MacBook Pro 13(2017)レビュー

MacBook Pro 13インチ(2017・Touch Barなし)はMacBook Proの低価格モデルとしてラインナップされてましたが、2019年の下位・MacBook Pro 13インチ(1.4GHz)の登場によって下位モデルもTouch Barを搭載しました。

タッチバーを搭載していないモデルといえばMacBook Air(2019・2018)ですが、MacBook Pro 13インチ(2017)の方がCPUプロセッサの性能が高いので中古で買うなら選択肢としてアリなモデルとなっています。

ここではMacBook Pro 13インチ(2017・Touch Barなし)のデザイン・サイズ・スペック・使いやすさをレビューしています。

MacBook Pro 13インチのTouch Barなしの最終モデルなのでMacBook Airを選びたくない方は参考にしていただけたらと思います!


\iPhone 12・12 Pro 販売開始/

MacBook Pro 13インチ(2017)の特徴

MacBook Pro 13インチ(2017・TBなし)
MacBook Pro 13インチ(2017・TBなし)

MacBook Pro 13インチ(2017・Touch Barなし)はIntel Core i5 2.3GHzのデュアルコアプロセッサを搭載し、Touch Barではなく通常のファンクションキーを採用したエントリーモデルなMacBook Proとなっています。

MacBook Pro 13インチ(2017)TBなし 特徴
  • ディスプレイ:13.3インチ(2,560 x 1,600ピクセル)P3対応
  • CPU:Intel Core i5 2.3GHz(デュアルコアプロセッサ)
  • GPU:Intel Iris Graphics 640(iGPU)
  • ストレージ:256GB
  • メインメモリ:8GB 2,133MHz LPDDR3
  • ポート:USB-C ×2(Thunderbolt 3対応)
  • Wi-Fi:802.11ac
  • Bluetooth:4.2
  • 本体サイズ:30.41 × 21.24 × 1.49 cm
  • 重量:1.37kg

MacBook Pro 13インチ(2016・TBなし)→(2017・TBなし)の大きな違いはCPUプロセッサが第6世代 Skylakeプロセッサ → 第7世代 KabyLakeプロセッサになり性能が向上しました。

トータルでCPUの性能が20%、GPUが5%ほど向上しているので快適に動作するようになりました。メインメモリのクロック周波数も1,866MHz → 2,133MHzと高速化されているので、体感で動作速度が向上しています。

MacBook Pro 13インチ(2016)からの乗り換えは微妙なところではありますが、タッチバーなしの端末は2017年モデルが最終となっています。長くこのタイプのデザインを使いたいならMacBook Pro 2017に乗り換えて延命するのがいいのかも。

MacBook Pro 13インチ(2017・TBなし)中古で買う?

MacBook Pro 13インチ(2017・TBなし)の販売は終了していますが、中古で買うことができます。

CPUの性能だけで見るならMacBook Air 2019/2018よりも高いので、安くてそこそこの処理ができるモデルを求めるならMacBook Pro 13インチ(2017)のタッチバーなしという選択肢はアリです。

MacBook Proの中古は楽天かYahoo!ショッピングで探すことができます。

最新のMacBook Pro 13インチは下位モデルもTouch Barを搭載したモデルとなっています。クアッドコアプロセッサで上位モデル並みの性能を持っているので使いやすさを重視するなら最新型がいいかもですね。

MacBook Pro 2017・2016  スペックの違いを比較

MacBook Proは2016年モデルと2017年モデルで見た目はの違いはありませんが、基本性能は向上していて明確な違いがあります。

MacBook Pro 13インチ(2017)と(2016)
MacBook Pro 13インチ(2017)と(2016)

MacBook Pro 13インチの2017年モデルは2016年モデルよりもCPUとRAMの世代が新しく基本性能が向上しています。

  • 第6世代 Skylakeプロセッサ → 第7世代 KabyLakeプロセッサ
  • 1,866MHz LPDDR3 → 2,133MHz LPDDR3

Intelの第7世代KabyLakeプロセッサに強化、メインメモリの転送速度が速くなったことで2016年モデルよりも2017年モデルの方が高速処理ができるようになっています。

