ついにSIGMAからもミラーレス一眼レフが発売されるのね。2016年2月23日に「SIGMA sd Quattro」と「SIGMA sd Quattro H」が発表されたのですが、2012年3月発売されたデジタル一眼レフカメラ「SD1 Merrill」の基本コンセプトを継承したミラーレス一眼カメラなんだそうです。

SIGMA sd Quattro・SIGMA sd Quattro Hが発表

これはヤバい。めっちゃ欲しい。

富士フィルムのミラーレス機を買ったばかりだけど欲しい。でもビックリするくらい高いんでしょうね。(現時点では価格と発売日は未定)レンズも揃えないといけないですし、とても買えそうにありませんねー。

20160225114535j:plain

Quattro HはAPS-Hセンサー搭載

「SIGMA sd Quattro」は、APS-Cサイズでありながら3,900万画素相当のFoveonセンサーを搭載、「SIGMA sd Quattro H」はなんと、APS-Hサイズの5,100万画素相当のFoveonセンサー「Quattro H」を初搭載!!

APS-Hサイズのイメージセンサーといえばキヤノンの「EOS-1D Mark IV」で採用されたことがありますが、結構マニアックなサイズのセンサー。

  • フルサイズ:約35.9×23.9mm
  • APS-H:約26.6×17.9mm
  • APS-C:約23.4×15.5mm

APS-Hを採用することで極限まで小型化することができるそうです。もちろん、SIGMAならではの3層構造のFoveon X3センサーは健在。一般的なイメージセンサーはカラーフィルターが交互にあるのに対してFoveonセンサーは3層に垂直に並べられています。

20160225120042j:plain

この構造のおかげで超繊細な解像感や色表現が可能になるらしいです。確かに、SIGMAで撮影された写真って普通の絵とはちょっと違うんですよね。

詳しいことはよくわからんけど、こーいうのが大好きなんです。

富士フィルムのミラーレス機を買った理由もこーいう、ちょっと違う構造に惹かれてですからね。

主要スペックの比較

両機の違いは基本的にはイメージセンサーしかないみたいですね。この差で表現がどれくらい異なるのか非常に気になるところ。

型式SIGMA sd QuattroSIGMA sd Quattro H
イメージセンサー23.4×15.5mm
APC-C
3,900万画素
26.6×17.9mm
APC-H
5,100万画素
画角レンズ表記の約1.5倍レンズ表記の約1.3倍
レンズマウントシグマSAバヨネットマウント
ファインダー電子式ビューファインダー(約236万ドットカラー液晶)
オートフォーカス位相差検出方式 + コントラスト検出方式
ファインダー電子式ビューファインダー(約236万ドットカラー液晶)
ISOISO 100-6400
シャッター速度1/4000秒~30秒、Bulb (バルブ設定時は最大で2分)
画面3.0型(約162万ドット)
大きさ約147 × 95.1 × 90.8約147 × 95.1 × 90.8
重量約625g??
撮影可能枚数????

撮影可能枚数はまだ明らかになっていません。SIGMAのカメラといえばバッテリーが異常なくらい持たないことで有名です。

SIGMA DP2 Merrillは公式で97枚、dp0 Quattroは若干改善して200枚。それでもかなり少ない。sd Quattroシリーズはどれくらいのバッテリー持続力があるのか、非常に気になります。

いくらで買えるのでしょうか。

本体価格、いくら位なんでしょうかねー。

デジカメのdp0 Quattroが10万円くらいなので、sd Quattroが20万円、sd Quattro Hが30万円くらいなのかなー。レンズ合わせたら…。

お…おぅ。