シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPad Pro 9.7(2016)レビュー!iPad Air 2とのスペックの違いも徹底比較!


iPad Pro 9.7インチ(セルラーモデル)レビュー

iPad Pro 9.7インチモデルは2016年3月に発売されたiPad Air 2の実質的な後継モデルで、Apple PencilとSmart Keyboardに初めて対応したiPadとなりました。iPad Proは2017年に10.5インチに、2018年に11インチになって画面の大型化が進みましたが、9.7インチという画面サイズはタブレットとして使うなら非常に適した画面サイズとなっています。

9.7インチのディスプレイを搭載したiPadは現行モデル(2018年12月現在)はiPad(第6世代)のみですが、iPad Pro 9.7インチ(2016)も整備済製品で販売されていることがあるので、まだまだ選択肢として選ぶことができるモデルとなっています。

この記事ではiPad Pro 9.7インチ(2016)を選ぶメリットやスペックなどレビューしていきたいと思います。

 

iPad Pro 9.7インチ(2016)レビュー

iPad Air 2の後継モデルとして発売したiPad Pro 9.7インチ(2016)ですが、9.7インチのディスプレイを搭載したiPadで液晶画面の性能はiPad(第6世代)より高いので、9.7インチの画面サイズでディスプレイ品質を重視するならiPad Pro 9.7インチモデルを選ぶことをおすすめです。

iPad Pro 9.7インチ(2016)特徴
  • 画面サイズ:9.7インチ
  • 画面解像度:2,048 x 1,536ピクセル(264ppi)
  • ディスプレイ仕様:広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング
  • A9Xプロセッサに2GB RAMを搭載している
  • Apple Pencilに(第1世代)対応
  • Smart Keyboard(9.7インチ専用)に対応
  • 4スピーカーオーディオで迫力のサウンドを再生可能に
  • 1200万画素のリアカメラ + 500万画素のフロントカメラを搭載
  • 現在はiPad整備済製品で購入可能

本体カラーをシルバーを購入した理由

iPad Pro 12.9インチモデルも購入したのですがそちらはスペースグレイを購入しました。確かにブラックモデルは格好良くて素敵ですがブラックは正面パネルもブラックになってしまい指紋が目立つのが気になってしまいます。

なので、正面パネルがホワイトになるシルバー、ゴールド、ローズピンクを選ぶのが無難なのかなと思い今回はシルバーを選びました。

iPad Pro 9.7インチ シルバーモデル

iPhone・iPadの本体カラーについてはこちらの記事で詳しく書いているので参考にしていただければと思います。

Wi-Fi + セルラーモデルのアンテナラインが刷新された

今回購入したのはiPad Pro 9.7(2016)は128GBのストレージを内蔵したWi-Fi + Cellularモデルです。

iPad Pro 9.7インチ セルラーモデル

iPad Air 2のセルラーモデルはアンテナ部分は樹脂素材が採用されていましたが、iPad Pro 9.7よりiPhone 7で採用されたラインによるアンテナラインが採用されています。

iPad Pro 9.7インチ 上部部分

樹脂素材のアンテナは見た目がかなり微妙な感じでしたがiPad Pro 9.7インチから採用されたアンテナラインは格好良くなったので安心してセルラーモデルを選ぶことができます。

僕はiPadを外で使うことが多いなら絶対にセルラーモデルをおすすめしています。WI-Fiモデルよりも20,000円ほど高いですがテザリングで通信をするよりも使い勝手がかなり良いからです。こちらの記事でセルラーモデルをおすすめしている理由を詳しく書いているので参考にしてください。

Apple SIMを内蔵している

ちなみに、今回のモデルからApple SIMが内蔵されておりauのプリペイド式データプランに簡単に加入することが可能となってます。

20160402091105j:plain

ただし、Apple SIMから契約できるプリペイド契約は1GBで1,500円と少々高いので普通に格安SIMを入れて使った方が便利なのかなと思います。とはいえ、SIMカードを入れなくても簡単にモバイル通信を使うことができるので海外に行った時に簡単に現地の通信会社のプリペイドSIMを使うことができるので非常に便利です。

海外旅行で9.7インチのiPad Proは手放すことができない存在になるかもしれません。(その前に海外旅行に10年近く行っていないという問題が...)

