シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone X 実機レビュー!シンプルを追求した美しいデザインにFace IDや操作性は想像以上に良かった!

2017年11月3日にリリースされたiPhone XはiPhoneが初めて登場してからちょうど10年目の記念モデルとなっており、従来のiPhoneには当たり前のように搭載されていたホームボタンを廃止し、Apple自らがiPhoneの既成概念を壊したそんな意欲的なモデルです。

iPhone X

iPhone Xはホームボタンを廃止したことでジェスチャーによる操作性をより追求。指紋認証を当たり前のセキュリティシステムにしたAppleはiPhone Xで自ら築いたTouch IDをあっさりと廃止し顔認証のFace IDを新たに導入。

ホームボタンを廃止したことで全面ディスプレイを採用した新しいデザインを採用。新世代のiPhoneとしてリスタートしたiPhone X。もうすでに手にした方も多いようですが、ようやく手元に届いたのでレビューしていきます。

 

iPhone X レビュー

iPhone Xはストレージ容量はiPhone 8/8 Plusはと同様に64GB・256GBのどちらから選択でき、カラーはシルバーかスペースグレイから選ぶことが可能となっています。今回購入したiPhone Xはシルバーモデルの256GBモデルです。

パッケージと付属品

パッケージは白ベースにエンボス加工されたPhone Xの画像が印字されています。iPhone 8/8 Plusは背面の画像でしたがiPhone Xは全面ディスプレイをウリとしているので正面の画像が使用されていますね。

iPhone X パッケージ

箱を開けると「Designed by Apple in Calfornia」がお出迎えです。

iPhone X「Designed by Apple in Calfornia」

この下のiPhone Xが収められています。ホームボタンがないので今までとはちょっと違う雰囲気がありますね。

iPhone X 開封

ちなみに、このiPhone Xはシルバーモデルですがフロントパネルはブラックに統一されました。今まではシルバーのフロントパネルは白でした。もし、フロントパネルが白色になっていたら前面カメラなどが搭載されている部分の切り欠き部分(センサーハウジング)が目立ってしまうのでこのような仕様になったのかもしれません。

付属品は充電アダプタ、Lightningケーブル(USB-A)、EarPods with Lightning Connector、Lightningコネクタと3.5mmヘッドフォンジャックの変換アダプタです。

付属品

「Designed by Apple in Calfornia」の中にはステッカーや説明書など。

説明書一式

iPhone Xは操作方法が今までiPhoneとは若干異なるので最初に使い方くらいは読んでおいた方がいいかもしれませんね。iPhone Xに貼られている傷防止のフィルムをペリペリっと剥がしていきます。

フィルムを剥がす

次にiPhone Xの本体デザインを見ていきます。

iPhone Xの正面デザイン

iPhone Xは今まであったホームボタンを廃止したことで隅々までディスプレイに覆ったベゼルレスディスプレイデザインが採用されています。

iPhoneの丸角デザインに合わせて角も丸くなっています。

iPhone X 角丸ディスプレイ

これは今までの液晶ディスプレイ(LCD)では実現できなかったもの。iPhone Xは有機ELディスプレイ(OLED)を採用することで、ディスプレイに丸みを持たすことが可能となったのです。

高精細な有機ELディスプレイ

iPhone Xは2,436 x 1,125ピクセルの解像度の有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されています。ピクセル密度はiPhone 8の326ppi、iPhone 8 Plusの401ppiを上回る458ppiという高精細なものとなっておりSuper Retina HDディスプレイと呼ばれていますね。

iPhoneのディスプレイサイズ

パッと見では本当に解像度が向上しているのか分からないですよね。なので、Canonのマクロレンズ(EF-S 35mm F2.8 マクロ IS STM)を使ってiPhone XとiPhone 8のディプレイをマクロ撮影し、時計アプリを比較をしていました。

SuperRetine HDとRetina HDの解像度の違い-1

左がiPhone X(2,436 x 1,125ピクセル)、右がiPhone 8(1,334 x 750ピクセル)ですが、iPhone 8の時計アプリは拡大するとドットが目立ってしまいますが、iPhone Xの時計アプリの方はドットが全然分からないくらい滑らかに表示されているのが分かります。

iPhone 8とiPhone X ドットの粗さ

まあ肉眼ではほぼ同じに見えるのでここまで綺麗に滑らかに表示させる必要があるのか疑問ですが。もっと拡大して見ると有機ELディスプレイの特徴であるRGBの素子が見えてきました。

iPhone X 有機ELディスプレイ

通常の液晶はバックライトを後ろから当てることで光っていますが、有機ELディスプレイは素子が自己発光して消費電力が低いのが特徴となっています。こうやって見ると同じようなディスプレイでも全く違う構造になっていることが分かりますね。

iPhone Xはディスプレイが縦長になったことでiPhone 8やiPhone 8 Plusよりも縦方向に広く表示させることが可能となっています。

iPhoneの表示領域の違い

横幅がiPhone 8と近いので意外と持ちやすいです。少なくともiPhone 8 Plusよりも手に馴染みやすく扱いやすいですね。ただし、iPhone Xは横幅がiPhone 8 Plusよりも狭いのでYouTubeなどの動画を見るとiPhone 8 Plusよりも画面が小さくなってしまいます。

