シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

10.5インチiPad Proの実機レビュー!絶妙な画面サイズで基本性能が大幅アップ!プロの名に相応しいモデル!

10.5インチiPad Proを購入しましたので開封レビューとともに、新型のiPad Proの素晴らしさを紹介したいと思います!iPad Pro 10.5はiPad Pro 9.7の事実上の後継機種となっており、ディスプレイと筐体のベゼル幅を狭くすることで本体サイズの肥大化を抑えながら画面を大きくすることに成功したブラッシュアップモデルとなっています。

心臓部には6つのCPUコア(高性能コア3+高効率コア3)を搭載したA10X Fusionチップと4GBのRAMを搭載するなど基本性能を大幅にアップさせ、ディスプレイは120HzのリフレッシュレートのProMotionテクノロジーに対応(これがマジでヌルヌル動いてすごい!)した広色域(P3)Retinaディスプレイを搭載し、まさにプロの名に相応しいiPadに仕上がっています!

 

iPad Pro 10.5の開封レビュー!

今回購入したiPad Pro 10.5はカラーがシルバーで256GBのストレージ容量を搭載したWi-Fi+セルラーモデルです。もちろん、SIMフリー版のiPad ProなのでMVNOの格安シMを入れることでどこでもiPad Proを使ってデータ通信をすることができるようになります!

iPad Pro 10.5

パッケージと付属品

iPad Pro 10.5のパッケージデザインは珍しく正面からのイメージ画像がドンと印刷されていますね。やはりベゼル幅が狭くなったことをウリにしていきたいのでしょうね。パッと見でベゼル部分が狭くなったことが良くわかります。

iPad Pro 10.5 パッケージ

本体サイズが少しだけ大きくなったことから9.7インチのiPad Proのパッケージと比較して、少しだけ大きくなっているのが分かりますね。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 パッケージ比較

箱を開けると、iPad Pro 10.5がお出迎えです。iPhoneはiPhone 7より一番上に説明書などが入っている「Designed by Apple in California」が一番上に配置されるようになりましたが、iPadに関しては従来通り本体が一番上に配置するパッケージングとなっているようです。

iPad Pro 10.5 開封

付属品は説明書が入った薄っぺらい箱(Designed by Apple in California)、Lightning -USBケーブル、充電アダプタとなっています。

iPad Pro 10.5 付属品

iPad Pro 10.5に付属している充電アダプタは10Wタイプではなく12Wタイプにアップグレードされていました。

iPad Pro 10.5 充電アダプタ 12W

これは12.9インチiPad Proと同じ容量となっており、バッテリー容量が27.91Whから30.4Whに増えていることからより強力な電源アダプタを同梱したのかもしれません。

iPad Pro 10.5 外観デザイン

iPad Pro 10.5はしっかりと保護シートで守られています。ビリビリっと剥がしていきますよ!

iPad Pro 10.5の保護フィルム

電源ボタンを長押しして電源を入れ、初期設定をしていきます。

初期設定

Apple IDとパスワード、Wi-Fiのパスワードなどを入力して初期化完了です。

iPad Pro 10.5 ホーム画面

なお、2017年9月にリリースされたiOS11では自動セットアップ機能が搭載されおり、近くに古いデバイスがある場合は自動的にApple IDやパスワードを安全に移動させてくれるので初期設定に必要な手間をかなり削減することができるようになりました。

画面サイズが大きくなった

iPad Pro 10.5はゼベルの幅がかなり狭くなり本体サイズも少しだけ大きくなりましたが、画面が大きくなった割合と比較するとかなり考えられたサイズ感と言えるかもしれません。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 正面比較

背面側。サイズが大きくなっていることは勿論ですが、小さな変更点としてiPadのロゴの書体が変更され各認証マークがなくなっているのが分かります。よりスッキリとし、いい感じになりました。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 背面比較

