MacBook vs Surface
MacBook vs Surface

モバイルノートといえばAppleのMacBookシリーズ、MicrosoftのSurfaceシリーズがあります。

基本OSがmacOSとWindowsと根本的な違いがあるものの、どっちのモバイルノートがいいか一度は迷ったことがある方は多いのでは?

ということで、この記事ではMacBookとSurfaceの違いを比較して、どっちを選ぶべきかを書いていくので、どちらを選んだらいいか迷っている方はぜひ参考にどうぞ!

MacBook・Surface 違いを比較

MacBook、Surfaceともに色んな機種があるのでMacBook 12インチとSurface Go、MacBook Pro 13インチSurface Pro 7のスペックを比較してみました。

MacBook・Surface Go

MacBookは12インチ 、Surface Goは10インチのディスプレイを搭載したモデルとなっています。

MacBook vs Surface Go
MacBook vs Surface Go
MacBookとSurface Go スペック比較
 MacBookSurface Go
画面サイズ12インチ10インチ
解像度2,304 x 1,440ピクセル1,800 x 1,200ピクセル
タッチ操作できないできる
CPUIntel Core m3(2コア)Intel Pentium Gold 4415Y(2コア)
RAM8GB/16GB4GB/8GB
ストレージ256GB/512GB64GB/128GB
カメラインカメラ(480p)リアカメラ(800万画素)+ インカメラ(500万画素)
生体認証TPM 2.0(顔認証)
通信Wi-Fi 5・Bluetooth 4.2Wi-Fi 5・LTE・Bluetooth 4.1
外部ポートUSB-C、3.5mmヘッドフォンジャックUSB-C、3.5mmヘッドフォンジャック、Surface Connect、MicroSDXCカード リーダー
サイズ280.5 x 196.5 x 3.5~13.1 mm245 x 175 x 8.3 mm
重量920g522g
OSmacOSWindows 10
価格120,800円〜(整備済み製品)58,800円〜

価格で比較するとSurface Goは最小構成モデルなら58,800円で買うことができます。

キーボードを使うにはタイプカバーの追加購入が必要となるので少しだけ高くなりますが、それでもMacBookの12万円という金額と比べると安いですよね。

ただし、内部スペックの性能は間違いなくSurface GoよりもMacBookの方が高性能マシンです。

Core m3とPentium Goldの処理速度は2倍ほどの差があるのでPhotoshopによる画像処理やIllustratorによるデザイン製作をするならMacBookの方が快適に作業できます。

MacBookとSurfaceの大きな違いはディスプレイのタッチパネルの有無、キーボードの取り外しができるかどうかという点でしょう。Surfaceはタブレットとしても使うことができる「2in1PC」なので幅広い使い方ができます。

MacBook Pro・Surface Pro

MacBookは13インチ 、Surface Proは12.3インチのディスプレイを搭載したモデルとなっています。

MacBook Pro vs Surface Pro
MacBook Pro vs Surface Pro
MacBook ProとSurface Pro スペック比較
 MacBook ProSurface Go
画面サイズ13インチ12.3インチ
解像度2,560 x 1,600ピクセル2,736 x 1,824ピクセル
タッチ操作できないできる
CPU第8世代Intel Core i5(4コア)第10世代Intel Core i3(2コア)
RAM8GB/16GB4GB/8GB/16GB
ストレージ128/256/512GB
カメラインカメラ(720p)リアカメラ(800万画素)+ インカメラ(500万画素)
生体認証Touch ID(指紋認証)TPM 2.0(顔認証)
通信Wi-Fi 5・Bluetooth 5.0Wi-Fi 6・Bluetooth 5.0
外部ポートUSB-C ×2、3.5mmヘッドフォンジャックUSB-C、USB-A、3.5mmヘッドフォンジャック、Surface Connect、MicroSDXCカード リーダー
サイズ304.1 x 212.4 x 14.9 mm292 x 201 x 8.5 mm
重量1370g775g
OSmacOSWindows 10
価格8GB:139,800円〜4GB:99,800円〜
8GB:119,800円〜

こちらもMacBook ProよりもSurface Proの方が安い価格設定となっていますが、同じクアッドコア・8GB RAM・128GB SSDの構成にタイプカバーを追加するとほぼ同じとなります。

同じ構成の価格差
  • MacBook Pro:139,800円
  • Surface Pro + Surface Pro Signature Type Cover:119,800円 + 19,400円 = 139,200円

つまり、MacBook Pro 13インチとSurface Pro 12.3インチはほぼ同じ価格構成ということになりますね。

Surfaceのメリット・デメリット

SurfaceはPC・タブレットとして使える

Surfaceはパソコンだけでなくタブレットとしても使うことができる「2in1PC」となっています。Windows 10はタブレットモードに切り替えてタッチ操作しやすくするモードも搭載しています。

