MacBook vs Surface
MacBook vs Surface

モバイルノートといえばAppleのMacBookシリーズ、MicrosoftのSurfaceシリーズがあります。

基本OSがmacOSとWindowsと根本的な違いがあるものの、どっちのモバイルノートがいいか一度は迷ったことがある方は多いのでは?

ということで、この記事ではMacBookとSurfaceの違いを比較して、どっちを選ぶべきかを書いていくので、どちらを選んだらいいか迷っている方はぜひ参考にどうぞ!

\使ってるiPhoneのまま通信料金が安くなる/

MacBook・Surface 違いを比較

MacBook、Surfaceともに色んな機種があるので小型デバイスのMacBook 12インチSurface Go2、汎用性の高いサイズのMacBook Pro 13インチSurface Pro 7のスペックを比較してみました。

MacBook Air・Surface Go 2

MacBook Airは13インチ 、Surface Go 2は10.5インチのディスプレイとなっているので画面サイズの大きさが全く異なります。

MacBook Air・Surface Go 2
MacBook Air・Surface Go 2

少し前まではMacBook 12インチがあったのでサイズで比較することができました廃止されてしまったので、MacBook AirSurface Go2の比較としたいと思います。

Surface Go2の下位モデルはPentium Goldと性能の低いプロセッサですが上位モデルはMacBook 12インチのプロセッサの性能と近いCore m3を搭載しています。

MacBook AirとSurface Go2 スペック比較
 MacBook AirSurface Go2
画面サイズ13.3インチ10.5インチ
解像度2,560 x 1,600ピクセル1,920 x 1,280ピクセル
タッチ操作できないできる
CPUIntel Core i5(2コア)Intel Pentium Gold 4415Y(2コア)
Intel Core m3(2コア)
RAM8GB/16GB4GB/8GB
ストレージ256GB/512GB/1TB/2TB64GB/128GB
カメラインカメラ(720p)リアカメラ(800万画素)+ インカメラ(500万画素)
生体認証TPM 2.0(顔認証)
通信Wi-Fi 5・Bluetooth 5.0Wi-Fi 6・LTE・Bluetooth 5.0
外部ポートUSB-C×2、3.5mmヘッドフォンジャックUSB-C、3.5mmヘッドフォンジャック、Surface Connect、MicroSDXCカード リーダー
サイズ304.1 × 212.4 × 4.1~16.1 mm245 × 175 × 8.3 mm
重量1,290g544g
OSmacOSWindows 10
価格104,800円65,780円〜
107,580円〜

価格で比較するとSurface Go2は最小構成モデルなら65,780円で買うことができますが、キーボードを使うにはタイプカバーが必要となり実質8万円となってしまいます。

MacBookと同性能のSurface Go 2の上位モデル・Core m3にしてタイプカバーセットにすると実質13万円ほどとなりMacBook Air(2020)よりも高額になってしまうので、価格だけで選ぶならMacBook Airということになります。

画面サイズが13インチと大きくCore i5のデュアルコアプロセッサで快適に作業できるMacBook Airはおすすめです。

性能や作業のしやすさよりも価格の安さ、持ち運びのしやすさ、タッチ操作ができることを重視するならSurface Go 2の下位モデル(Pentium Gold)がおすすめです。

価格よりも持ち運びのしやすさを重視し少しでも快適に作業ができるようにしたいならSurface Go 2の上位モデル(Core m3)がいいでしょう。4G LTEにも対応しているのでSIMカードを入れて外でインターネットに繋いで作業することもできます。

MacBookとSurfaceの大きな違いはディスプレイのタッチパネルの有無、キーボードの取り外しができるかどうかです。Surfaceはタブレットとしても使うことができる「2in1PC」なので幅広い使い方ができますよ。

MacBook Pro・Surface Pro

MacBook Pro 13インチは13.3インチ 、Surface Proは12.3インチのディスプレイを搭載したモデルとなっています。

MacBook Pro 13インチ・Surface Pro
MacBook Pro 13インチ・Surface Pro

MacBook Pro 13インチの下位モデルは第8世代 Coreプロセッサを採用し世代の古いですが、上位モデルは第10世代 Coreプロセッサとなっています。

MacBook ProとSurface Pro スペック比較
 MacBook ProSurface Pro 7
画面サイズ13.3インチ12.3インチ
解像度2,560 × 1,600ピクセル2,736 × 1,824ピクセル
タッチ操作できないできる
CPU第8世代Core i5(4コア)
第10世代Core i5(4コア)
第10世代Core i3(2コア)
第10世代Core i5(4コア)
RAM8GB/16GB/32GB4GB/8GB/16GB
ストレージ256/512GB/1TB/2TB128/256/512GB/1TB
カメラインカメラ(720p)リアカメラ(800万画素)+ インカメラ(500万画素)
生体認証Touch ID(指紋認証)TPM 2.0(顔認証)
通信Wi-Fi 5・Bluetooth 5.0Wi-Fi 6・Bluetooth 5.0
外部ポートUSB-C ×2、3.5mmヘッドフォンジャックUSB-C、USB-A、3.5mmヘッドフォンジャック、Surface Connect、MicroSDXCカード リーダー
サイズ304.1 x 212.4 x 14.9 mm292 x 201 x 8.5 mm
重量1370g775g
OSmacOSWindows 10
価格134,800円〜109,780円〜
131,780円〜