本体サイズが大きくなってしまいましたが、それにともないディスプレイサイズも9.7インチ(2,048 x 1,536ピクセル)から10.5インチ(2,224 x 1,668ピクセル)に拡大されたので、よりプロとしての作業をしやすくなっています。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 ベゼルの幅

どれくらい画面の広さに余裕があるのかを9.7インチのiPad Proと比較してみました。(左:iPad Pro 10.5、右:iPad Pro 9.7)

20171031113702j:plain

どちらもGoogle ChromeとSafariを2画面に分割したものですが、iPad Pro 10.5の方が表示領域が広いので、より多くの情報を表示させることが可能となっているのが分かりますね。

実はこのサイズはiPad miniの縦サイズとほぼ同じとなっています。解像度が違うので何の意味があるのかは分かりませんが、なんとなく気持ちの良いものです。

iPad Pro 10.5とiPad mini

iPad Proのディスプレイはより深い色合いを表現することができるP3の広色域タイプのものが採用されています。

モデル iPad Pro
10.5インチ
iPad Pro
9.7インチ
iPad(第5世代)
9.7インチ
解像度 2,224 x 1,668ピクセル
264ppi
2,048 x 1,536ピクセル
264ppi
広色域ディスプレイ(P3) ×
反射防止コーティング
フルラミネーションディスプレイ
True Toneディスプレイ
×
ProMotionテクノロジー × ×

P3の広色域とTuue Toneに対応したディスプレイは9.7インチiPad Proの時から搭載されていましたが、iPad Pro 10.5ではそれらの高画質技術に加えてより滑らかな表示を可能とするPro Motionテクノロジーに対応しており、スクロールなどの描画がとても滑らかに表現することが可能となっています。

より反射しにくいディスプレイに

とても分かりにくいのですが、iPad Pro 10.5は保護ガラスとディスプレイの隙間が従来のモデルよりもさらに狭くなっており、より反射しにくいRetinaディスプレイに進化しています。 (左:iPad Pro 10.5、右:iPad Pro 9.7)

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 ディスプレイの比較

実際にiPad Pro 10.5、iPad Pro 9.7、iPad(第5世代)の3モデルで光の反射具合を確かめてみました。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7とiPad 第5世代 光の反射

一目瞭然ですよね。iPad Pro 10.5のディスプレイは光の反射をしにくい構造になっていることがわかります。それにしても、iPad(第5世代)の光の反射は酷いですね...。

1世代前のiPad Pro 9.7も反射しにくいディスプレイでしたが、新型のiPad Pro 10.5はさらにその性能が向上しているようで外などの明るい場所でも快適に画面を見ることができそうです。

第2世代に進化したTouch ID

ホームボタンに内蔵されているTouch IDは第2世代Touch IDが採用され、指紋の認証スピードが格段に高速化され、画面ロック解除をするときのタイムラグが非常に少なく快適にiPadを使うことができるようになっています。

第2世代のTouch ID

ただし、従来の物理式のホームボタンが採用されiPhone 7から搭載されたタッチセンサー式のTouch IDの搭載は見送られました。いつかはタッチセンサー式に置き換わるのかな。

もしそうだとしたらちょっと嫌ですね。

というのも僕はApple Pencilを使っている時にApple pencilのペン先を使ってホームボタンを押すこともあるので。もしタッチセンサー式に変更されると、Apple Pencilでホームボタンを押してホーム画面に戻るということができなくなってしまいます。

背面(iSight)カメラは光学式手ぶれ補正付きに

iPad Pro 10.5の背面カメラ(iSight)は1200万画素のイメージセンサーに光学式手ぶれ補正機能が搭載れ、さらにf/1.8の明るいレンズにクアッドLEDのTrue Toneフラッシュを搭載しています。このカメラのスペックはiPhone 7と同等レベルのカメラ性能となっています。

iPad Pro 10.5 カメラ

光学式手ぶれ補正が搭載された影響なのか、明るいレンズを採用した影響なのか不明ですが、iPad Pro 9.7よりも少しだけレンズが大きくなってしまったのがちょっと残念。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 カメラレンズ比較

