iPhone 7 Plus レビュー

iPhone 7 Plusは5.5インチのディスプレイを搭載した機種で2016年9月に発売した機種です。で、このモデルのみアルミボディなのに光沢のあるジェットブラックモデルが存在した少し珍しいiPhoneとなっています。

この記事ではiPhone 7 Plusのジェットブラックの外観デザイン、スペック、使いやすさ、あと傷の付きやすさについて詳しくレビューしていたいと思います。

iPhone 7 Plus(ジェットブラック) レビュー

iPhone 7 Plusは2016年9月に発売した5.5インチディスプレイを搭載した機種で2019年現在も購入することができるiPhoneです。

5.5インチディスプレイはiPhone XS Maxよりもコンパクトで筐体サイズも少しだけ小さいので、最新モデルのiPhone XS Maxが大きい…と感じている方にはちょうど良いサイズ感といって良いかもしれません。

iPhone 7 Plus ランドスケープモード
iPhone 7 Plus ランドスケープモード

ただし、ここで紹介しているジェットブラックモデルに関しては現在は購入できません。ブラックモデルはありますが普通のマットなアルミボディを纏っています。

iPhone 7 Plusの本体カラー
ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック

現在はローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラックの4色から選ぶことが可能となっています。端末価格はApple Storeで64,800円〜となっていて上位モデルのiPhone XS Maxよりもかなり安く買うことができますね。

iPhone Plus、Maxの端末価格
iPhone 7 PlusiPhone 8 PlusiPhone XS Max
32GB64,800円
64GB78,800円112,800円
128GB 75,800円
256GB95,800円129,800円
512GB152,800円

iPhone XS Maxのほぼ半額でiPhone 7 Plusが買えてしまうって…。

iPhone 7 Plusの特徴
  • 5.5インチのP3対応Retinaディスプレイを搭載
  • A10 Fuisonプロセッサ + 2GBメインメモリを搭載
  • タッチセンサー式のホームボタン(Touch ID)を搭載している
  • 1200万画素のデュアルカメラを搭載(ポートレートモードあり)
  • 光学式手ぶれ補正を搭載(広角カメラのみ)
  • リアカメラは4K30Pの動画撮影が可能
  • Felicaに対応し電子マネー決済ができる
  • IP67等級(最大水深1メートルで30分耐えられる)に対応

2016年モデルなのでiPhone XS Maxなどの上位モデルと劣ってしまいますが、Apple Pay(Felica)や耐水防塵(IP67)にも対応しているので、普通の生活において困ることは全くないでしょう。

\iPhone 11/11 Pro 発売開始/

パッケージと付属品

iPhone 7 Plus(ジェットブラック)は真っ黒な専用デザインとなったパッケージが採用されています。

iPhone7 Plus ジェットブラックの箱
真っ黒なパッケージデザイン

他のモデルはカラーに合わせてiPhoneの画像の色が変わっていますが、iPhone以外の部分も黒くなっているのはジェットブラックだけです。

今までで箱全体が黒色になったのはジェットブラックが初めてなんじゃないでしょうか。箱を開けると本体ではなく「Designed by Apple in California」の文字がお目見え。

Designed by Apple in California

やっぱり、本体が一番最初にいた方がインパクトあったのにな…。どうしてiPhone 7からこの仕様に変更したのだろうか。「Designed by Apple in California」をもっとブランディングしたいのかな。

「Designed by Apple in California」の箱の中には簡単な説明書やステッカーなどが入っています。そして、この下にiPhone 7 Plusが収められています。

iPhone7 Plus ジェットブラックの付属品

本体の下には充電器、Lightningコネクタ、Lightningコネクタ対応のイヤホンが収められています。

付属品など
iPhone 7 Plusの付属品

さてさて、iPhone7 Plusのジェットブラックはどんな仕上がりになっているのか見て行きましょう。

画面サイズ・スペック

iPhone 6 PlusはフルsRGBのカラー規格でしたがiPhone 7 Plusは5.5インチのP3対応Retinaディスプレイを搭載しています。

iPhone 7 Plus 5.5インチのディスプレイを搭載
5.5インチのP3対応Retinaディスプレイ
ディスプレイのスペック
iPhone 7 PlusiPhone 7iPhone 6 Plus
画面サイズ5.5インチ4.7インチ5.5インチ
解像度1,920 x 1,080ピクセル1,334 x 750ピクセル1,920 x 1,080ピクセル
カラー規格P3フルsRGB
最大輝度625cd/m2(標準)500cd/m2(標準)

広色域の表現が可能となるP3ディスプレイに対応しているので、写真などの色合いはiPhone 7 Plusは旧モデルと比べても綺麗に描画することが可能となっています。

このP3ディスプレイは最新のiPhoneにも採用されている規格なので2016年モデルのiPhone 7 Plusでも同じ品質ということになります。ただし、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイなので見え方は多少は違うかもしれませんね。

