シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPad mini4の実機レビュー!本体が軽くなり2GBのRAMで動作が軽くサクサク快適!


2015年9月にリリースされたiPad mini 4はAppleの発表会では一瞬だけ登場しただけで話題になりませんでしたが、実は本体が薄くなり、A8チップと2GB RAMを搭載し、さらにディスプレイもより美しく反射が少ないフルラミネーションディスプレイを搭載するなど、大きく基本性能が向上しているので、個人的にはかなり気になっているデバイスです。

iPad mini4 実機レビュー

たまたま家電量販店に行って歩いていたら iPad mini4 の実機がすでに展示されていたので、少しだけ触ってきたので感想などを書いていきたいと思います。

本体の外観

iPad mini 4の外観を見ていきましょう。展示されていたのは iPad mini 4 Wi-Fiモデルで色はゴールドでした。パッと見た感じではiPad mini 3との違いが分かりません。

20150919064018j:plain

しかし、手にすると明らかに軽くなっていることが分かります。そして本体の厚みも薄くなっているようにも感じます。

20150919064212j:plain

iPad mini 3とiPad mini 4の本体サイズ・重量の違いは以下のとおりです。

  本体サイズ 重量
iPad mini3 200 × 134.7 × 7.5 mm 331g
iPad mini4 2013.2 × 134.8 × 6.1mm 298.8g

本体サイズは少しだけ大きくなりましたが、厚さが 7.5mm → 6.9mmと0.6mmほどサイズダウンされており、さらに重量が30gも軽くなって298gになっており、手で持った感じ、明らかにiPad mini 4の方が軽くなっていることが分かります。

これだけでも「iPad mini4」の魅力度はかなり高くなったのではないでしょうか。

20150919064710j:plain

見た目はiPad mini 3と本当に変化が分からないんですけどね...。

A8プロセッサと2GBのRAMで動作がサクサク軽い!

iPad mini 4のプロセッサにはiPhone 6/6 Plusと同じA8チップを搭載し、A7チップを搭載したiPad mini 3と比較してCPUで1.3倍、GPUで1.6倍の性能アップをしています。

さらにRAMの容量1GB → 2GBに増量されたことで動作が軽くなっており、アプリを複数起動していても動作が遅くなってしまうということはありません。

また、iPad Air 2が利用可能だったiOS 9の2画面操作機能「Split View」も利用することができるようになっています。

20150919065104j:plain

さすがに7.9インチサイズで2画面操作は「小さっ!せまっ!」と思ってしまうのですが、動作自体はサクサク動くので非常に快適です。

動画を撮影しました。

操作感としてはさらに性能の高いA8Xプロセッサと搭載している iPad Air 2 と同じくらい、サクサク動作しているように感じます。もちろん、CPUの性能はiPad Air 2がA8Xチップの方が高いのですが、操作感に関してはRAMの容量に影響している部分が大きいのかもしれませんね。

魅力的なiPad mini 4

何となくフラッと立ち寄った家電量販店で手にしてしまったiPad mini 4ですがなかなか良いですね。手に取ると欲しくなってしまう。iPad mini4は片手にすっぽりと収まるサイズで、小型タブレットとしても使えるiPhone 6 Plusを持っていない僕にとっては丁度ジャストサイズのデバイスです。

 

追記:2018年になっても現役モデル!

2015年9月にリリースされたiPad mini 4ですが、2018年で発売から3年経過しましたがモデルチェンジされる兆候が全くありません。性能的にはまだまだ現役で使うことができるスペックとなっており、ディスプレイ品質も無印のiPad(第6世代)よりも高いもになっているので、まだまだ大丈夫なのでしょう。

しかし、7.9インチというディスプレイサイズは何気に使いやすいサイズでもあり。iPad miniにApple Pencilを対応してほしいというユーザーも結構多いと思うんですよね。

2018年9月にiPad mini 5が発表されることになるのか、注目されるところですね。(噂が全くないのでなさそうですが...)