シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone・Apple Watchを同時充電できるOittm充電スタンドがオシャレで便利!配線が綺麗にまとめる事が可能!【レビュー】

Apple Watchの充電スタンドが欲しいなーと思っていたところ、OittmさんからApple WatchとiPhoneを同時充電する事ができるスタンドを提供していただきました!という事で、思っていた以上に素敵な充電スタンドだった「Oittm 多機能充電スタンド Apple Watch/iPhone/iPad充電スタンド」を紹介します!

 

Apple WatchとiPhoneに対応したOittmの充電スタンド レビュー

乱雑になりがちなApple Watchの充電

Apple Watchは基本的に付属の専用のワイヤレス充電器を使って充電をすることになりますが、本当にただ置くだけのシンプルなスタイルとなっています。これはこれでシンプルなのでとても良いと思います。

しかし、ポジションが定まらなずどうしても乱雑になってしまうのが悩みどころ。

Apple Watchは横にした状態で充電をするとナイトスタンドモードという時計を表示させることもできます。ちょっとした振動を感知して時計を表示してくれるので、充電をしている時でもパッと時間を確認できるのでとても重宝しています。

Apple Watch 3 スタンドモード

ただ、付属のワイヤレス充電器をそのまま横スタイルにしているのであまりにもチープですよね...。

素敵なiPhoneとApple Watchの充電スタンド

そこで、今回提供して頂いたOittm 多機能充電スタンド Apple Watch/iPhone/iPad充電スタンドの登場です。

箱と付属品

3,680円という価格の割にしっかりとした箱に入っていたのが好感を持つ事ができます。

Oittm iPhone・Apple Watch 充電スタンド

内容物はスタンド本体、電源ケーブル、iPhoneに受け金具。

20171106095659j:plain

そして、謎の付属品です。これらの付属品は組み立て時に使用するものとなっています。

20171106095738j:plain

組み立て

まずはiPhone側の配線をします。iPhoneのLightningケーブルを付属のアダプタにこのように配線します。

20171106095848j:plain

そしてスタンドに差し込みます。

20171106100011j:plain

Apple Watch側の配線も付属の丸いアダプタに純正のワイヤレス充電器を入れて、スタンドにこのように差し込みます。

20171106100125j:plain

次に付属のバンドを使って配線をまとめます。

20171106100245j:plain

スタンドの中に収まるように上手に指3本か4本を使って丸く配線をまとめましょう。もしかしたら、こーいう作業が苦手という方は苦労するかもですね。そして、配線を上手くまとめる事ができたらスタンドの内部にUSBポートが二つ搭載されているので接続します。

配線が完了したら、まとめたケーブルをこのように収めてスタンドの蓋をします。

20171106100511j:plain

iPhoneとApple Watchの充電ケーブルを充電スタンドの中に格納できるので、充電ケーブルだらけにならないのもとてもいいですね。また、Appleの純正のケーブルをそのまま使う事ができるので、安心できるのもOittmの充電スタンドの良い点と言えるかもしれません。

これでほぼ完成。

20171106100549j:plain

あとはiPhoneの受け金具を実際にiPhoneを置いた状態で角度を調整していきましょう。

20171106100632j:plain

これで組み立てが完了です。

20171106100702j:plain

あとは付属の電源ケーブルを本体裏にある端子に接続してコンセントに挿せばOKです。

20171106095119j:plain

あ、この充電スタンドは見ての通りUSB-Aポートを3つ搭載しているので、iPhoneとApple Watch以外の端末を最大3つまで接続する事ができるのも、なかなかいいですね。

iPhoneとApple Watchをオシャレに同時充電できる!

ということで、組み立てたOittmの充電スタンドにiPhone 8とApple Watch Series 3を同時充電をしてみます。

Oittm iPhone・Apple Watch 充電スタンドを使ってみる

うん、なかなかオシャレでカッコイイんじゃないでしょうか。iPhoneを充電しながらApple Watchも充電できて、Apple Watchはナイトスタンドモードにできるので時間の確認もバッチリできます。

今回、手にしたのはブラックモデルのスタンドなのでApple Watch 3とiPhone 8 Plusのスペースグレイモデルとの相性も抜群ですね。

Oittm iPhone・Apple Watch 充電スタンド ブラックモデル

iPhoneだけではなくiPad miniの充電にも対応しています。

Oittm iPhone・Apple Watch 充電スタンド iPad

Apple Wacthの充電スタンド部分が少しだけ前に出ているので、本体サイズが大きい9.7インチや10.5インチのiPad Proも同時充電する事ができます。ただ、Apple Watchのバンドが少しだけ邪魔になってしまうので、あくまでiPhoneを充電するのに使うのが適しているのかなと思いますね。

なお、付属のゴム製のアダプタを装着する事で...

20171106105943j:plain

ケースを使っていないiPhoneを接続する事ができます。

20171106110133j:plain

このアダプタを外すとケースを装着した状態でも問題なく充電をする事が可能。

20171106110225j:plain

ケースありでもなしでもしっかりと使う事ができるように考えられているので安心して使う事ができそうですね。

最大5台まで同時充電できる

「Oittm 多機能充電スタンド Apple Watch/iPhone/iPad充電スタンド」は定格出力は各ポート5V/1A(5W)で、最大で5V/2.4A(12W)の出力に対応しています。なのでiPad Proなどの容量の大きい端末の充電も難なくこなす事ができます。

20171106102512j:plain

この充電スタンドは全部で3つのポートとスタンド上のiPhoneとApple Watchの充電ポートがあり、合わせて5V/7A(35W)なので、5つの端末が同時に充電しているときは最大5V/1A(5W)になるのでしょうね。

スタンド以外にも3つの出力ができ、iPadなどのタブレットやAndroidのスマートフォンなども同時に充電をする事ができます。

20171106102435j:plain

このようにiPhone 8 PlusとApple Watch 3をスタンドで充電しながら、iPhone 8をワイヤレス充電し、AndroidのHUAWEI P10 Lite、Amazon Kindleを同時に充電することもできます。

最大5つの端末を充電可能なスタンド

通常は5つの充電アダプタが必要となるので電源タップがパンパンになってしまいますが、Oittmの充電スタンドなら電源コード一本で接続する事ができるので配線をとても綺麗にまとめる事ができるでしょう。

充電スタンドでコンセントがスッキリ

これだけでも充電スタンドを導入するメリットがありますよね。配線だらけだった足元がかなりスッキリしたのでよかったです。(一番下に挿さっている電源コードは足暖房のものです。)

まとめ

Apple WatchはiPhoneがないとペアリングして使う事ができないので、Apple Watchを使っている人は絶対にiPhoneを持っていて、さらにタブレットを同時に使っている人も多いかと思います。

使っている端末が多くなるとどうしても充電ケーブルで溢れかえってしまい乱雑になりがちです。そんな時に、このような充電スタンドを使うと机の上を整理する事ができます。

オススメです。