iPhoneの音声入力機能で文字入力をする方法

iPhoneには声で文字起こしができる音声入力機能が搭載されています。Macにも同様の機能が搭載されていますが、iPhoneの音声入力の方が格段に変換精度が高いので、資料やブログ記事の文字起こしに使うこともできるんですよね。

この記事では、iPhoneの音声入力の使い方について詳しく書いていきたいと思います。タイピングが面倒くさいと感じている方はiPhoneの音声入力機能を使ってみてはいかがでしょうか。

 

iPhoneの音声入力機能を使って文字入力

iPhoneの音声入力機能の精度は高い

iPhoneの音声入力機能の精度はなかなか高いので声量と発音さえ気を付ければかなり正確に文字起こしをすることができるでしょう。どんな感じで音声入力ができるのか動画にしてみました。

「。」は「まる」、「、」は「てん」、改行するときは「改行」ということで指示を出すことができます。精度はとても高いのでクセさえ把握してしまえば、かなり使える文字起こしツールになると思うんですよね。

音声入力機能を使うメリット

隙間時間で文章作成ができる

「ブログを書くぞ!」と思い立ったら、机に座ってパソコンを起動してキーボードで文字を打つ必要があります。(スマホで記事を書いている方もいるのかな?)しかし、音声入力ならパソコンの前でなくても寝ながらでも文字を入力をすることができます。

実際にこの記事の文書は車の中の待ち時間に音声入力を使って文字起こしをしています。記事を公開するときにパソコンで修正したり文章を追記しているので手間といえば手間なのですが、隙間時間で文字起こしをして記事のベースを作ってしまえるのが音声入力の大きなメリットといっていいでしょう。

タイピングが遅い弱点を克服できる

タイピング

話すことができれば誰でも音声入力機能を使って文字を入力をすることができるので、タッチタイピングが遅いという方でも技能的デメリットを克服することができます。

後から修正を減らすためにはハッキリと話す必要がありますが、最近のスマートフォンの音声入力機能は非常に精度が高く間違えて認識することも少なくなりました。実際に使ってみて「え、こんなに精度が高いの?」とかなり驚きを感じています。

僕のタイピング速度は1時間に3000〜4000文字程度が限界ですが、音声入力で文章を作ってみると10分間に1500文字くらいの文字起こしができたので1時間に1万文字近い文章を作成することができる計算になります。

慣れればもっと多くの文字を入力することができるかもしれません。これってマジで凄いかも…!

体の負担を少なくできる

机に座ってキーボードから文字入力をする場合、画面を見つめ体は固定されるので肩や腰が痛くなってしまうこともありますか、音声入力ならリラックスした状態で文字を入力することができて、寝ながら作業することもできるでしょう。

もしかしたら風邪を引いて寝込んでしまった時でもブログを更新することができるかもしれませんね。つまり一日中パソコンに向かって文書を作る必要がなく、周辺機器をフル活用することで歩きながら運動をしながら文章を作成することもできるかもしれません。

これってマジで凄いかも…!

話す練習になる

声で文字を書き起こすのは最初はかなり違和感がありましたが、慣れてくるとキーボードで文字を打つよりも音声入力の方が快適かもしれません。

とはいえ、僕はもともと話すことが苦手な人なので正直なところ、言葉がなかなか出てきません。何を言いたいのか分からない状態になってしまうことも。

なので、もともと話が上手な人はキーボードで文字を打つよりも音声入力機能をを使うことですばらしい文章が生み出されることになるのかも。(むしろ、そういう人は YouTubeの方が向いている…。)

iPhoneとキーボード

話すことが苦手な人も練習することで話しながら文章を組み立てる能力が育つようにも感じます。

特に、フリーランスで活動をしている人は人との話をする機会が極端に減るので、気分転換に音声入力機能を使ってブログを書いてみるというのもいいのかもしれません。

さすがにレビュー記事や専門用語が多い記事になると音声入力での文章構築は難しいですが、思ったことを記事にする内容のものなら音声入力でベースを作って完成させるというパターンが効率が良いのかなと感じます。

ちなみに、この記事は3000文字ほどありますが、音声入力に10分、文章再構築に40分、合計50分くらい掛かっています。

音声入力を使って初めての作業にしてはまあまあの速さではないでしょうか。慣れれば音声入力10分、再構築20分、合計で30分くらいで記事更新できそうですし、書き上げた後の精神的な疲れがいつもよりも少ないのでこれは使えそうです。

 

iPhoneの音声入力機能の設定方法

音声入力機能はiPhone、iPad、Macのそれぞれのデバイスで使うことができます。

iPhoneとiPadはiOSなので設定方法は同じとなっていて、「設定」アプリから「一般」→「キーボード」から「音声入力」を有効にします。

iPhoneの音声入力機能を有効にする
iPhoneの音声入力機能を有効にする

これで、メモ帳を起動してキーボードの右下にあるマイクのアイコンをタップします。

iPhoneの音声入力機能を使う方法
iPhoneの音声入力機能を使う方法

キーボードが消えて音声のイコライザー画面が表示された状態が音声を認識している状態となり、音声入力を使って文字起こしをすることができるようになります。

ブログの記事に使いたい場合はメモアプリで文字起こしをした文章をWordPressなどのブログエディタにコピペして文章におかしなところがないかを確認、修正してアップすることができます。

Macの音声入力機能の設定方法

Macでも音声入力機能を使うことができます。設定方法は「システム環境設定」の「キーボード」の「音声入力」を「オン」にするか、「Fn」を2回押すことで音声入力をONにすることができます。

Macの音声入力機能を使う方法
Macの音声入力機能を使う方法

このようにMacでも音声入力機能を使って文字起こしができるのですが、精度はiPhoneやiPadよりも高くありません。なので、Macで文字起こしをするよりもiPhoneかiPadを使う方が修正の手間を省くことができるのかなと思います。

iPhoneに採用されているA12 Bionicプロセッサなどに搭載されているニューラルエンジンが力を発揮しているのかもしれませんね。

 

まとめ:音声入力機能で効率よく文字起こし!

iPhoneの音声入力機能を活用することで隙間時間に効率よく文字起こしをすることができるので、ブログをしている方などにおすすめです。

隙間時間でなくても、たまに声でブログを書いてみるのも良い気分転換になって面白いですよ。

iPhoneの音声入力とAirPodsは相性が良い
iPhoneの音声入力とAirPodsは相性が良い

なお、AirPodsを使うことで外出先でもiPhoneを口元に持ってこなくても正確に声を認識、読み取ってくれるので自然に文字起こしをすることができます。

AirPodsを付けていれば誰かと電話していると見せかけて文字起こしすることもできるので相性はかなり良いです!

ということで、iPhoneの音声入力機能を活用してみてはいかがでしょうか。iPadのApple Pencilで文字を手書きしてテキストに変換することもできます。

iPhone、iPad、Macの選び方についてはこちらをどうぞ!

ワイヤレスキーボードについてはこちらをどうぞ!

(この記事は2016年6月に更新したものを2019年5月に修正・追記しています。)