iPhoneの光学式手ぶれ補正は効果ある?

iPhone 7のリアカメラは出っ張りレンズではありますが、iPhone 6sよりも美しいスタイルですよね。

カメラのデザインだけでなくiPhone 7のリアカメラはスペックも強化されていて新型の1200万画素のイメージセンサーと光学式手ぶれ補正を内蔵し、さらに、ISP(画像信号プロセッサ)がA10 Fusionに組み込まれたことオートフォーカスが高速化するなど大きな進化を果たしています。

綺麗な写真を撮影できるようになったiPhone 7ですが、実際にiPhone 6sと比較してどれくらい綺麗になったのか撮り比べをしてみました。

この記事で比較しているiPhone 7とiPhone 6s、さらにiPhone 8との違いを比較した記事があります。ホームボタンを搭載している最新機種に乗り換えを検討している方はぜひこの記事を参考にしてください!

また、最新のiPhoneを全機種の違いをわかりやすく比較している記事もあります。

iPhone 7の光学式手ぶれ補正の効果

光学式手ぶれ補正とは

最近のスマホのリアカメラには光学式手ブレ補正機構を備えたものが増えてきていますが、振動センサーを内蔵したレンズがブレを検知してブレを低減してくれる機能となっていて、スマホのカメラ撮影でよくある微ブレを抑えることができます。

また、夜間撮影時の手ブレも抑えることができるので安定してキレイな写真を撮ることができるようになっています。実際に光学式手ぶれ補正を搭載しているiPhone XS Max(望遠)と非搭載のiPhone 8 Plus(望遠)で手ブレの違いを比較してみました。

手ぶれ補正の違いを比較
左:手ぶれ補正あり、右:手ぶれ補正なし

少しわかりにくいですが、光学式手ぶれ補正のあるiPhone XS Max(望遠側)のカメラの方がブレが少なく簡単にキレイな写真を撮影するkとができます。

以下のiPhoneが光学式手ぶれ補正に対応しています。

光学式手ぶれ補正を搭載しているiPhone
  • iPhone 6/7/8/XR:光学式手ぶれ補正
  • iPhone 6 Plus/7 Plus/8 Plus:光学式手ぶれ補正(広角カメラのみ)
  • iPhone X/XS/XS Max:デュアル光学式手ぶれ補正(広角・望遠カメラ)

最新のiPhoneは全ての機種で光学式手ぶれ補正に対応していて、iPhone Xシリーズは望遠側も対応しています。

iPhone 7のリアカメラのスペック

ここからは実際にiPhone 7とiPhone 6s/6のリアカメラで画質がどれくらい変わってくるのかを比較しています。

iPhone7 リアカメラ
iPhone 7とiPhone 6sのリアカメラ

iPhone 6 は500万画素のイメージセンサーを搭載していたので、画質の違いはハッキリと分かりますが、iPhone 6sはiPhone 7と同じ1200万画素のイメージセンサーを搭載しています。

 iPhone6iPhone6siPhone7
画素数800万画素1200万画素1200万画素
(新型センサー)
レンズƒ/2.2
5枚構成のレンズ
ƒ/1.8
6枚構成のレンズ
光学式手ぶれ補正×
その他・顔検出
・True Toneフラッシュ
・写真とLive Photosの広色域キャプチャ
・人体検出と顔検出
・クアッドLED True Toneフラッシュ

とはいえ、iPhone 7の方が明るいレンジを搭載していて綺麗な写真に仕上がることが多いのでリアカメラが刷新されたのは大きいのでしょう。

また、光学式手ぶれ補正を内蔵しているので微ブレを抑えることができるのもデカイですね。全体的にシュッとした写真を撮影できます。

僕はiPhoneを使って子どもを動画撮影することが多いので、光学式手ぶれ補正は嬉しい進化(電子手ブレとの組み合わせとなります)。また、

ストレージ容量も64GBから128GBに倍増したので4K動画も容量の心配をせずに撮影することができるのも嬉しいポイントですね。

リアカメラの画質比較

iPhone7で何十枚か撮影をしてみたのですが、正直なところ静止画はiPhone 6sとiPhone 7の違いはあまりないような感じがいます。ただ、動画撮影に関しては手ぶれ補正機能が効いているので手ぶれの少ない滑らかな動画撮影が可能となっています。

