シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

PS4 ProのHDDをSSDに換装!ロード時間が速くなり音が静かになるのでおすすめ!読み込み速度の比較も!

PS4・PS4 ProのストレージにはHDD(ハードディスクドライブ)が使用されていますが、SSD(ソリッドステートドライブ)に比較的簡単に換装することができます。PS4・PS4 ProのストレージをSSDに換装することで、データの読み込む速度が高速化され、ロード時間を大幅に短縮することができ、待ち時間を減らしストレスなくゲームに集中することができるようになります。

実際にPS4 ProのストレージをHDDからSSDに換装してみたので、換装方法や実際にどれくらいロード時間が短縮されたのかを試してみました!

 

PS4 ProのストレージをHDDからSSDに換装

どんなタイプのSSDを買えばいいのか?

PS4はSATA2というインターフェースで5400RPMの500GB/1TBのHDDが、PS4 ProはSATA3というインターフェースで540RPMの1TBのHDDが搭載しています。各規格の違いはデータの転送速度となっています。

  • SATA2:データ転送速度3Gps
  • SATA3:データ転送速度6Gps

PS4 ProはSATA3を採用しているのでHDDのデータ転送速度はPS4より速いのかと思ってしまいますが、HDD自体の速度が遅いので速度は同じレベルとなっており、SSDに換装することでSATA3の高速なデータ転送速度の恩恵を受けることができます。

PS4のHDD/SSHD/SSD仕様

PS4・PS4 Proに換装するSSDは以下の仕様をクリアしているモノを選ぶようにしましょう。

  • SSD本体の厚さは9.5mm以下
  • 2.5インチサイズのHHD/SSHD/SSD
  • 容量160GB以上

SSDのサイズは標準的な2.5インチで厚さは9.5mm以下のタイプで容量は160GB以上のSSDを選びましょう。PS4はシステム容量で100GB程使ってしまうので、最低でも500GBのSSDにしないと、ゲームをインストールできる数に影響してくることになりそうです。

SSHD

SSHDはHDDとSSDのハイブリッドストレージで、HDDに8GB程度のフラッシュメモリを搭載することで、よく使うデータをSSDにキャッシュさせ転送速度を高速化させるというものとなっています。

SSDHはPCでの効果はなかなか高いと思いますが、PS4のゲームはデータ容量が多く、一度のデータ読み込み量も多いので効果は限定的かもしれません。同じゲームばかり遊ぶのなら効果はあるのかもしれませんが。

とはいえ、価格も安くHDD並みの保存容量があるので選択肢としては悪くないのかもしれません。

SSD

SSDはフラッシュメモリを記憶媒体としたストレージで、近年のPC、AppleのMacBook、ニンテンドースイッチの本体メモリにも採用されています。

もともとHDDのストレージを搭載していたデバイスをSSDに換装すること高速化させることもできます。僕もHDD搭載のMacBook ProをSSDに換装したことがあるのですが、めちゃくちゃスピードアップしました。

MLCとTLC

フラッシュメモリにはいくつかの種類があり、現在一般向けのSSDの主流になっているのがMLCとTLCです。

  • TLC(トリプルレベルセル):1つのセルに3ビットの情報を保存でき価格は安いがMLCよりも耐久性が少しだけ劣る
  • MLC(マルチレベルセル):1つのセルに2ビットの情報を保存でき耐久性がTLCより高い。価格はTLCよりも少しだけ高い

TLCは耐久性に劣るとか言いますが、普通の使用回数で壊れることはないと思うので、特に問題はないのかなと思います。SSDは価格が高いのでゲームの本数はそんなに増える予定がないのであれば240GBの容量でもいいかもしれません。TLCタイプの240GBの容量のSSDなら10,000円ほどで購入することができます。

