シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBook Proが充電できない時に試した対処法とAppleに修理を出す方法!

メインで使用している15インチMacBook Pro(2016)が突然、充電ができなくなってしまいました。しっかりと電源アダプタから伸びているUSB-CケーブルをUSB-Cポートに接続しているのですが...

MacBook Pro 2016 電源

macOSの上部メニューバーに表示されているバッテリーアイコンの部分に「バッテリーは充電できません」と謎の警告が表示されてしまいます...。

MacBook バッテリーは充電できません

このようにMacBookやMacBook Pro、MacBook Airが突然充電ができなくなってしまう現象は稀に発生するようですね。ということで、もしMacBookやMacBook Proが充電することができなくなってしまった時の対処法について書いていきたいと思います。

 

MacBookが充電できなくなった時の対処法

充電することができないのでバッテリー残量が減っていくので、早めに以下の対処をして効果がないようであれば、早急に必要なデータのバックアップをしておきましょう。放電しきってしまうと何もできなくなってしまうので...。

以下の方法は実際にAppleのサポートに電話をして聞いた対処法も含まれています。修理を出す前に以下の方法を試してくれと言われますので、電話越しでの対処が面倒くさい場合はサポートに電話をする前に、試した方が早く修理をする時の手続きが速くなると思います。

電源アダプタを取り外して十数秒待ってから接続する

電源アダプタが何からの不具合を起こしている可能性も考えられるため、電源アダプタをコンセントから取り外して、数秒から十数秒ほど待ってから再びMacBookやMacBook Proに接続してみましょう。

充電が開始される場合があります。

延長コードではなく壁コンセントから電源を取る

MacBookやMacBook Proの充電を延長コードから取っている場合は壁のコンセントに直接接続してみましょう。

MacBook Pro 充電アダプタ

一時的に充電ができていてもその後充電が出来なくなってしまう場合は、コンセントから電源アダプタを抜いて30秒ほど待ってから再び差し込みます。

もし、充電をし始めた場合、コンセントから入り込むラインノイズ (信号の浮遊容量や電磁波に起因する障害) による問題の可能性があるよ可能性があるようです。電源アダプタは内蔵の過電圧保護機能がコンセントからのラインノイズを検知すると自動的に停止する仕組みになっているため冷蔵庫などノイズの出やすい家電と同じ延長タップを利用するとこのような現象が起きるようです。

別の電源アダプタを使ってみる(別のMacBookがある場合)

もし、もう一台MacBookやMacBook Proを所持している場合、そちらで使用している電源アダプタと充電ケーブル(USB-C)を使用してみましょう。もし、違う電源アダプタで充電した時に充電することができたら、充電できない要因は電源アダプタ側にあるということになります。

 

SMC(システム管理コントローラ)をリセットする

Macのハードウェア機能を制御しているSMC(システム管理コントローラ)をリセットすることで、充電をすることができるようになる可能性があるので、試してみましょう。

2008年以前のバッテリーを取り外すことができるMacBookと2009年以降のバッテリーを取り外すことができないMacBookとではSMCのリセット方法が若干異なりますが、今回はバッテリーを取り外すことができないタイプの方法を紹介します。

  • Macのシステムを終了する
  • キーボードの「shift + control + option」を押しながら電源ボタンを10秒間押し続ける(Touch Bar搭載モデルはTouch IDのボタンを押す)
  • すべてのキーを放す
  • 電源ボタンを押して電源を入れる

これでSMCのリセットをすることができます。

NVRAM・PRAMをリセットする

Macの設定情報を記憶しておく小容量のメモリNVRAM/PRAMをリセットすることで現象が改善する可能性もあります。

  • Macを終了する
  • 電源ボタンを押して電源を入れる
  • すぐに「option + command + P + R」の4つのキーを同時に押し、20 秒ほどそのまま押し続ける
  • Macが自動的に再起動したらキーを離す

