シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

13インチMacBook ProのTouch Barは必要?有り無しどっちを買うべきか比較してみた!

MacBook Proは2016年モデルから指紋認証Touch IDを内蔵したTouch Bar搭載モデルがあり、Touch Barありモデル・なしモデルのどちかを選ぶ事ができます。当然ながらTouch ID・Touch Bar搭載を搭載していないモデルの方が安いです。

では、13インチMacBook ProのTouch Barあり・なし、どちらのモデルを選ぶべきなのか?僕はTouch Barなしの13インチMacBook ProとTouch Barありの15インチMacBook Proを所持しているので、双方のメリット・デメリットを書いていきたいと思います。

 

13インチMacBook Pro

MacBook Pro タッチバーありモデル vs なしモデル

Touch Bar(タッチバー)とは

MacBook Proは2016年に筐体が刷新され15インチモデルと13インチの上位モデルにファンクションキー部分にTouch IDを内蔵したTouch Barが搭載されました。

Touch Bar あり・なし

Touch Barは使っているアプリによって表示が変化し、様々な機能のショートカットキーを割り当てる事で新しい使い方ができるようになっています。これが使いやすいかどうかは疑問を感じます。

しかし、Touch Barに搭載されている指紋認証のTouch IDは間違いなく便利です。指先一つでiPhoneと同じように画面ロック解除をすることができますし、Apple Payの決済も指先一つで行う事ができます。

Touch Barはあった方がいいのか。なくてもいいのか。結論を先に書くと、僕は13インチMacBook Proを買う人がいたらTouch Barなしモデルをおすすめします。その理由について説明していきますね。

スペックの違い

13インチMacBook ProはTouch Barの有無で内部スペックが異なります。(以下の表は256GBモデルで比較。)

  13インチMacBook Pro 2017
Touch Bar なし なし
CPU 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.6GHz) 3.1GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
GPU Intel Iris Plus Graphics 640(64MB eDRAM) Intel Iris Plus Graphics 650(64MB eDRAM)
RAM 8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
(16GBに変更可能)
ストレージ 256GB PCIeベースオンボードSSD
(512GBまたは1TB SSDに変更可能)
外部ポート 2つのThunderbolt 3(USB-C)ポート 4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
バッテリー 54.5Whリチウムポリマーバッテリー 49.2Whリチウムポリマーバッテリー
価格 164,800円 198,800円

USB-Cポートの数の違い

大きな違いは外部ポートのUSB-CがTouch Barありモデルは4つ搭載されていますが、Touch Barなしモデルは2つしか搭載されていないという点でしょうか。

ポートが絶対に4つ必要なのであればTouch Barありモデルを購入した方が良いですが、CPUの性能もTouch Barありモデルの方が高性能であるということも注目しましょう。

CPUの違いによるバッテリー駆動時間

ん、CPUの性能がいいんだったらTouch Barありモデルの良いだろうって?

確かに処理性能だけに着目するのであればそうかもしれません。しかし、バッテリー持ちに注目するとTouch Barなしモデルの方が良いという答えが導かれることになります。

13インチMacBook Proに搭載されているCPUはIntelのCore i5プロセッサですが、Touch Barなしモデルとありモデルでは型式、クロック周波数なども異なります。

  13インチMacBook Pro 2017
Touch Bar なし あり
プロセッサ型式 Intel Core i5-7360U Intel Core i5-7267U
クロック周波数 2.3GHz(Turbo Boost使用時最大3.6GHz) 3.1GHz(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
キャッシュ 4MB
内蔵GPU Intel Iris Plus Graphics 640(64MB eDRAM) Intel Iris Plus Graphics 650(64MB eDRAM)
TDP 15W 28W

Touch BarありモデルのCPU(Core i5-7267U)の方がクロック周波数が高いので高速処理をしてくれることは間違いないでしょう。しかし、TDP(熱設計電力)がTouch barなしモデルのCore i5-7360Uが15Wなのに対しCore i5-7267Uは28Wと倍近い電力設計になっているのです。

さらにバッテリー容量がTouch Barありモデルが49.2Wh、Touch Barなしモデルは54.5Whと少しだけ容量が大きくなっています。つまり、Touch Barなしモデルの方がバッテリーの持ちが良いということになります。

2016年モデルのデータですが、両モデルの駆動時間を計測したベンチマークスコアがArs Technicaによって公開されています。

20180122130905j:plain

Touch Barありモデルは781分、Touch Barなしモデルは961分というスコアが出ており、Touch Barなしモデルの方が180分も長く使う事ができるという結果に。

13インチMacBook Proは外で使うモバイル機として購入する方が多いのかなと思いますが、個人的には外での作業においては処理速度よりもバッテリー駆動時間を優先させたいという思いが強いです。

ちなみに、Geekbench MacのCPUスコアを確認してみるとTouch Barありモデル(Core i5-7267U)よりもTouch Barなしモデル(Core i5-7360U)の方が性能が良いみたいです。

  13インチMacBook Pro 2017
Touch Bar なし あり
プロセッサ型式 Intel Core i5-7360U Intel Core i5-7267U
シングルコア 4304 4209
マルチコア 9122 8890
TDP 15W 28W

同じ世代のプロセッサでクロック周波数が低い方が性能が高いってどうなってるんだ。

 

そもそもTouch Barがいらない

これを言っちゃおしまいなんですがTouch Barは必要ないです。今まで使って役に立ったと思った事が一度もありません。例えば、表計算アプリのNumbersでは書式設定などをタッチバーからすることができますが、目線をキーボード上に落とさないとタッチすることは難しいです。

Touch Bar

これなら普通に画面を見てマウスやトラックパッドを使ってカーソルで書式設定をした方が作業的にも速いです。

確かに指紋認証のTouch Barは便利です。でもTouch Barはいりません。2018年モデルでは是非とも15インチともにファンクションキーに戻して電源ボタンだけをTouch IDにするのがベストなのかなと思っています。

Apple WatchがあればTouch IDもいらない

僕はApple Watchを1日中装着しています。Apple WatchがあればMacBook Proを開いただけで画面ロックの解除をしてくれます。

Apple WatchでMacのロック解除をする

指先どころか蓋を開くだけでロック解除できてしまう。Touch IDもいらないじゃん。結論。13インチMacBook ProはTouch Barなしモデルを購入すべし。価格が安くてバッテリー持ちも良い。という答えが導かれることになります。

まとめ

僕がTouch Barなしモデルを推奨しているのはあくまでApple Watchを使っている事(Apple Watchなくても推奨してるけど)、モバイル機として持ち運びをして電源がないところで作業することを前提としていますがTouch IDが絶対に必要ならTouch Barありモデルを購入した方がいいでしょう。

CPUの性能差については誤差範囲だと思います。2台並べて処理時間を計測しないとその差は分からないとレベルだと思います。でも、バッテリー持ちが良いのは実作業にかなり関係してくる部分だと思うので魅力的だと思うんですよね。

実際にTouch Barなしの13インチMacBook Proはフル充電から9時間くらいは動かす事ができます。Touch Barありの15インチMacBook Proは使い方に大きく左右されるけど6時間くらいしか持ちません。

価格はTouch BarなしモデルはTouch Barありモデルよりも34,000円も安いです。浮いたお金をメモリ増設に使った方がいいでしょう。8GBから16GBに22,000円でグレードアップする事ができますし、メモリ増設した方が処理速度は上がり、快適になること間違いなしです。

RAMを16GBに増設するにはApple公式サイトからカスタマイズする必要があります。