読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhoneの空き容量が厳しくなったら写真をクラウドに保存しよう!AppleのiCloud、Amazon photos、Googleフォトを比較してみた!

Apple Amazon iPhone

写真をバシャバシャ撮影をしていたらいつの間に容量が少なくなってしまい困ってしまいますよね。特に16GBの容量の少ないiPhone/iPadを使っていると簡単のそういう事態に陥ってしまいます。解決方法としては写真や動画を削除すればいいわけですが、せっかく撮影した写真なので残しておきたいものです。

 

写真の容量が増えてきたときに問題を解決してくれるのがクラウド上に写真データを保存することができるクラウドサービスです。各社から様々なクラウドサービスが出ていますが、メジャーどころのAppleのiCloudフォトライブラリ、Amazon Prime Photos、Googleフォトの3つのサービスについて比較してみました。

Apple、Amazon、Googleのクラウドサービスの比較

AppleのiCloudフォトライブラリとGoogleフォトは基本的無料でサービスを使うことができますが、iCloudフォトライブラリは5GBまでの容量まで、Googleフォトは写真が自動的に圧縮され1600万画素以上の写真データだと縮小されてしまいます。

Amazon Prime Photosに関してはプライム会員にならないと一切利用することができません。しかし、他のプライム会員のサービス(配送無料、音楽配信、動画配信、Kindle本の無料特典など)を受けることができるので使い方次第では一番お得かもしれません。

  Apple iCloud
フォトライブラリ
Amazon
Prime Photos
Googleフォト
対応端末 iOS/Mac/PC iOS/Android/Mac/PC iOS/Android/Mac/PC
写真のバックアップ iCloud Driveに自動的にアップロード アプリ起動でAmazonドライブにアップロード アプリ起動でGoogleドライブにアップロード
写真品質 オリジナルデータ保存 オリジナル保存、RAWデータ保存可能 無料の圧縮モードだと写真は圧縮縮小される
動画保存 オリジナルデータ保存 1ファイル5GBまで。 1ファイル10GBまで。自動的に圧縮される。
価格 5GB:無料
50GB:130円/月
200GB:400円/月
1TB:1300円/月
2TB:2500円/月
3900円/年
(プライム会員:Amazon購入の商品の配送無料、Amazon Drive、映画配信、音楽配信、Dash Button、ベビー用品15%OFFなど)
高画質(1600万画素まで):無料
元のサイズ 15GB:無料
元のサイズ 100GB:250円/月
元のサイズ 1TB:1300円/月
元のサイズ 10TB:13000円/月

iCloudフォトライブラリ

iCloudフォトライブラリはAppleの標準機能の一つとなっており、iOSに組み込まれており、iPhoneやiPadのカメラアプリで写真を普通に撮影すれば自動的にiCloudフォトライブラリにアップロードしてくれるので操作がとても簡単です。

iPhoneの写真アプリ

設定するには「設定」アプリから「iCloud」→「写真」から「iCloudフォトライブラリ」をONにするだけでOKです。

さらに「iPhoneのストレージを最適化」にチェックを入れることでiCloudフォトライブラリに元のオリジナルデータを保存して、iPhone/iPadには縮小圧縮したそれぞれの端末に最適化したデータ容量が少ない画像を自動的に保存する便利な機能が搭載されています。 

iCloudフォトライブラリの設定

最適化させることでオリジナルデータの1/5くらいデータ量を圧縮することができるので非常に便利ですよ。また、iOS10以降の標準の写真アプリは「子供」や「ラーメン」と検索するとそれに該当する写真を自動的に探し出してくれる機能が搭載されているので非常に使い勝手が良いです。

ただし無料で使える容量は5GBまでとなっているので、写真をiCloudフォトライブラリに保存するとすぐに一杯になってしまい、最低でも50GB(130円/月)の有料プランの加入は必須となるでしょう。

iCloudフォトライブラリのメリット

  • 設定が簡単でiPhone・iPadの標準機能の一つとして使え、他のiOSデバイスやMac、Windows PCに同じ写真を同期させることができる
  • 自動的にクラウドにアップロードしてくれる
  • 本体から写真を削除しなくても容量を圧縮することができる
  • Live PhotosやタイムラプスなどのiOS独自の写真ファイルも保存可能
  • 写真アプリの単語の検索機能が便利

iCloudフォトライブラリのデメリット

  • 実質、有料プラン(130円/月)の加入が必須となる
  • Androidスマートフォンで利用できない
 

Amazon Prime Photos

Amazon Prome Photosはプライム会員(3900円/年)に加入する必要がありますが、他のプライム会員の特典を受けることができ、すでにプライム会員になっている人は使った方がいいでしょう。