動画の表示領域の違い

(上からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus)

なので動画や映画をよく見るという人はiPhone XよりiPhone 8 Plusの方がいいかもしれませんね。

色んなセンサーが搭載されている

本体上部には前面カメラや各種センサーが搭載されていますが、この部分を避けるために切り欠き(センサーハウジング)が設けられていますが、これも有機ELディスプレイだから出来た技と言えます。

iPhone X センサーハウジング

よーく見ると色んなセンサーが搭載されているのが分かります。

iPhone Xのカメラとセンサー各種

左から赤外線カメラ、投光イルミネータ、近接センサー、環境光センサー、スピーカー、フロントカメラ、ドットプロジェクタが搭載されています。この中で赤外線カメラ、投光イルミネータ、フロントカメラ、ドットプロジェクタがFace IDで使用するセンサーとなっており、これらのカメラシステムをTrueDepthカメラと呼ばれており、iPhone Xの目玉機能でもあるFace IDを実現しています。

iPhone Xの背面 ・サイドのデザイン

ちょっと小難しくなってきたのでiPhone Xの背面部分とサイドフレームのデザインを見ていきましょう。

iPhone Xの背面パネルはiPhone 8/8 Plusと同じくガラス素材が採用されています。かなりスッキリとしたデザインになっていますね。

iPhone X 背面パネル

iPhone 8/8 Plusと違う点としてiPhone Xはサイドフレームはアルミではなくステンレスが採用されています。

iPhone X ステンレスサイドフレーム

ピッカピッカです。

iPhone X 音量ボタン

鏡面磨き仕上げで話題となったiPod classicを思い出してしまう加工ですよね。なんとなく懐かしさもあり高級感を生み出していると言えるでしょう。

iPhone X スピーカーとLightningコネクタ

iPhone Xでは電源ボタン(サイドボタン)が従来のものと比較して大きくなっています。

iPhone X 電源(サイド)ボタン

おそらく、ホームボタンが無くなったことでサイドボタンでSiriを起動したり役割が今までより大きくなったので、使う頻度が上がることを想定しより使いやすいように大型化したのでしょう。

主張が凄い背面カメラの画質

見ての通り、背面カメラも大型化しています。

iPhone X 背面カメラ

ビックリするくらい大きいです。iPhone Xの背面カメラはiPhone 8 Plusと同じくデュアルカメラレンズを搭載していますが、iPhone Xは望遠側のレンズがより明るくなり、光学式手ぶれ補正機能も搭載、つまりデュアル光学式手ぶれ補正機能を手に入れたことになります。

だからこんなに目立つカメラレンズになったのでしょうかね...。ちなみに、iPhone Xの背面カメラの画質はiPhone 8/8 Plusとほぼ同じです。ただし、望遠側のレンズに手ぶれ補正機能が付いているので、光学ズーム2倍モードにした時でも手ブレしにくくとても撮影しやすく結果的に失敗の少ない写真を撮ることができるのかなと思います。

参考までにサイゼリアで食べたピザを光学2倍ズームで撮影してみました。(左:iPhone 8 Plus、右:iPhone X)

20171111181639j:plain

あれ、iPhone 8 Plusの方が美味そうなんだけど。たまたまなのかな。他の写真だとそんなに差を感じないので、画質的にはiPhone XのカメラはiPhone 8/8 Plusと同等レベルと言っていいでしょう。

iPhone XはiPhone 8 Plus同様にポートレートモードにも対応しています。スプラトゥーン2のアミーボを撮影してみました。(左:iPhone 8 Plus、右:iPhone X)

20171111211619j:plain

ほぼ同じ感じで撮影できましたが、iPhone Xの方がレンズが明るく手振れ補正機能に対応していることから精度は高いのかなと思います。

ワイヤレス充電に対応

iPhone 8/8 Plusで対応したワイヤレス充電ですが、iPhone Xにも対応しています。

iPhone X ワイヤレス充電

Lightningケーブルをわざわざ接続しなくていいので、めっちゃ楽です。

CPU・RAMはiPhone 8 Plusと同じ

iPhone XのCPUやRAMなどの心臓部はiPhone 8 Plusとほぼ同じとなっています。

  • A11 Bionicチップ
  • 3GB RAM
  • 64GB/256GB ストレージ

Geekbench 4でCPUの性能を計測してみました。

20171111213333j:plain

シングルスコアが4215、マルチコアスコアが10036という結果でした。iPhone 8/8 Plusと比べて少しだけスコアが低いですが誤差範囲でしょうかね。

 

iPhone Xの操作性について

iPhone Xはホームボタンが無くなったことでジェスチャーを使って操作をすることになるので、使い勝手に多少の違和感を覚えるかもしれません。僕も最初にiPhone Xを触りホームボタンがないことの気持ち悪さがありました。

