シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

PS4 ProとPS4の違いは?どっちがいいか実機で4Kと2Kの画質や性能を比較【レビュー】

SONYの据え置き型のゲーム機「PlayStation4(プレイステーション4)」は通常版のPlayStation4(PS4)と、高性能版のPlayStation4 Pro(PS4 Pro)の2モデルがあります。どちらを買えばいいのか。悩んでしまいますよね。

ドラゴンクエスト11やモンハンワールドをPS4で遊ぶことができるということで、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。この記事ではPlayStation4 ProとPlayStation4の違いについて詳しく比較をしてみたいと思います。

 

PS4 ProとPS4の比較レビュー

実は少し前からPlayStation4 ProとPlayStation4はどれほど性能差があるのか興味があり、余っていた楽天ポイントを使って2台とも購入していました。実際に比較をしてみてどちらかを手元に残そうと思っています。

PS4 ProとPS4 パッケージ比較

PlayStation4は2014年2月22日(海外では2013年11月15日)にSONYから発売されたゲーム機で当時は39,800円という価格で販売。2015年12月の34,800円に値下げされ、2016年9月に本体サイズをスリム化し価格を29,980円に値下げしたPlayStation4 Slim(通称・PlayStation4)がリリースし、同時に4Kに対応した高性能版のPlayStation4 Proが44,980円でリリースされました。

スペック比較

PS4 ProとPS4(Slim)、旧PS4のスペックを比較してみましょう。

モデル PS4 Pro PS4(Slim) 旧PS4
型式 CUH-7100
CUH-7000
CUH-2100/2000 CUH-1200
CPU AMD Jaguar 8コア 2.1GHz AMD Jaguar 8コア 1.6GHz
GPU 4.20 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine, 911MHz 1.84 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine, 800MHz
メインメモリ GDDR5 8GB
帯域幅:218GB/s
GDDR5 8GB
(帯域幅:176GB/s)
セカンダリープロセッサーメモリ DDR3 1GB DDR3 256MB
HDD 1TB
Serial ATA 3.0(6Gb/s)
1TB/500GB
Serial ATA 2.0(3Gb/s)
対応解像度 4K(3,840 x 2,160)RGB
4K(3,840 x 2,160)YUV420
1080p(1,920 x 1,080)
720p(1,280 x 720)
1080p(1,920 x 1,080)
720p(1,280 x 720)
光学ドライブ BD 6倍速CAV、DVD 8倍速CAV
通信 Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz, 5GHz
Bluetooth 4.0(LE)
Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
802.11 a/b/g/n/(2.4GHz)
Bluetooth 2.1
入出力 Super-Speed USB(USB 3.1 Gen1) ポート × 3
AUXポート×1
Super-Speed USB(USB 3.1 Gen1)ポート × 2
AUXポート×1
Super-Speed USB(USB 3.0)ポート × 2
AUXポート×1
AV出力 HDMI 2.0b4K/HDR出力対応)
光デジタル出力端子
HDMI 1.4a(HDR出力対応)
消費電力 最大310W 最大165W 最大250W
サイズ(mm) 295 × 55 × 327 265 × 39 × 288 275 × 53 × 305
重量 3.3kg 2.1kg 2.5kg
カラー ジェット・ブラック
グレッシャー・ホワイト
ジェット・ブラック
グレーシャー・ホワイト
ジェット・ブラック
価格 1TB:44,980円 500GB:29,980円
1TB:37,980円
-

PS4(Slim)と旧PS4の違い

旧PS4 → PS4(slim)の進化として本体サイズがスリム化しただけではなく、Wi-Fiが802.11 acと5GHz帯に対応、Bluetoothが4.0に対応、そしてUSB 3.1 Gen1(5Gbps)に対応するなど通信周りの性能が向上しています。

やはり高速通信が可能となり電子レンジなどのノイズにも強いWi-Fiの5GHz帯に対応したのが大きいですね。圧倒的にオンラインゲームなどで有利になること間違いなしです!また、消費電力が250Wから165Wに大幅に少なくなったのも見逃せないポイントです。

