シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone 7 開封レビュー!デザインが良くなりFeliCa・防水対応した新スタンダードモデル!

iPhone 7 レビュー

2016年9月にリリースされたiPhone 7は現行モデルのiPhone 8の一世代前のモデルですが、端末価格が下がったことで購入しやすくなりました!

iPhone 7は型落ちモデルですがまだまだ現役で使うことができるiPhoneです。むしろAndroidの格安スマホを買うくらいならiPhone 7を買った方がいいんじゃないかと思うくらい完成度の高いものになっています。

ということで、型落ちとなったiPhone 7のレビューとその魅力について書いていきたいと思います!

 

iPhone 7 シルバー 128GB レビュー

iPhone 7の価格差について

現行モデルのiPhone 8とiPhone 7・iPhone 6sの価格差はこんな感じになっています。

  iPhone8 iPhone7 iPhone6s
価格
32GB - 61,800円 50,800円
64GB 78,800円 - -
128GB - 72,800円 61,800円
256GB 95,800円 - -

iPhone 7はiPhone 8よりも17,000円も安く買うことができます。

ストレージ容量が32GBからなのでiPhone 8よりも少なくなっていますが、16GBモデルだとiOSのアップデート時に苦労することになってしまう可能性がありますがストレージ容量に32GBもあれば普通に使うことはできるのかなと思います。

で、今回はiPhone7 シルバー(128GBモデル)を購入してみました。

パッケージと付属品

iPhone 7のパッケージは背面筐体をメインとした画像が印刷されています。やはり、白色のアンテナラインを撤廃したことを強調したかったのでしょうか。

iPhone7の箱

一つ驚いたのが箱の構造がiPhoneで初めて変更された点でしょうか。

今までのiPhoneは箱の蓋を開けるとiPhoneがすぐにお披露目するのが伝統でしたが、iPhone 7の場合は説明書やシールが入っている箱が一番上に入っていました。

iPhone7 箱の構造

奥にあるのがiPhone 6sのパッケージとなっていますが蓋を開くと一発目で本体をお目にかかることができるデザインとなっています。

20160916172713j:plain

左:iPhone 6s、右:iPhone 7 パッケージ比較

しかしiPhone7のパッケージでは蓋を開けると説明書が梱包されている梱包デザインに変更されているのです。

説明書をどかすとiPhone 7の本体が入っています。

20160916172911j:plain

まあ、細かい変化なんですけど少し気になりました。どうしたんだろうって。

さらに本体をどかすと電源アダプタとイヤホンが入っています。イヤホンのケースがプラスチックから紙製に変更されてコストダウンされているようです。

iPhone7の付属品

パッケージデザインが変更された最大の理由はこれかもしれませんね。Lightningコネクタの変換アダプタです。

iPhone7のLightning変換アダプタ

iPhone 7ではまさかの3.5mmヘッドフォンジャックが廃止されることになり、ヘッドフォンもLightningコネクタを経由するものに変更されました。

しかし、このLightning変換アダプタを使用することで従来の3.5mmジャックのヘッドフォンを利用できるように変換アダプタも付属してます。このような理由からケースが簡略化された...のかもしれません。

 

本体デザインのレビュー

では、iPhone 7の本体デザインを細かくみていきましょう!

アンテナラインが撤廃された

ご覧のとおりiPhone 6sまでカメラ下に一直線にラインが入っていた白色のダサいアンテナラインが撤廃されました!

20160916173339j:plain

アンテナラインは本体上と下のみになり、非常にすっきりとしたデザインに変更されています。

iPhone6sとiPhone7の比較2

やっぱりアンテナラインがないのはすっきりしていていいですよね。

ケースを装着してしまえばあまり気にすることもないのかもしれませんが、僕はiPhoneをケースに入れずに使うのでこのようにデザインがブラッシュアップされていくのは非常に嬉しいことです。

ディスプレイの性能

iPhone 7は4.7インチディスプレイを搭載したスタンダードモデルとなっており、解像度は従来のモデルと同じ1,334 x 750ピクセルとなっています。

  iPhone8 iPhone7 iPhone6s
解像度 4.7インチ(1,334 x 750ピクセル)LCDディスプレイ
コントラスト比 1,400:1
カラー 広色域(P3) フルsRGB規格
最大輝度 625cd/m2 500cd/m2
True Tone 対応 非対応
3D Touch 対応

iPhone 7のディスプレイ品質はiPhone 6sよりも高くなっており広色域(P3)ディスプレイに対応したことでより鮮やかな色表現ができるようになりました。

基本的にはiPhone 8と同等レベルのディスプレイとなっており、iPhone 7は環境光に合わせて色合いが変化するTrue Toneディスプレイには非対応ですが、満足いく画質となっています。

