シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBook ProはUSB-Cポートしかないから不便?だったらワイヤレス環境を整えよう!


デザインが完全刷新したMacBook Pro(Late 2016)は大胆にもUSB-AやHDMIなどのレガシーポート(というには、まだ早い。)を撤廃、ケーブル一本で充電・通信・画面表示することができるUSB-Cが採用しUSB-Cポートとヘッドフォンジャックのみ搭載する仕様になりましたが、これに戸惑う人も多いかもしれませんね。

特に外部モニターへの出力やプリンターとの接続をどうしたらいいのかと思ってしまうかもしれません。しかし、ワイヤレス環境を上手く活用することでケーブルレスで運用することも可能となります。

 

MacBook Proのワイヤレス環境を整えよう

13インチMacBook Pro(Touch Batなし)の本体左側にUSB-Cポートが2つ搭載されており、このUSB-Cポートを使ってMacBook Proの充電をすることになります。

13インチ MacBook Pro 2016 左側

本体右側に3.5mmヘッドフォンジャックが搭載され非常にシンプルなものになっています。

13インチ MacBook Pro 2016 右側

Touch Bar搭載モデルの13インチ/15インチMacBook Proは右側にさらに2つのUSB-Cポートが搭載されているので、接続ポート数が足りなくなってしまうということはないのかなと思います。

MacBookの「Pro」の名称が与えられた製品でここまで潔い仕様にしてしまうのはAppleにしかできないんじゃないかなと思うくらいです。

USB-Cポートしか搭載していないことに批判する声も聞こえてきますが、個人的には大歓迎です。じゃんじゃんと削除してしまえばいいんです。Appleが先陣を切ることで競合他社も追従するでしょうし、一気にUSB-Cコネクタが普及すると思うんですよね。

まあ、だからと言ってSDカードスロットまで廃止する必要はなかったのではないかと思いますが(苦笑)、搭載されていないのは仕方のないことです。

なので、この状況を素直に受け止めてこの機会にワイヤレス環境を整えてしまうのもいいのかなと思っています。

僕の作業環境はどちらかというと、ワイヤレス環境が整っている方で、外部ストレージ(HDD)の接続、プリンタ印刷、SDカードからのデータ転送などはUSBケーブルを使わずにワイヤレスで実行できるようになっています。

ネットワークHDDで外部ストレージをワイヤレスに

外部ストレージへのアクセスはWi-Fiを利用してデータ転送することができるネットワークHDDを使うことで、ケーブルレスにすることができるのでわざわざUSB接続をする必要がありません。

例えば、僕の場合はHDDが内蔵されているApple Time Machine Capsuleを使っていますが、各メーカーからネットワークHDDは発売されていますし、Wi-FiルーターのUSBポートを使って外部HDDを接続することでネットワークHDDとして使うことも可能です。

Time Machine Capsule

ネットワークサーバーを利用することで外部ストレージとして使うだけではなくmacOSのバックアップ機能・Time Machineを利用することでMacの環境やデータを丸ごとバックアップすることができるようになります。

ちなみに、Time MachineはTime Machine Capsuleじゃなくてもサードパーティ製のネットワークサーバーでも使うことができます。

¥

サードパーティー製のネットワークサーバー(Buffaloのリンクステーションなど)との接続もできますが、安定性を重視したいならTime Machine Capsuleがお勧めです。

Time Machine Capsuleは生産中止が決定しましたが、Apple Storeではまだ購入することが可能となっています。性能的には11ac(最大1300Mbps)のWi-Fiに対応しているなどまだまだ現役で使うことができますよ。

Wi-FiルーターのAirMac Extremeとの組み合わせでも使うことができます。

AirPrint対応のプリンターに

プリンターもワイヤレスに対応したモデルに変えちゃいましょう。最近のプリンターはWi-Fiに対応しており、Wi-Fiルーター経由で印刷することができるモデルや、直接Wi-Fiと接続して印刷することができるモデルなどがあります。

僕はCanonのA3ノビまで印刷ができるiP8730というモデルを使っています。

Canon iP8730

特に何の設定もせずに同じWi-Fi環境下にあればワイヤレスで印刷することができるので非常に優れものです。

A3のプリンターなんていらないよって方はA4までのもっとWi-Fiに対応したモデルを選ぶのもいいと思いますし、他のメーカーでもWi-Fiに対応したモデルはたくさんあります。

プリンターに関してはワイヤレスで簡単に接続して印刷することができるので、USBで接続する必要性はほとんどないですね。ただし、Adobe Illustratorなどのデータを印刷する場合はUSB接続でないといけない場合があるので注意してください。

Wi-Fi対応のSDカードを使う

僕はミラーレスのカメラで撮影をすることが多いのですが、SDカードもワイヤレス対応のものを使っており、SDカードをカメラに入れたままMacに自動的に転送してます。使っているSDカードはEye-Fi mobi-Proと呼ばれるものなんですが、このSDカードが本当に優秀です。

