読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

低価格な新型iPadが登場!iPad AirをベースにA9チップを搭載したエントリーモデル!

低価格のiPad (2017)が登場!

Appleが新型「iPad (2017)」を正式に発表しましたね!予想はしていましたがMacBookシリーズ同様に「Air」の名称が外され「iPad」に原点回帰を果たしました。性能もアップしているのかなーと思っていたのですが、この新型のiPadはiPad Air 2よりも分厚くなってしまい、スペック表を見る限り性能も下がってしまっています。

まあ、価格も下がったのでエントリーモデルのiPadとしてはアリなのかもしれません。追記:Appleの技術仕様のページよりiPad(第5世代)が正式名称になるようです。

 

iPad(第5世代)の筐体はiPad Airがベースとなっているようです。iPad Air 2/Proではなく2世代前のiPad Airです。iPad Air 2/Proの厚さは6.1mmですがiPadは7.5mmとiPad Airと同じ厚みになってしまいました。

新型iPad

また、バッテリーの容量もiPad Air 2が27.3Whだったのに対しiPadはiPad Airと全く同じ32.4Whとなっており、iPad Air 2の後継機というよりもiPad Airをベースとしたモデルになっている事が分かります。

新型iPad(第5世代)とiPad Pro/Air2/Airのスペック比較

f:id:kazu-log:20170323193025j:plain

各iPadのスペックを比較してみました。

  iPad Pro iPad(第5世代) iPad Air 2 iPad Air
サイズ・解像度 9.7インチ 2,048 x 1,536ピクセル
耐指紋性撥油
コーティング
フルラミネーション
ディスプレイ
× ×
反射防止
コーティング
× ×
広色域ディスプレイ
(P3)
×
True Tone
ディスプレイ
×
耐指紋性撥油
コーティングイ
×
CPU A9X A9 A8X A7
RAM 2GB 2GB 2GB 1GB
ストレージ容量 32/128/256GB 32/128GB 32/128GB 16〜128GB
背面カメラ 1200万画素
ƒ/2.2のレンズ
Live Photos
True Toneフラッシュ
写真の広色域キャプチャ
Focus Pixels AF
4K動画撮影
800万画素
ƒ/2.4のレンズ
前面カメラ 500万画素
ƒ/2.2のレンズ Retina Flash
120万画素
ƒ/2.2のレンズ
指紋認証
Touch ID
×
スピーカー 4基 2基
バッテリー容量 27.5Wh 32.4Wh 27.3Wh 32.4Wh
電池駆動時間 最大10時間
高さ

厚さ
重量(Wi-Fiモデル)
240mm
169.5mm
6.1mm
437g
240mm
169.5mm
7.5mm
469g
240mm
169.5mm
6.1mm
437g
240mm
169.5mm
7.5mm
469g

フルラミネーションディスプレイ非搭載

新型iPadはカバーガラス、タッチセンサー、LCDが一つの部品になっているフルラミネーションディスプレイが非搭載となっています。フルラミネーションディスプレイは3つの層を一つに統合する事で乱反射を抑え反射の少ない画面に色鮮やかな画面を実現する技術です。

f:id:kazu-log:20170322104859j:plain

フルラミネーションディスプレイはLCDと保護カバーの隙間も狭く色合いもより鮮やかに表示されます。これが新型iPadには搭載されていません。他にも反射防止コーティングも施されていないので、外で使用する時はiPad Air2よりも画面が見づらいかもしれませんね。

プロセッサはA9チップ搭載へ

新型iPad(第5世代)はiPhone 6sに搭載されているA9チップが採用されました。A8XやA9Xはが画面の解像度の高いiPadのためのプロセッサとなっておりGPU部分が強化されたチップとなっていますが、新iPadではiPhoneで採用されている通常のチップが搭載されます。

世代はA9チップの方が新しいですが性能はA8Xよりも少し劣ってしまうようです。

Geekbench 4によるCPUの性能比較

iPad Air 2のA8Xはシングルコアが1783、マルチコアが4162となっていますが、iPhoneのA9チップはシングルコアが1759、マルチコアが2997となっています。

A9チップとA8XのCPU性能

追記:所持しているiPhone 6sの調子がおかしかったのか通常よりも低いスコアが記録されてしまっているようで、通常のA9チップはA8Xチップと同等レベルの性能となっています。

AntutuによるGPUの性能比較

AntutuのGPUのベンチマークスコアもiPad Air 2のA8Xは104857ですがiPhoneのA9チップは98104となっています。

A9チップとA8XのGPU性能

iPadに搭載されるA9チップのクロック数が不明なので、実際にどうなるかは実機を手にして見ないと分かりませんが基本的には新型のiPadの性能はiPad Air 2よりも低いということになるでしょう。

追記:所持しているiPhone 6sの調子がおかしいのか通常よりも低いスコアが記録されてしまっているようで、通常のA9チップはA8Xチップと同等レベルの性能を記録します。→ 実際にiPad(第5世代)を買ってCPUの性能を比較しましたので、こちらの記事をご覧ください。

Live Photosに非対応

iOSのカメラの機能としてお馴染みになりつつあり動く写真ことLive Photosですが、新型iPadでは撮影をする事ができません。

iPad Air 2と同じ800万画素のイメージセンサーを搭載しているので4K動画の撮影に対応していないのは仕方ないかもしれませんが、Live Photosの機能が省かれたのは少し謎な仕様ですね...。標準機能としてiPadにも対応させるべきだったのではないかと思ってしまいます。

 

価格が安くなった

新型iPad(第5世代)はiPad Air 2よりも価格が安くなり4万円を切る価格でiPadを購入する事ができるようになります。

容量 iPad(第5世代) iPad Air 2
32GB 37,800円 42,800円
128GB 48,800円 52,800円

これはiPad mini 4よりも安い価格設定になっています。

まとめ

12.9インチのiPad Proもモデルチェンジがあるのかなと期待していたのですが、まさかの9.7インチのiPadだけだったとは。ちょっと拍子抜けでしたね。価格は安くなったけどなんか微妙な新モデルになってしまいましたが5,000円高くてもいいからiPad Air 2の方が良かったんじゃないかなと思ってしまいます。

特に本体サイズが旧世代のiPad Airに逆戻りしてしまったのはかなり残念だなー。

他にiPhone 7/7 Plusに(PRODUCT)REDモデルが新色として追加されたり、iPhone SEが16GB/64GBから32GB/128GBに増量、Apple Watchに新バンドが登場するなどしています。その他にiPad mini 2と32GBのiPad mini 4の販売が終了しています。

なお、iPad(第5世代)は3月25日より販売が開始されました!

また、販売が終了したiPad Air 2が欲しいという人は定期的にApple品質認定の整備済の製品から販売される可能性があるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。iPad Proも整備済製品として販売していることもあります。

追記:iPad(第5世代)を購入したのでレビュー記事を書きました!