4KとフルHD・2Kの違い

地上波テレビは4Kに対応していませんが現在のテレビの主役は4Kとなっています。パソコンのモニターも4K解像度の4Kモニターなど高精細ディスプレイが主流になってきていますね。

高精細ディスプレイの先駆けはAppleのiPhone・iPadのRetineディスプレイでしたが、MacBook ProやiMacに高精細解像度のRetinaディスプレイを搭載したことで高解像度・4Kに対応したモデルが増えています。

ここでは、4KモニターとフルHDモニターの解像度の違いがどれくらいあるのか比較しています。フルHDのモニターから4Kモニターに乗り換えをしようか検討している方は参考にどうぞ。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

4KディスプレイとフルHDディスプレイの比較

4K・2K・フルHDの解像度の違い

4K、2K、フルHDの解像度は以下の通りです。

各規格の解像度
  • DCI 4K:4,096 × 2,160ピクセル
  • 4K UHDTV:3,840 × 2,160ピクセル
  • 2K:2,560 × 1,440ピクセル
  • フルHD:1,920 × 1,080ピクセル

高精細ディスプレイと呼ばれるものは4K以上のパネルを搭載したものとなっています。

4KモニターとフルHDモニターを比較してみました。左が4Kディスプレイ(3,840×2,160ピクセル)、右がフルHDディスプレイ(1,920×1,080ピクセル)を搭載したDELLのモニターです。

4KモニターとフルHDモニター
4KモニターとフルHDモニター

4KモニターとフルHDモニターを並べてパッと見では違いを見分けることはできませんが、映し出されている画面を見るとその違いをしっかり確認することが可能となっています。

4KとフルHD見え方の違い

表示された画面をデジカメで撮影して比較をしてみました。こちらがフルHDディスプレイの画面に表示されているWindowsのアイコンです。

Windowsのアイコン(フルHD)
Windowsのアイコン(フルHD)

フルHDだと目視でドットを判別することができますね。しかし、4Kになるとドットが目視で見ることができないくらい高精細になります。4Kディスプレイの画面に表示されているWindowsのアイコンです。

Windowsのアイコン(4K)
Windowsのアイコン(4K)

4Kモニターに表示されるWindowsのアイコンは滑らかで文字もくっきりと表示することができるので、見やすくて作業のしやすいものになっています。

SNSのアイコンの見え方を比較してみました。

SNSのアイコン(フルHD)
SNSのアイコン(フルHD)
SNSのアイコン(4K)
SNSのアイコン(4K)

SNSのアイコン、文字も4Kモニターなら滑らかに表示できていますね。高精細ディスプレイは文字の表示が非常に滑らかです。

高精細なディスプレイなので写真をきれいに表示できるのは当然ですが、文字もキレイに描画することができるので執筆作業などテキストベースの作業をしたり、プログラムをすることが多い方におすすめです。

4KモニターとフルHDで画像を表示させて比較しました。

4Kモニターで写真を表示
4Kモニターで写真を表示

時計台の部分を拡大してみます。こちらはフルHDで表示させた画像です。

フルHDモニターで写真を表示
フルHDモニターで写真を表示

こちらが4Kモニターで表示させた画像です。

4Kモニターで写真を表示
4Kモニターで写真を表示

4Kモニターならディスプレイのドットが分からないくらい高精細で綺麗な表示となっているのが分かります。

4Kなどの高精細ディスプレイはドットが詰まっているので色合いも鮮やかな表示となります。写真の現像作業をすることが多いなら4Kモニターを選ぶメリットは大きいのかなと感じます。

ちなみに、現在販売されているApple製品の多くは高精細ディスプレイを搭載しているモデルとなっています。

MacBook Air・Proは4K解像度ではないですが高精細なRetinaディスプレイを搭載していてドットを判別できないレベルの画質を持っています。MacBook Airは104,800円で買えるローエンドMacBookですが、この価格のMacもRetinaディスプレイを搭載しているということになります。

なお、iMac 21インチは4Kディスプレイ、iMac 27インチは5Kディスプレイを搭載しているので、さらに綺麗な画面で作業することが可能となっています。

解像度と文字の大きさの関係性

4Kに対応する前のmacOSやWindowsだと画面サイズが同じまま解像度が高くなると文字が小さくなって視認性が悪くなりました。

そんな中で、Macの場合はMac OS X 10.8.5からRetina表示に対応し擬似解像度による表示ができるようになり等倍表示 → 高解像度スケーリング表示することができるようになりました。

