シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone SEとiPhone7/7 Plusの3機種の違いを比較!使いやすいのはどれ?


iPhone SE、iPhone 7/7 Plus 違いを比較

iPhone7 Plusのジェットブラックを使い始めて1週間以上経過したでしょうか。5.5インチのディスプレイを搭載したiPhoneは初めて所持していろんな場所に持ち出して使ったのですが、4インチiPhone SE、4.7インチiPhone 7、5.5インチiPhone 7 Plusを実際に使ってみて感じた使い勝手の違いについて書いていきたいと思います。

最初に結論から書くなら、やっぱり4.7インチディスプレイを搭載したiPhone 7が一番バランスが取れていて最強なiPhoneに仕上がっているのかなと思いました。

 

iPhoneSE/iPhone7/iPhone7 Plus 違いを比較

基本性能の違い

iPhone SEはiPhone 6s/6s Plus世代のハードウェアを採用していることもあり性能的には最新型のiPhone7/7 Plusより劣ることは確かで、iPhone 7/7 PlusはFeliCaや防水防塵に対応しているので使い勝手は大きく違いが出てくることになるでしょう。

モデル iPhone SE iPhone7 iPhone7 Plus
ディスプレイ 4インチ
1,136 x 640ピクセル
4.7インチ
1,334 x 750ピクセル
5.5インチ
1,920 x 1,080ピクセル
Touch ID 第1世代 第2世代
FeliCa ×
防水防塵 ×

FeliCaを搭載したiPhone 7/7 Plusは交通系カードのSuicaや電子マネーのiD、QUICPayなどを登録してiPhoneで決済をすることができます。

  • iPhone 7/7 PlusはFeliCa・防水防塵に対応している

CPUの性能の違い

iPhone7のRAMは2GB、iPhone7 PlusのRAMは3GBと差はありますが解像度の違いがありますが、画面解像度が高いiPhone 7 Plusはそちらに処理に負荷がかかってしまう影響なのか体感速度で動作の差を感じることはできません。

iPhone SEはiPhone 7のA10 Fusionチップの1世代前のA9チップを搭載しておりベンチマークスコアで比較するとかなり性能差があるように見えます。

しかし、実際の動作感としてははさほど差を感じることはないのかなと思います。

モデル iPhone SE iPhone 7 iPhone 7 Plus
CPU A9 A10 Fusion
RAM 2GB 3GB
シングルコアスコア 2386 3395 3437
マルチコアスコア 4124 5713 5782
GPU(Metal) 10298 12705 12728

ただ、第2世代のTouch IDを採用しているiPhone 7/7 Plusの指紋認証速度はとても速いです。また、FeliCaやデュアルカメラレンズをを使いたいと思った場合はiPhone SEは候補から消えてしまうことになりますね。

  • 動作速度はiPhone SE・iPhone 7/7 Plusの差はさほど感じない
 

カメラ性能の違い

画質はほぼ同じ

iPhone SE、iPhone 7/7 Plusのカメラスペックの違いはこんな感じになっています。

モデル iPhone SE iPhone 7 iPhone 7 Plus
背面カメラ 1200万画素 f2.2 1200万画素 f1.8 1200万画素 f1.8(広角)
1200万画素 f2.8(望遠)
前面カメラ 500万画素 700万画素

実際に同じ場所で同じ時間で撮影をして比較をしてみました。

20161016021337j:plain

パッと見では画質の差は同じといっていいのではないでしょうか。

デュアルカメラの恩恵はポートレートモードのみ

iPhone7 Plusはデュアルカメラレンズを搭載しており、iOS10.1から使うことができるようになるiPhone7 Plus専用機能のポートレートモードは確かにスゴイです。スマートフォンで一眼レフカメラで撮影したかのような写真を撮ることができるのですから。

iPhone7 Plus ポートレートモード

iPhone7 PlusのデュアルカメラはiOS10.1から本領発揮といったところです。

しかし、iPhoen 7 Plusのデュアルカメラのメリットはポートレートモードしかないように感じます。望遠レンズが搭載されているので光学2倍ズームすることができますが、望遠側のレンズの性能が広角側のレンズよりも劣っており、iPhone7のデジタルズーム2倍の方が画質が綺麗なんじゃないかなと思うことは多々あります。

左がiPhone7(f1.8のレンズ)でデジタルズーム5倍したもの、右がiPhone7 Plus(f2.8の望遠レンズ)の光学2倍ズームとデジタルズームを併用して5倍にした画像です。

iPhone7 Plus 2倍ズーム

iPhone7 Plusの方がノイズが乗ってるし輪郭がボケてる...。本来ならiPhone7 Plusの方が画質が良くないといけないのにこの結果です。さらにiPhone7 Plusの望遠側のレンズは光学式手振れ補正機能が付いていないというちょっと残念な仕様。

