シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

コストコの支払いで使えるクレジットカードはどれが良いか比較してみた!

コストコは会員制のスーパーで食料品や家電、タイヤなどが激安で買うことができるので、1ヶ月に1回はついつい足を運んで買い物をしてしまうわけですが、コストコは普通のクレジットカード(Visa・Orico・JCBなど)を使って支払いをすることができないので、お金を銀行からわざわざ下ろして現金払いをする必要があり少々面倒くさいところがありますよね。

 

しかし、コストコでも一部にクレジットカードを使って支払いをすることができるので、コストコで利用することができるクレジットカードを紹介したいと思います。

コストコ 会員カード

コストコで使用可能なクレジットカード

コストコでもクレジットカードを使うことができるカードは、コストコの名称が付いているコストコ・オリコマスターカードです。そして、アメリカンエクスプレスカード(アメックス)も使うことができます。

  • コストコ・オリコマスターカード
  • アメリカン・エクスプレスカード
  • アメリカン・エクスプレス提携カード

コストコではアメリカン・エクスプレスカードの加入を勧められることが多く、僕も店員さんに申し込みを勧められたものの年会費が12,960円と高価だったことからやめました。コストコ・オリコマスターカードは年会費無料なのでもいいのかなと思いましたが、ポイントの有効期限があったり、カードデザインが微妙だったのでやめました。

セゾンパールのアメリカンエクスプレスカード

そんな中、アメックスの提携カードで年会費無料のクレジットカードがあります。

  • セゾンパール・アメリカン・エクスプレスカード

3つのクレジットカードの違いを比較してみました。

  20170820114941p:plain 20170820115003j:plain 20170820115024j:plain
名称 セゾンパール
アメリカン・エクスプレスカード
アメリカン・エクスプレスカード コストコ
オリコマスターカード
国際ブランド AmericanExpress MasterCard
年会費 初年度:無料
2年目:1,000円
(1回のカード利用で無料)
12,960円/年 無料
ポイント還元率 0.5%~1% 0.3%~1% 0.5%
ポイント有効期限 有効期限なし 3年間 13〜24ヶ月
家族カード × 6,000円/年 無料
ETCカード 無料 無料 無料

セゾンパール・アメリカンエクスプレスカードは実際は年会費1,080円掛かってしまいますが、1年間に一回でも買い物をして利用すれば年会費は無料となるので、実質無料となります。

さらにポイントの有効期限が存在しないという点もセゾンパール・アメリカンエクスプレスカードの良いポイントとなっています。何よりもカードがアメリカンエクスプレスカード風のデザインになっているので、カッコいいですよね。

ということで、セゾンパール・アメリカンエクスプレスカードの申し込みをしました。

セゾンパール・アメリカンエクスプレスカードの

ETCカードも無料だったので同時に。

申し込みをした後に一回だけ電話が掛かってくるので質問に答えれば、手続きが完了となり、数日後には手元にカードが届きます。セゾンカードは即日発行してくれるので、急いでいる方にもお勧めできるカードですね。

 

コストコでクレジットカードを使うメリット

所持金を気にしなくてもいい

正直なところ僕がセゾンパールのアメリカンエクスプレスカードを作ろうと思ったのは、所持金を気にすることなくコストコでクレジットカードを使って支払いをしたかっただけ。

これが最大の理由です。

ポイントが永年不滅だとか正直なところどうでもイイ話(笑)というのも、すでに電気代や様々な引き落としで使用しているメインのクレジットカードがあるからです。なので、本家のアメリカンエクスプレスカードを作って年会費を払うなんてトンデモナイこと。

そんな中でセゾンのアメックスカードなら1年に一回でも使う機会があれば年会費が無料になるのは大きなポイントです。

永久不滅ポイントが貯まる!いつか使えるかも?

また、このクレジットカードはコストコだけでしか使わない予定なのですが、永久不滅のポイントというのも大きなポイントになります。

セソンパールのクレジットカードのポイントは1,000円につき1ポイント貯まり200ポイントで1,000円分のAmazonギフト券に交換することができます。(アイテムによって還元率が異なる。)他社のカードは200円につき1ポイント貯まり、1ポイントで1円の換算になっていることが多いことを考えると、セゾンパールのカードは少し変則的になっています。

  • 1,000円につき1ポイント貯まる
  • セゾンまたはUCカードポイントに交換:200ポイント → 900円
  • Amazonギフト券:200ポイント → 1,000円
  • nanacoポイントに交換:200ポイント → 920ポイント
  • UCギフトカードに交換:500ポイント → 2,000円
  • JTB旅行券に交換:1,000ポイント → 5,000円

還元率に換算すると約0.5%なのでよくある書き方に直すと「200円につき1ポイント」貯まることになります。還元率が高いカードでもないのでいつかAmazonギフト券に交換することができたらイイなーって感じでコツコツとポイントを貯めていくのがイイのかなと思います。

ちなみに海外ショッピングで使った場合は永久不滅ポイントが通常の2倍(1,000円につき2ポイント)貯まるので、海外旅行によく行くという人には良いクレジットカードと言えるかもしれません。

セブンイレブンとイトーヨーカドーでnanacoポイントも付く

地方にはイトーヨーカドーがないので僕にはあまり関係ありませんが、セブンイレブンかイトーヨーカドーでセゾンカードを 利用すると不滅永久ポイントの他にnanacoポイントも加算されます。なお、nanacoポイントは1ポイントにつき1円で使用することができます。

まとめ

コストコは基本的に一つの商品に入っている量が多く価格が高い(単価換算すると安い)ので一回の買い物に掛かる金額が高くなってしまう傾向があるので、クレジットカードを使うことができるようになれば、非常に使い勝手が高くなるので、コストコをよく利用している人は是非ともクレジットカードを手に入れて欲しいところ。

コストコの支払いはアメックスの提携カードであれば利用することができるので、上記3つのクレジットカード以外で、すでにアメックスのカードを所持しているのであれば、それを使って支払いをすればいいと思います。わざわざ新たにカードを作る必要はありません。

個人的にはアメリカンエクスプレスのクレジットカードを持っていなかったので、コストコをきっかけに作ることができたのは、良かったのかなと思います。