読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

ガリガリ君リッチ「黒蜜きなこもち」きな粉味のアイス・かき氷と信玄餅の全てが美味すぎて一気喰いしてしまった!【感想】

アイス グルメ

ガリガリ君の黒蜜きなこもちだとー!??冬になると黒蜜やきな粉を絡ませたいアイスがたくさん出てくるイメージがあるけどついにガリガリ君も黒蜜きなこを身にまとって登場することになるとはね...。

コンビニに置いてあるガリガリ君

ということでガリガリ君の「黒蜜きなこもち味」を買って食べてみました。二日連続で黒蜜系のアイスを食するとは思ってもいませんでした。でも、黒蜜とかきな粉って美味しいですよねー。この素材を考えた人は本当に天才だと思います。

 

ガリガリ君黒蜜きなこもちを食べた感想

「黒蜜きなこもち味」のガリガリ君は少し高い「ガリガリ君リッチ」シリーズとなっており130円となっています。

ガリガリ君黒蜜きなこもち

今回の「ガリガリ君黒蜜きなこもち」山梨県にある創業130年のお菓子メーカーの桔梗信が監修を手がけており2016年に発売された桜餅に続く第2弾となるようですね。桜餅が発売されていたなんて知らなかったー...。毎日コンビニに行ってコーヒー買うときにアイスコーナーをチラ見していくのが習慣なんですけどね。

桔梗信が監修していることもあり、今回のガリガリ君は「桔梗信玄餅」と呼ばれる土産菓子をイメージして製作されています。自分の所の商品をアイス化するって自身がないと送り出すことはできないでしょうし、かなり気合いを入れて開発されたんじゃないでしょうか。

「桔梗信玄餅」って何なんでしょうかね。いわゆるきな粉餅だと思いますが、普通のきな粉餅とは少し違うということなのかな。

ガリガリ君は基本的にかき氷が中に入っていますが、「ガリガリ君黒蜜きなこもち」は中にお餅と黒蜜がこんな感じで入っています。

ガリガリ君黒蜜きなこもちの構造

周りを固めるアイスやかき氷も全て、きなこ味になっているってたまらないですねー。

きな粉味のアイスとかき氷

見た目は全然美味しそうじゃないんですけど、袋から開けた瞬間にきな粉のいい匂いがしてきました。

 

ガリガリ君黒蜜きなこもちを食べてみる!

ということで、「ガリガリ君黒蜜きなこもち」を食べてみます。

ガリガリ君黒蜜きなこもちの見た目

このきな粉アイスうまい。そしてすぐに一番上に入っているお餅にぶち当たります。このお餅も味付けがされているのか甘くて美味しいです。絶妙な味付けがされていますね〜。冷凍庫からすぐに出して食べていますが、お餅は冷たくて柔らかいです。

さらに食べ進めていきます。

ガリガリ君黒蜜きなこもちの中に入っているお餅

黒蜜が出てこない...。

あのイラストの通りならお餅の下に黒蜜が入っているはずなんですけど、中間地点に行っても黒い物体をみることはありませんでした。結局、黒蜜が出てきたのは半分食べた頃でしょうか。

ガリガリ君黒蜜きなこもちの黒蜜

あー...。お餅と黒蜜ときな粉を一緒に食べたかった。いや、美味しいんですよ、ものすごく美味しいんですけど、ちょっと勿体ない。本当は黒蜜はもう少し上にあるはずなんだろうと思いますが重力に逆らえずに下に落ちてきてしまったのか。いや、製造工程はアイスの棒が上のような気がするから違うのかな。

ガリガリ君黒蜜きなこもちの黒蜜

上に黒蜜がなかった分、下の部分に黒蜜がたっぷりと溜まっていました。濃いーーー!でも美味い!

「ガリガリ君黒蜜きなこもち」の中に入っている黒蜜はなかなか濃い味でした。昨日食べた雪見だいふくの黒蜜より濃厚かもしれませんね。まあ、比べないと分からないレベルだと思います。本当は一口食べて残りは夕方にでも食べようかなと考えていたのですが美味しすぎて一気に完食してしまいました...。

黒蜜も美味いんですけど、きなこ味のアイスとかき氷がとても美味しいかった。甘すぎず濃くのある渋い味とでもいうのでしょうかね。久しぶりにガリガリ君を食べたけど定期的に食べたくなる味かもしれませんね。