以上でNVRAM/PRAMのリセットが完了です。

それでも改善しないなら修理に出そう

上記の方法を試してみてもMacBookまたはMacBook Proの充電をすることができない場合は、故障している可能性が高いのでAppleのサポートに連絡をして修理手続きをしましょう。近所にApple StoreのGenius Barに持ち込むのもいいと思います。

なお、購入から1年以内であればこのような故障であれば無償で修理することができます。保証状況の確認は「保証状況とサービス期間を確認する」からデバイスのシリアル番号を入力することで確認することができます。

20170907104453j:plain

なお、AppleCare+ for Macに加入していれば購入から3年まで保証を受けることができるようになります。AppleCare+ for Macは購入から30日以内であれば追加することができます。

Appleのサイトから修理手続きをする

ちなみに、僕が住んでいる地域にはApple Storeはないので配送による修理手続きをしました。Apple製品の修理の申し込みはこちらのサイトから手続きをすることができます。

20170907101259j:plain

該当している製品を選択し、問題となっている症状を選択します。

20170907101518j:plain

Apple Storeに直接持ち込む場合は「持ち込み修理」を選択して予約をします。今回は配送修理にしたいので「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選択しました。

20170907101907j:plain

修理したいデバイスのシリアル番号を入力します。シリアル番号はMacBookやMacBook Proの場合は裏蓋に小さく記載されているので、その英数字を入力していきましょう。

20170907102012j:plain

名前、メールアドレス、電話番号を入力します。

20170907102320j:plain

手続きが終わるとAppleから電話が掛かってきます。ガイダンスに従って操作をしてアドバイザーと繋がるのでどんな症状なのかを伝えましょう。

充電ができない症状の場合は「電源アダプタを延長コードから壁のコンセントに差し替えてみる」「SMSリセットをする」「MVRAMをリセットする」をしてみて欲しいとアドバイスを受けることになりますが、すでに試してみたから修理して欲しいと言えば時間を短縮することができると思います。

アドバイザーに配送での修理をしたいこと、氏名、住所、連絡先を伝えることで修理手続きが完了します。登録したメールアドレスに「修理のお申し込み完了のお知らせ」が受信します。

20170907103055j:plain

なお、修理状況はリアルタイムで確認することができます。

ヤマト運輸に修理するデバイスを渡す

手続きした翌日にヤマト運輸が修理するデバイスを取りに来てくれます。こんなダンボールを渡されるので...

Apple 配送修理 段ボール

点線に合わせてビニールの中にMacBook Proを入れます。

Apple 配送修理

この状態でヤマト運輸のお兄さんに渡せば専用の段ボールの中にきちんと梱包してくれます。あとは修理されて戻ってくるのを待つだけとなります。なお、配送料はApple持ちとなっているので安心してください。

修理期間について

症状にもよると思いますが、充電することができない現象はめちゃくちゃ速かったです。

20170907103652j:plain

9月5日の午前中にヤマト運輸にMacBook Proを渡して、翌日にAppleの修理センターに到着、その日のうちに修理が完了し発送されました。

  • 9/4 修理依頼
  • 9/5 デバイスを配送
  • 9/6 修理完了 → 発送完了
  • 9/7 手元にデバイスが戻って来た!

3日で戻って来ました。しかも一歩も家に出ることなく。

MacBook Pro 修理して返却

不具合の原因が書かれた報告書も同封されています。今回はロジックボードの故障によって充電ができなくなったようで、ロジックボードを全て交換したそうです。うん、ちゃんと充電ができるようになりました。

修理完了後 MacBook pro

ロジックボードが新品になったということは中身はほぼ新品になったということですよね。なんとなく気持ちが良いですね。ただ、中身はクリーンインストールされてしまったのでデータは全て消失してしまいましたが...。まあ、大事なデータだけはちゃんと別で保存してあったから良かったですけど。

いつも思うけどAppleの修理サポートって凄いと思います。なので、近所にApple Storeがなくても安心してApple製品を購入することができるのです。とにかく何かがあったらサポートに電話して、なんでも聞いてみましょう!