シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)レビュー!特徴はないが使いやすいスタンダードモデル!


13インチMacBook Pro 2016 タッチバーなし レビュー

タッチバーなしの13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)を購入して1週間が経過しました。早速、本体の角をぶつけてしまって凹んでしまい心も凹んでいますが、アルミって丈夫なようで脆い素材ですよね。

iPhoneのように7000シリーズの硬いアルミを使ってくれないだろうかと思いつつ、パームレストの部分が汗で腐食してしまうかもなーと思いながら13インチMacBook Pro(Late 2016)の1週間使ってみたレビューを書き綴っていきたいと思います。

 

13インチ MacBook Pro 2016(タッチバーなし)レビュー

こちらが少しだけ凹んでしまった13インチMacBook Pro 20162016(タッチバーなし)モデルです。本当にすぐに凹んでしまいますので取扱には注意をしましょう。

MacBook Proが凹んだ

13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)は非常にコストパフォーマンスの高い製品だと思います。タッチバーが必要がないのであれば一番安い価格で購入することができる下位モデルで十分なのかなと思います。

僕が購入したのは13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)のスペックは以下のとおりです。

  • CPU:Intel 第6世代(Skylake-U)2.0GHzデュアルコアIntel Core i5
  • GPU:Intel Iris Graphics 540
  • RAM:8GB 1,866MHz LPDDR3
  • SSD:256GB(リンク幅:x4、リンク速度:8.0 GT/s)

本当に必要最低限のスペックとなっていますが、これだけの性能なら普通の作業であれば普通にこなすことができるものとなっています。

MacBook Pro 2016(タッチバーなし)の良い点

まず、MacBook Pro 2016(タッチバーなし)の良い点をまとめるとこんな感じになります。

  • 全体的にキビキビと動作する
  • ちょうど良いサイズ感
  • スピーカーの音が良い
  • トラックパッドが大きく使いやすい
  • 第2世代のバタフライキーボードが使いやすい
  • ファンの音が静か!
  • 本体がそんなに熱くならない!

全体的にキビキビと動作する

下位モデルのCPUプロセッサは決して速いものではなく、RAMの容量も8GBと多くはありません。

しかし、その割に全体的にキビキビと快適に動作してくれます。

現在、メイン機として使っている外部GPUを搭載している上位モデルの15インチMacBook Pro(Late 2013)と比較してもアプリの起動や動作速度が遅いと感じることは少なく、むしろSafariや軽めのアプリの操作感について 13インチ MacBook Pro 2016(タッチバーなし)の方がキビキビ動いているように感じます。

15インチMacBook Pro(Late 2013)はしばらくクリーンインストールをしていないので動作が遅くなっている可能性が高いというのもあるのかもしれませんが、SSDの転送速度が向上しているのが体感速度の差に繋がっているのかもしれません。

CPU性能を計測するベンチマークスコアはデュアルコアとクアッドコアの差が大きく出ていますがシングルコアスコアならほぼ同じ性能です。

13インチMacBook Pro(タッチバー無し)ベンチマークスコア

起動時間を比較してみたのですが、さすがにファイル容量が大きなデータを開くときや重い処理をするときは15インチMacBook Proの方が速いですがちょっとした作業であれば性能の低いMacBook Pro 2016(タッチバーなし)でもキビキビと動いてくれます。

  MacBook Pro
Late 2016 Two Thunderbolt 3 Ports
15インチMacBook Pro Late 2013
外部GPU付き
Illustrator CC
200MBのファイルを
起動するのに必要な時間
34.34秒 26.97秒
Photoshop CC
起動時間
10.99秒 10.99秒
写真アプリ
起動時間
3.39秒 3.29秒

旧モデルに比べてSSDストレージの速度が大幅に向上したことが体感速度が速いと感じる大きな要因となっているのかもしれません。

13インチMacBook Pro(タッチバー無し)SSD速度

ストレージの書き込み、読み込み速度で3倍も高速になっているんですよね。そりゃ、MacBook Pro(Late 2013)よりも体感速度が早く感じるのも納得できるのかもしれません。

また、比較的パワーが必要となる4Kディスプレイに接続してもパワー不足を感じることはありません。下位モデルでもストレスなく使うことができるのでMacBook Airの代わりとして購入しても満足いくのかなーと思います。

ちょうど良いサイズ感

12インチのMacBookは持ち運びには非常に重宝しますが、画面が小さく見下げる感じで画面を見るので本当に肩こりが酷くなり午後から憂鬱な気分になってしまいます。しかし、13インチのMacBook Proは程良い画面サイズで見下げる角度が穏やかなので肩こりは起きません。

12インチMacBookと13インチMacBook Pro

本体サイズも旧モデルから小さく軽くなったので持ち運びもお手軽で簡単!

