シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

【モンスターハンターワールド】PS4 ProとPS4の画質とフレームレートを比較!3つのグラフィックモードの違いについても!

モンハンがPS4で「モンスターハンター:ワールド(MHW)」が2018年1月26日に発売が開始されますが、PlayStation Plusに加入しているユーザーに対してテストベータ版が配信されています。僕も早速ダウンロードして遊んでみているのですが、PS4 Proは解像度優先モード・フレームレート優先モード・グラフィック優先モードの3つの画質が用意されています。

ということで、PS4 Proと無印のPS4で画質がどう違うのかを比較してみました!

 

モンハンワールド PS4 Pro vs PS4

モンハンワールド、PS4 ProとPS4で画質がどう違うのか比較

モンスターハンターは元々はソニーのPS2やPSPでリリースされたタイトルでPSPをメインにリリースされたタイトルでしたが、任天堂のWiiと3DSがヒットしてからは3DSにメインシリーズをリリースしていました。そんなモンハンですが、ついにPS4で正統派シリーズのモンスターハンター:ワールドが登場することになります。

PS4ならでは綺麗なグラフィックスに様々な地形を持ったエリアをシームレスに繋がっているのが特徴となっています。

モンハンワールドはPS4で遊ぶことが出来ますが上位モデルのPS4 Proにもちろん対応をしており4K/HDRでモンスターハンターの世界を堪能することが出来ます。

今まで3DSでモヤモヤしていた方はずっとこんなモンハンを待っていたんじゃないでしょうかね。

PS4 Proは3つの画質モード

モンハンワールドをPS4 Proで起動すると解像度優先モード・フレームレート優先モード・グラフィック優先モードの3つのモードから選択することができる様になっています。

20171211132846j:plain

カプコンが公表している各モードの違いは以下の通り。

  • 解像度優先:描画解像度を優先してより高精細な表示に
  • フレームレート優先:動作フレームレートを優先しキャラクターの動きがよりスムーズに
  • グラフィックス優先:グラフィックスを優先して配置物の量や影などの品質が向上

解像度優先は4K出力で4Kテレビに接続することで4K画質でモンハンワールドを楽しむことが出来ることは間違いないでしょう。

フレームレート優先は解像度を落とすことでフレームレートを向上させてキャラクターを滑らかに動かしているようです。以下のスクリーンショットの画像でフレームレート優先の方が解像度優先よりも解像度が落ちている(竹の葉っぱの部分や毛皮の部分)ことが分かります。PS4よりも解像感が高くなっているので2Kまでは落ちていないみたいですね。

20171211180631j:plain

グラフィック優先は配置物や影が増えているということですがキャラクターの着ている素材の質感も向上しているのが分かりますね。

実際に4Kテレビに出力して比較

実際にディスプレイに表示させてみると、PS4 Proの各モードとPS4でかなり見え方が違います。スクリーンショットではPS4 Proの解像度優先とフレームレート優先・グラフィック優先の違いはさほど見分けることが出来ませんが、4Kモニターに表示させるとかなり異なります。

以下の画像はモニターの画面をミラーレフカメラ(FUJIFILM X-T2)で撮影したものです。

20171211135717j:plain

モンハンワールドのタイトル画面の一部分を拡大してみると、解像度優先だとロゴの輪郭が綺麗に表示できているのに対して、フレームレート優先とグラフィック優先だと少しだけ滲んでいるように見えます。

20171211180710j:plain

また、PS4だと素のフルHD(2K)出力なのでドットがはっきりと確認することができます。

タイトル画面の下にいる魚の部分を拡大してみます。こちらも解像度優先だと草の葉がはっきりと表現できているのに対してフレームレート優先・グラフィック優先はぼやけた感じになっていますね。

20171211180728j:plain

オーラを発している受付嬢です。

20171211180756j:plain

なぜか解像度の一番低いPS4の方が可愛く見えてしまう。誤魔化しきくと可愛く見えてしまう理論なのかな。

オトモ。カメラで撮影しているので解像度優先の画像がちょっと汚くなってしまいましたが、実際はドットが滑らかで高精細に表示されており、フレームレート優先とグラフィック優先はぼやけた感じになっています。

