シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

PS4とMac・PCのリモートプレイが快適すぎる!モバイル回線でもドラクエ11が動作した!

プレイステーション4(PS4)版のドラゴングエスト11は、PS4のリモートプレイ機能を使うことで、PS VITAを始めPSリモートプレイというアプリケーションをインストールしたMacやPC、さらにタブレットやスマートフォンからリモート接続した状態で遊ぶことが可能となっており、据え置き機専用だけどWi-Fi通信の環境が整えば外でも遊ぶことができるのが凄いところ。

 

ゲーム機がここまで進化していることに驚きですが、実際にMacBookを使ってPS4にリモート接続して、ドラゴングエスト11を遊んでみました。その設定方法などを紹介したいと思います。

MacやPCからPS4にリモート接続する方法

まず最初に、PS4をリモートコントロールするには「PlayStation Network」のアカウントが必要となるので、アプリケーションをインストールする前にプレイステーションネットワークのサイトから取得しておきましょう。

また、PS4はWi-Fiなどの通信が可能な環境下に置いて、PS4の電源が入った状態、またはスタンバイモードになっている必要があります。

PS4の設定を確認する

PS4の「設定」の「リモートプレイ接続設定」で「リモートプレイを有効にする」にチェックが入っているか確認しましょう。

PS4 リモートプレイ

初期設定から有効になっているので、変更した記憶がない方は特に確認する必要はないでしょう。

PC/MacにPS4リモートプレイをインストールする

PC/MacからPS4にリモート接続をするにはこちらのサイトから専用のアプリケーション「PS4リモートプレイ」をダウンロードしてインストールする必要があります。

MacにPSリモートプレイをインストールする

今回は13インチMacBook Pro(macOS Sierra 10.12)を使ってリモートプレイをしてみたいと思います。ダウンロードしたアプリケーションを実行しMacにPS4リモートプレイをインストールします。

インストール完了

PSリモートプレイからPS4に接続する

PS4リモートプレイを起動するとPC/Macにコントローラーを接続してくれとメッセージが表示されます。

PSリモートプレイを起動

PC/MacにPS4のコントローラー(DUAL SHOCK4)をUSB経由で接続しましょう。Bluetooth経由でもOKですが使い回しのコントローラーだとうまくペアリングすることができないので、今回はUSBケーブルを介してMacBookに接続します。

MacBook ProにDUAL SHOCK4を接続

プレイステーションネットワークのログインIDとパスワードを入力してサインインをします。

プレイステーションネットワーク サインイン

サインインが完了すると自動的にインターネット経由からプレイステーションネットワークにサインインしているPS4を検索しだします。

PS4に接続中

PS4が見つかり接続しています。

PS4に接続完了

すげー。全世界のネットワークからこのアカウントにサインインしているPS4を自動的に検出してるってことですよね?すげー。

ただ、うまく接続ができないこともあるので自動的に接続ができなかった場合は「手動で登録」するをクリックしてPS4の「設定」→「リモートプレイ接続設定」の「機器を登録する」からペアリングナンバーを発行して...。

機器を登録する

登録しましょう。これでほぼ間違いなくPC/Macと接続することが可能となります。

20170801155929j:plain

きたーーー!!MacにPS4の画面が表示されています!

PS4とMacBookのリモートプレイ

これでPC/Macからドラクエ11をPS4をリモートプレイして遊ぶことができます。

え?MacBookからプレイすることがあるのかって?ほら、みんながいるリビング以外で遊びたいときとか自分の部屋で遊ぶことができるのは大きいと思いますよ。あと、出張先のホテルからドラクエ11を遊ぶ...なんていう使い方もできるので、結構いいと思うんですよね。

 

MacBook ProでPSリモートプレイの動作確認

同一のWi-Fi環境下

実際にMacBook ProからPSリモートプレイし、ネイティブに動作しているPS4との遅延を確認してみました。

同じWi-Fi環境下での遅延はこんな感じ。

かなりスムーズに動作していると思います。

モバイル回線(iPhone7でテザリング)

iPhone 7(ドコモ回線)のテザリングでMacBook Proを接続してみました。

  • 受信速度:35Mbps
  • 送信速度:5Mbps
  • ping:50ms

iPhoneでテザリングしながら動画撮影したせいか動画の最初の方が画面全体が乱れてしまっていますが...

たまにカクカクしたり画面が乱れたりしてしまっていますが、プレイできないレベルではないのではないでしょうか。ちなみに2分ほどのプレイで消費したデータ量は80MBほどとなっていました。単純計算で20分で800MB、60分で2.4GBほどのデータ通信量が必要ということか...。

どうしてもモバイル回線でプレイするときは、解像度を低(360p)に設定した方がいいかもしれませんね。

解像度とフレームレートの設定

PS4リモートプレイの「環境設定」から「解像度」や「フレームレート」を変更することができます。

PSリモートプレイ 解像度とフレームレートの設定

解像度の初期設定は標準(540p)となっていますが、低(360p)、高(720p)や最高(1080p)に設定することができるで、720p以上に設定することで綺麗な画質でリモートプレイすることもできます。(1080pはPS4 Proのみ)

ただし、マシンパワーや通信環境が安定していないと動作がカクカクになってしまうので、試しながら設定を変更していったほうがいいかもしれませんね。

もちろん、携帯電話などテザリングをしたモバイル回線からも接続することができます。ただ、標準(540p)の解像度、フレームレート標準でも数十分プレイしただけで200MBほどのデータを消費していたので、もしモバイル回線を使用する場合は解像度やフレームレートを必要最低限のレベルまで下げるといいかもしれませんね。

 

スマートフォン/タブレットのリモートプレイについて

PS Vitaであれば同じように設定することで簡単にリモートプレイをすることが可能になっており、通信環境さえ整っていればニンテンドースイッチ並みの取り回しの良さを実現します。

そして、SONYのXperiaスマートフォンやタブレットであれば公式アプリ「PS4 Remote Play」をインストールすることで簡単にPS4をリモートプレイすることができます。 

その他のAndroidスマホやiPhoneに関してはサードパーティ製のPSリモートプレイ専用アプリをインストールすることで遊ぶことができます。iPhoneなら有料アプリですがR-Playが有名でしょうか。

▶︎ R-Play - PS4向けリモートプレイ - Lei Jiang

ただ、いつ使えなくなるか分からないので注意が必要です。

Xperiaだけでなく他のスマホでも使えるようにしてくれたらニンテンドースイッチに対してもいいアプローチになると思うのですが、ソニーとしてはPS Vitaを使ってほしいということなのかな。