シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone SEとiPhone 6sを徹底比較!電池持ちや通信速度、操作性などの違いについて!


f:id:kazu-log:20180807110800j:plain

片手サイズの4インチディスプレイを搭載したiPhone SEを使っているのですが、4.7インチのiPhone 6sをからわざわざ乗り換えるほどのメリットはあるのか?代わりに使用することができるかどうか?気になるところですよね。

iPhone 6sとiPhoen SEの両機とも所持しているので、ここではiPhone SEとiPhone 6sの使い勝手の違いを徹底レビューしていきたいと思います。

 

iPhone SEとiPhone 6sの違いを徹底比較

正直なところ4.7インチのiPhone 6sを使っているユーザーがわざわざ4インチのiPhone SEに機種変更をするにはごく限られたユーザーだと思います。

しかし、iPhone 5sなどの旧型のiPhoneを使っていたりAndroidからの乗り換えを検討しているユーザーにとっては安い価格で買うことができるiPhone SEとiPhone 6sはかなり良い選択肢になります。

iPhone SEとiPhone 6sは基本的な性能は同じでディスプレイサイズが違うので、どっちを選んだらいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

iPhone SE vs iPhone 6s

5.5インチの「iPhone 6s Plus」は画面が大きく使用用途がハッキリしていると思うので、ここではiPhone SEとiPhone 6sの違いについて徹底比較していきたいと思います。

iPhone SE・iPhone 6s スペック比較

iPhone SE、iPhone 6s、旧型のiPhone 5sのスペックの違いはこんな感じになっています。

モデル iPhone SE iPhone 6s iPhone 5s
ディスプレイ 4インチ 1,136 x 640 4.7インチ 1,334 x 750 4インチ 1,136 x 640
CPU プロセッサ A9+M9 A7+M7
RAM 2GB 2GB 1GB
背面+ 前面カメラ 1,200万画素+ 120万画素 1200万画素+ 500万画素 800万画素+ 120万画素
Live Photos ×

Focus Pixels AF

×
Retina Flash ×
タイムラプス ×
スローモーション 240fps ×
4K動画 ×
VoLTE通話 ×
Apple Pay ×
Wi-Fi速度 802.11a/b/g/n/ac 433Mbps MIMO対応 802.11a/b/g/n/ac 866Mbps 802.11a/b/g/n 150Mbps
LTE速度 150Mbps 300Mbps CA対応 150Mbps
Bluetooth 4.2 4.0
3D Touch × ×
Touch ID  (第2世代)

画面の綺麗さと操作感の違い

iPhone 6sは 1,334 × 750 ピクセル、iPhone SEは 1,136 × 640 ピクセルですが解像度は326ppiと同じですがコントラスト比がiPhone 6sは1,400:1、iPhone SEが800:1と低くなっています。

  iPhone 6s iPhone SE
解像度 1,334 x 750ピクセル 1,136 x 640ピクセル
コントラスト比 1,400:1コントラスト比(標準) 800:1コントラスト比(標準)
最大輝度 500cd/m2(標準)
その他 広視野角デュアルドメインピクセル
耐指紋性撥油コーティング
耐指紋性撥油コーティング

なのでパッと見た感じiPhone SEよりもiPhone 6sの方が色鮮やかな表示が可能となっています。

iPhone 6sとiPhone SE ディスプレイ品質

左:iPhone 6s、右:iPhone SE

iPhone SEに採用されているディスプレイはiPhone 5sと同じ型番のものを採用しているのかもしれませんね。液晶パネルと保護ガラスの隙間はiPhone SEよりもiPhone 6sの方が狭くなっているのでより直感的に操作をしていると感じることができるのは指とディスプレイの間の距離がより近いiPhone 6sとなっています。

この辺りは比較してみないと分からない部分ではありますが、ディスプレイ品質に関してはiPhone SEよりもiPhone 6sの方が上ということになります。

A9プロセッサの性能

基本的なスペックとしてはiPhone SEとiPhone 6sはA9チップに2GBのRAMを搭載しているので操作感に関してほぼ同じで実際の体感速度もほぼ同じです。ただし、クロック周波数がiPhone 6sの方が少しだけ高められています。

  • iPhone SEのA9チップ:1.8GHz
  • iPhone 6sのA9チップ:1.85GHz

GeekbenchにてCPUの性能を測定してみるとほぼ同じ性能となっていることが確認できます。

iPhone 6sとiPhone SE CPU性能

  iPhone 6s iPhone SE
シングルコア 2549 2563
マルチコア 4422 4453

またAntutuのスコアも測定してみましたが、こちらはiPhone 6sの方が少しだけスコアが高い結果となっています。

iPhone 6sとiPhone SE 性能差

  iPhone 6s iPhone SE
総合 133632 129353
3D 34481 30902
UX 49223 48306
CPU 41217 41458
RAM 8701 8687

クロック周波数の違いが少しだけ影響しているのかもしれません。

とはいえ、ほぼ同じ数値なので誤差範囲内といっていいのでかもしれませんが、iPhone SEよりも解像度が高いiPhone 6sの方がCPUの負荷が高いはずなので、ゲームアプリなどのフレームレートはiPhone SEの方が若干良くなる可能性はありそうです。

  • CPUの性能、サクサク感はほぼ同じ!
 