今回購入したのはCrucial [Micron製]のMX300 1TBモデルです。

SSD Crucial [Micron製] MX300 1TB

SATA3(6Gbps)に対応、TLCのフラッシュメモリを採用し、読み取り速度は530MB/s、書き込み速度は510MB/sのSSDストレージとなっています。

Crucial [Micron製] MX300 外観

PS4 ProのSSDを換装する方法

今回はPS4 ProのHDDをSSDに換装していますが、PS4も同じ方法でSSDに換装することができます。基本的にプラスドライバーが一本あれば誰でも簡単にHDDをSSDに換装することが可能となっています。

ゲームのセーブデータを保存する

ゲームのセーブデータがあると思うので、それを外部ストレージに保存していきましょう。今回はUSBを使ってセーブデータを保存します。PS4・PS4 ProではUSBのフォーマットはFAT32かexFATのどちらかしか認識しないので、PCを使ってフィーマットをしておきましょう。

フォーマットしたUSBをPS4・PS4 Proに接続して、PS4のメニューの「設定」→「アプリケーションセーブデータ」から「本体ストレージのセーブデータ」→「USBストレージ機器にコピーする」を選択します。

本体ストレージのセーブデータからUSBに保存

ゲームタイトルを選んでUSBにコピーします。

PS4のセーブデータをUSBに保存

これでセーブデータのコピーは完了です。

USBにセーブデータをコピー中

なお、PSN会員ならオンラインストレージにセーブデータを保存することもできるので、わざわざUSBを使わなくてもセーブデータを簡単に移行することができます。

PS4・PS4 ProからHDDを取り出す

では、PS4 ProからHDDを取り出していきましょう。

PS4 Pro

本体を裏返しにして背面部分にあるカバーを外します。

PS4 Pro ストレージ格納場所

意外と固いですが、手前に引っ張ることでカバーを外すことができます。

PS4 Proのストレージカバーを取り外す

カバーを外すとビスが出てくるので、プラスドライバーを使って外していきます。

PS4 Pro ストレージをドライバーで外す

ビスを外すとHDDをガバッと取り外すことができます。

PS4 Pro HDDを取り外す

HDDが収められている金属カバーを外します。サイド部分にビスが4点留めされているのでビスを外すことでHDDをカバーから取り外すことができます。

HDDの4点ビスを取り外す

もっと難しいのかなと思っていまいしたが、もともとHDDの換装を考慮した設計にしていたのでしょう。めちゃくちゃ簡単ですね。

PS4・PS4 ProにSSDを装着する

HDDを取り外したカバーにSSDを装着していきます。

SSDをカバーに取り付ける

HDD取り外しの逆をすればOKです。

SSDをビス留め

MX300は本体サイズが7.5mmと薄いので少し浮かした状態でビス留めをする必要があります。

SSDをカバーに装着

カバーにSSDを取り付けできたらPS4・PS4 Proに装着してビス留めします。

SSDをPS4 Proに取り付ける

あとはカバーすれば換装完了です。

システムソフトウェアを再インストールする

SSDに換装してPS4・PS4 Proの電源を入れてPSのロゴマークが表示されれば換装成功です。

20171229114344j:plain

コントローラーのDUALSHOCK4をUSBケーブルで接続してPSボタンを押すことで操作することができるようになります。

DUALSHOCK4をUSBケーブルで接続

SSDは空なのでPS4のセーブモードが起動するので、ここでPS4のシステムソフトウェアをインストールする必要があります。

PS4のセーフモード

PS4のサイトからシステムデータをダウンロードして、USBにアップデートファイル(再インストール用)を保存するフォルダーを作成、そこにアップデートファイル(再インストール用)を保存します。

こんな感じでアップデートファイル(再インストール用)をUSBに保存すればOKです。

アップデートファイル(再インストール用)をUSBに保存

USBをPS4・PS4 Proに接続しPS4を初期化します。

PS4を再インストール

システムソフトウェアのアップデートが開始します。

システムソフトウェア

しばらく待つといつものPS4のホーム画面が表示されるので、USBに移動したセーブデータをUSBから本体ストレージにコピーすればOKです。

セーブデータを本体にコピー

あとは今まで遊んでいたゲームディスクを本体に入れるなりしてインストールすれば作業は完了となります。

 