ストレージに128GBが新たに追加されて最低購入価格が少しだけ下がりましたが256GBモデルは価格が高くなってしまいました。

MacBook Pro 13インチ スペック比較
 MacBook Pro
タッチバーなし
2017
MacBook Pro
タッチバーなし
2016
MacBook Pro
2015
ディスプレイ13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル
227ppi
広色域(P3)
13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル
227ppi
CPU2.3GHz
デュアルコア

Core i5
第7世代 KabyLake
2.0GHz
デュアルコア
Core i5
第6世代 Skylake
2.7GHz
デュアルコア
Core i5
第5世代
Broadwell
GPUIris Plus Graphics 640Iris Graphics 540HD Graphics 6100
RAM8/16GB 2,133MHz LPDDR38/16GB 1,866MHz LPDDR38GB 1,600MHz
LPDDR3
FaceTimeカメラ720p FaceTime HDカメラ
外部ディスプレイ4Kディスプレイ@60Hz × 2
5Kディスプレイ@60Hz × 1
(十億色以上対応応)
4Kディスプレイ@60Hz × 2
(数百万色以上対応)
ワイヤレス802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
外部ポートUSB-C × 2
3.5mmヘッドフォンジャック
USB-A × 3
Thunderbolt × 2
MagSafe 2
SDXCカードスロット
3.5mmヘッドフォンジャック
拡張性Thunderbolt 3(40Gbps)
USB 3.1 Gen 2(10Gbps)
DisplayPort
Thunderbolt 2(20Gbps)
USB 3.0(5Gbps)
DisplayPort
オーディオハイダイナミック
ステレオスピーカー
2つのマイクロフォン
ステレオスピーカー
2つのマイクロフォン
バッテリー駆動時間10時間のインターネット閲覧
10時間のiTunesムービー再生
10時間のインターネット閲覧
12時間のiTunesムービー再生
バッテリー容量54.5Wh74.9Wh
高さ

奥行き
重量
1.49 cm
30.41 cm
21.24 cm
1.37 kg
1.8 cm
31.4 cm
21.9 cm
1.58 kg
カラーシルバー、スペースグレイシルバー
価格128GB:142,800円
256GB:164,800円
512GB:186,800円
1TB:230,800円
256GB:148,800円128,800円

MacBook Pro 13インチは2017年モデルまで下位・上位モデルともにデュアルコアプロセッサなので大きな性能向上はありませんが、MacBook Pro 13インチ(2018)よりクアッドコアプロセッサとなり大幅に処理性能を向上を果たしています。

CPUの性能は約20%向上

下位モデルのMacBook Pro 13インチ(2017)と(2016)のCPUプロセッサの性能をGeekbench 4で比較してみました。

MacBook Pro 13インチ(2017)CPUの性能
MacBook Pro 13インチ(2017)CPUの性能
モデルMacBook Pro 2017MacBook Pro 2016
CPU第7世代 Kabylake-U
デュアルコア
2.3GHz Core i5-7360U
第6世代Skalake-Y
デュアルコア
2.0GHz Core i5-6360U
シングルコア44613144
マルチコア94457633

第6世代Skylake(Core i5-6360U 2.0GHz)から第7世代Kabylake(Core i5-7360U 2.3GHz)になったことでCPUの性能が約20%向上しています。コア数が同じなのに20%も性能が向上しているのは大きいです。

なお、上位モデルのTouch Barありのモデルに搭載しているCore i5は熱電力設定(TDP)が15W → 28Wと高いのでバッテリー駆動時間が短いです。なので、少しでも電池持ちを伸ばして使いたいなら下位モデルを選ぶのがおすすめ。

GPUの性能は約5%向上

MacBook Pro 13インチ(2017)は第7世代 KabyLakeプロセッサを採用したことで内蔵GPUもIntel Iris Plus Graphics 640に進化して約5%の性能が向上しています。

