MacBook 2016

12インチのディスプレイを搭載したMacBook(2016)は2016年4月20日に発売した端末で現行のMacBook(2017)の1世代前のモデルとなっています。

ここではMacBook(2016)のデザイン・スペック・性能をMacBook(2015)と比較も交えてレビューしています。2015年モデルのMacBookとデザインは同じですがどれくらい性能が向上しているか比較していますよ。

MacBook 2016 特徴・スペック

MacBook 2016はMacBook 2015と全く同じデザインなので1年前に初めて手にした時のような感動はありませんが順当にスペックアップして使いやすくなったモデルといっていいでしょう。

MacBook 12インチ(2016)
MacBook 12インチ(2016)

とくに2015年モデルはIntel Core Mプロセッサがかなりひ弱でAdobe系のアプリが遅かったのが2016年モデルでは速くなり、全体的な動作速度は2016年モデルの方が快適になっています。

MacBook 2016年モデルと2015年モデルのスペックを比較してみました。

MacBook 2016・2015 スペック比較
 MacBook 2016MacBook 2015
ディスプレイ12インチ 2,304 x 1,440ピクセル 226ppi
CPU第6世代 Skalake-Y デュアルコア
256GB:1.1GHz Intel Core m3
512GB:1.2GHz Intel Core m5
CTO:1.3GHz Intel Core m7
第5世代 Broadwell-Y デュアルコア
256GB:1.1GHz Intel Core M
512GB:1.2GHz Intel Core M
CTO:1.3GHzIntel Core M
GPUIntel HD Graphics 515Intel HD Graphics 5300
RAM8GB 1,866MHz LPDDR38GB 1,600MHz LPDDR3
SSD256GB/512GB
NVME:×2 リンク速度 8GT/s
256GB/512GB
NVME:×4 リンク速度 5GT/s
バッテリー容量41.4Wh39.7Wh
ワイヤレス802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4.0
電池持ち最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大11時間のiTunesムービー再生
最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のiTunesムービー再生
外部ポートUSB-C(USB 3.1 Gen1)
DisplayPort 1.2ビデオ出力に標準対応
外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル(30Hz)
サイズ28.05 × 19.65 × 0.35〜1.31cm
0.92kg

大きな変更点はCPUプロセッサが第5世代 Broadwell-Y → 第6世代 Skalake-Yになったところで10%ほど性能が向上しています。

たった10%と思うかもですが、MacBook 2015はホントに動作が遅いのでこの数値差でも体感で速くなったと感じるくらい改善されています。CPUだけでなくメインメモリ、SSDストレージの性能も向上しているのも影響しているんでしょうね。

Apple MacBook (12インチ, 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3, 256GB)

MacBook 2016 レビュー

パッケージ・付属品

MacBook(2016)はApple伝統の白色のパッケージとなっていて本体の薄さを強調したデザインとなっています。

MacBook(2016)パッケージ
MacBook(2016)パッケージ

開封するとMacBook本体がお披露目です。一番気持ちが高ぶる時ですね!

MacBook(2016)開封
MacBook(2016)開封

保護フィルムの切れ端を持ってMacBookを取り出します。やっぱ、12インチモデルは本体が軽い。

MacBook(2016)保護フィルム
MacBook(2016)保護フィルム

付属品はUSB-C29W電源アダプタとUSB-Cケーブル、説明書などとなっています。

付属品など
MacBook(2016)付属品

MacBookに付属の純正電源アダプタはサードパーティ製の充電アダプタと比較すると大きいですが、延長コードを接続できるようになっていたりするのでコンセントが遠いところにある環境では使いやすいアダプタですよ。

もし、コンパクトな充電アダプタが欲しいならこちらを選びましょう。

本体デザイン

MacBook(2016)の本体には傷から守るための保護フィルムが貼り付けてあるのでペリペリと剥がしていきます。

MacBookの保護フィルムを剥がす
保護フィルムを剥がす

初期OSはOS X El Captanがインストールされていますが、最新のmacOS Catalinaにアップデートして使うことができるので、まだまだ現役で使うことができるMacBookとなっています。

MacBook(2016)

MacBook(2016)とMacBook(2015)を並べてみました。

MacBook(2016)・MacBook(2015)
MacBook(2016)・MacBook(2015)

デザイン、サイズは全く同じとなっています。今回購入したのはUS配列のキーボードを搭載したモデルです。

US配列とJIS配列のキーボード
US配列とJIS配列のキーボード

今回、US配列のキーボードを使いたかったのが買い替えた理由の一つなんですよね。やっぱりUS配列のキーボードはシンプルでいいですね。ホームポジションもセンターにしっかりあるのでタイピングもとてもし易いのが良い。

MacBook(2016)は第2世代のバタフライ構造のキーボードを採用しています。

バタフライ構造のキーボード
バタフライ構造のキーボード

バタフライ構造のキーボードはキーの高さがとても薄いのが特徴のキーボードでMacBook(2015)に初めて搭載されたもので2019年まではすべてのモデルで採用されていました。

