シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Apple Pencilで絵を描く以外の便利な使い方。手書きで文章作成やブログ更新もできる!

iPadとApple Pencil 絵を描くこと以外の便利な使い方

Appleが iPad(第6世代)をリリースしたことで、 Apple PencilがiPad Proではない無印のiPadでも使えるようになり、一気に敷居が低くなったように感します。これを機会にApple Pencilを初めて使ってみたという方も多いのではないでしょうか。

 

iPadとApple Pencilの組み合わせはイラストを描く人にとっては最高のデバイスといえるかもしれませんが、絵を書く習慣のない人や描けない人にとっては何が魅力なのか理解できないかもしれません。僕自身も絵を書く習慣がないので実際にApple Pencilを手にして何をしたらいいのかわからなかったというのが実情です。

しかし、iPadのApple Pencilはイラストを描くという作業以外にも使用用途はたくさんあるので、上手く利用す­ることでiPadをより快適に使うことができるようになると感じています。

ということで、僕がiPadとApple Pencilの利用方法で絵を描く以外で便利だと感じている使い方をいくつか紹介してみたいと思います。

絵を描くこと以外のApple Pencilの便利な使い方

画面のスクロールなど一般的な操作に使用する

Apple Pencilは文字の書いたり、絵を書くということ以外にも、指でスクロールをしたりするようにApple Pencilを使って画面をスクロールすることもできるようになっています。

Safariのブラウザ画面をApple Pencilを使ってスクロールをしたり、メールアプリを操作したり、地図アプリを使ったりと、基本的な操作をApple Pencilを使って行うことが可能となっています。

指紋が付かないで綺麗な画面を維持できる

別に指で操作をすればいいのではないかと思うかもしれませんが、僕のようなちょっとした潔癖症だと画面に指紋が付いてしまうのが嫌なんですよね。

そこで、Apple Pencilの出番です。Apple Pencilがあれば画面を直接触ることなくiPadを操作することができるのです。こんな感じで。

Apple Pencilで画面をスクロール

ただし、Apple Pencilを使って画面下からDockを呼び出したり画面横からウィンドウを呼び出すこ­とはできないので注意は必要です。マルチタスク作業をしたい時はApple Pencilの先を使ってホームボタ­ンを押すことでアプリチェンジャー機能を呼び出します。

iPhoneのホームボタンはタッチセンサー式ですがiPadのホームボタンは物理式なのでApple Penci のペン先を使うことでホームボタンを押すことができます。

iPadのホームボタンがiPhoneと同じタッチセンサー式、またはiPhone Xのようにホームボタンが廃止されてしまったら、画面を触るしか方法がなくなってしまいますが、現状はApple Pencilのペン先を使うことでマルチタスク作業をすることができます。

文字を手書きして文書作成をする

iPadアプリ「Nebo」で簡単に手書き文字をデジタル変換

iPad のアプリで Nebo という手書きした文字をデジタル文字(テキスト)に変換してくれる便利なアプリがありま­す。

手書きアプリ Nebo

Neboは手書き文字を高精度にテキスト変換をしてくれる凄いアプリなんです。

 

殴り書きしたとしてもきちんと文字を読み取ってくれるので、キー­ボードで文字入力をするのが苦手な人でもスピーディーに文書を作成することが可能になるのです。

リアルタイムに手書き文字をデジタル変換してくれる

使い方としては、Apple Pencilで文字を手書きするだけでリアルタイムにデジタル文字にテキスト変換をしてく­れます。

手書き文字をデジタル文字に変換

あまりにも汚い文字でアプリが読み取ることができなかったとしても、消しゴムツールを使って簡単に修正することができるので安心です。途中で文言を変えたいときも途中の文字を消して修正すればきちんと反映します。

最終的な変換は文字を書いている右上に表示されているメニューから「変換」 をタップすることで可能です。

Nebo 変換ボタン

このアプリは本当に凄いと思うんですよね。

デジタル文字に変換

キーボードによる文字入力をすることが苦手な人や、タイプス­ピードが遅くて困っているという人でも、文字さえ手書きすることができれば、Apple Pencilを使って文書作成を簡単にすることができるのです。

 

手書きでブログ記事を書くことができる

ちょっとブログをやってみたかったけどキーボード入力が遅いから諦めていたという人もこれを使えばブログの更新にチャレンジすることができますよね。

iPadとApple Pencil、そしてNebo を使って手書きで文章を書いて、テキスト変換して最後にデジタル化された文字をiOSのメモ帳に書き出せば、その文字データをそのままブログの投稿画面にペーストすることができるのです。

手書きから簡単にブログの書くことができるのはなかなか革新的なような気がしますね。古いようで新しい。ちなみに、この記事の文章は全てiPadとApple Pencilを使って手書きした文字をデジタル変換して作成したものになっていま­す。

僕はキーボード入力の方が慣れてしまっているので手書きの方が時間がかかってしまいましたが、最近は文字を書くことから離れてしまっていたので手書きでのブログ更新はなかなか新鮮でした。たまにはこういうブログ更新の仕­方もアリなのかなと感じます。

こんなに汚い字でも、きちんと認識してるのが凄い!

iPad 汚い字

久しぶりにペンを持って字を書くといつもと違う頭を使うのか妙に頭がスッキリするようにも感じます。僕の場合は手書きをすることで作業スピードが少し遅くなってしまいますがたまに違う環境でブログを書くのも気分転換になって良いかもしれません。

それに、パソコンで文字入力してると字を忘れてしまいがちですが、たまにApple Pencilを使ってブログ更新をしたら字を忘れるということはないのかなと。ボケ防止にも一役買うことになるのかもしれません。

無印のiPad(第6世代)でもApple Pencilを使うことができるようになりましたが、iPad Proとの違いは若干あります。こちらの記事で詳しい比較をしているので参考にしていただけたらと思います。