しかし、残念なことにEye-Fiを販売していたアイファイジャパン株式会社が2016年8月いっぱいで解散してしまい購入することができません。

Amazonで高額取引はされていますが、今後手に入れることはできないでしょう。

僕は色々とあって最後のEye-Fi mobi-Proカードを手に入れたので、これでしばらくは凌ぐことになりそうです。(娘にSDカードを食べられて壊れたと思って追加で購入。でも、数日後にSDカードが復活したのでめでたく2枚体制に。)

Eye-FiのSDカード

Wi-Fi対応のSDカードの有名どころとして東芝のFlashAirがあります。

Eye-Fiを購入する前に使っていたのですが、正直なところ僕の環境では転送速度が遅くて使い物になりませんでしたが、Eye-Fi事業を引き継いだ東芝の第4世代FlashAir W-04は転送速度も大幅に向上し、さらにEyefi連動機能や自動アップロードをしてくれるKeenaiを利用することができるなど進化を果たしています。

これってほぼEye-Fiカードと同じ仕様になった感じなですよね。

ということで、実際に写真をワイヤレスで飛ばそうと思ったらWi-Fiを内蔵したカメラを選ぶということが現実的かもしれませんね。最新型のカメラなら大体はWi-Fiに対応しているのではないでしょうか。

 

カメラのWi-Fi機能を使う

最近のコンデジや一眼レフカメラにはWi-Fi機能が内蔵されたモデルがほとんどです。スマホのアプリと連携されることで、簡単に撮影した写真をスマホに送信することができるようになっています。

iPhoneなら転送された写真をiCloudに自動アップロードさせることができるので、簡単にMacBook Proに写真を転送させることも可能。

  • カメラ → Wi-Fi → iPhone →iCloud → Mac

こんな感じでワイヤレスで写真をMacBook Proに簡単に転送することができます。カメラとiPhoneでの接続操作は必要となりますが、意外と簡単に写真を転送できるのでとても便利ですよ。

ワイヤレス化できないものはアダプタを使う

正直なところアダプタを使うって本末転倒なんですよね。でも、いずれは標準規格のUSB-Cポートに移行することになるのだから...と考えることで納得させるしかありません。

外部モニターとの接続する

USB-CポートのMacBook Proから外部モニターに出力をさせるにはUSB-Cに対応した外部モニターなら、USB-Cケーブル一本でそのまま接続させることができます。

12インチMacBookとLG 27UD88-W

しかも、充電も賄うことができるのでめちゃくちゃ便利ですよ。

USB-Cポートに対応していない外部モニターを使用する場合はUSB-CとDisplay Portの変換アダプタとなる「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」が必要となります。 

サードパーティ製のものならケーブル一本でアダプタなしで接続できてしまうものがあるので、使い勝手はこちらのケーブルの方が上だと思います。

詳しくはこちらの記事で書いているのでぜひ参考にしてくださいませ。

もし、HDMIケーブルを使って接続をする場合は「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」が役に立ちそうです。今までのUSB-Aタイプのコネクタも使うことができ、USB-Cポートも一つ付いているので使い勝手は良さそうです。

iPhoneとの接続もどうせならUSB-Cケーブルでダイレクトにできたらいいですよね。そんな時は「USB-C - Lightningケーブル」を使いましょう。

ところで、iPhoneってUSB-Cケーブルに統一されないのでしょうか。次期モデルのiPhone8でUSB-Cに変わったりするのかな?

 

社外品のUSB-Cハブ

どうしてもワイヤレス化することができないという場合は一括変換することができるUSB-Cのハブがとても便利なので、いくつか紹介しておきたいと思います。

MPVOOのUSB-CハブはUSB3.0ポートを2つ、HDMIポート、SDカード、microSDカードも使うことができるので、これ1台あればMacBook Proの取り回しはかなり良くなることでしょう。

MacBook Proに装着するタイプもあります。ケーブルでゴチャゴチャさせたくないなら一体型の方がいいかも?

MacBook ProとUSBハブはとても相性がいいんですよね。

例えば、家に帰ってきてMacBookにUSBメモリ、プリンタ、モニターなどに接続するためにケーブルを一本一本差さないといけないところ、ハブを使えば一本のケーブルを差し込むだけで作業を完了することができます。

まとめ:ワイヤレス化できるところはしてしまおう

MacBook ProがUSB-Cポートしか搭載しないデバイスになってしまいましたが、これを機会にワイヤレス化ができるところはしてしまうことで、煩わしいケーブルから解放されることができます。

結局、最後はアダプタを使おうみたいな感じになってしまいましたが...(笑)でも、最近はいろんなものがワイヤレス化してきたこともあり、MacBookで家のどこからでも作業をすることができる環境ができてるのでとても快適です。

MacBook Proを買ったら揃えて起きたい周辺機器とアクセサリーはこちらからどうぞ!

MacBook ProとiMachはどちらがいいのか比較、MacBook/MacBook Proの選び方など詳しく書いているので参考にしてください!

各MacBook Proのレビュー記事もいくつか書いています。

Macを買ったら設定しておきたいおすすめの初期設定について紹介しています。これを設定しておくことでさらにMacが使いやすくなるのでおすすめですよ!

(この記事は2016年11月1日に公開したものを2018年5月に修正・加筆しています。)