13インチMacBook Pro 持ちはこび

外部ディスプレイを繋いだときにこのように縦に並べて使えるのも13インチのメリットと言えるのかもしれませんね。

4Kディスプレイと接続

15インチだと画面が大きすぎて外部ディスプレイを縦に並べて使うのは少々厳しいのですが、13インチなら縦に並べて使うことができます。

僕が試した中では12インチのMacBookが一番外部ディスプレイと繋いだときの相性が良く、外部ディスプレイをメイン画面にして12インチMacBookはサブ画面付きキーボード的な役目で使うことができます。

ただし、性能的に少し厳しいところが出てくるのでトータルで見ると13インチMacBook Proの方が使いやすいのかもしれません。

 

トラックパッドが使いやすい

MacBook Pro(Late 2016)に搭載されている感圧式のトラックパッドは超巨大です。これでもかってくらい大きいです。

13インチMacBook Pro 2016のトラックパッド

この大きなトラックパッドは本当に使いやすいです。

macOSが優秀なのか誤動作することもほとんどないのが本当に凄いんですよね。感圧トラックパッドなのでちょっと押し込むだけでクリックすることができますしこれに慣れると今までの普通のトラックパッドのクリックが硬いと感じるくらい。

感圧式ではない普通の可変式トラックパッドだと隅で反応しないことがあるので、感圧式のトラックパッドなら隅っこでクリックしてもちゃんと反応するのがとても使いやすいです。

今までマウス派だったんですけど新型のMacBook Proを使って、完全にトラックパッドの方が使いやすいと思うようになってしまいました。

スピーカーの音が良い!

今までの13インチモデルはスピーカーグリルがありませんでしたが、新型モデルは15インチと同じように左右にスピーカー専用グリルが搭載されています。

13インチMacBook Pro 2016のスピーカー

スピーカー自体はパームレストのサイド部分に搭載されていますが、ちゃんとしたスピーカボックスにスピーカーを入れることでメリハリのある音が鳴っています。低音はあまり出ませんが中高音が綺麗に鳴っているのでボーカルの声が際立って聞こえる感じですね。

第2世代バタフライキーボードが打ちやすい!

13インチMacBook Pro 2016では第2世代のバタフライ向上のキーボードが採用されています。第1世代は12インチMacBook 2015に搭載されていましたが、キー入力した時の跳ね返りが弱く違和感がありましたが、第2世代でそれが改善されしっかりとした打鍵感を得ることができるようになっています。

従来の13インチと15インチMacBook Proから乗り換えた人は違和感ありまくりなのかもしれませんが、第1世代バタフライキーボードを搭載している12インチMacBookから乗り換えた人は本当に使いやすくなったなーと感じることができるキーボードとなっています。

バタフライ構造のキーボードは本当にキーが薄くなっています。

第2世代のバタフライキーボード

でも不思議なことにキー入力をするとしっかりと反応が返ってくるのがすごい。

バタフライキーボードを使いこなすコツは軽くタッチする感じでタッチタイピングをすることでしょうか。キーを押すというよりも軽く触れる感覚で打つと非常に打ちやすく、ストローク量が減るので文字を打つスピードも速くなったように感じます。

ファンの音が静か

MacBook Proにはファンが内蔵されておりヒンジ部分に排熱するための穴も空いています。しかし、通常時はファンの音がほとんどしません。ファンレス構造の12インチMacBookかと思うくらいです。

前モデルのファンもかなり静かでしたが全開で回り出すと結構うるさく耳障りでしたが新型の2016年モデルのファンは新しく設計し直したように効率的に排熱をすることができるようにファンノイズを最小限に抑えることができるようになったのでしょう。

本体がそんなに熱くならない

13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)はCPUにデュアルコアプロセッサを搭載していますが、13インチMacBook Pro 2016(タッチバーあり)に採用されているCPUよりも低電力プロセッサが採用されています。

  • タッチバーなし:Core i5-6360U @ 2.0 GHz (2 cores) TDP 15W
  • タッチバーあり:Core i5-6267U @ 2.9 GHz (2 cores) TDP 28W

なので、タッチバー有りモデルよりも本体が熱くなりにくく実際のバッテリー駆動時間も長くなっているのが特徴となっています。

 

 

13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)微妙な点

次に13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)を使って微妙だなーと感じた点です。

  • P3ディスプレイの良さがよく分からない
  • ポートの少なさ
  • 外部ディスプレイに接続する時には注意

P3ディスプレイの良さがよく分からない

iMac 4K/5Kディスプレイモデルに続いてMacBook Pro(Late 2016)にも標準的なRGBより25%多い色を表示させることができるP3ディスプレイが搭載されています。特に緑と赤の色域が広がっているそうですが、見比べてみても色合いが良くなったのかどうかはちょっと良く分からないですね。

P3ディスプレイとRGBディスプレイの比較

なんとなく、赤色の色が深いようにも見えるでしょうか。写真をRAW現像しているこだわりのあるフォトグラファーには嬉しいディスプレイなのかな?

