シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

子どものYouTubeやゲームの時間に制限をかけたい!iPhoneやiPadにアクセスガイドを設定する方法

お子さんがiPhoneやiPadでYouTubeやゲームに夢中になって困っている、時間を制限したいと思っている親御さんも多いのではないでしょうか。実はiOSにはアプリの使用時間を制限することができる機能が備わっています。iOSで時間制限したからといって子どもが納得するわけではありませんが、一つの目安にもなるので活用しない手はないのかなと思います。

ということで、YouTubeやゲームの時間を制限方法について紹介します!

 

iPhone/iPadの使う時間を制限する

YouTubeやゲームの時間を制限するには「アクセスガイド」という機能を使うことになります。

厳密には時間制限をするものではなく一つのアプリしか使うことができなくなる機能で、例えば子どもにYouTube以外のアプリを触られるのは困るという時に、アクセスガイドをONにすることでYouTubeアプリを終了してホーム画面に戻ることができなくすることができる機能となっています。

20170513105430j:plain

アクセスガイドを設定する方法

「設定」アプリを起動し「一般」→「アクセシビリティ」をタップします。

20170513104733j:plain

「アクセスガイド」から機能を有効にします。

20170513104743j:plain

これで準備完了です。では、実際にアクセスガイドを使って見ましょう!

アプリを起動してアクセスガイドをONにする

今回はYouTubeアプリを使って時間制限してみようと思います。YouTubeアプリを起動してホームボタンを3回クリックします。

20170513110434j:plain

するとアクセスガイドの設定画面に切り替わるので、「オプション」から「時間制限」のボタンをタップしてONにします。

20170513110527j:plain

また「時間制限」だけではなく「スリープ/スリープ解除ボタン」や「ボリュームボタン」、「キーボード」、さらには「タッチ」操作まで制限することができてしまいます。例えば、子どもに勝手に検索してほしくないという場合はキーボードを制限することで防ぐことができます。タッチ操作まで制限すると本当に何もできなくなってしまうのでどうかと思ってしまいますが..(笑)

 

さて、時間制限を設定します。1時間でアプリを終了させたいなら1時間に設定します。1分単位で細かく調整することもできるようです。

20170513110700j:plain

時間設定をしたら「完了」から右上の「再開」をタップします。初めてアクセスガイドを使う場合は専用のパスコードの設定が求めらるので入力します。

パスコードは途中でアクセスガイドを終了させる時に必要となるものですが、パスコードの入力が完了すると、アクセスガイドがスタートし1時間後に「制限時間が終了しました。」という警告が表示されYouTubeを操作することができなくなります。

なお、アクセスガイドがONになっているときはホームボタンを押してもホーム画面に戻ることができなくなります。

20170513111605j:plain

途中でアクセスガイドを終了するにはホームボタンをトリプルクリックをしてパスコードを入力することで終了されることができます。また、アクセスガイドの設定よりパスコードではなくTouch IDを利用することもできるので、使いこなすことができれば、なかなか便利そうな機能となっています。

まとめ

アクセスガイドは起動したアプリを固定することができる機能で、YouTube以外のアプリでも利用することができます。例えば、AbemaTVやゲームアプリなども機能を使うことができます。

20170513113320j:plain

子どもの時間制限のためにアクセスガイドを使うほかに、一つのアプリで作業をするときに集中したいときや、時間制限を設けることで作業効率を上げるという使い方もできるかもしれません。

使い方次第では様々な使い方ができそうな機能です。