シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone 8 実機レビュー!美しいガラスデザインにワイヤレス充電が便利すぎる!

ついにAppleから販売が開始されたiPhone 8ですが、今回は11月に発売されるiPhone Xを待つという人も多いのかもしれません。iPhone 8はデザインはiPhone 7を踏襲していますが、背面パネルがアルミ素材からガラス素材に変更されアンテナラインもさらに少なくなり、美しい輝きを放つボディに進化を果たしています。

そんなiPhone 8のシルバーモデルを手に入れたのでレビューしていきますね!

 

iPhone 8 実機レビュー

今回購入したiPhone 8は256GBのストレージ容量を搭載したシルバーモデルです。僕は基本的にiPhoneのカラーは指紋が目立たないシルバー系を選んでいます。ブラックモデルはカッコいいのですが、指紋が目立つのがちょっと嫌なんですよね。

ということで、今回はシルバーモデルを選んだわけですがiPhone8は背面のガラス部分が完全にホワイトになったのでシルバーモデルというよりもホワイトモデルと呼んだようがしっくりくる感じです。

iPhone 8 本体デザイン

触り心地はガラス素材になったことで非常に滑らかで高級感があり、カッコいいです。基本的なデザインはiPhone 6から変わっていませんが素材が変わるとここまで印象が変わるのかと驚いてしまいますね。

iPhone 8はサイドフレームに7000シリーズのアルミニウムが採用されており、背面パネルに採用されたガラスがスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性の高いガラスとなっていることがAppleが公式で発表しています。

また、ガラス部分の塗装にかなりのこだわりがあるようで、7層のカラープロセスを使用することで正確な色調と不透明度を実現、深みのある色を再現しているとのこと。確かに、上質は雰囲気を醸し出していますね。

iPhone 8 アルミとガラス

丸みを帯びた2.5Dガラスなので手でiPhone8を握った時に手にフィットして持ちやすくなっていますね。アルミ素材のiPhone7と比較しても滑りにくくなっているので、落としてしまうことも減るかもしれません。まあ、落としたらガラスが割れてしまうと思いますけど。

パッケージと付属品

iPhone 8のパッケージは本体背面部分の画像が使用されています。

iPhone 8 パッケージ

蓋を開けると本体ではなく説明書やステッカーなどが入っている「Designed by Apple in California」がお披露目。

iPhone 8の箱を開ける

iPhone 6sまでは箱を開けるとすぐに本体がドンと置かれていましたが、前モデルのiPhone 7からこのような仕様に変更されています。箱を開いて本体を落としてしまう人でもいたのでしょうかね...。

簡易説明書、SIMカードスロットを開けるためのピン、Appleのロゴステッカーなどが入っています。

iPhone8 付属品

Designed by Apple in CaliforniaとiPhone 8本体の下にEarPods with Lightning Connector、Apple 5W USB電源アダプタなどが入っています。

iPhone8 電源コネクタやケーブル

EarPodsのケースの裏側にLightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタがあります。

EarPods with Lightning Connector

これは3.5mmのヘッドフォンジャックとlighteningコネクタを変換するアダプタとなっており、iPhone 7から標準搭載されていますね。

iPhone 8の本体デザイン

正面から見るとiPhone 8なのかiPhone 7なのか判別することはほぼできないですね。手で持つと感触が完全に違うので判別することができます。

正面のデザイン

タッチセンサー式のTouch ID内蔵のホームボタンは健在です。充電ポートは引き続きLighteningが採用されておりUSB-Cではありません。ただし、USB-Cの急速充電機能に対応しているので、MacBookに使用されている充電アダプタ(29W USB-C電源アダプタ)とUSB‑C - Lightningケーブルを使用することで30分で50%の充電をすることができるようになっています。

ホームボタン

個人的にはUSB-Cに統一して欲しいところですが、iPhoneはユーザー数が圧倒的に多いので普及してしまったLighteningケーブルはそう簡単に切り捨てることはできないのかもしれません。(じゃあ、ヘッドフォンジャックを切り捨てたのは何故なんだとなってしまいますが。)