そんな中で、2019年11月に発売されたMacBook Pro 16インチを筆頭にMacBook AirMacBook Pro 13インチも改良されたMagic Keyboardに刷新されました。

なお、MacBook(2016)のバタフライ構造のキーボードはMacBook(2015)と同じでペチペチとしたタイピング感のないキーボードとなっていて、改良された第2世代バタフライ構造のキーボードはMacBook(2017)に採用されています。

MacBook(2016)とMacBook(2015)の天板のデザインです。全く同じなのでどっちがどのモデルか分からなくなってしまいますね。

MacBook(2016)とMacBook(2015)天板のデザイン
MacBook(2016)とMacBook(2015)天板のデザイン

本体の右側に3.5mmオーディオジャックを搭載しています。上がMacBook(2016)、下がMacBook(2015)となっています。2016年モデルの方が隙間が広いのは気のせいでしょうか。

MacBook(2016)・(2015)右サイド
MacBook(2016)・(2015)右サイド

本体の左側にUSB-Cポートを搭載しています。

MacBook(2016)・(2015)左サイド
MacBook(2016)・(2015)左サイド

上がMacBook(2016)、下がMacBook(2015)ですが、やっぱり隙間が広いように見えます。個体差なのかな。

USB-Cポートに充電アダプタからのケーブルを接続することでバッテリーを充電することができます。

MacBook(2015)が発売した時はポートが一つしかないことに批判もありましたが使ってみると1ポートだけでも十分使えることに気付きます。充電しているとSDカードを読み込んだり、データ通信ができなくなりますがマルチハブを使うことで解決することもできます。

また、USB-Cに対応した4Kモニターを使うことでモニター側のUSB-Aポートを使えるようになるので、使い方次第なのかなーって思うんですよね。

Apple MacBook (12インチ, 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3, 256GB)

CPUプロセッサの性能を比較

MacBook(2016)とMacBook(2015)のCPUの性能をGeekbench 3で比較してみました。参考までに最新のGeekbench 5で比較したスコアも掲載しておきますね。

MacBook(2016)・(2015)CPUの性能比較
MacBook(2016)・(2015)CPUの性能比較
MacBook 2016・2015 CPUの性能比較
 MacBook 2015MacBook 2016
CPUCore M-5Y31 @ 1.1 GHz(2コア)Core m3-6Y30 @ 1.1 GHz(2コア)
RAM8GB 1,600MHz LPDDR38GB 1,866MHz LPDDR3
シングルコアスコア(GB3)23382495
マルチコアスコア(GB3)45584955
シングルコアスコア(GB5)528506
マルチコアスコア(GB5)10341153

ザックリと10%くらいの性能向上しているようです。このスコアは2015年モデルの上位モデル(1.2GHz)と同じ性能を持っているので、価格据え置きで上位モデルの性能を手にできるということになります。

SSDの速度・性能

MacBook(2016)はSSDストレージの接続方法変わってリンク速度が5GT/s → 8GT/sに速度が大きく向上しています。実際にMacBook(2016)とMacBook(2015)でDisk Speed Testを使って測定してみました。

MacBook(2016)・(2015)SSD速度比較
MacBook(2016)・(2015)SSD速度比較
MacBook 2016・2015 CPUの性能比較
 MacBook 2015MacBook 2016
SSD256GB NVME:×2 リンク速度 8GT/s256GB NVME:×4 リンク速度 5GT/s
書き込み429.9MB/s671.8MB/s
読み込み729.7MB/s922.2MB/s

書き込みが429.9MB/s→671.8MB/s(約1.6倍)、読み込みが671.8MB/s→922.2MB/s(約1.4倍)になっていますね。

この差はけっこう大きいようでAdobe系のアプリの起動速度、データの読み出し速度が速くなっています。もしかしたら、CPUの性能アップよりもSSDが高速化したの方が体感速度の向上に影響を与えているかもしれないですね。

MacBook(2016)レビュー:まとめ

MacBook 2016
MacBook 2016

MacBook(2016)はMacBook(2015)のCPU・SSD・メインメモリの性能を向上させたブラッシュアップバージョンなので、MacBook(2015)で満足してるならMacBook(2016)に乗り換えるメリットはあまりないでしょう。

ただ、macOSはアップデートされるたびに動作が遅くなる傾向があるので少しでもスペックの高いモデルに乗り換えるならMacBook(2016)という選択肢はアリです。

とくに擬似解像度を標準の「1,280 × 800ピクセル」から「1,440 × 900ピクセル」にすると2015年モデルはモタつきがあったのが、2016年モデルはスムーズにモタつくことなく快適に動いています。

もちろん、最新の方がスペックが高いのでさらに安定して作業をしたいならMacBook(2017)を選ぶのがいいかと思います。

MacBook(2017)は2019年6月に販売終了してしまいましたがApple整備済製品やAmazonで購入はできるので、12インチサイズのMacが欲しい方はこちらから買ってみてください。

Apple MacBook (12インチ, 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3, 256GB)

MacBookの比較・おすすめはこちらです。MacBook Pro 16インチと13インチの比較、個別レビューもありますよ。

MacBookを買ったら揃えておきたい周辺機器・アクセサリーはこちら。