外観デザイン

実はiPhoneのブラック系モデルを購入するのは初めてです。今までずっとホワイト系のiPhoneを使っていたのですが、ジェットブラックを一目見て持ってみたいなとビビッと来たんですよね。

iPhone7 Plus ジェットブラックの前面
iPhone 7 Plus 外観デザイン

今までブラック系モデルを購入してこなかった理由がいくつかあり、ブラック系モデルは前面パネルも黒色になってしまうので指紋が目立ってしまうのが嫌だったんです。

でも、ジェットブラックは背面パネルも指紋ベタベタになってしまう仕様となっています。もう、ここまで来たら潔いので指紋まみれになってみるのもいいかなと思って購入しました。

アンテナラインが目立たない

iPhone 7/7 Plusでは横に伸びるアンテナラインが廃止されましたが、ジェットブラックモデルはこの特性からアンテナラインがあることすら分からないですね。

iPhone 7 Plus ジェットブラック アンテナライン
ジェットブラックのアンテナライン

iPhone7のシルバーとかはしっかりとアンテナラインが見えるので、ジェットブラックならではと言えるかもしれません。

iPhone 7 Plus(ジェットブラック)とiPhone 7(シルバー)
ジェットブラックとシルバーの比較

この光沢感はジェットブラックならではですね。

ジェットブラックの光沢感
光り輝くジェットブラックの光沢感

ディスプレイ側と同じ光沢感なので一体感がものすごくあります。

iPhone7 Plus ジェットブラックのディスプレイ
iPhone 7 Plusの正面デザイン

現在はジェットブラックモデルの購入はできませんが、ガラス筐体を採用しているiPhone 8 Plusなみに光沢があり高級感のあるスタイルとなっています。

指紋が付きやすい&傷付きやすい

これはガラス筐体を採用しているiPhone 8シリーズでも言えることですが、iPhone 7 Plusのジェットブラックは指紋がベタベタつくの僕のような潔癖症の方にはちょっとツライ仕様といえるかもしれません。(なら買うな…って感じですがw)

iPhone7 Plus ジェットブラックの指紋
ジェットブラックは指紋が付きやすい

指紋が付きやすいので綺麗に使いたいという思いが働いて指紋を拭き取る回数が増えますね。

これはこれでいいのかも…。また、画像では分かりにくいのですが細かいキズが何箇所か付いています。噂通りジェットブラックは傷が付きやすいようです。

なので、少しでも本体から傷を守りたいなら本体ケースは必須となるのかなぁと思います。ただ、5.5インチのディスプレイは大きいので個人的には本体ケースは付けたくはないんですけどね…。まあ、仕方ないところかもしれません。

サイド部分のボタン類も光沢のあるブラックで統一されています。

サイド部分のボタン
iPhone 7 Plus サイドボタン

ボタンもしっかり指紋が付いてるなー。こまめに綺麗にしたにとヤバイかもね…。なお、数ヶ月使用後のレビューもしているので傷の付き方が気になる方はこちらもどうぞ!

また、耐水防塵(IP67等級)仕様になっていて水深1メートルに30分耐えることができる性能を持っています。

CPUプロセッサの性能

iPhone 7 PlusはA10 Fusionプロセッサに3GBのメインメモリを搭載しています。

プロセッサのスペック
 iPhone 7 PlusiPhone 7iPhone 6s Plus
プロセッサA10 FusionA9
メインメモリ3GB2GB2GB

A10 FusionはiPad(第6世代)にも採用されているプロセッサで、まだまだ現役で使うことができる性能を持っています。また、メインメモリも3GBもあるのでアプリの切り替えやマルチタスク作業は何ら問題ありません。

Geekbench 4による性能の違いは以下のとおりです。

プロセッサのスペック
 iPhone 7 PlusiPhone 7iPhone 6s Plus
プロセッサA10 FusionA9
シングルコアスコア344134102413
マルチコアスコア579857464171
Metal128251281210113

iPhone 7とiPhone 7 Plusの性能差はほぼありませんが、iPhone 6s Plusと比べると20%ほど性能が向上していることが分かります。

参考までにA10 fusionとA9の動作の違いを比較してみました。

iPhone 6sと比べるとA10 Fusionを搭載しているiPhone 7の方が動作速度が速くなっているのが分かります。

\iPhone 11/11 Pro 発売開始/

Apple Pay(Felica)に対応している

iPhone 7 PlusはApple Pay(Felica)に対応しiD、QUICPay、Suicaなどを登録して、コンビニでの支払いに使ったり、電車に乗ることができるようになります。

本当にiPhoneを使った電子マネー決済は便利ですね。田舎に住んでいるからこそ普段使うことないSuicaを設定しておくことで、東京に行った時に便利に地下鉄に乗ることができるのでオススメですよ。

iPhone 6 PlusとiPhone 7 Plusの外観比較

本体カラーが違いますがiPhone 6 Plusが手元にあったのでiPhone 7 Plusと外観の違いを比較してみました。

iPhone 6 PlusとiPhone 7 Plus 背面パネル比較
筐体デザインの違いを比較

やはりiPhone 7 Plusはアンテナラインの数が少なく、さらにジェットブラックで目立たなくなっているのでカッコイイですよね。

iPhone 6/6sシリーズはアンテナラインが本当にネックだったので、このデザインの変更はiPhoneのデザイン性をう復活させたものといえるのではないでしょうか。