本体左側に音量ボタンとミュートスイッチがいつも通り搭載されています。サイド部分に唯一のアンテナラインが入っているのが分かります。

iPhone8 ボリュームボタン

iPhone 8はサイドの上下4箇所にアンテナラインが入っているだ毛なので、非常にシンプルなデザインに仕上がっています。

20170922173539j:plain

本体右側に電源ボタン、SIMカードスロットが搭載されています。

SIMカードスロット

付属のピンを使用することでSIMカードスロットを開けることができます。SIMカードはnanoSIMが採用されています。

iPhone8 nanoSIM

iSight(背面)カメラは相変わらず出っ張りレンズを採用。レンズの周囲はアルミ素材で出来ていると思われる金属リングで覆われています。

iPhone8 カメラレンズ

クアッドLEDのTrur Toneフラッシュを搭載しているので、夜間でも綺麗な写真を撮影することができると思います。

背面カメラの画質について

iSight(背面)カメラは1200万画素のイメージセンサーとf/1.8の明るいレンズ、光学式手ぶれ補正機能を搭載しています。

スペック上はiPhone 7と全く同じですが、iPhone 8は高速化された新型の1200万画素のイメージセンサーを搭載し、カラーフィルタも皆おなされA/D変換時の色深度がより深くなっています。また、画像エンジンとなるISPも新しくなりより鮮やかな色合いを実現しているそうです。

適当に撮った写真ですが、なかなか綺麗です。

20170922181313j:plain

今日のお昼に食べた味噌ラーメン。

20170922181353j:plain

iPhone 7と撮り比べをしたのですが、解像感はほぼ同じですが色合いが確実にiPhone 8の方が綺麗になっており、色合いが深くなっています。特に人肌の再現力が向上しているので、子供の写真やポートレートなどに適したカメラに仕上がっているように感じます。

ワイヤレス充電に対応している

iPhone 8は世界標準規格Qi(チー)のワイヤレス充電に対応しています。現時点でApple純正のワイヤレス充電器はありませんが、Amazonで購入したNANAMIのワイヤレス充電器を使ってみましたが、ちゃんと充電ができましたよ。

iPhone8 ワイヤレス充電

2,000円ほどの充電器なので本当に充電できるのか心配でしたがちゃんと充電でき大丈夫でした。充電器にそのままiPhone 8を乗せるだけで充電をすることができるので、ケーブルの抜き差しをする必要がなくとても便利ですね。

ただ、充電器を常に置いておかないといけないので狭い場所だと邪魔になってしまうので、普通にケーブルを使った方がいいように感じます。なお、充電スピードについても全く問題ありません。確かにLightningケーブル経由の方が充電は速いですが、思っていた以上に差はありませんでした。

 

自動セットアップ機能が便利すぎる

iPhone8の新機能ではなくiOS11の新機能となりますが、近くに利用しているiPhoneがあればそのiPhoneから設定の情報を自動的に送信して設定してくれる自動セットアップ機能がとても便利ですね。

左がiPhone 7で右がiPhone 8で、iPhone 8の電源を入れただけでiPhone 7が自動認識して「新しいiPhoneを設定」というウィンドウが表示されます。

20170922182827j:plain

iPhone 8の画面にApple Watchのようにイメージ画像が表示されるので、iPhone 7のカメラで読み取りペアリングをすると...

20170922182930j:plain

自動的にApple IDやWi-Fi、個人設定の情報など転送して設定してくれます。情報を転送している時は二つのiPhoneは近くに置いておく必要があるので注意をしましょう。

20170922183145j:plain

さらにiCloudバックアップもその場で最新のものに更新してiPhone 8に復元することができるので、めちゃくちゃ初期設定が楽に終えることができます。自動セットアップ機能はiOS11の新機能なので、そのほかのiPhoneやiPadでも利用することができるので、初期設定をする機会があるなら試してみてください。

まとめ

とりあえずiPhone 8のファーストインプレッションとしてレビュー記事を書きました。

iPhone 7と比べてもさほど進化がないように見えるiPhone 8は確かにiPhone 7を持っているならわざわざ乗り換えしなくてもいいのかなと思いすが、デザインや性能がブラッシュアップされ洗練されたのは間違いないでしょう。

名称がiPhone 7sで良かったのではないかという声もありますが、背面パネルがアルミニウムからガラスに変わったことで雰囲気はだいぶ変わりましたし、iPhone 8で良かったのかなと思います。

また、今後iPhone 7と何がどう変わったのかも比較してみたいなと思っていますので参考にしていただけたらと思います!

iPhone 8 Plusのレビュー記事も書きましたので合わせてご覧ください!

iPhone8とiPhone7、iPhone6sの違いについて比較した記事もあります。