Surface タブレットモード
Surface タブレットモード

タブレットとしても使えるのでタッチ操作をメインとして使うこともできるのはSurfaceならではといったところでしょう。ただし、あくまでベースはWindowsなのでタッチ操作に最適化されているiPadシリーズと比べると操作性は劣ります。

全てのWindowsのアプリを起動できる

SurfaceはフルバージョンのWindows 10を使うことができます。

つまり、全てのWindowsのアプリを普通に起動できるので、仕事での使用をメインとするなら最適な端末と言っていいのかもしれません。

膝の上で使えない

Surface Proはタブレットとして使うことも想定しているのでキーボードを搭載していません。キーボードを使う場合はタイプカバーを使って筐体に内蔵しているスタンドを使って本体を立てかける必要があります。

MacBookとSurfaceの構造の違い
MacBookとSurfaceの構造の違い

なので、膝の上にSurfaceを乗せて作業すると不安定な状態になってしまうんですよね。これが、Surfaceが使いにくいと感じるところ。

どんな場所でもブログ更新したり、ホームページの更新をすることを考えると快適ではない。

また、記事更新など文字入力を必要とする作業ではタブレットでの作業効率が落ちてしまうのでキーボードの利用は必須で、仕事として使う場合はタブレットとして使うことが極端に少なくなってしまいます。

これはSurfaceの発表会の時の最前列の人の画像です。

やっぱり膝の上で使いたいんですよ。まあ、膝の上にSurfaceを乗せて作業ができないこともないですけどバランスを崩すと大変なことになってしまうので注意が必要となります。

意外と机の上がかさばる

喫茶店の丸テーブルって意外と小さいですよね。

こんな場所でSurface Proを使う時は少し気を付けないといけません。ディスプレイを支えるためのスタンドがテーブルからはみ出てしまう可能性もあります。

ヒンジを持たないSurface Proは小さいテーブルを有効活用することはできません。

MacBookならテーブルのギリギリまで有効活用することはできます。これでも使えないことはないのですが、気を使わないと本当に床に叩きつけてしまうこと必須です。

MacBookのメリット・デメリット

ノートブックの使いやすさを追求

MacBookはあくまでノートブックの使いやすさを追求し、ノートブックというジャンルで可能な限りムダを削ぎ落として小型化を実現しました。

MacBook

アルミの削り出し素材を使ってフルサイズキーボードを搭載し、従来のノートブックの形を維持したまま920gという驚異的な軽量モバイルノートブックを実現しています。

CPUには性能が軟弱なIntelのCore Mプロセッサは画像処理や動画編集には向いていませんが高精細仕様のRetinaディスプレイを搭載し、文字の表示もキレイなので、ブログ更新などの作業に特化したモデルとなっています。

現在はMacBookの販売は終了してしまい整備済み製品かAmazonから購入するしかありませんが、MacBook AirやMacBook Proなど豊富なラインナップもあります。

Macでできることは「作業」に絞っているので無駄のないシンプルなスタイルが魅力です。

タッチ操作ができない

MacBookはタッチパネルを搭載していないので当然ながら指での操作はできません。

macOSはカーソル操作で快適に使えるように最適化されたシステムなので、タッチ操作がなくても大丈夫。使いにくいと感じる場面はほとんどないのかなと思います。

まとめ:MacBookとSurface どっちがいい?

MacBookとSurface、どっちをいいのか?まとめたいと思います。基本的にOSで選ぶなら答えは出ています。macOSがいいならMacBook、WindowsがいいならSurfaceを選ぶのがいいということになります。

MacBookがおすすめの人は

タブレットとして使うことがないのであればMacBookを選ぶのがオススメです。また、MacBook Proであれば15インチの画面サイズも選ぶことができます。

MacBook おすすめポイント
  • 13インチ・15インチの画面サイズを選べる
  • キーボード一体型で一体感がある
  • 膝の上でも普通に作業ができる
Macbook 残念ポイント
  • タッチ操作ができない
  • タブレットとして使えない

Surfaceでもいいのですがキーボードスタイルで作業するときのスタンドが邪魔になってテーブルが狭くなるのがちょっと気になるところ。

なので、「作業」をメインとするならモバイルノートとしての使いやすさを追求しているMacBookを選ぶのがいいでしょう。

Surfaceがおすすめの人は

Surfaceはタッチパネルを搭載した「2in1PC」なので出来ることはMacBookよりも多いので全ての作業を1元化したいなら猛烈にオススメしたい端末です。

Surface おすすめポイント
  • パソコン・タブレットとして使うことができる
  • キーボードを取り外すことができる
  • Windows 10のアプリを使うことができる
  • Surfaceペンでイラストも描ける
Surface 残念ポイント
  • キーボードの剛性が低い(たわむ)
  • 画面を立てかけるスタンドが邪魔

Surfaceペンを使うことでイラストも描くことができるので、1台で全てをこなすことができます。ただし、タブレットとしての使いやすさは微妙なところがありますし、画面を立てかけるためのスタンドが邪魔なのがネック。

狭いところで作業することがないなら問題はないですけどね。