Surface Proはデュアルコアプロセッサ・4GBのメインメモリを搭載したモデルなら109,780円とMacBook Pro 13インチよりも安く買うことができます。

ただし、タイプカバーを追加すると同じくらいの価格になるのでトータルで見るならMacBook Pro 13インチの方がコストパフォーマンスは高いと見ていいでしょう。もし、同じ性能に合わせると17万円ほどになってしまいます。

同じ構成の価格差
  • MacBook Pro 13インチ(4コア・8GB RAM・256GB):134,800円
  • Surface Pro(4コア・8GB RAM・256GB)+ Surface Pro Signature Type Cover:153,780円 + 18,040円 = 171,820円

macOSとWindowsの比較となってしまうので単純比較はできませんが、価格の安さ、コストパフォーマンスで選ぶならMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)がおすすめです。

タッチ操作が必要となる作業、例えばイラストの制作なども1台のマシンでこなしたいならタッチ操作ができてSurface Penを使ってイラストを書くことができるSurface Proがおすすめです。

Surface Pro 7の中間モデル以上であればクアッドコアプロセッサを搭載しているので、動画編集もそれなりにこなすことができます。普通のパソコンとして使うことができるのも大きな魅力の一つとなるでしょう。

Surfaceのメリット・デメリット

SurfaceはPC・タブレットとして使える

Surfaceはパソコンだけでなくタブレットとしても使うことができる「2in1PC」です。

Surface タブレットモード
Surface タブレットモード

Windows 10は「タブレットモード」に切り替えてタッチ操作しやすくするモードも搭載。タブレットとしても使えるのでタッチ操作をメインとして使うこともできるのはSurfaceならではといったところでしょう。

ただし、あくまでベースとなるOSはパソコン操作に特化しているWindows 10なのでタッチ操作に最適化されているiPadOSのiPadと比べると操作性は劣ることは理解して使う必要があるでしょう。

全てのWindowsのアプリを起動できる

SurfaceはフルバージョンのWindows 10を使うことができるので、Windowsストアに公開されている公式アプリだけでなく、野良アプリをインストールして使うこともできます。

とくに仕事で使う上に欠かせないOfficeを互換性の問題なしで使えるのは強いですよね。また、会社の基幹システムもWinodwsでないと動作しないことがほとんどなので、会社で使うマシンとしてはSurfaceは心強い端末となるでしょう。

ただし、Surface Pro XはARMプロセッサを搭載した特殊なマシンとなっているので、起動できないアプリもあるので注意です。

画面の角度を自由に調整できる

Surface Proはタブレットとして使うことも想定しているのでキーボードを搭載していません。キーボードを使う場合はタイプカバーを使って筐体に内蔵しているスタンドを使って本体を立てかける必要があります。

MacBookとSurfaceの構造の違い
MacBookとSurfaceの構造の違い

なので、膝の上にSurfaceを乗せて作業すると不安定な状態になることがあります。作業できないことはないですが、集中してやるには不安定さを感じてしまいます。

ただ、キックスタンドの角度の自由度が高いので膝の上でも画面角度の調整によっては使うやすい角度を見つけ出すことができるので、慣れによっては使いやすくなるのかもしれません。

Surfaceは自由に画面角度を調整できる
Surfaceは自由に画面角度を調整できる

このように有り得ないような角度で作業できるのがSurfaceのいいところでもあります。タッチ操作もできるし、使い方の幅はMacBookよりもいいのかもしれません。

意外と机の上がかさばる

喫茶店の丸テーブルって意外と小さいですよね。こんな場所でSurface Proを使う時は少し気を付けないといけません。ディスプレイを支えるためのスタンドがテーブルからはみ出てしまう可能性もあります。

ヒンジを持たないSurface Proは小さいテーブルでは使い勝手がかなり悪くなってしまいます。ヒンジ構造のMacBookなら自立して画面を支えることができるので小さいテーブルのギリギリまで有効活用が可能です。

新幹線や飛行機のミニテーブルで作業することが大きいならSurfaceよりもMacBookを選んだ方がいいのかもしれません。

MacBookのメリット・デメリット

ノートブックの使いやすさを追求

MacBookはあくまでノートブックの使いやすさを追求し、ノートブックというジャンルで可能な限りムダを削ぎ落とした端末となっています。

MacBook Air
MacBook Air

アルミの削り出し素材を使ってフルサイズキーボードを搭載し剛性を維持されているので膝の上で作業をしても安定性を維持できるので、どこでも気軽に作業することができるマシンとなっています。