なお、セルラーモデルは白色のアンテナラインが入っています。

iPad Pro 10.5 アンテナライン

iPad Pro(第1世代)やiPad Air 2などの旧モデルのセルラータイプは樹脂のアンテナが搭載れていましたね。iPad Pro 9.7よりこのようなラインデザインに変更されたのですが、今まで樹脂製のアンテナに比べれば可愛らしいデザインになったので、良いと思います。

 

4スピーカーシステム

iPad Proの上部と下部にスピーカーが4つ搭載されています。

iPad Pro 10.5 4スピーカー

方向によって高音スピーカーと低音スピーカーが自動的に切り替わるので、どのスタイルでも良い音を再生することができます。これは9.7インチも12.9インチのiPad Proの共通機能となっています。

上部部分のスピーカーグリルの穴が数が7個から8個に増えています。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 スピーカー比較1

下部部分のスピーカーグリルは12個から11個に減っていました。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 スピーカー比較2

iPad Pro 9.7と聴き比べてみるとiPad Pro 10.5の方が確実に音質は良くなっています。本体サイズが大きくなりスピーカーボックスも大型化されたのかもしれませんね。

10.5インチ向けのスマートキーボード

左サイドにはスマートキーボードを接続するためのSmart Connectorが搭載れています。

smart connector

10.5インチ向けのスマートキーボードを装着します。

iPad Pro 10.5スマートキーボード

相変わらずモッコリしています。この設計、どうにかならないのかな。もう少しスマートにできないのかな。スマートキーボードじゃないよね。

iPad Pro 10.5 スマートカバー手で持った印象としてはiPad Pro 9.7とそう大差ありません。両手で持って比べないと大きくなったと分からないと思います。

iPad Pro 10.5 スマートキーボード

キーボードスタイル。

iPad pro 10.5 キーボードスタイル

10.5インチのスマートキーボードは横幅が1cmほど広くなったのでキーピッチが17.5mmから18.5mmとなり、フルサイズキーボードと呼ぶことができるようになりました。

JIS配列のスマートキーボード

今回は2017年モデルから追加されることになったJIS配列のスマートキーボードを購入してみました。

今まではUS配列のスマートキーボードでは「地球儀キー」から言語切り替えをする必要がありましたが、JIS配列のスマートキーボードでは「スペースキー」の隣に搭載されている「英数」や「かな」で簡単に言語切り替えをすることが可能となりましたが、言語切り替えが本当に使いやすいです。

ただ、個人的にはJIS配列のキー配置自体が中央からズレているので使いにくい...。やっぱりUS配列を買えば良かったかなと後悔しているます。

スマートキーボードを装着した状態で背面から見るとこんな感じです。

20170613123541j:plain

iPad Pro 9.7と並べて画面の大きさとスマートキーボードの大きさを比較してみました。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 9.7 比較

9.7インチから10.5インチにディスプレイサイズが大きくなったことで、スマートキーボードのキー配列にも余裕が生まれたので、ちょっとした差ですが非常に使いやすくなったと思います。

10.5インチというディスプレイサイズは絶妙なサイズなのではないでしょうか。

ちなみに10.5インチのスマートキーボードはiPad Pro 9.7にも使用することができるので、iPad Pro 9.7を使っていてフルサイズのキーボードを使用したい場合やJIS配列のキーボードを使いたい時に代用するのもアリだと思います。

A10X Fusionの性能が高すぎる!

iPad Pro 10.5に搭載されているA10X Fusionチップの性能をGeekbench 4で計測してみましたが、めちゃくちゃ速いです。

A10X Fusion CPUの性能

 CPU性能 iPad Pro 10.5
A10X Fusion
4GB RAM
iPad Pro 9.7
A9X
2GB RAM
シングルコア 3929  3002 
マルチコア 9230  5053