(追記:iPhone7 Plusの光学2倍ズームは色々な条件をクリアしないと使うことができないことがわかりました。)

ということで、ポートレートモードに必要性を感じないのであればシングルカメラレンズのiPhone 7で十分ということになります。「デュアルカメラ=画質が綺麗」ではないので注意ですよ。

画面サイズとディスプレイ品質の違い

iPhone SE、iPhone 7/7 Plusの画面サイズとディスプレイ品質の違いはこんな感じになっています。

モデル iPhone SE iPhone 7 iPhone 7 Plus
ディスプレイサイズ・解像度 4インチ
1,136 x 640ピクセル
4.7インチ
1,334 x 750ピクセル
5.5インチ
1,920 x 1,080ピクセル
コントラス比 800:1 1,400:1 1,300:1
最大頻度 500cd/m2(標準) 625cd/m2(標準)
カラー規格 フルsRGB規格 広色域ディスプレイ(P3)
サイズ(mm) 123.8 x 58.6 x 7.6 138.3 x 67.1 x 7.1 158.2 x 77.9 x 7.3

画質の綺麗さの違い

iPhone 7/7 Plusに搭載されているRetinaディスプレイはP3規格の広色域ディスプレイに対応しているので、表現できる色合いがより深く綺麗なものとなっています。なので、iPhoneで撮影した写真をより綺麗に表示することができるようになっています。

そんな違い分からないのではと思うかもしれませんが、明らかに写真の色合いはiPhone SEよりもiPhone 7/7 Plusの方が綺麗に表現できているのが分かります。

 

サイズは4.7インチが使いやすい

サイズ的にはやはり個人的には4.7インチのディスプレイを搭載したiPhone7が一番持ちやすく操作性は良いです。

iPhoneの比較1

もちろん使う人が違えば感じ方も違いますし使う用途によっても違ってくるのかなと思います。

iPhone 7 Plusは画面が大きく表示領域が広く使いやすくなっていますが、本体サイズはかなり大きくモバイル性能はやはり失われている感があります。そして、iPhone SEはこうやって大画面のiPhoneと比較してしまうと本当に表示領域が狭いなと思ってしまいますね。

iPhoneの比較2

5.5インチのiPhoneが登場して3年が経過するので今ではいろんなアプリが5.5インチの画面に対応していますが、アプリによってはiPhone7 Plusの表示領域に対応しておらず単純に表示を拡大しているものも存在します。

iPhoneの比較3

ただ拡大しているだけなのでせっかくの大画面を生かしきれていないですよね。これって12.9インチのiPad Proも同じことが言えるので、全てのサイズに適した画面表示にしてほしいなーと願っています。

フリック入力による文字の打ち込みは4.7インチのiPhone 7が一番しやすいと思います。

iPhoneの比較4

片手操作ができるiPhone SEが一番使いやすいと思っていましたが、キーの間が狭いので意外と誤入力をしてしまうことがあります。逆に5.5インチのiPhone7 Plusだとキーピッチが広すぎてフリック入力が非常にしにくく結果的に4.7インチのiPhone7が一番操作性が良いと思います。

iPhoneの比較5

ただ、キーボード配列での入力は画面の広いiPhone7 Plusが一番ですね。iPhone SEは誤タップしまくりです。

  • 4インチiPhone SEは誤入力をしてしまう!
  • 4.7インチiPhone 7は文字入力がしやすい!
  • 5.5インチiPhone 7 Plusは手が届かない!

iPhone 7はポケットに入れやすい

僕はジーンズを履くことが多いのですが、iPhone7が一番ポケットに入れやすいです。

iPhoneの比較6

一番サイズが小さいiPhone SEがポケットに入れやすいのかと思いきや、iPhone SEの本体は角張っていて本体サイズが分厚いことからポケットの布地に引っかかってしまい意外と入れにくく、さらにiPhone SEをおしりポケットに入れたまま座るとおしりが痛くなってしまいます。

でも、4.7インチのiPhone7は丸みを帯びた本体デザインで厚さも薄いので違和感がないんですよね。5.5インチのiPhone7 Plusは大きすぎるのでお尻ポケットに入れたまま座ると本体を曲げてしまいそうですし、やり場に困ってしまうことがあります。

でも、5.5インチのiPhoneを初めて持ち歩いて思ったのは意外と邪魔にはならないということ。大きいけどポケットに入れて持ち運ぶことはできるし、慣れればそんなもんなのかなーとは思います。

iPhone7 Plusは重すぎる

iPhone7 Plusは本体重量がとても重いです。

モデル iPhone SE iPhone 7 iPhone 7 Plus
サイズ(mm) 123.8 x 58.6 x 7.6 138.3 x 67.1 x 7.1 158.2 x 77.9 x 7.3
重量 113g 138g 188g

iPhone 6 Plusは意外と軽いのですが、iPhone 6s Plusよりも数グラムだけ軽くなったとはいえ本体重量が重いんので、片手で操作すると手に負担がかかってしまい疲労感を覚えてしまいます。

もう少し重量が軽ければ使いやすいのかなと思うのですが。本体の厚みももう少しだけ薄くなてくれると使いやすいように感じます。このあたりはバッテリー容量の問題もあるからなかなか難しい部分なのかもしれません。

 

iPhone SE・iPhone 7・iPhone 7 Plus どれを選ぶ?