PS4 ProとPS4(Slim)の違い

PS4 ProはCPUプロセッサが1.6GHzから2.1GHzにクロックアップされ、GPUはAMD Radeonのカスタムチップが引き続き採用され最新アーキテクチャ「Polaris」世代のGPUの機能を組み込んだことにより演算性能が1.84TFLOPSから4.20TFLOPSに向上、さらにメインメモリの帯域幅が176GB/sから218GB/sに高速化されるなど、大きく性能が上がっています。

このように基本性能が向上したことで、PS4 Proは4K解像度(3,840 × 2,160ピクセル)の出力表示に対応させることが可能となったのです。

他にもHDDの接続がSerial ATA 2.0(3Gb/s)からSerial ATA(6Gb/s)に向上しSSDに換装した時に転送速度が向上させることも可能になりました。例えば、ドラクエ11のルーラでの移動は画面が表示されるまでにかなり時間が掛かってしまいますがPS4 Proなら多少は速くなるので快適にゲームをプレイすることができるでしょう!やっぱ、待ち時間はできるだけ減らしたいですよねー。

PS4 Proの特徴

4K表示に対応

PS4 Proは4Kテレビと接続することで4K(3,840 × 2,160ピクセル)出力に対応します。これはタイトルによって対応しているものと非対応のものがあり、パッケージに「PS4 Pro ENHANCED」のラベルが付いているゲームは通常のPS4よりも映像表現を向上したもの、つまり4K解像度に対応したゲームということになります。

PS4 Pro ENHANCED ラベル

PS4 Proはネイティブ4Kではなく擬似4K表示となっておりPS4 Pro ENHANCEDに対応したタイトルはジオメトリレンダリングやチェッカーボードレンダリングと呼ばれる高度な手法を使って擬似的に4Kを描画をしています。

「なんだよ、擬似4Kかよ...」

と思われるかもしれませんが、ネイティブ4Kとの違いを判別することはできないと言われています。以下、実際に比較してみたのですが...まあ、目を凝らしてみないと違いは分からないかもしれません。

4Kと2Kの画質の違い

PS4で人気のソフト「Horizon Zero Dawn」にてPS4 Proの4KPS4の2K(フルHD)を比較してみました。4Kテレビ(テレビ側の4Kアップスケーリング機能をOFF)に接続してカメラで撮影しています。

PS4 Pro 4Kと2K 比較1

この違い、分かるでしょうか。もっと拡大して見ましょう。

PS4 Pro 4Kと2K 比較2

ここまで拡大するとその違いがよく分かります。生い茂っている草の葉や髪の毛が綺麗に表現できています。

なお、PS4 Pro ENHANCEDに対応していないゲームもPS4 Proで4K解像度のアップスケーリングするので画質がとても綺麗になります。例えば、ドラクエ11はPS4 Pro ENHANCEDに対応していませんがPS4 Proのアップスケーリング機能によりシャギーの少ない綺麗な画質で表示することができます。 

f:id:kazu-log:20171005101052j:plain

主人公の肌の色、髪の毛のサラサラ感、装備している革の質感などPS4 Proの方がよりクッキリと綺麗に表現できているのが分かりますよね。

f:id:kazu-log:20171005101312j:plain

つまり、PS4 Proなら全てのタイトルの画質が向上することになり、とにかく画質を優先したいんだという方はPS4 Proにした方が絶対にいいと思います。

4Kではなく2K(フルHD)テレビの場合でも2K(1080p)以下のコンテンツ(720pなど)であれば2K(1080p)にアップスケールしてくれるので、PS4 Proにするメリットは大いにありそうです。

PS4 Proの出力解像度

テレビの解像度 4Kコンテンツ 2Kもしくは1080p以下のコンテンツ
2K TV 1080pに最適化 1080p未満の場合、1080pにアップスケール
4K TV 4K(2160p)でそのまま出力 4K(2160p)にアップスケール
4K/HDR TV 4K(2160p)にそのまま出力
(HDRモード対応コンテンツはHDRで表示)
4K(2160p)にアップスケール
(HDRモード対応コンテンツはHDRで表示)

なお、解像度の低いDVDコンテンツも4K(2160p)にアップスケーリングされます。ただし、実際に試したところ見た感じが物凄く綺麗になったという印象はなく、4Kテレビ側でアップコンバートした映像と大差ないように見えます。