では、3機種を使って同じシチュエーションで写真を撮り比べてみたので比較してみたいと思います。

クロワッサンです。パッと見は3機種とも違いが分からないですね。

iPhone7 カメラの撮影比較 クロワッサン1

細かい情報を見てみると違いが分かるのですが、iPhone7はレンズが変わったことで焦点距離も4.15から3.99となっています。F値もしっかりと2.2から1.8に明るくなっているのがわかります。

光学式手ぶれ補正機能が効いているのでしょうか。露出時間(シャッタースピード)がiPhone6/6sは1/30秒ですがiPhone7は1/15秒と1段ほどシャッタースピードが遅くなっています。

シャッタースピードが遅くすることで光をたくさん取り込むことができますが手ぶれしてしまうことがあります。それを、光学式手ぶれ補正機能を使うことで補完しているのですね。

全体的にiPhone 7のリアカメラはiPhone 6s/6よりもシャッター速度が遅めになる傾向があるようです。それでも、手ブレせずに写真を撮影できるのは光学式手ぶれ補正のなせる技といったところでしょう。

クロワッサンを拡大してみるとiPhone 6はボケているのが分かりますがiPhone6sとiPhone7はハッキリと撮影できているのが分かります。色合いはiPhone7の方がキレイかもしれませんね。

iPhone7 カメラの撮影比較 クロワッサン2

すき焼きパスタです。iPhone7が卵の黄身の色を鮮やかに表現できていますね。

iPhone7 カメラの撮影比較 パスタ1

色合いが良いということは食べ物を撮影することが多い方にとっては嬉しい進化なのかも?卵の黄身のいろが鮮やか。

iPhone7 カメラの撮影比較 パスタ2

車のスピードメーターです。

iPhone7 カメラの撮影比較 夜間撮影1

写真の出来はパッと見の違いはありませんが、撮影のしやすさはiPhone 7の方が手ぶれ補正が効いているので上です。暗い中でもブレが少ないですし高性能なA10プロセッサのおかげでオートフォーカスの速度も速くて快適。

メーター部分を拡大してみました。

iPhone7 カメラの撮影比較 夜間撮影2

iPhone 6は若干ブレていますがiPhone 6sとiPhone 7はくっきりとメータ表示を映し出せています。iPhone 7はシャッター速度がiPhone6/6sと比べても遅いのに手ぶれしていないのが素晴らしいですね。これぞ、光学式手ぶれ補正の真髄。

駐車場から撮影した灯りです。

iPhone7 カメラの撮影比較 夜間撮影3

800万画素のiPhone 6は文字がボケていますが、iPhone 6s/7はしっかりと表現できています。

iPhone7 カメラの撮影比較 夜間撮影4

と思ったらiPhone 7よりもiPhone 6sの方が文字がクッキリとしていますね。iPhone7は光学式手ぶれ補正に頼ってシャッター速度を遅くした結果、少しだけブレた可能性があるのかもしれません。

↓ iPhoneをキャリアで見る ↓

まとめ:iPhoneの光学式手ぶれ補正機能はすごい!

日中の撮影に関してはiPhone6sとiPhone7の差はさほど感じることはできませんが、夜間など暗い場所での撮影ではiPhone7の撮影のしやすさに軍配が上がります。

画質が良くなったというよりも手ぶれ補正によるブレの少なさやプロセッサの処理速度が向上したことによる画面ブレがiPhone7の方が明らか少なく画質が向上しています。

なんと言っても撮影がしやすくて扱いやすいというにはiPhoneなどスマホのメリットでもありますよね。また、写真だけでなく動画を頻繁に撮影するのならiPhone 7/7 Plus以降のモデルを選ぶのがおすすめです。

iPhone 7、iPhone 8の個別レビューはこちらをどうぞ!

iPhoneを買ったら保護フィルムは必要なのか?その答えがこの記事にあります。保護フィルムを貼るか貼らないか迷っている方は参考に!