20171211180812j:plain

てっきりPS4 Proの解像度優先は4Kでフレームレート優先とグラフィック優先は2Kで表示されているのだと思っていましたが実際は違っていて、レンダリングはどのモードも4Kで行われ(スクリーンショット)、出力に段階で解像度を落とすことでフレームレートを向上させたり、質感を向上させたりしているのかもしれませんね。

パッと見た感じフレームレート・グラフィック優先は2K画質のものアンチエイリアスをかけて滑らかに表示させているように見えます。

動画を撮影してみました。

解像度優先モード(PS4 Pro)

1080p60で撮影しているので4K解像度ではありませんが、まあ綺麗です。

モンハンワールドのフレームレートは可変30fpsで動作することが明らかになっていますが、解像度優先モードでも通常時は30fpsで動作している様に見えますね。たまーに処理落ちして20fpsくらいに落ちるかんじでしょうか。

フレームレート優先モード(PS4 Pro)

確かにキャラクターや背景の動きが滑らかの様に見えますね。流石に60fpsはないと思いますが40fps〜50fpsは出ている様に見えます。

グラフィック優先モード(PS4 Pro)

質感が向上している...らしいですが、正直見比べないとよく分かりません。飛んでいる鳥の数とかも多いのかな?

PS4

PS4だとフルHD(2K)画質になってしまいフレームレートは可変30fpsとなります。でも、思っていた以上に滑らかに動作しているので安心しました。もっとカクカクになってしまうかと思っていたので。

最近の4Kテレビはかなり高機能でアップコンバート機能や倍速パネル・モーションフロー機能で解像感とフレームレートをテレビ側で向上させることが出来るので、PS4 ProじゃなくてもPS4でも十分かもしれませんね。

 

まとめ

以上のことを踏まえて簡単に各モードの違いをまとめるとこんな感じでしょうか。

  • 解像度優先:4K画質でフレームレートは可変30fps ▶︎ 4Kテレビに接続するならこのモード
  • フレームレート優先:2K画質(アンチエイリアス付き)でフレームレートは40〜50fps ▶︎ フルHDテレビに接続するならこのモード
  • グラフィックス優先:2K画質(アンチエイリアス付き)でフレームレートは可変30fps ▶︎ 4Kテレビに接続してテレビ側の設定(4Kアップコンバート・モーションフロー)で高画質化するならこのモード
  • PS4:2K画質でフレームレートは可変30fps ▶︎ お金をあまり掛けたくないなら

モンハン遊ぶためにPS4 ProとPS4のどちらを購入するべきか迷っている方も多いかと思いますが、最新のモンハンワールドの世界をガッツリを楽しむのであればPS4 Proの一択だと思います。

4KテレビではなくフルHDテレビを持っているという人でもPS4 Proならフレームレートを向上させたり質感を向上させることが出来るので、より快適に遊ぶことが出来ると思います。

ちなみに同梱版モデルの「PlayStation 4 Pro MONSTER HUNTER: WORLD LIOLAEUS EDITION」がPS4 Proとなっています。

つまり、モンハンワールドはPS4 Proで遊ぶことを推奨している。ということになりますね。オリジナルデザインでカッコいいね。なお、PS4 ProとPS4を単体で購入すると現在「New みんなのGOLF」のダウンロード版が付いてきます。

PS4は本体価格がかなり安くなりましたよね。

モンハンワールドは2018年1月26日に発売されます!楽しみに待ちましょう!

追記:PS4 Pro推しなのかと思っていましたが、PS4の同梱版もリリースされることが明らかになりました。確かに実際にPS4でプレイしてみても普通に遊ぶことはできるので十分なのかもしれません。

PS4とモンハンワールドの同梱版は縦置きスタンド付きということで、ちょっとお得といってもいいかもしれませんね。何よりもパッケージがカッコいい。