小型高級コンデジの代名詞といえばAPS-Cセンサーを搭載したRICOH GR/GR2ですが、富士フイルムからもAPS-Cセンサーを搭載した小型高級コンデジFUJIFILM X70があります。

富士フイルムではFUJIFILM X100Fというボディサイズの大きいAPS-Cコンデジがありますが、FUJIFILM X70はサイズ的にもかなりコンパクトになっているのでどこにでも持ち運ぶことができるスナップシューターとして使うことができます。

まさに、RICOH GRをターゲットにしているような魅力的なカメラとなっています。


\iPhone 12・12 Pro 販売開始/

「FUJIFILM X70」と「RICOH GR2」を比較

普段手軽に持ち歩いるカメラは「RICOH GR」です。もし「FUJIFILM X70」が「RICOH GR」並の持ち歩きやすさがあるのであれば乗り換えも検討したいくらいです。

ということで「RICOH GR2」と「FUJIFILM X70」を比較をしてみました。

20160116153033j:plain

FUJIFILM X70は単焦点レンズを搭載したモデルでイメージセンサーは通常の一眼レフカメラに広く採用しているAPS-Cサイズのセンサーを搭載しており、富士フイルム独自の「X-Trans CMOS Ⅱ」というセンサーを搭載しています。

このセンサーはFUJIFILM X-T1やX-T10と同じセンサーとなっていて、ミラーレスカメラと同じ画質のカメラを手のひらサイズで手に入れることができるのでとても魅力的ですよね。

スペックの比較

FUJIFILM X70、RICOH GRはともに約1,600万画素、ローパスフィルターレスのイメージセンサーを搭載しているのでスペックだけで比較するならほぼ同じと見ていいでしょう。

レンズのスペックも数値上は同じでリコーレンズとフジノンレンズでどれくらい画質の差があるかが気になるところ。

モデルFUJIFILM
X70
RICOH
GRⅡ
レンズ単焦点レンズ
35mm判換算:約28mm相当
5群7枚(非球面2枚)
単焦点レンズ
35mm判換算:約28mm相当
5群7枚(非球面2枚)
撮影距離約10cm~∞標準:約0.3m~∞
マクロ撮影時:約0.1m~∞
センサー
クリーニング
×
撮像素子1,630万画素
独自配列のAPS-C
23.6mm × 15.6mm
ローパスフィルターレス
1,620万画素
APS-C
23.7mm × 15.7mm
ローパスフィルターレス
シャッタースピード30秒~1/4000秒300秒~1/4000秒
手振れ補正××
AF速度0.1秒0.2秒
起動時間0.5秒1.0秒
連写約8.0コマ/秒約4.0コマ/秒
ISOISO100~51200ISO100~25600
RAW
液晶3.0型
約104万ドット
3.0型
約123万ドット
Wi-Fi802.11b/g/n802.11b/g/n

高さ
奥行き
112.5mm
64.4mm
44.4mm
117.0mm
62.8mm
34.7mm
重量約340g
(付属バッテリー、メモリーカード含む)
約251g
(付属バッテリー、メモリーカード含む)
価格9万円前後8万円前後

ただ、FUJIFILM X70はセンサークリーニング機能を搭載しているので安心感は一歩上をいっています。RICOH GRはセンサー内にゴミが入りやすいので扱いには少し注意なんですよね。


画質はほぼ互角か?

過去の記事でAPS-Cサイズのイメージセンサーを搭載しているコンパクトカメラのRICOH GR、ミラーレスカメラのFUJIFILM X-T10の画質を比較したことがあります。

驚いたのはどちらもほとんど同じ画質だったのです。

もちろん、色合いは違いますが、コンパクトカメラでありながらAPS-Cのセンサーを搭載しているRICOH GR/GR2はこの本体サイズでミラーレス一眼レフと互角の綺麗な写真を撮ることができます。

オートフォーカスの速度は「FUJIFILM X70」

「RICOH GR/GR2」の欠点はオートフォーカスの速度です。数値上は0.2秒と速そうに見えるのですがAFの速度は胸を張って「遅い」と断言できます。

遅いだけならまだしもちょっと難しいシチュエーションになるとAFが迷ってピントを合わすのに1秒以上かかることもよくあります。ましてや子供を追って撮影することなんて至難の技。

「X70」は数値上では0.1秒のAF速度となっており「GR/GR2」よりも高速であることは確か。なので「GR/GR2」のAF速度に不満がある方は「 X70」に乗り換えることで使い勝手が向上することになるでしょう。

ただし、「RICOH GR/GR2」にはAFの遅さを補うための「親指AFボタン」という強みもあります。

「親指AFボタン」を押すことシャターを押さずにAFを固定することができ、連続撮影をするときもAFを固定した状態で連続撮影をすることができ、使い方次第ではこちらの方が使いやすいという場面は出てくるかもしれません。

コンパクトさは「RICOH GR/GR2」

富士フィルムにはもう少し頑張って欲しかったですね…。

  • X70:112.5 × 64.4 × 44.4 mm、340g
  • GR2:117.0 × 62.8 × 34.7 mm、251g

本体の横幅は「X70」の方が短いですが厚みが1cmも分厚いんですよね。スナップシューターってポケットにカメラを入れていつでも撮影することが基本スタイルとなりますが、これだけ分厚いとポケットに入れも持ち運ぶことがかなり難しいように感じます。

レンズバリア方法は「RICOH GR/GR2」

スナップ写真を撮るカメラに必要な条件は「ポケットからサッと取り出して片手で操作してすぐに撮影することができる」かどうかだと思います。

RICOH GRはレンズが沈胴式なのでポケットから片手で取り出して片手で電源を入れてそのまま撮影ができますが、FUJIFILM X70はレンズむき出しでキャップを使うので、ポケットから出してすぐに撮影をするというスタイルには向いていないようです。

うーん…中途半端だな。やっぱりこのタイプのカメラは片手操作で簡単に使えることが必須だと思うんですよね。

FUJIFILM X70か?RICOH GRか?

FUJIFILM X70、RICOH GRの画質はどちらもほぼ同じだと思います。なので使用用途で選択するのがいいでしょう。

FUJIFILM X70のいいところ

カメラのボディサイズや使いやすさよりも、フィルムシミュレーションなどの富士フイルムならではの色で撮影したいならFUJIFILM X70を選ぶのがいいです。

FUJIFILM X70にはクラシッククロームなど独自のフィルムシミュレーションを搭載していて、他メーカーのカメラでは表現できない写真を気軽に撮影することができます。

フィルムメーカーならでは表現力がありますし、オートフォーカスの速度がGRよりも速いので撮影はしやすいかと思います。

RICOH GRのいいところ

RICOH GRもミラーレスカメラ並みの表現力を持っていますし、色合いもシックでとてもいい感じの写真を撮影することができます。

また、カメラボディが小さくてレンズが沈胴式でコンパクトに持ち運びできてしまうのが素晴らしいところでもあります。持ち運びのしやすさを重視するならRICOH GRを選ぶのがいいでしょう。

富士フイルムのミラーレスカメラのレビューはこちらをどうぞ。