Windowsも高解像度に対応したスケーリング表示ができるので解像度が高くなっても文字が小さくなることはないので安心してください。

Windows 10の場合

Windows 10ではデスクトップ画面で右クリックをして「ディスプレイの設定」からスケーリング調整をすることができます。

4Kディスプレイでは「200%」に調整することで3,840×2,160ピクセルの解像度で1,920×1,080ピクセルの表示をすることができます。

200%のスケーリング表示
200%のスケーリング表示

「100%」にすると3,840×2,160ピクセルの解像度で3,840×2,160ピクセルの表示をすることになり非常に細かい表示となってしまいます。

100%のスケーリング表示
100%のスケーリング表示

他にも「250%」や「300%」、さらにその上という設定も可能となっています。

300%のスケーリング表示
300%のスケーリング表示

以前のバージョンのWindowsもスケーリング調整をができる機能は搭載されていましたが、Winodws 10では高解像度表示に対応しボケることなくキレイに表示できるようになりました。

Macの場合

Macの場合は「システム環境設定」の「ディスプレイ」から調整をすることができます。Windowsのスケーリングとは違い擬似解像度という概念でピクセル数で調整することができます。

4Kディスプレイの標準設定は「擬似解像度1,920×1,080」です。

macOS 擬似解像度 1,920×1,080
macOS 擬似解像度 1,920×1,080

擬似解像度「2,304×1,296」という解像度に設定することもでき、作業スペースも程よく確保できるので使いやすい擬似解像度となっていますよ。

macOS 擬似解像度 2,304×1,296
macOS 擬似解像度 2,304×1,296

「Option」を押しながら「変更」をクリックで設定できる解像度が増えて等倍表示となる「3,840×2,160」にすることもできます。

macOS 擬似解像度 3,840×2,160
macOS 擬似解像度 3,840×2,160

ただし、画面表示が細かすぎて文字が読めないので普段使いでの実用性はゼロといっていいでしょう。Macの動作速度も低下するので3,840×2,160ピクセルをフルで表示させることはほとんどないのかな。

Lightroom CCのUIの大きさ

iMac 27インチの5K解像度と、iMac 21インチの4K解像度の操作画面の大きさの差にどれくらいの差があるのか比較してみました。

画像編集ソフトのLightroom CCで、1,920 x 1,080ピクセルと2,560 x 1,440ピクセルでLightroom CCの操作パネルの大きさがどれくらいになるのかを比較しました。

Lightroom CCの操作パネルの大きさ
Lightroom CCの操作パネルの大きさ

iMac 27インチは画面が物理的に大きいので作業はしやすいですね。クリエイティブな作業をするなら27インチ以上の画面サイズが使いやすい。

iMac 21インチはディスプレイサイズが小さいのでiMac27インチと比較すると小さいですが、MacBook Pro 16インチなどと比べれば画面は大きいので快適に作業はできるのかなと感じます。

4Kモニターも安くなってきた

4Kモニターは各メーカーからいろんなタイプの製品を発売していて以前に比べてかなり選択肢が増えました。5万円以下の4Kモニターもあるので、4Kモニタ導入の敷居はかなり下がった感がありますね。

LGの4Kモニターは価格も品質も高いのでおすすめです。LGの4Kモニターのレビューしています。旧型モデルですが、雰囲気は27UK850-Wと似ているので参考にしていただけたらと思います。

BenQ PD3220Uという4Kモニターもレビューしています。


4K解像度の上をいく5K解像度のモニターがLGから発売されています。

LG UltraFine 5K DisplayはMac向けの5Kモニターで5,120 × 2,880ピクセルという高精細な解像度に対応したP3広色域HDRディスプレイで写真編集や動画編集におすすめです。

MacBook Proから明るさ調整もできるので使いやすさは抜群です。

iMac 27インチと同じ5K解像度を持ったディスプレイってないので、同じ画面サイズ・解像度でデュアルモニターにするならLG UltraFine 5K Displayを選ぶことになります。

5Kモニターは種類が少ないので高価なので、27インチの4Kモニターを選ばざるを得ない状況ですがおすすめの4Kモニターはこちらをどうぞ。

4Kモバイルモニターというのもあります。

MacBookの比較はこちらをどうぞ。

PS4 Proは4K解像度のゲームに対応しています。4Kモニターを買ったらPS4ではなくPS4 Proがオススメですよ。