光学式手ぶれ補正搭載の背面カメラ

その代わりカメラのレンズがさらに大きくなったような?

iPhone7 カメラ

iPhone 7のカメラはiPhone 6sと同じ1200万画素のイメージセンサーですが、センサーが刷新されてカメラレンズもf2.2からf1.8と明るくなったのでより綺麗な写真を撮影することができるようになっています。

さらに光学式手ぶれ補正も搭載され、手ブレを起こしやすい夜間の撮影でも気軽にすることができるのが凄いところ。 

  iPhone 8 iPhone 7 iPhone 6s
背面
カメラ
(静止画)
画素数 1200万画素
レンズ f/1.8 f/2.2
手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正 -
ズーム 最大5倍のデジタルズーム
広高域キャプチャ 写真とLive Photos
フラッシュ クアッドLED (True Toneフラッシュとスローシンクロ) True Toneフラッシュとスローシンクロ
背面
カメラ
(動画)
4Kビデオ撮影 24fps、30fpsまたは60fps 30fps
1080pビデオ撮影 30fpsまたは60fps
手ぶれ補正 ビデオの光学式手ぶれ補正 -
ズーム 最大3倍のデジタルズーム
スローモーション 1080p(120fpsまたは240fps) 1080p(120fps)
ズーム 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
フロント
カメラ
画素数 700万画素 500万画素
レンズ f/2.2
フラッシュ Retina Flash
広高域キャプチャ 写真とLive Photos -
動画撮影 1080p 720p

実はLEDフラッシュも2つ→4つに増えていて光量が多くなっているので遠くまで光を当てることができるようになっています。

チーズ月見バーガーを撮り比べました。

20160916174051j:plain

うーん。わからない。拡大してみます。(左:iPhone6s、右iPhone7)

20160916174135j:plain

左:iPhone6s、右iPhone7

まあほぼ同じでしょうか(笑)ただ、暗いところで撮影をしてみるとiPhone7の方が確実にブレにくいので綺麗な写真を撮影することができるでしょう。

さらに明らかにノイズも入りにくいので夜間での撮影でも結構常用することができるんじゃないのかなーと思います。

iPhone6sとiPhone7の比較1

カメラ周りのデザインもスッキリしたような気がしますね。iPhone 6sは金属リングがとってつけたかのようなデザインですが、iPhone 7は筐体のアルミと一体化されています。

 

タッチ式ホームボタンに

iPhone 7のホームボタンは物理ボタン式ではなくセンサーボタン式に変更されました。

20160916174721j:plain

ボタンが物理的に上下せずに感圧式となり指で押すとブルッとバイブレーターが動作しフィードバックしクリックしたような感覚を得ることができます。

賛否ありそうでしたが使っていくうちに普通に慣れるので特に問題はありません。

ちゃんと反応してくれますし使い勝手は悪くないと思います。

ただし、電源が切れている状態だとボタンを押すことができないので強制終了させるときの操作方法が今までとは違うので注意が必要です。

筐体のアルミが7000シリーズに

iPhone 7の筐体はiPhone 6sと同様にアルミニウムが採用されていますが、6000シリーズではなくより固くて傷がつきにくい7000シリーズのアルミニウムを採用しています。

実際にiPhone 6sとiPhone 7の両方を持っていましたが、1年使った後の姿がiPhone 6sは結構ボロボロになってしまいましたがiPhone 7は比較的きれいな状態を維持できているのです。

これはマジです。筐体の持ちがiPhone 7とiPhone 6sでは違います。

電源ボタンや音量ボタンなどはiPhone6sと同じ場所に搭載されています。

20160916175018j:plain
というか電源ボタンを横じゃなくて昔みたいに上にしてほしい。

この位置に電源ボタンがあるとiPhoneを横にして写真をカメラスタイルで撮影するときに間違えて電源ボタンを親指で押してしまうんですよね。設計的不具合だと思うのですが、なぜ改善されないのか。