PS4でも4Kテレビのアップコンバート機能で綺麗に

しかし、フルHD出力しかできないPS4でも中級機以上の4Kテレビとの接続ならテレビ自体に4Kアップコンバート機能が搭載されているので意外と綺麗に表示することができ、離れてプレイするとその違いを感じることはできないかもしれません。

左側の画像はSONY 4K BRAVIAの4Kアップコンバート機能をONにして表示させたものですが4K出力をしているシャギーが少なくなっているのが分かります。

PS4 ProとPS4 4kテレビ アップコンバート

正直なところPS4を4Kテレビに接続して遊んでいても画質の差を感じることができないですよね。

PS4 ProとPS4 4Kと2Kの比較

テレビの目の前に行って、目を凝らして見ると明らかにPS Proの方が綺麗だということは確認できますが...。

ブーストモードでフレームレートが向上・安定

PS4 Proは高速になったCPUとパワフルになったGPUの性能を生かすために、PS4 Pro向けにアップデートされていないタイトルのパフォーマンスを向上させる「ブーストモード」が搭載されています。

ブーストモードは可変フレームレートを採用しているタイトルにおいてフレームレートを向上させることができ、固定フレームレートを採用しているタイトルもフレームレートを安定化させることが可能となります。

これは4Kテレビに接続しなくても恩恵を受けることができることなので、フルHDテレビを持っている人もPS4 Proを購入する大きな動機になるでしょう。

PS4 Pro ENHANCEDに非対応のドラクエ11もフレームレートが若干向上していましたよ。もちろん、PS4 Pro ENHANCEDに対応したタイトルであれば4K出力に対応しながらフレームレートが向上し滑らかな動作を実現しています。

個人的には4K出力よりもフレームレートが向上していることの方がPS4 Proの大きな魅力のように感じます。

ただし、表示遅延をあまり気にしないのであれば4Kテレビ側に搭載されている滑らかな動作を実現する「モーションフロー」や「シネマドライブ」(ソニーのブラビアに搭載されている機能の名称)を有効にすることでフレームレートを向上させることができます。

以前にニンテンドースイッチを4Kテレビに表示させて擬似4Kとフレームレートを向上させることができる記事を書きましたが、PS4もこの技を使うことで4Kテレビでの画質を大きく向上させることが可能です。

PSVRでフレームレートが向上する

バーチャル体験を楽しむことができるPSVRもPS4 Proと接続することでフレームレートの向上が期待できます。ただし、ソフト側で対応する必要があるので、遊びたいPSVRのソフトがPS4 Proに対応しているかどうか確認をした方がいいかもしれません。

PSVRはフレームレートが低いと酔ってしまいそうなのでできる限り性能の高いPS4 Proで遊ぶたいところ。

 

 

PS4 ProとPS4の本体外観の違い

PS4 ProとPS4の外観を見ていきましょう。並べてみると本体サイズはかなり違います。PS4 Proはデカイです。まあ、PS4がスリムになったという見方もできるかもしれませんが。

PS4 ProとPS4 外観比較

付属品はワイヤレスコントローラーのDUALSHOCK 4、HDMIケーブル × 1、USBケーブル 、モノラルヘッドセット、電源コード、説明書となっています。PS4 Proの方が消費電力が高いので太い端子のタイプの電源コードが採用されています。

PS4 ProとPS4 付属品比較

PS4 Proは本体正面の右側部分にUSBポート(Type-A)が二つ搭載されています。PS4は少し離れて二つ搭載されていますね。

PS4 ProとPS4 本体比較 USBポート

本体正面左側に電源ボタン、ブルーレイディスクを入れることができる隙間、イジェクトボタンが搭載されています。PS4 Proは長細い本体デザインに沿った光るボタンが搭載されていますが、PS4は普通の丸長ボタンが搭載されています。

PS4 ProとPS4 本体比較 操作パネル

本体背面部分です。PS4 Pro、PS4ともに電源、AUX、HDMI、LANポートが搭載されていますが、PS4 ProはUSB端子や光デジタル出力端子が追加されているのが分かります。

PS4 ProとPS4 接続端子比較

右側にあるカバーを外すことでHDDを交換することができ、SSDにグレードアップすることが可能となっています。

PS4 ProはSerial ATA 3.0接続となっているので、SSDに交換することで読み込み速度を大幅に向上させることができます。ゲームのロード時間を速くしたいと方は交換したいところ。

