シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

APS-Cコンデジ「FUJIFILM X70」を触ってGRと比較しての感想!【外観レビュー】


FUJIFILM X70はコンパクトデジタルカメラでありながらAPS-Cのイメージセンサーを搭載したモデルとなっており、ミラーレスカメラのX-T1やX-Proなどにも採用されているX-Trance Ⅱセンサーを搭載するなど、小さいけど画質を一切妥協していない単焦点デジタルカメラです。

位置付けとしては、RICOH GRやdp1 Quattroあたりが競合製品になるでしょうか。ということで、FUJIFILM X70がどんなカメラなのか詳しく見ていきたいと思います。

 

FUJIFILM X70 レビュー

本体デザインがカッコイイ

実際に「FUJIFILM X70」を手にして感じたのは「意外と良い」でした。当初、発表された時の画像を見た時はレンズが沈胴式でないのでスナップシューターとしては「中途半端なカメラ」と思っていたのですが、持ってみると非常にコンパクトに収まっており、レンズが沈胴式でないことはさほど気にならないのかなと感じました。

レンズも窪んでいますし、少し使うくらいからレンズキャップを使わなくてもいいのかなとも思います。

FUJIFILM X70の外観

レンズは18.5mm(35mm判換算:約28mm相当)のフジノン単焦点。開放値はF2.8とこのクラスのカメラでは標準的なスペックと言えるでしょう。フジフィルムのフジノンレンズは歪みも少ないので非常に扱いやすいです。

絞りのリングも付いているので手動で調整することもできます。

FUJIFILM X70 フジノンレンズ

FUJIFILMらしいデザインで個人的にはかなり好きです。基本的にはミラーレス一眼レフ機のX-T1やX-T10などと同じ感じになっており、シャタースピード、露出、オートモードのスイッチなどが設置されています。この辺りは富士フィルムを使っているユーザーにとってはお馴染みのデザイン。

FUJIFILM X70の操作

FUJIFILM X70はチルト式液晶モニターが搭載されています。スナップシューターといえばRICOH GR/GR2を思い浮かべますが、それらにはない機能なので、撮影の幅としてはこちらの方が高いと言えるかもしれませんね。

チルト液晶

またタッチパネルも搭載しているので液晶を触ってシャッターを切ることができるのも面白いところかもしれません。

少し持ちにくいかも

ただ、本体サイズの横幅が非常に小さいので持ちにくいです。片手で持って撮影をすると正直しんどいと思うこともしばしば。小さなグリップは付いているのですが、とても快適に撮影できるものではないかも。

FUJIFILM X70を持った感じ

この辺りは慣れていくのかもしれませんが、RICOH GRを使い慣れている僕にとっては少々使いにくいのかなと感じてしまいました。また、グリップ付近にもボタンがいくつか設置されているので誤操作をしてしまうこともあるかもしれません。

この操作体系は富士フイルムの伝統なんですよね。X-T10もボタンが変なところにあるもんだから誤操作をよく起こします。でも、非常にコンパクトな仕上がりのカメラなのでモバイル性はかなりいいと思います。

20160326094945j:plain

これでAPS-Cのイメージセンサーを搭載してしているのが凄い。画素数はX-T1やX-T10と同じ1,600万画素のX-Trans CMOS Ⅱセンサーですが、ローパスフィルターで切れ味抜群で富士フイルムが得意とする写真画質を綺麗に撮影することができます。

イメージセンサーだけで比較するなら、おそらくX-T10とほぼ同じ画質だと思います。

まとめ

これから、手軽に持ち運びができる画質の良い写真を撮影することができるカメラを手にしたい方は「FUJIFILM X70」という選択肢はいいのかもしれませんね。デザインもカッコイイですし、GRを持っていなかったらこちらを買っていたかもしれません。

特にオートフォーカスの速度が圧倒的に「GR/GR2」よりも「FUJIFILM X70」の方が上です。子どもさんの写真をバシバシと撮りたいんだ!というお父さん、お母さんは「FUJIFILM X70」の方が扱いやすいと思います。「GR/GR2」はオートフォーカスの速度がもう少し速ければいいなーと思うんですけどね。