シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iOS11の新機能でiPadが大きく進化!マルチタスク操作が向上して便利になった!

AppleがリリースしたiOS11は、iPadの操作性を改善したバージョンとなっていますが、特にマルチタスクの画面がiOS10から大幅に刷新されており、これまで以上にアプリの切り替えやマルチタスキング、アプリ間のやりとりの操作性がよくなっています。ということで、iOS11をインストールしたiPadでのマルチタスキングの方法を紹介します!

 

iOS11 iPadのマルチタスクが便利!

iOS11とiPad Pro 10.5

新しくなったDockとApp Space

こちらがiOS11のiPadでのホーム画面です。見た目はさほど変わっていませんが、Dockのデザインが角丸のバーの中にアイコンが格納されるデザインに変更されており、常時置いておくことができるアプリが最大13個までとなり、最近使用したアプリは右側に表示されるようになりました。

iOS11 iPad 新しくなったDock

Dockを呼び出しApp Spaceからマルチタスクする

iOS11のDockはアプリを起動している時に画面下から上に少しだけスワイプすることでいつでも表示させることができます。

20170920095235g:plain

さらに画面下から上にスワイプする時にさらに上にスワイプすることApp Space(アプリスペース)というマルチタスク画面を起動させることができます。

20170920095351g:plain

Dockからアプリを切り替えたり、起動しているアプリ一覧から切り替えたり、アプリを終了したりと様々なマルチタスキングが可能となっています。

ホーム画面に戻ることなくDockを表示させてアプリの切り替えができるようになったのは本当に便利です。ホームボタンを押す必要が全くなくなった。なんか楽しくて無駄にマルチタスキングしてしまいます。

iOS11のApp Spaceは指一本で簡単に表示させることができ、さらに様々な操作をこの画面を通して行うことができるので、iOS史上でもっとも便利なマルチタスク画面といってもいいくらい最高な機能となっています。

コントロールセンターもApp Spaceに統一

App Space(アプリスペース)にはコントロールセンターも右側に表示されており、長押しをすることで詳細メニュー項目が拡大される仕様となっています。

20170920095535g:plain

コントロールセンターは「設定」→「コントロールセンター」からユーザーが自由にカスタマイズすることができるようになっています。

Slide Overの使い方

Slide Overは現在作業をしているアプリ上に縦長(幅1/3ほど)のウィンドウを表示させることができるiOS9から実装された機能ですね。もちろん、iOS11にもSlide Overを利用することができます。

起動方法が今までと異なっており、Dockを呼び出してアプリアイコンを画面の中央にドラッグ&ドロップすると起動することができます。

20170920095839g:plain

iOS10まではSlide Overを起動すると今まで操作していたアプリを操作することができなくなっていましたが、iOS11は両方のアプリを同時に操作することが可能となっています。

また、上部にあるバーを横にスライドすることでウィンドウの位置を左側に移動させることも可能となっています。(ウィンドウの中央サイド部分をスライドさせてもウィンドウを動かすことができます。)

どちらかに移動させることができるようになったのは非常に便利ですね。Slide Overのウィンドウは右にスワイプすることで非表示にすることができ、右端中央から左にスワイプすることで再び表示させることもできます。

 

Split View(2画面表示)の使い方

Split Viewは2画面同時にアプリを起動し操作することができる機能で起動方法は二つあります。

一つ目はSlide Overで起動しているアプリの上部バーを下にスライドさせることでSplit Viewに表示方法を変更することができます。

20170920100015g:plain

二つ目の方法はDockを呼び出して、アプリアイコンを画面の左右どちらかの隅にドラッグ&ドロップすることで、Split Viewで起動することができます。

20170918175147j:plain

アプリアイコンのドラッグ&ドロップの動作の違いをまとめるとこうなります。

  • 画面中央にドラッグ&ドロップ:Slide Overとして起動
  • 画面隅にドラッグ&ドロップ:Split Viewとして起動

この二つを覚えておくと、操作を間違えることはないのかなと思います。

左右の画面を入れ替えが可能に

Split Viewも表示されているアプリを左右入れ替えることが可能となっています。

20170918175400j:plain

これはmacOS Sierraと同じ感覚で画面の入れ替えが可能となっており、iOS10まではアプリの画面を左右入れ替えることが簡単にできなかったので、iOS11でかなり使い勝手が向上していることになりますね。

アプリの画面幅は今まで通り中央のバーで調節することができます。

20170918180300j:plain

なお、Split Viewで2画面表示した状態からDockからアプリアイコンを画面中央ドラッグ&ドロップすることで、Split Viewを起動した状態でさらにSlide Overを表示させることも可能となっています。

20170920100144g:plain

つまり3つのアプリを同時に操作することが可能ということになり、iOSの標準の動画アプリならさらにPiP(ピクチャ・イン・ピクチャ)で動画を再生することもでき、最大4つのアプリを同時に操作することが可能になります。

ただし、iPadの機種によって制限があるので注意です。

  • iPad mini(7.9インチ):Slide Overのみ利用可能
  • iPad / iPad Pro(9.7インチ):Split ViewとSlide Overを利用可能。ただし、Split View上にSlide Overを表示させるとSplit View側のアプリは操作不可能に
  • iPad Pro(10.5/12.9インチ):Split ViewとSlide Overのフル機能を利用可能

9.7インチのディスプレイを搭載したiPadだとSplit View側のアプリがブラックアウトして操作不可能になるなど制限があったりします。

20170918181315j:plain

なので、iOS11のマルチタスク機能をフルで使用したいのであれば10.5インチiPad Proか12.9インチiPad Proを選び、さらにスマートキーボードやApple Pencilがあればなお最高ということになりそうです。

Apple Pencilを使ってすぐにメモが取れる!

ロック画面が表示された状態でApple Pencilをタップすると瞬時にメモアプリが起動し、すぐにメモを取ることができる、インスタントメモという機能が搭載されました。

20170920101120g:plain

すぐにメモを取りたいときに重宝できる機能です。

ドラッグ&ドロップ機能が使えるように!

iOS11にアップデートしたiPadはドラッグ&ドロップが使えるようになります。例えば、写真アプリの写真をメールの作成画面に添付するのも、直感的に作業をすることができるのです。

20170920102527g:plain

慣れるまで大変かもしれませんが、使いこなせることができるようになればばかなり使いやすくなりそうです。

まとめ:iOS11とiPadの組み合わせの操作性は最高!

最後にこれらの機能を使っている動画を撮影したので参考までに。

iOS11をiPadにインストールすることで、よりモバイルノートPCっぽい使い方をすることができるようになりましたが、ファイル管理も専用のアプリですることができなど、使い方をマスターすれば、本当にMacBookの代わりになり得る存在かもしれません。