ということで、完全に独断と偏見でiPhone SE、iPhone7 、iPhone7 Plusの3機種で一番使いやすいのはiPhone 7と結論付けたいと思います。

  • この3機種の中ならiPhone 7が一番バランスが取れている

とはいえ、どのモデルもメリットもあるので使う人によってはiPhone SEが良かったり、iPhone 7 Plusが良かったりするので、どんな人がどのモデルが向いているのかまとめていきますね。

各モデルの端末価格

各モデルの端末価格はこんな感じです。

  iPhone SE iPhone 7 iPhone 7 Plus
32GB 44,800円 → 39,800円 72,800円 → 61,800円 85,800円 → 74,800円
128GB 55,800円 → 50,800円 83,800円 → 72,800円 96,800円 → 85,800円
256GB - 94,800円 → 廃止 107,800円 → 廃止

2017年9月13日にiPhone 8/8 PlusとiPhone Xが正式に発表され旧モデルが値下げされました。かなり安くiPhoneを手に入れることが可能となります。

iPhone SEを選ぶべき人

iPhone SEは32GBモデルなら39,800円で買うことができるコストパフォーマンスに非常に優れたiPhoneとなっています。とにかく安くiPhoneを手に入れたいという方や4インチの片手サイズのiPhoneが欲しいという方はiPhone SEを選ぶべきでしょう。

  • 4インチの片手サイズのiPhoneが欲しい
  • 安くiPhoneを手に入れたい
  • 特にこだわりがない

また、iPhone SEはUQモバイルやY!mobileといった格安SIMでも買うことができるようになっており、端末割引を受けることでかなり安くお買い得にiPhone SEを手に入れることも可能です。

2018年9月に配信されるiOS 12はA7チップを搭載しているiPhone 5sがサポート機種になったことで、このペースでいけば3年後の2021年に配信されるiOS 15まで最新のiOSで使うことができるので、4年くらいは現役バリバリでiPhone SEを使うことができるでしょう。

追記:2018年9月にApple Storeでの販売が終了しましたが、Amazonでは販売が継続しています。SIMフリー版のiPhone SEが欲しい方はAmazonで買いましょう。

UQ mobileやY!mobileならもっと安く買うことができます。まだまだ現役で使えるモデルなのでしばらくは買うことができそうです。

iPhone 7を選ぶべき人

iPhone 7はバランス感覚抜群のモデルとなっておりFeliCaや防水防塵といった機能が欲しい場合はiPhone 7を選ぶましょう。画面と本体サイズの大きさも大きすぎず小さすぎずで非常に扱いやすいiPhoneとなっています。

  • 本体がちょうど良いサイズで使いやすい
  • FeliCa決済機能を使いたい(Suica、iD、QUICPayなど)
  • 防水防塵性能で安心感を得たい

また、現在(2018年8月)はiPhone XとiPhone 8/8 Plusが現行モデルとなっており、iPhone 7はiPhone 8よりも安く買うこともできるので、4.7インチのディスプレイを搭載したiPhoneが欲しい方におすすめです。

iPhone 7 Plusを選ぶべき人

iPhone 7 Plusは画面が大きいので両手で使うことが前提となったデバイスといっていいでしょう。

スペック的にはiPhone 7とほぼ同じでFeliCaと防水性能機能を備えています。iPhone 7 Plusの特別機能としてデュアルカメラ機能を搭載し光学2倍ズームや背景をぼかすことができるポートレートモードを使うことができます。

  • 大画面の高性能なiPhoneが欲しい
  • FeliCa決済機能を使いたい(Suica、iD、QUICPayなど)
  • 防水防塵性能で安心感を得たい
  • ポートレートモードで背景を綺麗にボカしたい

また、現在(2018年8月)はiPhone XとiPhone 8/8 Plusが現行モデルとなっており、iPhone 7はiPhone 8よりも安く買うこともできるので、4.7インチのディスプレイを搭載したiPhoneが欲しい方におすすめです。

2017年9月にiPhone 8/8 Plusが、10月にiPhone Xがリリースしました。iPhone Xはホームボタンが撤廃され新世代の操作方法が導入され、ワイヤレス充電に対応するなど新しiPhoneのあり方を示したモデルとなっています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

iPhone SE、iPhone 7などの個別のレビュー記事はこちらから!