シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhoneに格安SIMを入れて通信費を節約しよう!中古iPhoneなら安く買うことができる?


通信費が高い。とにかく高い。理由は分かっています。格安SIMやWiMAX2+、ソフトバンク、フレッツ光....。無駄に色んなところと契約をしているからです。

そろそろ、通信費を見直さないといけないと思い、ソフトバンクからドコモにMNPしてiPhoneを購入し格安SIMを入れることで料金を下げることができるのかを模索してみました。

 

格安SIMを活用して通信費を節約

やはり一番高いなと思うのがメインで利用しているソフトバンク回線です。

機種はiPhone 6でiPhone 5sの残債も残っていることもあり月に1万円以上消えています。妻のiPhone 6 PlusはSIMフリー版で、ソフバンでiPhone 5sを購入した時の月々割を貰っていることからまだソフトバンク回線を利用しています。間もなく月々割がなくなるので格安SIMに移行するときが迫っています。

  • iPhone 6(ソフトバンク):約12,000円
  • iPhone 6 Plus SIMフリー版(ソフトバンク):約7,000円(妻)
  • WiMAX 2+:約4,000円
  • 格安SIM3社分:約3,000円
  • フレッツ光:約5,000円

やはり、月に3万円近くの通信費は高い...。

僕はノマドで仕事をすることが多いのでWiMAX2+を購入したのですが、最近は速度が遅く格安SIMで代用してもいいと思っているので違約金を払ってでも解約してもいいかもしれません。

少し前にWiMAX 2+の通信速度が改善したと思っていたのですが、最近はまた遅くなっています。

ドコモ版iPhoneなら格安SIMを利用できる

f:id:kazu-log:20150815071234j:plain

ソフトバンクを辞めて格安SIMで運用することができれば、大きく通信費を削ることができそうです。

SIMフリー版のiPhoneを購入すればそれで解決しますがAppleで購入するとiPhone 6 64GBモデルで106,704円(税込)とかなり高額となってしまいます。

この価格がネックとなり、どうしても月々割が適用される大手キャリアで契約をしてしまうのですが、iPhoneで格安SIMを利用したい場合はドコモ版iPhoneを購入してから格安SIMを使えばいいんですよね。

格安SIMの多くはドコモ回線を利用したMVNOですが、ドコモ回線のMVNOの格安SIMならSIMロック解除をしなくてもSIMカードを入れ替えるだけで使うことができます。

つまり、ドコモ版のiPhoneを持っていればいつでも格安SIMデビューをすることが可能ということになるのです。

追記:2017年8月以降に販売されたスマホであれば、auのスマホをau回線を利用している格安SIMのUQモバイルやmineoのSIMをSIMロック解除しなくても利用できるようになりました。

au版のiPhone 8/8 PlusやiPhone XはSIMロック解除なしでau回線の格安SIMを入れて使えるようになっています。

中古のiPhoneを安く手に入れる

普通にドコモ版iPhoneを手に入れるにはドコモと契約をしなければいけません。さらに、割高な料金プランに入らないといけなかったり、2年縛りがされるなど、身動きが出来ない状態となってしまいます。

では、どうしたらいいのか?

中古のiPhoneを買うことで安くiPhoneを手に入れることができます。ソフマップやノジマオンラインなどでは中古iPhoneを販売しているので、このようなショップで手に入れるのがオススメです。

ヤフオクやメルカリで中古iPhoneを買うという手段もありますが、トラブルが起きる場合もあるので、大手ショップで買ったほうが安心なのかなと思います。

例えば、ソフマップで中古のiPhoneの価格はこんな感じになっています。

  • iPhone 6:14,000円〜23,000円
  • iPhone 6s:16,000円〜35,000円
  • iPhone 7:40,000円〜76,000円

安いですよね...。さすがにiPhone 7については販売価格が高いですが、iPhone 6やiPhone 6sといった旧型モデルはかなり安く手に入れることが可能となります。バッテリーも問題などがあるのかもしれませんが、中古を狙うのもなかなかありなのかもしれません。

大手キャリアと格安SIMとの価格差

中古の安いiPhoneを手に入れることができたら、格安SIMで契約をして中古で買ったiPhoneに格安SIMを入れて使うだけでOK。キャリアで購入するのと、中古品を購入して格安SIMで運用するのとで、これくらいの料金の差が生じます。

仮にiPhone 7を購入したとしましょう。

キャリア(docomo/au/SoftBank)の場合

  • 基本料金(5分かけ放題プラン):1,700円
  • データS(2GB):3,500円
  • ISP接続料:300円
  • 機種代金:3,300円
  • 月々サポート:-2,500円
  • 合計:約6,300円/月

格安SIM(mineo)の場合

  • 機種代:1,667円/月換算(中古のiPhone 7を40,000円で購入)
  • 3GB音声通話プラン:1,600円
  • 10分かけ放題:850円
  • 合計:約4,117円/月(機種代込)

月に2,000円ほど安くなり年間34,000円の節約をする事が可能となります。以前に比べて大手キャリアの料金も下がってきたので格安SIMにしても劇的に安くなるということはなくなったのかもしれません。

しかし、月で4,000円安いということは年換算で48,000円も通信費を節約する事ができる計算になります。これは大きいです。

また、大手キャリアの場合は端末購入時の端末割引が2年間で終了してしまうので6,300円という価格より下がることはありませんが、格安SIMだと3年目以降の料金がガクッと下げることができるので、2,450円という超低価格をiPhoneを持つ事が可能となります。

これはかなり安い通信費ですよね。最近のスマホは性能が高いので2年以上使うことができる機種がほとんどです。

実際に2013年にリリースされたiPhone 5sを現役で使っている人も多いですし、2018年9月に配信されるiOS 12は安定性と高速化に重点化したバージョンとなることが発表され、iPhone 5sもサポート対象機種に入っています。

(この記事は2015年8月に公開したものを2018年6月に修正・加筆しています。)