Apple PayがFeliCa決済に対応

iPhone 7のApple Payは日本の独自規格であるFeliCa・iD・QUICPayなどの電子マネーに対応をしました。

FeliCaに対応したことで電車やバスの乗車にiPhone 7を使って支払いをすることができるようになります。

ちなみに、iPhone 7は日本版のみがFeliCaに対応しているので海外モデルだと日本の電子マネーを使うことができないので注意をしましょう。

(iPhone 8はグローバルモデルで日本の電子マネー規格に対応しました。)

そして、iPhone 7のロゴの下には総務省指定の文字が...。

総務省指定 iPhone7

調べてみたらFeliCaを搭載している日本モデルだけが「総務省指定」という文字が背面部分に刻印されているんですね。

これ、英語の中に漢字あるとなんか中華っぽい雰囲気がして嫌なんだけど。あと、iPhoneのロゴ書体が昔のデザインに戻りましたね。iPhone6/6sのiPhoneの書体は細かったけどiPhone7の書体は太くなっているようです。

IP67等級の防水防塵に対応

iPhone 7はIP67等級の防水防塵に対応をしました。

  • IP6x:粉塵が内部に侵入しないこと
  • IPx7:15cm〜1mの水深に30分間水没しても内部に水が侵入しないこと

基本的には濡れても壊れることはないというレベルの防水性能なので、お風呂に入りながらiPhone 7を使うことはしないほうがいいでしょう。

もし水没でiPhone 7が壊れてしまったら補償が効かなくなるので注意です。

SIMカードスロットに防水パッキンが設置されており防水に対応するためのものなんでしょうね。

20160916175400j:plain

iPhone 6sにはこのようなパッキンは入っていません。実際にiPhone 7を水道水で洗ってみたのですが、壊れることなく普通に使うことができました。

ステレオ再生に対応

iPhone7はステレオ再生に対応しました。

20160916175527j:plain

3.5mmヘッドフォンジャック部分にスピーカーが搭載されているわけではなく受話スピーカーから音を鳴らして通常のスピーカーと組み合わせてステレオ再生に対応しているという驚きの方法。

確かにステレオ再生されてる(笑)でも音圧レベルが異なるのか受話スピーカーから鳴っている音が少しだけ小さいような感じがします。

CPUの性能

iPhone7はクアッドコアのA10 Fusionチップを搭載しており、iPhone 6(A8チップ)と比較して2倍の性能向上になっています。

Geekbench 4を使ってCPU性能を計測してみました。

iPhone7 CPUの性能

確かにiPhone 7のCPU性能はiPhone 6よりも2倍以上の性能があることは間違いないようですね。

  CPU シングルコア マルチコア
iPhone 5 A6 659 1138
iPhone 5s A7 1292 2034
iPhone 6 A8 1525 2594
iPhone 6s A9 2442 4115
iPhone 7 A10 Fusion 3468 5547
iPad Pro 9.7 A9X 2920 4761

さらにA9Xチップを搭載しているiPad Proよりも高い性能になっていることに驚き!こんなに小さいデバイスなのにiPad Proよりも高性能とは...。

ただし、体感速度としてiPhone 6sからものすごく高速化されたわけではなく負荷が高い処理の時に威力を発揮することになりそうです。つまり、速度的にはiPhone6sで完成していたということなのかもしれません。

 

まとめ:iPhone 7は防水に対応しFeliCaも使える新スタンダードモデル!

iPhone 7は様々な新しい機能が搭載しました。

  • 光学式手ぶれ補正機能のカメラ
  • 4K 60fps 動画撮影に対応
  • Apple PayでFeliCa・iD・QUICPayの決済可能に
  • IP67等級の防水防塵性能

必要な機能はほぼ入っている感じではないでしょうか。iPhone 8なら78,800円もしますがiPhone 7なら60,800円でこの機能を手に入れることができるのです。

これらの機能に興味がないならiPhone 6sから乗り換えるメリットはあまりないかもしれませんし、それ以前のモデルを使っているならもっと価格が安いiPhone 6sを選んでもいいかもしれませんね。

 

 

iPhone7 Plus ジェットブラック レビュー

iPhone 7 Plusのシェットブラックのレビューもあわせてご覧ください。

iPhone SEとその他のモデルの記事はこちらです。

(この記事は2016年9月に公開したものを2018年6月に修正・加筆しています。)