単純比較はできませんが、このスコアは13インチMacBook Pro 2017のIntelプロセッサよりも高い数字となっています。

A10X Fusion GPUの性能

 GPU性能 iPad Pro 10.5
A10X Fusion
4GB RAM
iPad Pro 9.7
A9X
2GB RAM
Metal 27749 14887

これだけ高性能のA10 Fusionチップですが、2017年秋にリリースされるiOS11ではiPad Proのマルチタスク機能が強化されるので、それに合わせたアップデートといってもいいのかもしれません。 

(追記:iOS11をiPad Pro 10.5にインストールしましたが、かなり快適に動作しています。iPad Pro 9.7もiOS11にアップグレードしましたがRAMの容量が2GBと少ないことが影響しているのか、若干もたつきを感じることもあります。)

120Hzリフレッシュレートでヌルヌル動く

iPad Pro 10.5はProMotionテクノロジーより状況に合わせてリフレッシュレートを可変している高効率な新システムを搭載しており、最大120Hzのリフレッシュレートに対応しスクロールやアニメーションがヌルヌルと非常に滑らかに動かすことが可能となっています。

試しにApp Storeの画面をスクロールしているのをスローモションで撮影をしてみました。(左:iPad Pro 10.5、右:iPad Pro 9.7)

iPad Pro 10.5の方はほとんど残像が残っていないのが分かります。応答性も良いのでApple Pencilでより正確に文字を書くこともできます。

120Hzリフレッシュレートは3Dグラフィックスもヌルヌルと動かしてくれます。

動画は60ftpなので実物はもっとヌルヌル動いてくれます。というよりもA10X Fusionチップの性能が高いので相乗効果で滑らかに動作しているのかもしれません。YouTubeアプリの動画も見やすくなっているのかと期待しましたが、さほど変わっていませんでした。

まとめ:iPad Pro 10.5は画面が大きくなっただけではなく基本性能も大きく向上!

初代iPadはリビングでソファに座りながら使うことを想定して9.7インチというサイズに行き着いた言われていますが、10.5インチのiPad Proはモバイル性を保ちながら様々な作業をすることを前提に設計された大きさといえるのかもしれません。

スマートキーボードのキーピッチもフルサイズキーボードとなり余裕が生まれ操作性が大きく向上しているので、長時間の文字入力も苦になりません。スマートキーボードはキーを入力する時にカチカチという音がしないのでいいですよね。

10.5インチiPad Proの画面サイズは9.7インチよりも縦に16mm、横に13mm大きくなっていますが、本体サイズは縦に10.6mm、横に4.6mmほどしか大きくなっていません。

  画面サイズ 本体サイズ
iPad Pro 10.5 214 × 161mm 250.6 × 174.1mm
iPad Pro 9.7 198 × 148mm 240 × 169.5mm
16 × 13mm 10.6 × 4.6mm

つまり、9.7インチのモバイル性を維持しながら画面が大きくしたのが10.5インチのiPad Proということになりますね。この10.5インチというサイズはよく考えられた絶妙なサイズだと本当に思います!オススメです!

Amazonから購入することもできます。

2017年9月に配信されたiOS11はiPadの機能が大幅に強化されました。特にマルチタスク操作に関わる機能が改善したことで、今まで以上にアプリの切り替えがスムーズになり、ファイル管理やドラッグ&ドロップもすることができるようになったので、ブログ作成時も感覚的に写真を配置したりすることができたり、作業性がかなり改善されています。

これらのマルチタスク機能はiPad(第5世代)やiPad Pro 9.7では一部機能が制限されることになるので、iOS11の機能をフルで使用したい方は迷わずにiPad Pro 10.5を選択するべきでしょう!

以下の記事でiPad Pro 10.5とiOS11の操作性について書いていますので、ぜひ参考にしてください。

また、iPad Proだけでブログの作成と更新ができるかどうかを実際に確かめてみましたが、若干の使いにくさはあるものの、慣れればiPad Proだけでもブログ更新は可能なのかなと感じます。