MacBook Pro 13インチ(2017)GPUの性能
MacBook Pro 13インチ(2017)GPUの性能
モデルMacBook Pro 2017MacBook Pro 2016
CPUIntel Iris Plus Graphics 640Intel Iris Graphics 540
OpenCL2929928036
Metal2572224516

少しだけ性能が向上しているでしょうか。体感で感じることができないレベルの性能アップといえるかもしれませんが、少しでも性能が上がっているのは喜ばしいことです。

SSDの性能はほぼ同じ

SSDストレージはデータ転送速度はとても速いです。規格によっても速度が異なりますがMacBook Pro 13インチは2016年モデル以降は高性能なストレージを採用していることもあり高速転送ができるようになっています。

MacBook Pro 13インチの2017と2016でSSDの転送速度を計測してみました。

SSDストレージの速度比較
SSDストレージの速度比較
モデルMacBook 2017MacBook 2016
書き込み1271.6MB/s1288.7MB/s
読み込み2238.4MB/s2198.8MB/s

2015年から2016年モデルにアップグレードされたときはSSDストレージの性能が大幅に向上し体感速度も上がりましたが、MacBook Pro 13インチの2017年モデルのSSDは2016年モデルとほぼ同じ性能となっているようです。

メインメモリの転送速度が向上

MacBook Pro 13インチ(2017)のメモリの規格は1,866MHz LPDDR3から2,133MHz LPDDR3になって一度に転送できるデータ量が増えています。

NovabenchでRAMの転送速度を比較してみると…

モデルMacBook 2017MacBook 2016
スコア182175
転送速度9288MB/s7931MB/s

転送速度が約17%も向上していました。ちょっとした差なのかもしれませんが8GBの容量しかない標準モデルにとってはこのちょっとした転送速度の差が体感速度に違いが出てきます。

アプリの起動速度も向上

MacBook Pro 13インチ(2017)と(2016)でAdobe Illustrator CC(200MBのファイルを開く)とPhotoshop CC(50MBのRAWデータを開く)の起動時間を比較してみました。

モデル13インチ
MacBook Pro 2017
13インチ
MacBook Pro 2016
Illustrator CC
200MBファイル
30.12秒35.43秒
Photoshop CC
50MBのRAWデータ
11.19秒11.91秒

Photoshopに関してはさほど差がありませんでしたが、Illustratorの起動は5秒ほど起動時間を短縮することができました。誤差範囲なのかもですが、全体的な動作が2017年モデルの方が速くなっているように感じます。

MacBook Pro 13インチ(2017)レビュー

では、MacBook Pro 13インチ(2017・Touch Barなし)の外観を見ていきます。といっても2016年モデルとの違いはありません。

パッケージと付属品

MacBook Proのサイドビュー写真が印刷されたパッケージとなっています。

MacBook Pro 13インチ(2017)パッケージ
MacBook Pro 13インチ(2017)パッケージ

蓋を開けると本体がドンと登場です。今回購入したのもスペースグレイモデルです。

MacBook Pro 13インチ(2017)を開封
MacBook Pro 13インチ(2017)を開封

付属品は61Wの電源アダプタ、USB-Cケーブル、説明書、Appleのステッカーが入っています。

MacBook Pro 13インチ(2017)付属品
MacBook Pro 13インチ(2017)付属品

MacBook Pro 13インチ(2017)は61Wの充電器を使うことで急速充電することが可能となっています。

MacBook Pro 13インチの充電アダプタ
MacBook Pro 13インチの充電アダプタ

なお、サードパーティの充電アダプタを使うことで最新iPhoneを急速充電しながらMacBook Proを充電することもできます。2台同時接続だと電源出力が少し落ちてしまいますが急いで充電する必要がないなら便利ですよ。

本体の外観

MacBook Pro 13インチ(2017・タッチバーなし)の外観を見ていきます。

MacBook Pro 13インチ(2017)
MacBook Pro 13インチ(2017)