カメラは1200万画素にグレードアップ

iPad Pro 9.7インチのリアカメラには1200万画素のイメージセンサーを内蔵したカメラとiPad初となるLEDフラッシュを搭載しています。ただし残念なことにレンズが出っ張りレンズになってしまいました。まあ、机に置いてガタつくことはないので特に問題はないと思いますが、ちょっと残念ですね。

iPad Pro 9.7 カメラ

iPad Air 2は800万画素のイメージセンサーを搭載していましたがiPad Pro 9.7は1200万画素に画素数が増え、さらにレンズもf2.4からf.2.2に明るくなっているので画質が向上し暗い場所でもノイズが少なくなったので室内の撮影にも強くなっています。

  iPad Pro 9.7 iPad Air 2
リアカメラ 1200万画素 f2.2
4K/30fps 動画撮影
800万画素 f2.4
1080p/30fps 動画撮影
フロントカメラ 500万画素 f2/2 120万画素 f2.2

iPad Pro 9.7のリアカメラの画質はiPhone 7/7 Plusと同等レベルとなっているので、iPadでもそこそこ綺麗な写真を撮影することができるでしょう。

最近はiPadを持って写真を撮影する姿を街中でたまに見かけるようになりましたが、iPhoneよりも画面が大きいiPadで写真撮影をするというニーズが意外と多いということなのかもしれません。

 

4スピーカーオーディオを搭載

下部にLightningコネクタと4スピーカシステムのスピーカーが搭載されています。

iPad Pro 9.7インチ 4スピーカー

上部にもスピーカーが搭載されています。4つのスピーカーが搭載されたことでiPad Air 2よりもかなり音質が良くなっています。安物のBluetoothスピーカーよりも音が良いんじゃないかなと思うくらいです。

Apple Pencilを利用可能に

iPad Pro 9.7インチ(2016)はApple Pencilを使ってイラストを描いたり手書きで字を書くことが可能となりました。

iPad Pro 9.7とApple Pencil

2016年モデルのiPad Proは2017年モデルのiPad Pro 10.5とiPad Pro 12.9(第2世代)から搭載された120Hzのリフレッシュレートには非対応なのでApple Pencilの追従性の滑らかさはiPad(第6世代)と同等レベルですが、普通にメモを取ったり、軽くイラストを描く程度の使い方ならiPad Pro 9.7でも十分に使うことができます。

また、iPad(第6世代)はフルラミネーションディスプレイに非対応ですがiPad Pro 9.7は対応しているので、このように液晶パネルと保護パネルの隙間の幅が狭くなっています。

iPad ProとiPad(第6世代)画面の品質の違い

左:iPad Pro 9.7、右:iPad(第6世代)

iPad Pro 9.7の液晶パネルの方が光の反射を受けにくく、さらに画面と保護パネルの隙間が狭いのでApple Pencilでペンを走らせた時の描きやすさはiPad Pro 9.7の方が上となっています。

Apple Pencilを快適に使いたいならiPad(第6世代)よりもiPad Proを選んだ方がいいです。

Smart Keyboardに対応

iPad Proは2016年モデルからSmart Keyboard(スマートキーボード)に対応しました。カバーを兼ねた専用のキーボードとなっており、このように画面を保護することもできるので気軽にiPad Proを持ち運んで作業をすることができます。

iPad Pro 9.7 スマートキーボード

キーボード部分はファブリック素材が採用されているのでお茶やコーヒーをこぼしてしまっても故障してしまうことはありません。

iPad Pro 9.7インチ スマートキーボード

また、タイピング音が非常に静かなので静かな会議の場でも普通に使うことができるのがスマートキーボードの大きなメリットになるのではないでしょうか。

9.7インチ版のスマートキーボードは本体サイズが小さいのでキーサイズが小さくキーピッチも狭くなっているので、ちょっと使いにくさを感じてしまうかもしれませんね。現行モデルの10.5インチや11インチモデルのスマートキーボードと比較しても小さくなっています。

参考までに9.7インチモデルと12.9インチ(第1世代・第2世代)のスマートキーボードの大きさを比較してみました。

iPad Pro 9.7と12.9のスマートキーボードのサイズ差

左:iPad Pro 9.7、右:iPad Pro 12.9 スマートキーボードのサイズ差

とはいえ、ギリギリまでキーを配置しているので手が小さい方の僕は慣れればある程度使いこなすことができました。また、フルサイズキーボードより幅が狭いのでにタイピングするときの移動量が少ないので手が疲れにくいというメリットがあり、慣れることができればタイピング速度も上がるので使いやすくなるのかなと思います。 

