XF16mm F1.4 R WR レビュー

XF16mm F1.4 R WRは、16mm(35mm判換算24mm相当)の画角を持った広角の単焦点レンズです。単焦点レンズならではのボケ味だけでなくF値1.4ととても明るいレンズなので夜間撮影でもキレのある美しい撮影が可能。

それだけでなく最短15cmの接写ができる大口径24mmの広角レンズとなっているので、撮影の幅がかなり広いんですよね。広角レンズって構図とかかなり難しいので使いこなすのは大変かもしれないですが、キレのあるレンズなのでバチッ決まった時の写真は素晴らしいものとなるはずです。

ここでは、XF16mm F1.4 R WRのデザイン・サイズ・画質をレビューしています。富士フイルムのミラーレスカメラを持っていて単焦点レンズを検討している方は参考にしてください。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

XF16mm F1.4 R WRのスペック・特徴

XF16mm F1.4 R WR
XF16mm F1.4 R WR
XF16mm F1.4 R WRのスペック・特徴
  • Xマウント
  • レンズ構成:11群13枚(非球面レンズ2枚、異常分散レンズ2枚)
  • 焦点距離:16mm(35mm判換算:24mm相当)
  • 画角:83.2°
  • 絞り:F1.4〜F16(9枚円形絞り)
  • 撮影距離範囲:15cm〜∞
  • フィルター径:ø67mm
  • サイズ:ø73.4mm × 73mm
  • 重量:375g

XF16mm F1.4 R WRは焦点距離16mmでXマウントに対応した単焦点レンズとなっています。35mm判換算で24mm相当の画角となっていて、iPhone 11 ProXperia 1 Ⅱの標準カメラとほぼ同じ視野で撮影することが可能です。

大口径レンズとはいえ単焦点レンズなのでXF16-55mmF2.8などのズームレンズと比較するとコンパクトなレンズとなっているので、X-T4X-T3との相性は抜群といってもいいでしょう。

XF16mm F1.4 R WR

レッドバッジレンズのXF16-55mmF2.8を持ってるとXF16mm F1.4 R WRを使う機会はかなり減ってしまうのですが、接写して撮影することができてその時のボケ味、キレに関してはXF16mm F1.4 R WRの方が遥か上をいく表現力を発揮してくれます。

XF16mm F1.4 R WRは実売価格11万円ほどの高価なレンズではありますが、他メーカーにフルサイズの広角単焦点レンズだともっと上を行く価格になってしまうので、そう考えると良心的な価格設定とみて良さそうです。

XF16mm F1.4 R WR レビュー

大口径でありながらコンパクトなレンズ

XF16mm F1.4 R WRの外装は金属製のパーツを採用していて、防塵・防滴・-10°Cの耐低温構造となってい雨天の中での撮影でも問題なく使うことができます。

絞りリングを搭載していて「A」でオート、それぞれのF値に合わせることで好みので絞りに調整することができるので感覚的に撮影できるようになっています。

XF16mm F1.4 R WRの外装部分
XF16mm F1.4 R WRの外装部分

XF16mm F1.4 R WRは他のXFレンズと少し異なるところがあり、目盛り付きの距離指標フォーカスリングを内蔵していて、リングを手前に引くことでMFによる撮影ができるようになっています。

距離指標フォーカスリング
距離指標フォーカスリング

最短15cmでの接写撮影ができるので、距離指標フォーカスリングがあることで素早くピントを合わすことができるということですね。

レンズは11群13枚構成の非球面レンズ2枚、EDガラスレンズ2枚を採用し開放から切れ味のある写真を撮影可能。さらにナノGIコートにより 高いフレア・ゴースト耐性を実現しています。

XF16mm F1.4 R WRのレンズ
XF16mm F1.4 R WRのレンズ

カメラ接合部分は金属パーツを採用していて信頼性の高いレンズとなっています。

XF16mm F1.4 R WRのカメラ接合部分
XF16mm F1.4 R WRのカメラ接合部分

XF16mm F1.4 R WRはXマウントのミラーレスカメラで使うことができますが、X-T3に装着してみました。

X-T3 + XF16mm F1.4 R WR
X-T3 + XF16mm F1.4 R WR

XF16mm F1.4 R WRはF/1.4の明るいレンズなので夜間撮影でも手ブレの少ない写真を撮影できますが、ボディ内手ブレ補正を搭載しているX-H1、X-T4に装着することで手ブレを抑えることができるので、さらに使えるシーンが広くなります。

花形フードを付けるとこんな感じのスタイルとなります。

XF16mm F1.4 R WR + 花形フード
XF16mm F1.4 R WR + 花形フード

このタイプのフードは少し嵩張るのでな角型レンズフード・LH-XF16の方がいいかもしれないですね。アルミ切削製の質感の高いフードなのでXF16mm F1.4 R WRとの相性は最高です。欲しい。高い。

