シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

楽天ふるさと納税がお得すぎる!ポイント貰えて自己負担ゼロ、ポイントを使うこともできる!

年末に向けてそろそろふるさと納税をしないといけないなと思っているのですが、楽天市場でもふるさと納税をすることができることを最近知りました。

そして、いつも楽天で購入するのと同じようにポイントも貰うことができたり、楽天ポイントを使ってふるさと納税をすることができるって...マジか!!

 

ふるさと納税は楽天がお得な理由

今までふるさとチョイスを使って適当にふるさと納税の返礼品を選んでいました。

楽天からふるさと納税すればポイントバックで自己負担2,000円を0円にすることができるってことです。ポイントもゲットできるので自己負担どころかプラスになってしまうという...。

もっと早くに知りたかった。というかちゃんと調べていれば良かったんですよね。

20171124122241j:plain

楽天ポイントをもらえる

楽天市場で何かを買うとポイントを貰うことができます。ポイント目的で楽天を使っているという人も多いかと思います。

楽天のポイントは使い方次第で倍々で付与ポイントを増やすことができるのも魅力の一つ。

通常は購入金額に対して1%のポイントが付与されます。楽天カードを使って決済するとプラス3%、さらに楽天のアプリを使って購入すると1%のポイントを貰うことができるので、僕の場合は商品購入金額に対して5%のポイントをゲットすることができます。

20171124115822j:plain

もし、楽天プレミアムカードもしくは楽天ゴールドカードを持っているならさらに1%、楽天モバイルの通話SIMを使っているなら1%、楽天ブックスを月1回1,000円以上購入で1%、合計で8%のポイントを貰うことができます。

このポイント制度はふるさと納税にも適用されることになるので、僕の場合で10,000円のふるさと納税をすると5%の500ポイント貰うことができます。

20171124123317j:plain

つまり、40,000円のふるさと納税をすれば自己負担2,000円を賄うことができる楽天ポイントをゲットすることができるということになります。

楽天スーパーSALEで10%も狙える

楽天で定期的に開催されている楽天スーパーSALE。ふるさと納税も対象となり最大でポイントが10倍になります。

この期間にふるさと納税を申し込むことで、ポイントの還元率を高くすることができます。

  • 通常ポイント:1%
  • 楽天カード利用:+3%
  • アプリ利用:+1%
  • 楽天スーパーSALE:+9%

楽天スーパーSALEは基本的には3月、6月、9月、12月の第1週に開催していることが多くなっています。

とりあえず、100,000円のふるさと納税をするつもりで返礼品を選定しました。

20171124125919j:plain

おそらく12月に楽天スーパーSALEが開催されるはずなので、楽天スーパーSALEが始まったら手続きをしたいなと思っています。上記の計算ならポイント14倍が適用されることになるので、+14%で14,140ポイントを貰うことができることになりますね。

楽天のふるさと納税、凄いですねー。普通なら2,000円の自己負担が必要なのに、ポイントとはいえ12,140円もお得になってしまうとは。

ちなみに楽天スーパーSALE以外にも

 

楽天ポイント・楽天キャッシュでの支払いも可能

これだけでも凄いなーと思ってしまいますが、楽天市場でのふるさと納税は楽天ポイント、楽天キャッシュでの支払いも可能となっています。

20171124135055j:plain

楽天ポイントでは使えるポイントの上限は100,000円となっています。しかし、楽天キャッシュを合わせて使う事ができます。

楽天アフィリをしている人は楽天キャッシュも沢山持っていると思います。ふるさと納税の支払いに楽天キャッシュも含めることができるので100,000円以上の金額でもOKということになりますね。

現金を減らすことなくふるさと納税ができるのは、本当に嬉しいわ。涙出る...。

ただし、楽天ポイントでの支払いに楽天カードからのポイント付与が除外されるのでポイントの還元率が下がるので注意しましょう。

20171124131600j:plain

楽天カード分の3%を取り逃がすことになりますが、楽天スーパーSALEの時にふるさと納税をすれば、それでも11%のポイント還元を受けることができますね。

まとめ

少しでも節税のためにふるさと納税を寄付している方も多いでしょう。ふるさと納税は寄付した金額分を所得税や住民税から控除してくれます。

つまり、自己負担2,000円を支払うことで返礼品をもらうことができるということになります。厳密には税金が安くなっているわけではないので節税にはなりませんが、2,000円を支払ってふるさと納税をすることで、同じ税金を支払いながら返礼品を受け取ることができる、ということになります。

なお、ふるさと納税は年収によって寄付できる上限が異なります。配偶者がいるかいないかなど、環境によって異なりますが、独身、配偶者がいない場合の寄付できる金額はおおよそこんな感じ。

  • 年収300万円:28,000円
  • 年収500万円:61,000円
  • 年収800万円:131,000円
  • 年収1000万円:177,000円
  • 年収1500万円:384,000円
  • 年収2000万円:552,000円

年収3000万円を超えると103万円の寄付ができるそうな。購入手続きが大変そうだし、山のように返礼品が配送されてヤバいことになりそう...。

僕はお米など生活必需品をふるさと納税することが多いのですが、必要なものを返礼品で選ぶことで食費などの生活費を下げることができるのでいいですよね。

こちらに宮崎県産のお米は定期的に1年分のお米を配送してくれるのでとても良いですよ。我が家ではこれだけで1年分のお米を賄う事ができるので、食費を下げるのに貢献してくれるはず。