2016 レビュー

20161119213248j:plain

今回購入したのは15インチの上位モデルで、さらにGPUをRadeon Pro 455(2GB GDDR5)からRadeon Pro 460(4GB GDDR5)にカスタマイズしています。

  • CPU:2.7GHzクアッドコアIntel Core i7(Skylake)
  • RAM:16GB 2,133MHz LPDDR3
  • GPU:Intel HD Graphics 530/Radeon Pro 460(4GB GDDR5)
  • SSD:512GB

メインとして使う予定なので512GBのストレージ量は少し不安はありますがストレージ容量を増設すると一気に価格が跳ね上がってしまうのでなんとか512GBで凌いでいきたいと考えています。

15インチMacBook Pro 2016 パッケージと付属品

20161119214245j:plain

では15インチMacBook Pro 2016を開封していきます!

13インチモデルと比べるとやはりサイズ感はかなり大きいです。この梱包方法はAppleの伝統の本体が一番上に置いてあり、その下に電源アダプタ(87W)やUSB-Cケーブル、説明書が同梱されているスタイルとなっています。

20161119215310j:plain

シルバーではなくスペースグレイを選択

カラーはスペースグレイを選んだのですが、MacBookってシルバーよりスペースグレイの方がカッコイイと思います。ブラックすぎないさりげないスペースグレイはMacBook Proにお似合いです。

20180731110721j:plain

まあ、従来カラーのシルバーもカッコイイんですけど。どっちを選ぶか完全に好みの問題なのかなとは思います。ただ、MacBookシリーズにスペースグレイが登場してからスペースグレイを選ぶユーザーが増えたので、人と同じが嫌だという方はシルバーを選ぶというのもアリなのかもしれません。

では、早速15インチMacBook Pro 2016のデザインはどんな感じになっているのか見ていきましょう!

15インチMacBook Pro 2016 外観デザイン

2016年モデルからディスプレイを開くと自動的に電源がONとなります。そんなにせかさないで。

20161119215532j:plain

これが15インチモデルに標準搭載されているTouch Bar(タッチバー)です!

20161119215634j:plain

有機ELディスプレイなので視認性は抜群でかなり見やすいと思います。後でもう少し詳しく紹介したいと思います。

旧デザインのMacBook ProはMacBook Proのロゴがディスプレイ下にありませんでしたが2016年モデルから再びMacBook Proのロゴがディスプレイ下に刻印されるようになりました。

20161119221250j:plain

トラックパッドは13インチよりもさらに巨大なものになっているのですが実物見たら本当に「デカッ」と声を出してしまうくらいです。これだけ巨大なトラックパッドなのに誤作動がほとんどしないmacOSの認識精度が素晴らしいですね。

20161119221448j:plain

本体右側には3.5mmヘッドフォンジャック、Thunderbolt 3(USB-C)ポートが2つ搭載。ここにSDカードスロットが搭載されなかったことを悔やむ。

20161119221833j:plain

本体左側にThunderbolt 3(USB-C)ポートが2つ搭載。つまりThunderbolt 3(USB-C)ポートは4つ搭載されていることになります。1つは電源用に取られてしまうことを考えると実質3ポートと考えてもいいのかもしれませんね。

CPU・GPUの性能

15インチMacBook Pro 2016はIntelの第6世代Coreプロセッサ Skylake のクアッドコアのCore i7が採用されています。

2016年モデルと2013年モデルの15インチMacBook ProのCPU・GPUの性能をGeekbench 4で計測してみました。結果はこんな感じ!

15インチ
MacBook Pro 2016
15インチ
MacBook Pro 2013
CPUIntel Core i7 4850HQ 2.7GHzIntel Core i7 4850HQ 2.3GHz
GPURadeon Pro 460+Intel HD Graphics 530Geforce GT 750M+Intel Iris Pro Graphics
CPU
(シングルコア)
41454116
CPU
(マルチコア)
1341114424
dGPU
(Metal)
33219 16062
dGPU
(OpenCL)
5431213772
iGPU
(Metal)
1808723739
iGPU
(OpenCL)
1933727444

CPUと内蔵GPUの性能は2013年モデルの方が高いスコアとなっているというまさかの結果となっていますが、外部GPUの性能は2016年モデルの方が大幅に高くなっているのがわかります。

SSDストレージの転送速度もMacBook Pro 2016は大幅に高速化されているので総合的には性能は向上していると言っていいでしょう。

第2世代のバタフライ構造のキーボード

15インチMacBook Pro 2016は13インチモデルと同じ第2世代のバタフライ構造のキーボードが採用されています。

20161119222346j:plain

13インチと同じはずのキーボードですが、少し感触が違います。

20161119231639j:plain

15インチモデルの方がよりしっかりしてる感じです。気のせいなのかなと思って何度も並べて打ち比べをしていますが13インチの方が柔らかい感じ。僕は13インチのキーボードの方が好きかもしれないですねー。15インチはパチパチととても煩い感じがします。

Touch Bar(タッチバー)を使ってみて

タッチバーの右側に指紋認証のTouch IDが搭載されています。タッチセンサー式なのかなーって思っていたのですが、iPhone 6sまでと同様にボタン式になっています。クリックすることができ、電源を入れたり切ったりすることができます。