とはいえ画面が汚くなったわけではないので問題はないんですけどね。

ポートの数がUSB-C 2つと少ない

MacBook Pro 2016(タッチバーなし)は Thunderbolt 3(USB-C)ポートが二つとヘッドフォンジャックしか搭載されていない非常にシンプルです。

USB-C ポート

僕はワイヤレス環境を整えている方なのであまり問題はありませんが、SDカードやいつものUSBメモリを気軽に使うことができないのは不便になるかもしれませんね。

USB-Cしか対応していないと困ると感じる方の方が多いのかもしれません。現時点では不便と感じることが多いですがこの辺りは時間が経過することで周辺機器の方がUSB-Cに対応してくると思うので、いずれ何も不便なく使用することができると思います。

外部ディスプレイに接続する場合は注意

Appleから発売されている「Thunderbolt 3(USB-C)-Thunderbolt 2変換アダプタ」がDisplayPortに対応していないことが少し残念なところでしょうか。普通に外部ディスプレイと接続ができるもんだと思って間違って購入してしまいました。

DisplayPortを使って外部ディスプレイに接続するにはサードパーティ製の USB-C - DisplayPortケーブル または USB-C - DisplayPort 変換アダプタを使うしかないので、少し気をつけた方がいいかもしれません。

正直なところ本体には文句ないんですけど、アクセサリの「Thunderbolt 3(USB-C)-Thunderbolt 2アダプタ」がDisplayPortの外部ディスプレイに対応していなかったという点が納得できないところですね。

 

まとめ:安くて高性能でおすすめできるMacBook Pro!

13インチMacBook Pro 2016(タッチバーなし)はスタンダードなモデルでバランスが取れたデバイスだと思います。上位モデルのタッチバーにこだわりがないのであれば価格も3万円ほど安いのでいいのではないでしょうか。

また、電池の持ちもなかなかいいと思います。実はタッチバー無しモデルのバッテリー容量はタッチバー有りモデルに比べて少しだけ多くなっています。

  • タッチバー無しモデル:54.4Wh
  • タッチバー有りモデル:49.2Wh

さらにCPUはクロック数が2.0GHzと抑えられていますし、タッチバーを搭載していないということはタッチバー有りモデルに比べても電池の持ちはいいはず!公式のバッテリー駆動時間が同じになっているのか不思議でならないのですが。

なので、モバイル機としては非常にバランスが取れているのかなと感じます。あと、MacBook Pro(Late 2016)は色をシルバーとスペースグレイの2種類から選択することができるようになりましたが、スペースグレイの方がカッコイイと思います!

背面のリンゴマークが光らなくなったのが嫌だという人もいるみたいですが、個人的には控えめになって嬉しいと思っているのですがどうでしょうか。

半年ほど、MacBook Pro 2016を使ってみて

13インチMacBook Pro 2016がリリースされて半年以上経過し、外で作業をする時は欠かすことができないデバイスとなっています。タッチバーなしの8GBのRAMを搭載したいわゆる標準モデルを使っているのですが作業的にはまったく不都合を感じたことがありません。

自宅ではタッチバーを搭載した15インチMacBook Proを使っていますがタッチバーはとにかく使わないので、本当になくても問題はないように感じます。Touch IDは便利なのでファンクションキーを搭載して電源ボタンだけTouch IDを搭載してくれたら最高だっんでしょうに。

唯一の不安要素としてRAMの容量が8GBと少ないことだったのですが、こちらに関しても動作が遅くなって困ってしまうということはほぼないです。

RAMの容量が8GBだとすぐにメモリ容量がいっぱいになってスワップ使用領域が増えていくのですが、MacBook Pro 2016のSSDのストレージ速度が速いおかげなのか動作が極端に遅くなることはほとんどありません。

もちろん、動画の編集作業などをバリバリしたいという人は16GBのRAMを乗せたほうがいいですが、PhotoshopやIllustratorをちょこちょこっと使うくらいなら標準モデルでもこなすことができています。

MacBook ProのRAM容量についての考え方についてこちらの記事で詳しく書いているのでぜひ参考にしていただけたらと思います。

なお、整備済製品なら通常価格よりもかなり安くMacBookやMacBook Proを購入することができるので、買うことを検討している方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

13インチMacBook Pro 2018を購入

2018年6月にリリースした2018モデルの13インチMacBook Proを購入し実際に使用しレビュー記事を書いたので参考にしてくださいませ!

MacBook Proを買ったら揃えて起きたい周辺機器とアクセサリーはこちらからどうぞ!