シザー構造のキーボードを搭載
シザー構造のキーボードを搭載

Srufaceのタイプカバーはあくまでカバーキーボードなので剛性がなく安定性に欠けるので、タイピングはできますがテキストベースの作業には実はあまり向いていません。

また、MacBookは大きなサイズのトラックパッドを搭載しているのでカーソルに移動、ファイルの移動、アプリの切り替えも素早く快適にすることができます。

MacBook Pro 13インチのトラックパッド
MacBook Pro 13インチのトラックパッド

macOSのトラックパッドはWindowdよりも精度が高くて滑らかなのでトラックパッドを中心に作業をするなら間違いなくMacBookがおすすめです。Surfaceもトラックパッドが使えますが、Macと比較すると使いやすさは残念ながら劣ります。

iPadをサブディスプレイにできる

MacBookはApple製品との相性が良くなっていてiPadをサブディスプレイ化することできるSidecarという機能を使うことができます。

iPad Proをサブモニターとして
iPad Proをサブモニターとして

iPad Air・iPad Proなどをすでに使っているなら無線で簡単にサブディスプレイとして使うことができ、さらにmacOSをタッチ操作もできるのでApple Pencil 2を使ってお絵かきマシンとして使うこともできます。

画面の拡張だけでなく、タッチ操作でMacを使うことができてしまうので少し違った使い方もできるかもしれないですね。

タッチ操作ができない

MacBookはタッチパネルを搭載していないの指でのタッチ操作はできません。macOSはカーソル操作で快適に使えるように最適化されたシステムなので、タッチ操作がなくても基本的に使いにくいと感じる場面はありません。

ただ、イラストを書いたりする作業はMacBook単体ではできないので、iPadと組み合わせで作業をする必要が出てきます。

まとめ:MacBookとSurface どっちがいい?

MacBook AirとSurface Pro X

MacBookとSurface、どっちをいいのか?基本的にOSで選ぶなら答えは出ています。macOSがいいならMacBook、WindowsがいいならSurfaceを選ぶのがいいでしょう。

MacBookがおすすめの人は

MacBook Air
MacBook Air

タブレットとして使わないならノートパソコン型のMacBookを選ぶのがいいでしょう。テキストベースの作業だけでなく動画編集も快適に作業することができます。

MacBookのおすすめポイント
  • 13インチ・16インチの画面サイズを選べる
  • キーボード一体型で剛性があり安定感がある
  • 膝の上でも普通に作業ができる

画面サイズが大きいのブログ更新や資料作成といった作業だけでなく、動画編集も快適に作業できる表示領域を確保することができます。MacBook AirMacBook Pro 13インチだけでなく、さらに性能と画面が大きいMacBook Pro 16インチも選ぶことができます。

筐体がアルミボディ一体型となっていて安定性があるので、高速タイピングをしても安定した操作感を得ることが可能となっています。

Macbookの惜しいポイント
  • タッチ操作ができない
  • タブレットとして使えない

MacBookは基本的にパソコンなのでタッチ操作などタブレットとして扱うことはできません。なので、直感的な作業で使うことには向いていません。

なので、「作業」をメインとするならモバイルノートとしての使いやすさを追求しているMacBookを選ぶのがいいでしょう。

MacBookの比較・おすすめはこちらです。

Surfaceがおすすめの人は

Surface Pro X
Surface Pro X

Surfaceはタッチパネルを搭載した「2in1PC」なので出来ることはMacBookよりも多いので、全ての作業を1台の端末にまとめてしまいたいならおすすめとなっています。

Surface おすすめポイント
  • パソコンだけでなくタブレットとして使える
  • キーボードを取り外すことができる
  • Windows 10のアプリを使うことができる
  • Surfaceペンでイラストも描ける
  • 端末がコンパクトで持ち運びしやすい

タブレットでありながらタイプカバーを装着することでキーボードでの作業ができるのでブログ更新や資料作成などテキストベースの作業を快適にすることができます。

CPUプロセッサも高性能なものを搭載しているので動画編集も可能。、Surfaceペンを使うことでイラストも描くことができるので、1台で全てをこなすことができます。

Surfaceの残念ポイント
  • キーボードの剛性が低い(たわむ)
  • 画面を立てかけるスタンドが邪魔

Surfaceはタイプカバーを使うことでキーボードを手に入れることができますが、素材が金属ではないので剛性が低くてキーを打つとキーボードがたわむので安定性に欠けます。

また、タブレットとしての使いやすさはiPadには敵わないですし画面を立てかけるためのスタンドが邪魔になることがあるなど、細かいところで気になるところが出てきます。

Surfaceはノートパソコンとして使うことを大前提として、たまにタブレットとしても使うことができる便利なモバイルノートとして見るのがいいでしょう。