Amazon Prime Photos

年額3900円を月換算すると325円なので、たったこれだけの金額でAmazonの商品の配送が無料になり、音楽を聴いたり、映画やドラマを見たりすることができるのはコストパフォーマンスが高いと言えるのではないでしょうか。ちなみに学生さんなら年額1900円(月換算158円)とさらに安くなっています。

Amazon Prome Photosは写真の解像度が高くてもそのまま保存することができ、さらにRAWデータを保存することができるので、iPhoneなスマホの写真データだけではなく一眼レフカメラで撮影した画像データをそのまま保存することができる大きなメリットもあります。

ただしiOSのLive Photosには対応していないでiPhoneでLive Photosを使って撮影をすることが多い人は注意してください。また、検索機能も搭載されていないので膨大な写真を管理するには向いていません。

Amazom Prime Photosのメリット

  • もともとプライム会員なら追加費用なしで使用可能
  • プライム会員になることでAmazonの様々なサービスを受けることができる。
  • 容量制限がなく圧縮されず元データをそのまま保存可能
  • RAWデータを保存できる

Amazom Prime Photosのデメリット

  • アプリを起動しないと写真データがアップロードされない
  • Live Photosやタイムラプスなどの写真データを保存することができない
  • 写真の高度な検索機能が搭載されていない(時系列のみ)

Googleフォト

Googleフォトは基本的に無料で使うことができるサービスです。

Googleフォト

ただし、アップロードされる写真は圧縮され1600万画素以上ある写真もそれ以下のサイズに自動的に縮小されてしまうので注意が必要です。

画像を圧縮してアップロードするモード「高画質(容量制限なし、無料)」を無料で使うことができ、元データをそのまま保存する「元のサイズ」の場合はGoogle Driveの容量を使用することになります。この項目はGoogleフォトの「設定」から変更することができます。

20170109162212j:plain

とはいえ、元データを保存するモードでも15GBまで無料で使うことができるので、そこそこの写真を保存しておくことができます。たとえ有料プランを使うとしても100GBで250円/月なので、そこまで高くはありません。

写真データを写真に印刷する予定がない人、画質にこだわりがない人は無料の圧縮モードで十分だと思います。写真の検索機能もGoogleらしく充実しており単語を入力することで即座に適した画像を探し出してくれるにはGoogleフォトのいいところともいえます。

ただ、使ってみて思うのがアップロード速度が少し遅いなと感じるところでしょうか。

Googleフォトのメリット

  • 完全無料で写真をクラウド上に保存することができる
  • 単語の写真検索機能が便利
  • Live Photosの保存に対応している

Googleフォトのデメリット

  • 無料の圧縮モードの場合は写真の画質が低下する
  • アプリを起動しないと写真データがアップロードされない

まとめ

課金をしてもいいから簡単に写真をクラウド上に保存をしてiPhone・iPadのストレージ容量を空けたいという人はAppleのiCloudフォトクラウドがオススメです。

課金も「設定」アプリから簡単に行うことができますし、本体から写真を削除しなくても最適化することで簡単に容量を空けることができ、特に難しい作業は必要としません。

無料で写真をクラウド上に保存をたいという人はGoogleフォトがオススメ。Googleフォトの「設定」で「空き容量を増やす」を有効にしておけば写真がアップロード完了後に端末から写真を削除してくれる機能もあるので写真を撮影し容量が圧迫されることがなくなります。

Amazon Prime Photosはプライム会員なら実質無料で使うことができ、RAWデータを保存することができるなど写真を保存することについては非常に有能です。アップロード速度も速くとても使いやすいと思います。

ただし、写真をアップロードした後に端末のオリジナルの写真を削除してくれる機能がないので手動でのメンテナンスが必要になるところが残念な点でしょうか。

僕は一眼レフカメラで写真を撮影することも多いのでAmazon Prime Photosは容量を気にすることなく保存させることができるので魅力的なサービスですねー。

なお、写真のクラウドサービスで古くから知られているFlickrも魅力的なサービスですが、以前は活用していたのですが自動アップロードの機能が有料化(Pro)されたこともあり現在は使っていません。