しかし、数分使えば慣れます。むしろ、ジェスチャー操作の方が操作性が良いんじゃないのかなと思うほどになります。

iPhone X ジェスチャー操作

ホーム画面に戻ったりマルチタスク画面(Appスイッチャー)、コントロールセンター、通知センターの呼び出しはこのように指一本で操作することができるので、本当にホームボタンの必要性を感じることはありません。

Face IDの使い勝手について

慣れればTouch IDより快適かも?

iPhone Xで一番心配だった部分が顔認証システムのFace IDです。

Face ID

まだまだ改善の余地はあるのかなとは思いますが、普通の使用においてはFace IDは指紋認証のTouch IDよりも快適に使うことができるように思います。

ここでいう普通の使用というのはiPhone Xをしっかりと手で持って前面カメラ(TrueDepthカメラ)が常に顔を認識することができる状態のこと。iPhone Xとしっかりと対面している状態であればスムーズにロック解除をすることができます。

Face IDの凄いところはポケットの中から軽く取り出した状態でもしっかりと顔をiPhone Xに向けていればある程度は認証することができるようです。なので、必ずしもiPhone Xをきちんと持って顔を対面させる必要はないのかなと。この辺りは慣れて使い勝手が分かってくればもっと快適になるのかなと感じます。

また、暗い場所でもFace IDはきちんと顔を認証してくれました。これは便利です。寝床でも今まで通り認証機能を使ってiPhone Xのロック解除をすることができます。

横向きだと認識しない

気になった点としてiPhone Xを横向き(ランドスケープ)にした状態だとFace IDで顔を認証することができません。iPhoneを横向きで使うことは少ないのかもしれませんが、ゲームをしている時や映画を見ている時など横向きにしていることこあるので、そんな時にFace IDを使う場面が出てくるたびに縦に持ち直す必要があるのは少々面倒くさいですね。

今後のアップデートで改善されることに期待です。

Apple Payの使い勝手が良い

iPhone Xはサイドボタンを二度押しすることでApple Payを起動しFace IDによる顔認証から電子マネーでの支払いが可能となります。

iPhone 8まではホームボタン二度押しでApple Payを起動していましたが、iPhoneがスリープ状態の時でしか機能しませんでした。画面が表示している状態だとAppスイッチャーが起動してしまうので。なので、僕はiPhone 8ではAssistiveTouchを使ってソフトウェアボタンにわざわざApple Payの機能を割り当てていました。

しかし、iPhone Xではこの辺りの操作が見直されており画面が表示された状態でもサイドボタン二度押しをすればApple Payを起動することができるようになっています。同時にFace IDで顔認証するので、非常にスピーディーに決済処理をすることができます。これは素直に使いやすいですね。

まとめ

iPhone XはiPhoneのこれまでの常識を壊し(ホームボタンとTouch ID)、デザインを大刷新したこれからの10年を見据えた新世代のiPhoneと言っていいでしょう。ホームボタンを廃止したことでハードウェアとしては非常にシンプルなものになりiPhoneが目指している使いやすさのコンセプトには合っているように感じます。

顔認証のFace IDはまだまだ改善の余地はありそうな感じがしますが、指紋認証のTouch IDも世代を重ねるに連れて精度も上がり認証速度が高速化されたことを考えると、これからの進化に期待してもいいのかもしれません。

iPhone X、基本的なデザインは今までのiPhoneですが、ホームボタンをなくして全面ディスプレイ、フレームをステンレス製にしたことで高級感を上手く演出しています。というか、実際に256GBモデルだと14万円という価格です。これくらいの高級感はないと困りますよね。でも、個人的には見た目はクリアしたかなという印象です。

ということで、iPhone Xを大事に使うために背面パネルとディスプレイに保護フィルムを貼りました。

20171111192800j:plain

PDA工房というところの保護フィルムなんですが、とても薄いので目立たないのがお気に入り。センサー部分もしっかりと避けてくれています。

20171111192811j:plain

ケースも考えたのですが、iPhone Xの感覚を直に手にして操作をしたいので保護フィルムにしました。落としたらガラスが割れてしまう可能性は高いですが、とりあえず細かい傷を防ぐことができます。iPhone 7までは本当に何もつけずに使っていたのですが、ガラス素材になったiPhone 8からはさすがに保護フィルムくらいは貼っておこうかと...。ないで使うよりはマシだと思います。

以下の記事に背面保護フィルムについてレビュー記事書いているので参考にしてくださいまし。