カメラ性能の違い

iPhone SEとiPhone 6sのカメラのスペックは背面カメラはほぼ同じですが、前面カメラはiPhone 6sの方が性能が高くなっています。

  iPhone SE iPhone 6s
背面カメラ 画素数:1200万画素
レンズ:ƒ/2.2、5枚構成のレンズ
Live Photos対応
4Kビデオ撮影(30fps)対応
前面カメラ 120万画素
ƒ/2.4
500万画素
ƒ/2.2

前面カメラについてはiPhone SE・iPhone 6sともに1200万画素のイメージセンサーと比較的明るいレンズも搭載しているので手ブレにも強く、暗いところでの夜間撮影もそこそこ綺麗に撮影することができるカメラ性能となっています。

また、iPhone 6sは出っ張りレンズカメラを搭載しているのに対してiPhone SEはフラットなカメラなのでテーブルの上に置いて使ったとしてもガタツクことはありません。

iPhone 6sとiPhone SE カメラ

両モデルのiSightカメラで野菜サラダを撮影してみました。

20160419101324j:plain

拡大してみます。

20160419101346j:plain

レンズが同じではないはずなので(形状が違うので)若干の違いはあるかもしれませんがイメージセンサーとCPUプロセッサが同じなのでほぼ同じ画質といえるのではないでしょうか。

前面カメラについてはiPhone SEは120万画素ととりあえず写ればいいだろう的なカメラなのに対してiPhone 6sは500万画素のイメージセンサーを搭載しているので、自撮りをよくする人はiPhone 6sの方がいいのかもしれませんね。

  • 背面カメラはiPhone SE・iPhone 6sともにほぼ同じ性能
  • 前面カメラはiPhone 6sの方が画素数が高い

Wi-Fi・LTEの通信速度の違い

Wi-FiとLTEの通信速度についてはiPhone 6sとiPhone SEとでは少しだけ異なります。

  iPhone 6s iPhone SE
LTE 300Mbps
(CA対応)

150Mbps
(CA非対応)

Wi-Fi 866Mbps
(MIMO対応)
433Mbps
(MIMO非対応)

iPhone SEのLTE通信はCA(キャリアアグリゲーション)に対応していないので最大150Mbps、Wi-Fi通信もMIMOに対応していないので最大433MbpsとiPhone 6sよりも遅い通信速度となっています。

実際にiPhone 6sとiPhone SEでWi-Fi通信の速度を測定してみました。

iPhone 6s・iPhone SE Wi-Fi 通信速度

Wi-Fi環境(左:iPhone 6s、右:iPhone SE)

iPhone SEよりもiPhone 6sの方がWi-Fi通信の速度が速くなっているのは間違いないようですね。同じ回線なのに受信速度で50Mbpsも差があることが分かります。

iPhone 6s・iPhone SE LTE 通信速度

docomo LTE環境(左:iPhone 6s、右:iPhone SE)

結果、こうなりました。

  iPhone 6s iPhone SE
Wi-Fi 184.74/270.16Mbps
5GHz帯での測定
132.86/202.79Mbps
5GHz帯での測定
LTE 43.99/5.19Mbps 33.69/3.49Mbps

Wi-Fi速度の差についてはiPhone 6sの方が圧倒しており、動画などのコンテンツや大容量のアプリをダウンロードする時はiPhone SEよりもiPhone 6sの方がより快適ということになるでしょう。

また、LTE通信に関してはCAに対応しているiPhone 6sの方が10Mbpsほど速くなっているようですね。

通常に使用状況においては差は分からないかもしれませんが、映画や音楽、アプリをダウンロードする時などは明らかにダウンロード速度は異なってくるでしょう。

指紋認証のTouch IDの認証速度の違い

iPhone 6s・iPhone SE Touch IDの違い

iPhone 6sとiPhone SEに搭載されているTouch IDは世代がそれぞれ違います。

  • iPhone 6s:第2世代Touch ID
  • iPhone SE:第1世代Touch ID

iPhone 6sは指紋認証速度が向上された第2世代のTouch IDが搭載されていますが、iPhone SEのTouch IDはiPhone 5sと同じ第1世代のTouch IDとなっています。

とはいえ処理速度の速いA9チップとの組み合わせによりiPhone 5sよりもiPhone SEの方が指紋認証速度は速くなっているのでさほど問題ではないかもしれません。

 

3D Touchの有無について

iPhone 6sの新機能・3D TouchはiPhone SEには残念ながら対応していません。

この3D Touchは使い出すと意外と便利な機能だったりします。アプリアイコンを強くタップすることで起動できるクイックアクションという機能を使うことができ、ワンタッチでアプリを起動させることが可能となります。