20161005212209j:plain

カメラレンズのリングもiPhone 7シリーズは筐体からの延長線上に変更されたので、見た目は良くなったのかなと感じます。

デュアルカメラを搭載している

iPhone7 Plusの最大の特徴はデュアルカメラを搭載していることでしょう。

カメラのスペック
 iPhone 7 PlusiPhone 7
広角カメラ1200万画素・f/1.8
望遠カメラ1200万画素・f/2.4
光学式手ぶれ補正広角カメラのみ搭載搭載
動画撮影4K30P撮影に対応
インカメラ700万画素・f/2.2

レンズの大きさから判断して左側が望遠カメラ、右側が広角カメラとなっているようです。

iPhone 7 Plus ジェットブラックのデュアルカメラレンズ
デュアルカメラシステムを搭載

iPhone7ではデジタル5倍ズームまでしかできませんがiPhone7 Plusは望遠レンズを搭載することで光学2倍、デジタル10倍までズームして撮影をすることが可能となります。

「1x」というアイコンをタップすると光学2倍ズームで撮影することができます。

iPhone7 Plus ズーム機能

光学2倍ズームでどんな写真を撮影することができるのか試してみました。左が「1x」、右が「2x」で撮影したものです。

iPhone7 Plusの光学2倍ズーム

これだけでは分からないので、コップの部分に焦点を当てて拡大してみます。

iPhone7 Plusの光学2倍ズーム さらに拡大
標準・2倍ズームで撮影した画像

望遠カメラで撮影した画像(右)の方が画質がクッキリしているのが分かりますね。広角で撮影した画像(左)はデジタルズームしているので解像度が低いなっているのが分かります。

望遠カメラで撮影するとデジタルズームを組み合わせることで最大10倍までズームすることができるので、望遠で写真を撮影することが多いならiPhone 7 Plusはいいですね。

なお、iPhone7 Plusは「1x」のアイコンを左右に動かすことで拡大縮小ができるシステムが導入されています。

iPhone7 Plus ズーム機能のUI

iPhone7とiPhone7 Plusで同じ5倍ズームにして比較してみました。iPhone7は完全にデジタル5倍ズームですが、iPhone7 Plusは光学2倍ズームとデジタルズーム(2.5倍くらい?)を組み合わせています。

iPhone7とPlusのズーム機能の画質

パッと見でデジタルズーム5倍のiPhone7の方が綺麗に見えますね。というのもiPhone 7 Plusのデジタルズームはノイズが少し多いように感じます。

iPhone 7とiPhone 7 Plusの広角カメラはf/1.8の明るめのレンズを搭載していますが、iPhone7 Plusの望遠カメラはf/2.4と少し暗めのレンズを採用しています。

つまり、広角カメラの方が一度に取り込める光の量が多いのでキレイに撮影することができるんですね。

  • iPhone7:f1.8の1200万画素
  • iPhone7 Plus:f1.8(広角)1200万画素 + f2.4(望遠)1200万画素

ということは、望遠カメラの2倍光学ズームよりも広角カメラの2倍デジタルズームの方が画質が綺麗になることがある…ということになるのかもしれません。

追記:iPhone 7 Plusの光学2倍ズームは被写体から約60cm以上離れていて明るい場所でないと使うことができないことが分かりました。

拡大してみると望遠カメラで2倍ズームした画像の方が綺麗に撮影できていることが分かります。

光学2倍カメラの画質

つまり暗いところや被写体と近い場合に2倍ズームすると望遠レンズを使うのではなくデジタルズームで拡大されることになるということ。

これは、iPhone 7 PlusだけでなくiPhone 8 PlusやiPhone X/XS/XSMaxも同じ仕様となっているようです。

まとめ:iPhone 7 Plusは大画面とコスパを持ち合わせた端末

iPhone 7 Plusは5.5インチディスプレイを搭載しているのでとにかく大きな画面でインターネットやSNS、ゲームを楽しみたいという方におすすめのスマホとなっています。

また、Apple Pay(Felica)にも対応しているのでiDやQUICPayなどを登録しておけば、財布なしでコンビニの支払いができるのでとにかく便利に使うことができます。

iPhone 6s以前にモデルを使っている方はiPhone 7シリーズに乗り換えたらマジで生活が便利になると思いますよ。

\iPhone 11/11 Pro 発売開始/

キャリアでiPhoneを購入するか、格安SIMでiPhoneを購入するか迷っている方はこちらの記事を参考にしてください。

どのiPhoneを選ぶべきかこちらの記事をどうぞ!最新のiPhoneのレビューあります。

2019年9月に発売されるiPhoneについての最新情報もありますので、新しいiPhoneにしようかなと考えている方はチェックしておきましょう!

iPhoneの本体カラーの選び方、保護フィルムの必要性についてはこちらをどうぞ。

個別のレビューはこちらをどうぞ!

iPhone SEとその他のモデルの記事はこちらです。