 

まとめ:快適に遊びたいならPS4 Proを選択しよう

最後にPS4 ProとPS4のメリット・デメリットをまとめます。

PS4 Proのメリット・デメリット

  • 4K(3,840 x 2,160)出力に対応し4Kテレビとの組み合わせで画質が綺麗
  • フレームレートが向上し安定する(2Kテレビでも恩恵あり)
  • 本体サイズが大きい
  • 消費電力が高い
  • ファンの動作音が少し大きい
  • 価格が高い

「とにかく快適にPS4のゲームを遊びたいんだ!」という方は4Kテレビがなくても迷わずにPS4 Proを購入しましょう。

PS4 Proと2Kテレビとの組み合わせでもフレームレートが向上し安定するので快適にゲームを遊ぶことができますし、4Kテレビとの組み合わせなら最高の画質でゲームを遊ぶことができるのは間違いありません。またPlayStation VRを購入する予定があるのなら、性能が高く接続ポートが多いPS4 Proの方が快適に遊ぶことができるようです。

PS4のメリット・デメリット

  • 本体サイズが小さい
  • 消費電力が低い
  • 動作音が静か
  • 価格が安い
  • 解像度が2K(1,920 x 1,080)まで
  • フレームレートが安定しない(タイトルによる)

画質やフレームレートなどを気にしないのであれば無印のPS4で十分ですし、普通に遊ぶことができます。そもそもPS4の画質はニンテンドースイッチと比較してもめちゃくちゃ綺麗です。

2Kテレビで遊ぶことを考えているならPS4 Proだと性能を生かしきることができないので価格が安くて本体サイズがスリムなPS4の方が良いでしょう。

4Kテレビの場合でも、4Kテレビ側に4Kアップコンバート機能が搭載されているのでPS4の2K(1,920 x 1,080)出力だったとしてもそれなりに綺麗な画質で楽しむことが可能です。また、4Kテレビの機種によってはモーションフロー機能を有効にすることでフレームレートもテレビ側で向上させることができるので、表示遅延を気にするゲームを遊ぶ予定がない方はPS4でも良いかと思います。

7月29日にリリースされる「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」はPS4 Pro ENHANCEDには非対応となっていますが、多少は画質が向上していたので少しでも快適にドラクエの世界を楽しみたいならPS4 Proにしましょう!

個人的には色々と徹底的に比較してみて、PS4(Slim)で十分なのかな〜と思っています。PS4 Proを売却してPS4を残す方向に傾いていますが、今後発売される期待のタイトル「モンスターハンターワールド」や「真・三國無双8」はPS4 Proでプレイすると凄そうだし...。迷いますね。

新色「グレイシャー・ホワイト」モデルが追加

なお、PS4 Proに新色「グレイシャー・ホワイト」が追加されます。

カッコいい...もう少し待ってこっちを買いたかったかもしれません。グランツーリスモエディションだと白と黒のツートンカラーだったり、かなりイカしたデザインになっていますし、限定版がちょくちょく登場してきますね。

モンスターハンターワールドとPS4 Proのコラボモデル

2017年12月7日に発売されるモンスターハンターワールドのコラボレーションモデル「PlayStation 4 Pro MONSTER HUNTER: WORLD LIOLAEUS EDITION」の予約が開始されました。

カッコイイですよねー!モンハンの代表するモンスター「リオレウス」の横顔をデザインしたPS4 Pro本体と広げた翼をイメージさせる模様の描かれた「DUALSHOCK 4」、ゲームのダウンロードコードをセットにしたものでPS4 Proの同梱版はこのモデルが初めてとなります。つまり、モンハンワールドはPS4 Proで楽しんだ方がいいってことでしょ!

スター・ウォーズとPS4 Proのコラボモデル

スターウォーズの特別デザインのPS4 Proとスター・ウォーズ バトルフロント2がセットになった「スター・ウォーズ バトルフロント2 Limited Edition」も登場します。

PS4 Proはジェットブラックがベースとなっており帝国軍と反乱同盟軍のエンブレムが対角に同ゲームに登場する帝国軍のエリート部隊・インフェルノ中隊の部隊章がデザインされたモデルとなっています。フロント部分にスターウォーズのロゴマークもあり、これはなかなか熱い限定モデルですね。