ただし、9.7インチのスマートキーボードはフォトスタンドモードにした時の角度がかなり直角になっているためかなり使い勝手は悪くなっています。

20160402092723j:plain

手前に倒れそうで怖い。何よりも角度が付きすぎて見にくい。映画を見るどころじゃないんですよね。なので、フォトスタンドモードで9.7インチのiPad Proを使いたい場合は素直にスマートカバーを(Smart Cover)購入した方がいいかもしれませんね。

iPad Pro 9.7とiPad Air 2の違いと比較

本体デザイン、サイズの違い

iPad Pro 9.7インチ(2016)はiPad Air 2の後継モデルとなっており基本的な仕様は似ていて見た目もほぼ同じとなっています。

iPad Pro 9.7とiPad Air 2 背面パネルの比較

左:iPad Pro 9.7、右:iPad Air 2

本体サイズ、画面サイズとも全く同じなので使い勝手はほぼ同じといっていいでしょう。

iPad Pro 9.7とiPad Air 2 画面の比較

左:iPad Pro 9.7、右:iPad Air 2

カメラの違い

iPad Air 2に搭載されているリアカメラはフラットなタイプiPad Pro 9.7インチモデルに搭載されているリアカメラは立体的なレンズとなっています。また、フラッシュも内蔵しているので暗いところでの撮影がしやすくなっています。

iPad Pro 9.7インチとiPad Air 2 カメラの違い

左:iPad Pro 9.7、右:iPad Air 2

カメラ部分は多少の違いがありますが、ほぼ同じデザインとなっているのでパッと見では違いが分からないのかもしれません。

CPU・GPU性能の違い

iPad Pro 9.7はA9Xプロセッサを搭載しています。これはiPhone 7/7 Plusに搭載されているA9プロセッサのGPU強化版のプロセッサで画面解像度の高いiPad Pro 9.7に合わせて開発されたものとなっています。

  iPad Pro 9.7 iPad Air 2
CPU A9Xプロセッサ(2コア) A8Xプロセッサ(3コア)
GPU PowerVR Series 7XT(12コア) PowerVR Series 6XT GXA6850U(8コア)
RAM 2GB LPDDR4 2GB LPDDR3

CPUの性能をGeekbench 4で計測してみました。

iPad Pro 9.7とiPad Air 2 CPUの性能比較

左:iPad Pro 9.7、右:iPad Air 2
  iPad Pro 9.7 iPad Air 2
シングルコア(CPU) 3003 1844
マルチコア(CPU) 5188 4538
Metal(GPU) 17026 7885

CPUコアの性能が大幅に向上しているのでCPUコアの数が3つから2つに減ってもマルチコアの性能が4538から5188と高速化しています。コア数が減ったということはバッテリー消費量も大幅に減っているということになり、バッテリー駆動時間が大幅に伸びているということになります。
Appleが公式で発表しているバッテリー駆動時間は10時間と同じですが実際にiPad Pro 9.7を使ってみるとバッテリー駆動時間はiPad Pro 9.7の方が長くなっているようです。

 

まとめ:iPad Pro 9.7は現在も整備済製品で購入可能

iPad Pro 9.7インチモデルは2016年3月に発売した2世代前のiPad ProなのでApple Storeではすでに販売は終了しているので新品で購入することはできません。しかし、「Appleの整備済製品&旧モデル新品」でiPad Pro 9.7を安い価格で買うことができます。

現行のiPad Pro 10.5インチモデルは一番安い価格でも69,800円もしますがiPad Pro 9.7の整備済品なら50,800円から購入することが可能となっています。iPad Pro 9.7インチモデルは現行のiPad(第6世代)よりも画面が綺麗で見やすいので動画コンテンツを見たりApple Pencilを使うことが多いならiPad Pro 9.7を選んだ方がいいかも?

iPad Pro 9.7とiPad(第6世代)画面の色合いの違い

左:iPad Pro 9.7、右:iPad(第6世代) 画面の色合いの違い

また、iPad Air 2も販売していることがあり44,800円で購入できることもありお得です。

12.9インチのiPad Proは12インチのMacBookよりも大きいということが微妙なポイントだったのですが、9.7インチのiPad Proはそれよりも小型です。なのでモバイル性もより高く出先でササっと更新したい時など活躍しそうな予感がしますね。

これは買ってよかった!

高性能モデルなら10.5インチ、11インチがおすすめ!

iPad Pro 9.7よりも高性能なモデルが欲しいなら現行モデルの10.5インチ、11インチ、12.9インチモデルを選ぶのがおすすめです。2018年モデルはちょっと高いですが2017年モデルならProMotionテクノロジーに対応するなどより快適に作業をすることができます。

iPad Pro 11インチモデル、12.9インチモデルのレビューや比較はこちらからどうぞ!

iPad Pro 10.5インチモデルや12.9インチ(第1世代・第2世代)のレビューはこちら!

iPadとiPad Proのどちらを買うべきか分からないかもしれません。どちらが最適なデバイスなのかを比較した記事もあるので参考にしてください。