MacBook ProはMacBookのようなエッジデザインではありませんが、2015年モデルよりも小型化されてMacBook Airよりも小さくなっているのが特徴となっています。

ただし、コンパクトなのに詰まっているのか重量感は結構あるのでモバイル性能を重視するなら12インチMacBookの方がオススメなのかなと思います。

MacBook Pro 2017 デザイン
MacBook Pro 2017 デザイン

感圧式のトラックパッドは相変わらず巨大となっており、これだけ大きくてもキーボード操作をしている時に手でトラックパッドに触れてしまっても誤動作がほとんど起きないのはmacOSのシステム管理性能の凄いところですよね。

MacBook Pro 13インチ(2017)トラックパッド
MacBook Pro 13インチ(2017)トラックパッド

第2世代のバタフライ構造のキーボードが引き続き採用され薄いのにタイピング感は抜群。

13インチMacBook Pro 2017 キーボード

バタフライ構造のキーボードは好き嫌いあると思いますが、個人的にはかなり使いやすいキーボードです。ただし、タイピング音はちょっとウルサイと感じるかもしれません。

ちなみに、MacBook Pro 13インチ(2018)は第3世代のバタフライ構造のキーボードに、MacBook Pro 16インチは新しいシザー構造のキーボードを採用しています。

本体右側に3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されています。Touc Bar搭載モデルならここにUSB-C/Thunderbolt 3ポートが2つ搭載されています。

MacBook Pro 13インチ(2017)ヘッドフォンジャック
MacBook Pro 13インチ(2017)ヘッドフォンジャック

本体左側にUSB-C/Thunderbolt 3ポートが2つ搭載されています。

MacBook Pro 13インチ(2017)USB-Cポート
MacBook Pro 13インチ(2017)USB-Cポート

2016年モデルでも指摘されていましたがUSB-C/Thunderbolt 3ポートの間隔をもう少し開けて欲しかったですね。

というのも、この間隔だと少し大きめなアクセサリを挿すと隣のポートが使えなくなる問題が出てくるんですよね。ただでさえ少ないポート数なのに勿体無いですよね。

左が2017年モデル、右が2016年モデルです。

13インチMacBook Pro 2017 vs 13インチMacBook Pro 2016

ということで、外観は全く同じでした。

堅実なスペックアップをしたMacBook Pro 13インチ(2017)

MacBook Pro 13インチ(2017)の見た目は2016年モデルと全く同じですが基本性能は堅実に向上しています。

少しでもパフォーマンスを重視したいという方は2016年モデルを売却して2017年モデルに乗り換えるのもアリだと思います。早ければ早いほど高く売れるわけですし。

また、2015年モデル以前のMacBook Proを使っているなら2017年モデルに乗り換える選ぶメリットはたくさんあるでしょう。

  • CPU・GPU・RAM・SSDの性能が大幅に向上し作業効率アップ
  • 同じ13インチのディスプレイだが本体サイズが小型化
  • 広色域(P3)と500ニトの輝度に対応したRetinaディスプレイ
  • 上位モデルならTouch Barを使える
  • Thunderbolt 3(USB-C)ケーブル1本で4Kモニターへの出力と充電ができる

MacBook Pro 13インチは16GBのRAMに増設すればメイン機としての使用も十分に耐えることができる性能なので、個人的にノート型のMacを買うなら13インチのMacBook Proがバランスの取れた万能マシンだと思っています。

MacBook Pro 13インチは2020年5月に最新モデルが発売されています。上位の2.0GHzモデル、下位モデルのMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)から選ぶことができるようになっています。

MacBook Proの容量MacBookのメインメモリの容量の選び方をこちらの記事で詳しく書いています。

なお、Mac整備済製品なら通常価格よりもかなり安くMacBookやMacBook Proを購入することができるので、買うことを検討している方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

最新のMacBookの比較・おすすめはこちらをどうぞ。

MacBookとiPad Proの違いについてはこちらをどうぞ。

MacBook Proを買ったら揃えたい周辺機器とアクセサリーはこちらからどうぞ!