SSD換装でロード時間は最大で2倍以上高速化

PS4 ProのHDDをSSDに換装したことで、どれほど快適になったのか。実際にいくつかのゲームでロード時間の違いを比較してみました。今回、比較したゲームタイトルはHorizon Zero Dawn、ドラゴンクエスト11、モンスターハンターワールド(ベータ版)の3つです。

PS4 Proのシステム起動時間はHDDが約25秒だったのがSSDに交換することで約20秒となり5秒ほど短くなりましたが、実際のゲーム上の画面の切り替わりの時の方がその効果を感じることができました。

Horizon Zero Dawn

まずはPS4のゲームの中でもかなり綺麗なグラフィックで知られているHorizon Zero Dawnです。当然ながら読み込むデータ量も多くロード時間もかなり長くなってしまうタイトルです。

結果はNEWSゲームからスタートするまでHDDだと61秒かかるところSSDだと34秒とスピードが倍になりました。

PS4 Pro SSD HDD
タイトル画面表示まで 21秒 27秒
NEWゲーム→スタートまで 34秒 61秒

左がSSDに、右がHDDです。

この速度改善はゲームをしていてすごく効果を感じますね。

ドラゴンクエスト11

次に、ドラゴンクエスト11です。冒険の記録から復帰するまでの時間はHDDは32秒かかってしまうところSSDなら15秒で復帰することができます。時間がかかると言われるルーラの移動もHHDが29秒なのに対しSSDは17秒とかなりのロード時間を短縮することが可能となっています。

PS4 Pro SSD HDD
タイトル画面表示まで 11秒 16秒
セーブから復帰まで 15秒 32秒
ルーラ 17秒 29秒

左がSSDに、右がHDDです。

モンスターハンターワールド(ベータ版)

モンスターハンターワールドもHDDとSSDでゲームのロード時間を計測してみました。モンハンワールドはクエスト出発から画面が切り替わるまでの時間が結構かかってしまい、HDDだと44秒かかるところSSDなら17秒でクエストに出ることが可能となっています。

PS4 Pro SSD HDD
タイトル画面から設定まで 7秒 9秒
クエスト出発から画面表示まで 17秒 44秒

左がSSDに、右がHDDです。

実際のロード時間を比較してみましたが、数値以上に体感速度が速くなっています。ロード時間が長いなーと思っているのであれば、SSDに換装することをマジでお勧めします。ビックリするくらい快適になります。

ファンの音も静かになる!

あと、意外だったのがPS4 ProのHDDをSSDに換装することでファンの音も静かになります。SSDはHDDと違い熱をあまり発しないので、PS4 Proのファンの回転数を抑えることができるのでしょうね。おそらく無印のPS4もHDDからSSDに換装することで同じようにファンの回転数を抑えることができるでしょう。

PS4 Proでゲームをしていると、本当にビックリするくらい爆音を立ててファンが回転すます。SSDに交換することで少しはファンの音を静かにすることができるので、かなり快適なゲーム環境になることは間違いないと思います。

まとめ

PS4・PS4 ProのHDDをSSDに換装するのは意外と簡単なので、少しでも快適にゲームを楽しみたいという方は挑戦してみてもいいのかなと思います。1TBのSSDはまだ高いので

500GBあたりのSSDなら17000円ほどで購入することができるのでいいかもしれませんね。もし、ゲーム容量が大きくなってきたとしても、PS4は外付けのHDDに対応しているので取り外したHDDを使ってあまり遊ばないゲームデータを移動させてみるのもいいでしょう。

1TB以上のSSDがあれば数多くのゲームをインストールする事ができます。

PS4 Proは無印PS4よりもファンの音がうるさいのがデメリットでしたが、SSDに換装することで、そのデメリットをある程度は解消することができるので、お勧めです。いずれ、PS4 ProのSSDモデルが登場してもいいんじゃないのかなーとも思いますけどね。