なお、小型モデルのX-T30にXF16mm F1.4 R WRを装着するとこうなります。

X-T30 + XF16mm F1.4 R WR
X-T30 + XF16mm F1.4 R WR

少し大きいサイズ感となってしまいますが、XF16-55mmF2.8などの大型のズームレンズを装着するよりもずっとコンパクトにまとめあげることができます。これくらいの大きさは扱いやすいので、ポートレートにいいかもしれないですね。

XF16mm F1.4 R WRの作例

広く迫力ある写真を撮影できる

X-T4にXF16mm F1.4 R WRを装着して撮影をしてみました。16mm(35mm換算で24mm)の視野の広いレンズなのでその場の景色や雰囲気を表現するにはもってこいの表現力となっています。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(ひがし茶屋街)
SS 1/750・F2・ISO160

広角寄りのレンズですが周辺歪みはほとんどなく使いやすいレンズとなっています。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(ひがし茶屋街の通り)
SS 1/500・F2・ISO160

周辺四隅の解像感が少しだけ甘いと感じることはありますが、風景撮影においてはあまり気にはならないですし、接写で背景をいい感じにぼかすことでほぼ分からなくなります。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(小川を撮影)
SS 1/1250・F2・ISO160

iPhoneなどのスマホの標準カメラとほぼ同じ画角なので、風景を撮るには使いやすいレンズです。その場の雰囲気を伝えるには1本持っておいて損はしなさそう。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(公園の池)
SS 1/800・F3.2・ISO160

F1.4と明るいレンズなので昼間の撮影では少しだけ絞って撮影することになりますが、気持ち絞ることによってよりシャープでキレのある写真に仕上げることが可能です。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(公園の滑り台)
SS 1/700・F3.2・ISO160

見たままの風景を広く写し出してくれます。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(公園の遊具)
SS 1/1700・F3.2・ISO160

明暗差のあるシチュエーションもしっかりと表現してくれます。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(公園の木々たち)
SS 1/2000・F1.8・ISO160

XF16mm F1.4 R WRは風景を撮影するのに最適な画角のレンズなので、旅行に1本あると便利に使いこなすことができるのではないでしょうか。


最短15cmの接写もできる

さらに、XF16mm F1.4 R WRのすごいところは最短15cmの撮影距離というところでしょう。被写体に寄って撮影することができます。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(青色のブランコ)
SS 1/6400・F2・ISO160

もちろん、ただ寄って撮影できるだけではなく単焦点レンズならではの美しいボケ味を表現してくれます。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(公園の水道)
SS 1/640・F2・ISO160

標準ズームレンズで被写体に寄ることである程度ぼかすことはできますが、ボケ味があと一歩物足りない…と感じることがありますが、XF16mm F1.4 R WRは被写体をシャープに写し出し、背景を柔らかくぼかしてくれるので雰囲気ある写真に仕上げることができます。

X-T4 +XF16mm F1.4 R WR(公園の水飲み場)
SS 1/850・F2・ISO160

広角レンズで被写体に寄って撮影するのは望遠カメラを使うよりも構図が難しく高度な技術がいると思っていますが、XF16mm F1.4 R WRを使いこなせるようになるよう…頑張りたい!

XF16mm F1.4 R WR レビュー:まとめ

XF16mm F1.4 R WR
XF16mm F1.4 R WR

XF16mm F1.4 R WRは16mm(35mm判換算24mm相当)の画角を持った広角の単焦点レンズです。

XF16mm F1.4 R WRの良いところ
  • 広角画角で視野の広い写真を撮影できる
  • キレのある写真を撮影できる
  • 最短15cmの接写撮影ができる
  • 豊かで質感のあるボケ味を表現できる

16mm(35mm判換算24mm相当)はiPhoneなどのスマホの標準カメラとほぼ同じで使い慣れた画角でもあります。

スマホのカメラの性能も向上しているのでミラーレスカメラを使うメリットが少なくなっていますが、解像感、ぼけ味はまだまだかなわないところがあります。

XF16mm F1.4 R WRの惜しいところ
  • 広角16mmの画角は扱いが難しい
  • レンズの価格が高い

標準ズームのXF16-55mmF2.8を持ってるなら魅力はあまり感じないかもしれないです。ただ、標準ズームレンズでは表現できないシャープなキレ味・美しいボケを表現することができます。

風景をただ撮影するだけなら正直なところ標準ズームレンズがあれば十分かなと思いますが、接写でボケを表現した写真を撮影したりするならXF16mm F1.4 R WRに価値を見出すことはできるのではないでしょうか。

XF16mmF1.4 R WRは富士フイルムのミラーレスカメラで使うことができます。

そのほかのXマウントのレンズはこちら。