シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

【食べ比べ】東京ローストビーフバーガーと大阪ビーフカツバーガー どっちが美味しいのか?

マクドナルドがマックなのか?マクドなのか?東西美味しさ対決として「東京ローストビーフバーガー」と「大阪ビーフカツバーガー」の二つのハンバーガーを期間限定で販売を開始したということで、どちらが美味しいのか食べ比べをしてみました!

 

マクドナルドの東西おいしさ対決!

マックなのか?マクドなのか?

正直何でもいいけどマクドは関西の人がよく使う愛称であることは知っていますが、マクドという愛称は近畿関西を中心に11府県しか使われておらず、大多数はマックと呼んでいる人が多いそうな。

マックなのか?マクドなのか?

僕の場合、マックってMacを思い浮かべるからマクドナルドでいいんじゃないのかなと思ってしまうけど。

東京ローストビーフバーガーと大阪ビーフカツバーガー

包装紙は大阪ビーフカツバーガーは黄色がベースに、東京ローストビーフバーガーは赤色がベースとなっており、シンプルなデザインになっていますね。

東京ローストビーフバーガー

東京ローストビーフバーガー 包装紙

東京ローストビーフバーガーはビーフパティとローストビーフをバゲット風のハンズでサンドしたハンバーガーとなっており、ローストビーフを使ったということが、今までのハンバーガーと少し違うかもしれないですね。

東京ローストビーフバーガー

バゲット風のバンズは真ん中が裂けていますね。

東京ローストビーフバーガーのバゲット風バンズ

下から特製のソース、ビーフパティ、ローストビーフ3枚、レタス、その上にマヨネーズが掛かっています。

東京ローストビーフバーガーの中身

ビーフパティは薄めなタイプが使われているので、全体的に薄っぺらいハンバーガーとなっています。食べやすいのでいいと思います。

東京ローストビーフバーガーを食べる

食べてみました。ローストビーフがなかなか美味しいですね。特製のソースが若干スモーキーなのでローストビーフと合っていると思います。ただ、ビーフパティとローストビーフの組み合わせはちょっと合っていないようにも感じました。

お互いが主張の強い食材なので、全体的に何の味なのかよく分からなくなる感じ。美味しいんだけどね。

東京ローストビーフバーガーは単品440円で415kcalです。

 

大阪ビーフカツバーガー

大阪ビーフカツバーガーの包装紙

大阪ビーフカツバーガーはチーズを乗せたビーフカツをサンドしたハンバーガーで、ハンバーガーというよりもサンドに近い感じでしょうか。カツの下にはカツに合う特製のカツソースが塗られています。

大阪ビーフカツバーガーの中身

バンズは柔らかいタイプのものが使われているのでシワシワになっています。

大阪ビーフカツバーガーのバンズ

ビーフカツはビーフミンチカツのようですね。

大阪ビーフカツバーガーを食べる

まあ、そうですよね。ミンチ肉使いますよね。

これが本当のビーフカツだったらめちゃくちゃ美味しかったんじゃないのかなとも思いましたが、大阪ビーフカツバーガーはミンチ肉を使ったカツでした。

とはいえ、ビーフの味もしっかりしていてチーズとの相性も良く、普通に美味しかったです。からしの風味を感じたのでからしソースが少しだけ使われているのかもしれませんね。

大阪ビーフカツバーガーは単品390円で479kcalとなっています。

 

まとめ:東京ローストビーフバーガーの方が美味しい

東京ローストビーフバーガーと大阪ビーフカツバーガー

どちらも普通に無難なく美味しいです。

めちゃくちゃ美味しいっていう感動はどちらにもありませんでした。なのでどちらが美味しいか、選ぶのが非常に難しいのですが、東京ローストビーフバーガーの方がサッパリした味わいなので、個人的には好きかなと感じました。というか、ロコモコバーガーの方が美味しかった。

ということで、東西おいしさ対決は東京ローストビーフバーガーってことで。

マクドナルドはTwitterでどちらが美味しいかハッシュタグをつけてとリツイートすると応援Tシャツを抽選で貰うことができるキャンペーンをしています。抽選に外れてしまってもクーポン券を貰うことができます。

ちなみに、ハンバーガーだけではなくチキンナゲットのソース対決(東京レモンバジルマヨネーズ vs 大阪お好みマヨソース)、フロート(山形ラ・フランス vs 和歌山温州みかん)、マフィン(東京ローストビーフマフィンvs 大阪ビーフカツマフィン)も期間限定で販売されているのでチェックです。