20161119220050j:plain

初期設定をするときに指紋をiPhoneやiPadと同じ要領で登録することができます。

20161119220249j:plain

残念なことにTaptic Engineとは連動していないのでブルっと振動はしません。タッチバーを押した時も振動するのかと思っていたので少し残念だった部分です。とはいえ、ロック解除をTouch IDを使ってすることができるのは本当に便利ですしTouch IDだけでもタッチバーの価値は十分に感じることができます。

 

基本のタッチバー

タッチバーは実際にどんな感じで動くのかを簡単に紹介したいと思います。

右の4つの項目は基本的にずっと表示されている部分です。Siri、消音、音量調節、照度調整の4つ。

20161119225935j:plain

例えば音量ボタンを押すと画面が切り替わり、スライダーが表示されます。

20161119225958j:plain

タッチタイピングができないのと、ワンアクションで音量調整をすることができないのが賛否が分かれそうなところかも。

Safariのタッチバー

Safariはタブがタッチバーに表示され、タッチしたりスライドしたりしてタブを切り替えることができます。

20161119224724j:plain

トラックパッドを使ってカーソルを合わせる必要がないので確かに便利。でもね、表示枠が小さすぎてなんのサイト開いているか分からないので画面を見ながら左から3番目のタブというふうに使えば便利なのかもしれません。

新規ウィンドウを開いた時は設定している「トップページ」のアイコンが表示され横にスライドさせて全てのお気に入りに入っているサイトのショートカットアイコンからアクセスすることができるようになっています。

20161119225046j:plain

機能的に便利かどうか分からないけどヌルヌル動くのがイイ感じです。

ブログを書いてる時

はてなブログや Wordpressなどから記事を書いている時はフォントカラー、太字などの装飾スタイルを設定することができる項目が表示されます。

20161119230631j:plain

これはSafariだけにとどまらず、メモ帳やそのほかのエディタでも共通機能なので慣れれば結構便利なのかもしれません。

iTunesのタッチバー

指でスライダーを移動させることができます。

20161119225158j:plain

これは素直に楽で良い。ちなみに、SafariでYouTubeを見てる時にもスライダーが表示されるので、意外と使う場面が多い機能と言えるかもしれません。

ファイルの保存

ファイルを保存する時に「新規フォルダ」、「キャンセル」、「保存」などの項目が表示されます。これはタッチバーに対応していないアプリでも表示されるのでOSの基本機能のようです。

20161119230321j:plain

リターンキーを連打すれば保存できるので、使う機会はなかなかなさそうですが、慣れればこちらのボタンを押してみるのもいいのかもしれません。

計算機

僕が一番便利なんじゃないかと思うのが、計算機です。

20161119230842j:plain

今までトラックパッドでちまちまとカーソルを合わせて足し算やかけ算をしていましたが、タッチバーに必要な記号が表示されているので、計算をする時にキーボード上で完結させることができます。

これから、会計処理が増える季節ですからこれは助かる!でも、通知センター上に置いてあるウェジェットの計算機を使う時は出てこないのがとても残念。こっちの方が使用頻度が高いのに。

なお、タッチバーは自由にカスタマイズすることができます。

20161119231222j:plain

自分でここがいいと思って設定したとしてもちょっと覚えられないですね。タッチバーについてはこちらの記事でも便利な使い方について書いているので参考にしていただけたらと思います。

 

まとめ:個性的だがシンプルなスタイルは好印象

2016年モデルのMacBook ProはUSB-AやSDカードスロットといったポートを全て廃止しUSB-Cに一本化し、ファンクションキーも廃止しタッチバーを搭載するなど、かなり尖ったモデルとなりました。

しかし、できる限りデザインをシンプルにしたことで使い方次第では非常に使いやすいMacBook Proに仕上がっているように思います。

Touch Barに関しては思っていた以上に使いやすそうですが、必要かと聞かれればノーで別になくてもなんの支障もありません。

今後、Touch Barでどのような機能が登場するかどうかは開発者にかかってくることになりそうですが、キーボード上でタッチ操作をすることができるUIは今後はスタンダードなものになっていくことになりそうです。

デザインが刷新したことで200gほど軽量化された15インチMacBook Pro 2016ですが、やはり根本的にディスプレイが大きいので重いです。この辺りは仕方のないところなので15インチモデルは基本的には据え置きとして使用しながらいざという時に持ち運ぶことができることが最大のメリットといえるのではないでしょうか。

あと、Safariが落ちまくるのはなぜなんだろう。かなり不安定なんだけど。この記事書くだけで5回くらい落ちましたし早くアップデートして欲しいですね。

追記:macOS Sierra 10.12がアップデートを重ねるたびに動作が安定していきアプリが突然落ちてしまうという現象はほとんど発生しなくなりました。性能もパワフルなのでメイン機としては満足な1台です。

ただ、オプションで32GBのRAMを積めるようになると嬉しいかな。

追記:MacBook Pro 2018で15インチモデルが32GBのRAMに増設することができるようになりました。

13インチMacBook Proのレビュー記事はこちらかどうぞ!

12インチMacBookのレビュー記事もどうぞ!

その他、MacBook Proは13インチ と15インチのどちらがいいのかなど比較した記事や、USB-Cポートを使う上の注意点などをまとめた記事もどうぞ!