CanonのA3ノビプリンター・PIXUS iX6530で普通紙モードでの印刷がなぜか出来なくなったので6色インクのA3ノビプリンター・PIXUS iP8730を新しく買ったのでレビューしていきたいと思います。

似たようなモデルのPIXUS iX6830と迷ったので、PIXUS iP8730との違いと使い勝手や印刷の画質の違いなどを比較してみました。

「PIXUS iP8730」と「PIXUS iX6830」を比較

CanonのエントリーモデルのA3ノビプリンターは今までは「PIXUS iX6530」しか選択肢がありませんでした。

しかし、現在は後継機となる5色インクの「PIXUS iX6830」と6色インクに対応した「PIXUS iP8730」の二つのモデルから選択することが可能になりました。

どちらを購入しようか迷ったんですけど価格差が3,000円ほどしかない上位モデルの「PIXUS iP8730」を購入することにしました。

20160312104913j:plain

説明書、インク、ディスクトレイなどの同梱品があります。

20160312111433j:plain

インクの型式は「PIXUS iX6530」で採用されていた「BCI-326/325」から変更となって「BCI-351/355」になりました。後継機の「PIXUS iX6830」もインクの型式が変更されているので、在庫を使うことができないので注意です。

 スペック比較

簡単に3モデルのスペックを比較します。

モデル iX6830 iP8730 iX6530
最高解像度(dpi) 9600×2400
最小インク滴サイズ 1pl
インク色数 5 6 5
BD/DVD/CD
レーベルプリント
カメラダイレクト
(PictBridge)
無線LAN
有線LAN
USB
コスト(L判写真) 約15.1円 約16.5円 約18.3円
印刷速度 約14.5ipm 約14.5ipm 約11.3ipm
本体サイズ 約584×310×159mm 約590×331×159mm 約549×299×159mm
価格 約22,000円 約25,000円

「PIXUS iP8730」は6色インク以外にも CDのラベル印刷が出来たり、カメラダイレクトでスマホから直接印刷をすることができるようになっています。「PIXUS iX6830」は有線LANに対応するなど、ビジネスシーンでの利用が想定されたものに進化。

それぞれ、違う方向で進化していることがわかります。

本体サイズが旧モデルよりも若干大きくなっているので乗り換える方は設置場所に若干の注意が必要です。

こちらは旧モデルの「PIXUS iX6530」です。

20160312111339j:plain

新型の「PIXUS iX6830」はデザインは同じような感じとなってるんですね。こちらが「PIXUS iP8730」です。さらに本体が大きくなっています。少しだけ高級感が増したでしょうか。

20160312111407j:plain

インクタンクは6色タイプとなっています。

20160312112047j:plain

BCI351は染料インク、BCI350は顔料インクを採用していて文章などの黒インクは滲みの少ない顔料ブラックが使用される仕組みとなっています。多く印刷をする場合には嬉しい大容量タンクにも対応しています。

A3ノビ対応なので受け皿はビヨーンと伸びます。

20160312115544j:plain

無線LANに対応しているので専用のボタンも追加されています。

20160312115617j:plain

無線LANに対応しているのでApple製品で使うことができるAirPrintを使って無線で印刷することができます。

今まではUSBケーブルを使って印刷するのが常識でしたが、今は無線で簡単に印刷することができてしまうのはとっても便利ですよね。

印刷画質の比較(iX6580 vs iP8730)

実際に印刷をしてみて画質の比較をしてみました。

旧モデルのiX6530(5色インク)とiP8730(6色インク)の比較となります。iX6530は旧型モデルですが5色インクなのでiX6830とほぼ同じと考えてもいいでしょう。

まずは普通紙に印刷したものを比較。

(左:iX6580 5色、右:iP8730 6色)

20160312115655j:plain
(左:iX6530 5色、右:iP8730 6色)

分からないので拡大します。

20160312120152j:plain
(左:iX6530 5色、右:iP8730 6色)

普通紙に印刷した場合は、ほとんど違いはありません。黒の表現が若干青っぽいようにも見えますが。

では、写真を印刷してみました。石川県のゆるキャラの「ひゃくまんさん」です。いつ見ても高級感のあるゆるキャラです。

20160312120427j:plain
(左:iX6530 5色、右:iP8730 6色)

写真の印刷は色合いが異なります。6色インクは「グレー」が追加されているので、少しだけ青っぽく印刷されるようです。好みの問題と言えそうですが、個人的には右のiP8730(6色インク)の方が好きですね。

拡大してみます。

20160312120647j:plain
(iX6530 5色インク)
20160312120749j:plain
(iP8730 6色インク)

iP8730(6色インク)の方が黒が引き締まって印刷されているように見えますね。やはりグレーインクの効果はかなり大きいのかもしれません。

また、この画像では分かりにくのですが、細かいノイズ(粒子)は明らかにiP8730の方が少なく、確実に写真に関してはiP8730の方が綺麗に表現されています。

まとめ

印刷速度は旧モデルから比較して両モデルともかなり速くなっています。モノクロ印刷の速さには思わず「速っ!」ってボヤいてしまいました。

基本的に請求書や文章などのビズネス用途でしか使わないのであれば「PIXUS iX6830」で十分です。写真も印刷したい、スマホからも簡単に印刷をしたいという方は「PIXUS iP8730」を選んだ方がいいでしょう。

僕は仕事でPOP印刷を頼まれることがあるので、一応「PIXUS iP8730」を購入しました。まあ、さほど差はないんですけど、3,000円くらいの差ならこちらでいいかな…というノリです。

\ビッグセールAmazonプライムデー開催中/

追記:ワイヤレスに対応しているiP8730はオススメ

しばらく使用してみて感じたのですが、Wi-Fiに対応しているiP8730はとても使いやすいですね。

今まで無線LANのルーターからUSB接続してネットワーク上でプリンターを使えるようにしていたのですが、引っ越して無線LANルーターとプリンターが離れ離れになってしまいましたがiP8730ならWi-Fi上からプリントすることができるので重宝しています。

とくにAppleの無線LANルーター・AirMacなら設定なしでプリンターに接続し印刷することもできるのでiPhoneやiPadからも簡単に接続することができるのでとてもおすすめです。

ちなみに、2020年末に故障したので新型モデルが出ていないこともありiP8730の3台目を購入しております。まだまだ現役で使うことができてしまうことに驚くを隠すことができません。

htpps://www.sin-space.com/entry/2016/11/01/162128