さらに便利な機能として文字入力をしている時に強くタップすることでカーソルを移動させることができる機能がとても便利なんですよね。

20160419103830j:plain

iPhone SEを使っていてこの機能が使えないことが非常にストレスになりました。特に画面の小さいiPhone SEだからこそ、3D Touchのカーソル機能は使いたかったところ。

バッテリー駆動時間はiPhone SEの方が優秀

iPhone SEとiPhone 6sをほぼ同じ条件下の元で電池の減り方を比較してみました。

同じ明るさ、音量にした状態で、Safariなどアプリを使う時は両手で同じページを開いて、できるだけ同じ環境になるように心がけています。

モデル iPhone SE iPhone 6s
START 100% 100%
YouTube 9:49-10:56 93% 89%
Safari 11:23-11:37 90% 84%
外出 12:20-14:43 85% 78%
feedly 16:13-16:33 81% 73%
アプリダウンロード(1GB近く) 79% 69%
AmevaTV視聴 16:40-17:32 67% 53%
外出 17:32-18:20 66% 51%
Zen Garden 18:21-18:46 49% 31%
待機 18:46-20:58 47% 28%

iPhone SEはバッテリー容量がiPhone 5sよりも少しだけ増量したことに加えて、省電力なA9プロセッサを搭載することでiPhone 6sより長いバッテリー駆動時間を実現しているようです。

YouTubeを閲覧しただけでバッテリー残量に差が現れ始めて、徐々にその差が大きくなっていき、グラフィック処理をガンガンしているZen Gardenアプリを起動している時に20%近い差が生まれました。

この結果を見てもiPhone SEはiPhone 6sよりもバッテリー駆動時間は長くなっていることは明らかのようです。

なお、公式のバッテリー駆動時間は以下のとおり。

  iPhone SE iPhone 6s iPhone 5s
通話時間(3G) 14時間 14時間 10時間
連続待受時間 10日間 10日間 10日間
インターネット(3G) 12時間 10時間 8時間
インターネット(LTE) 13時間 10時間 10時間
インターネット(Wi-Fi) 13時間 11時間 10時間
ビデオ再生時間 13時間 11時間 10時間
オーディオ再生時間 50時間 50時間 40時間

持ちやすさと操作性

何を重視するかによって感じ方が大きく異なるかと思います。ちなみに、僕はケースを付けない人なのでケースを付けない前提で話を進めます。

iPhone SEは4インチディスプレイを搭載していることから本体サイズが小さく片手で操作するには適しています。しかし、本体の薄さがiPhone 6sよりも厚いことから手で持った感じはiPhone 6sの方が心地良いです。

iPhone 6s・iPhone SE 本体の薄さ

また、iPhone SEはエッジ処理の方法がiPhone 5sと異なるマット処理になってしまったことからゴツゴツした感触になってしまいました。

iPhone 5s・iPhone SE エッジ処理の違い

この仕様の違いが手で持った時の心地良さを大きく左右しているので個人的にはちょっと残念な部分でもありますね。小さなポケットに入れることができるのは本体サイズが小さいiPhone SEですが、iPhone 6sの方が本体が薄いのでポケットの出し入れはしやすかったりします。

iPhone 6s・iPhone SE 持ちやすさ

また、iPhone SEのエッジ処理がマットになったことでiPhone 5sより滑りが悪くなって意外とポケットの出し入れがし難くなっているのも気になるところ。

操作性から見るならば、片手での操作を重視したいならiPhone SE、文字を入力する操作性を重視したいならキーボードをより大きく使えて両手操作も快適で、さらに3D Touchも使用できるiPhone 6sなのかなと感じます。

 

サブ機としてのiPhone SEは魅力的

iPhone SEは2台持ちとして威力を発揮するデバイスかもしれません。iPhone SEを肌身離さず持ち歩いて電話やLINEをするときに片手でiPhone SEをササっと使って、カバンの中に9.7インチのiPadを入れておくことで喫茶店などに入ったときなどiPadで集中して調べ物やSNSをするという使い方がいいかもしれません。

幸いにもiPhone SEの本体価格は安いのでiPadを同時購入した合計金額はiPhone 6sを1台購入するのと比較して3万円くらいしか差がありません。

  • iPhone 6s(32GB):50,800円
  • iPhone SE(32GB)39,800円
  • iPad(32GB):37,800円

ちょっと奮発してより高度な作業をすることができるiPadと組み合わせるのもいいかもしれません。

格安SIMとの組み合わせに最適

2018年8月現在、iPhone 6sとiPhone SEは2世代前のモデルとして大幅に値下げされてiPhone X/8/7シリーズといまだに併売されている状況が続いています。キャリアでの販売は終了していますが、UQ mobileやY!mobileといった格安SIMサービスでの販売は続けらています。

現行モデルとなるiPhone 8よりも4万円も安く購入することができるので、とにかく安くiPhoneを手に入れたいというユーザーにとってはとても嬉しい価格設定となっています。

2016年9月にiPhone7/7 PlusがリリースされてiPhone SEの3モデル体制になっています。