シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Macを売却する前にmacOSを初期化してクリーンインストール・復元をする3つの方法

Macを買い替えをしてもともと使っていた古くなったMacを売却・譲渡することもあると思います。その前にやらなければ作業としてmacOSを初期化(クリーンインストール)する必要があります。

この記事ではMacOSを初期化して復元する方法を紹介します。macOS Sierra 10.12.4以降、初期化する方法が増えているので確認しておきましょうね。

 

Macを売却する前に初期化して復元する方法

初期化する前に各アプリの認証を解除する

クリーンインストールの場合は認証を解除しなくても特に不具合は起きないようですが、AppleはiTunesとiCloudとiMessageの認証を解除することをお勧めしています。

iTunesの認証解除

まず最初にiTunesの認証解除をします。iTunesを起動し「アカウント」 →「認証」→「このコンピュータの認証を解除」を選択すると認証を解除することができます。

iTunesの認証解除

「Macを探す」をオフする

「環境設定」→「iCloud」の「Macを探す」をオフにします。この時にApple IDのパスワードが必要となります。

「Macを探す」をオフ

iCloudからサインアウトする

そして、iCloudをサインアウトします。「環境設定」→「iCloud」の「サインアウト」を選択します。

iCloudからサインアウト

iMessageからサインアウトする

OS X Mountain Lion 以降の場合はiMassageからもサインアウトします。「メッセージ」を起動し「メッセージ」→「環境設定」→「アカウント」から「サインアウト」します。

iMessageからサインアウト

Apple IDの管理からデバイスを削除

ブラウザからApple IDの管理画面にアクセスして登録されている「デバイス」から売却する予定のMacを削除します。

Apple IDからデバイスを削除

これで準備が整いました。Macの初期化をしていきましょう。

macOSを初期化・復元する3つの方法

macOSの初期化・復元は、macOS Sierra 10.12.3以前とmacOS Sierra 10.12.4以降で方法が異なるので注意が必要です。

macOS Sierra 10.12.3以前

command + R + 電源ON SSDのリカバリー領域に保存しているデータを使った現在のバージョンのmacOSをインストール
option + command + R + 電源ON インターネット経由でプリインストール(工場出荷)されていたバージョン、またはそのバージョンに一番近いmacOSをインストール

macOS Sierra 10.12.4以降

command + R + 電源ON SSDのリカバリー領域に保存しているデータを使って現在インストールされているバージョンのmacOSを再インストール
option + command + R + 電源ON インターネット経由で最新バージョンのmacOSを再インストール
shift + option + command + R + 電源ON インターネット経由でプリインストール(工場出荷)されていたバージョン、またはそのバージョンに一番近いmacOSを再インストール

工場出荷時のOSを再インストールして初期化したい場合は今までは「option + command + R + 電源ON」でしたがmacOS Sierra 10.12.4以降は「shift + option + command + R + 電源ON」になります。

新しく追加された「option + command + R + 電源ON」は、古いバージョンのmacOSのMacを初期化する時に最新バージョンのmacOSをインストールすることができるオプションで後でアップデートすることなく最新バージョンにアップデートすることができるようになっています。

実際にmacOS Sierra 10.12.5がインストールされていたMacBook Proを初期化・復元してみました。

 

初期化して現在のバージョンを再インストール(command + R + 電源ON)

「command + R 」を押しながら電源をONにします。

command + R + 電源ON

しばらくするとAppleマークが表示されます。

リカバリー起動画面

macOSユーティリティが起動するので、「ディスクユーティリティ」を選択して、OSがインストールされているストレージを選択し「消去」からストレージを綺麗さっぱり全消去していきます。

ディスクユーティリティ SSDの全消去

名前は「Macintosh HD」など(なんでもいい)と入力し、フォーマットは「Mac OS Extended(Journaled)」を選択し「消去」します。

Mac OS Extended(Journaled)でフォーマット

全消去したらディスクユーティリティを「終了」し「macOSを再インストール」を選択し「続ける」をクリックします。

macOSを再インストール

macOSのインストールを「続ける」で再インストールが完了します。

macOSを再インストールを開始する

途中でWi-Fiの設定を求められます。

初期化して購入時にプリインストールされていたバージョンを再インストール(shift + command + R + 電源ON)

「shift + option + command + R 」を押しながら電源をONにします。

shift + option + command + R

左手がつりそうになるので気を付けましょう...。

先ほどと異なり地球のマークが表示されインターネットリカバリーが開始します。

インターネットリカバリー 起動画面

しばらく待つと、OS X ユーティリティが表示されます。このMacBook Proは2013年モデルでプリインストールされていたOSがOS X Mavericks 10.9だったのです。2015年モデル以前のMacはOS Xユーティリティ、2016年モデル以降はmacOSユーティリティとなっているはずです。

OS Xユーティリティ

上と同じように「ディスクユーティリティ」からストレージを全消去してから「OS Xを再インストール」することで購入時のOSを再インストールすることができます。

20170621133938j:plain

なお、インターネットリカバリーとなるのでインターネット通信ができる環境での作業となります。購入時のOS X Mavericksが再インストールされました。

20170621134234j:plain

この画面、懐かしいですね〜。

初期化して最新バージョンを再インストール(command + R + 電源ON)

「option + command + R 」を押しながら電源をONにします。

option + command + R

実際に試していませんが、作業方法としては上の二つと同じように「ディスクユーティリティ」からストレージを全消去してから、「macOSを再インストール」することで最新バージョンのmacOSで復元することができます。

まとめ

macOS Sierra 10.12.4以降より2つから3つの復元方法をとることが出来るようになりましたが、通常はリカバリー領域を使用した「command + R」を押しながら起動する方法が早くてベターかなと思います。

command + R + 電源ON SSDのリカバリー領域に保存しているデータを使って現在インストールされているバージョンのmacOSを再インストール
option + command + R + 電源ON インターネット経由で最新バージョンのmacOSを再インストール
shift + option + command + R + 電源ON インターネット経由でプリインストール(工場出荷)されていたバージョン、またはそのバージョンに一番近いmacOSを再インストール

MacBookやiMacなどの初期化、復元はそう滅多に行うものではありませんが、売却や譲渡する以外でもOSの調子が悪くなった時にすることで、調子が良くなったりすることもあるので、Macの動作が遅くなってきたなと感じる時にも実行してみる価値があるでしょう。

ただ、その場合は初期化する前に必ずTime Machineなどでデータのバックアップを必ず取ってから、初期化・復元をしましょう。