シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Apple Watch Series 3と新旧モデルの違いや性能比較!セルラーモデルの音声通話は月額350円から!

Apple Watch Series 3が正式に発表されましたが、今回のモデルはApple Watchだけで音声通話やメーセージの送受信をすることができるGPS + Cellularモデルが追加されたことで、Apple Watchの一つの完成形とも言えるかもしれませんね。初代Apple Watchを購入しましたがApple Watch Series 2は見送ったので、新型のApple Watch Series 3は購入しようかな。

 

ということで、Apple Watch Series 3の新機能や旧モデルとの違いについて比較してみました。

Apple Watch Series 3について

デザインとシリーズ

Apple Watch Series 3のデザインは変更されていませんが、GPS + Cellularモデルはデジタルクラウンのボタン部分が赤塗りされているのが特徴となっています。なので、見た目でセルラー機能を搭載しているかどうかを判別することができます。

20170913144849j:plain

6つのラインナップ

ラインナップはGPS + Cellularモデルが4つ、GPSモデルは2つとなっています。

20170913145649j:plain

Apple Watch Series 3 GPS + Cellularモデル Apple Watch Series 3 GPS モデル
Apple Watch Apple Watch Nike+ Apple Watch Hermès Apple Watch Edition Apple Watch Apple Watch Nike+
45,800円から 45,800円から 124,800円から 139,800円から 36,800円から 36,800円から

GPS + CellularモデルとGPSモデルの価格差は9,000円ほどですね。この価格でiPhoneがなくてもApple Watch単体でLTE通信をすることができ、通話機能やメッセージ機能などの機能を使うことができるのは魅力的ですね。

eSIMを内蔵している

Apple Watch Series 3は物理的に通常のnanoSIMカードを入れることはできるサイズではないので、従来のSIMカードの100分の1以下のサイズのeSIMを内蔵することでLTE通信が可能となっています。

電話番号は現在使用しているiPhoneの電話番号と同じ番号を使うことになります。電話番号をシェアすることで、iPhoneが手元になくてもApple Watch単体で通信をすることができる仕組みとなっているようです。

電話番号シェアオプションの加入が必要

ただしです。別途料金が掛かってくるので注意が必要です。

なんと、各キャリアのシェアオプションプランに加入する必要があります。各キャリアの番号シェアオプションの料金は以下の通り。

  • docomo(ワンナンバーサービス):月額500円
  • au(ナンバーシェア):月額350円
  • SoftBank:月額350円

やっぱ無料で使うことはできないんですね。予想はしてたけど。Appleの新機能に食いつく大手キャリア。というか、ドコモだけなぜ高いのだろうか。ここは横並びの料金プランでいいと思うんだけど...。あと、格安SIMを利用している場合は現在のところApple Watchでの単体通話はできないということになります。

いずれにしても、そんなに高い金額ではないにせよ使用頻度によっては手が出ないかもしれませんね。

GPS + Cellularモデルは16GBのストレージを搭載

別途料金が掛かるならGPSモデルでいいやと思うかもしれません。しかし、よーくApple Watch Series 3の仕様を見てみるとGPSモデルのストレージ容量は従来通り8GBですがGPS + Cellularモデルは倍となる16GB搭載しているので、より多くの写真や音楽をローカルに保存することができるようになっています。

これだけでもGPS + Cellularモデルを購入した方がいいようにも思いますね。

S3チップとW2チップを搭載

Apple Watch Series 3には第3世代アーキテクチャとなるデュアルコアプロセッサS3チップが搭載されApple Watch Series 2よりも70%高速に動作し、さらに新世代のワイヤレスチップW2によってWi-Fi接続が85%高速になり、BluetoothとWi-Fi接続時の電力効率も50%向上しており、基本性能がさらにブラッシュアップしています。

では、旧モデルとのスペックの違いをみていきましょう。

 

Apple Watch Series 3と旧モデルのスペック比較

新型のApple Watch Series 3と旧型のスペックを比較してみます。

  Apple Watch Series 3
GPS + Cellularモデル
Apple Watch Series 3
GPSモデル
Apple Watch Series 2 Apple Watch Series 1
(2017年モデル)
ディスプレイサイズ
  • 272 x 340ピクセル(38mm)
  • 312 x 390ピクセル(42mm)
ディスプレイ
  • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
  • 2倍の明るさ(1,000ニト)
  • 感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
  • (450ニト)
保護ガラス
  • サファイアクリスタル(ステンレススチール/セラミックケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • サファイアクリスタル(ステンレススチール/セラミックケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
CPU
  • S3チップデュアルコア 
  • S2チップ デュアルコア
  • S1Pチップ デュアルコア
ワイヤレスチップ
  • W2チップ
  • W1チップ
-
ストレージ容量
  • 16GB
  • 8GB
Siri
  • 話せるSiri
  • 文字でのSiri
GPS
  • GPS、GLONASSおよびQZSS
-
センサー
  • 気圧高度計
  • 心拍センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • 心拍センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
ワイヤレス通信
  • LTE、UMTS
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth
  • Bluetooth 4.2
  • Bluetooth 4.0
  • Bluetooth 4.2(2017年モデルで4.0から4.2に)
耐水性能
  • 50メートルの耐水性能
  • IPX7耐水防沫性能
裏蓋
  • セラミック
  • 複合材
  • セラミック
  • 複合材
バッテリー 最大18時間

Apple Watch Series 2は販売が終了しApple Watch Series 1が引き続き併売される形となりました。2017年モデルになったことでBluetooth 4.2に対応するなど、若干の仕様の変更が施されているようですね。

まとめ

iPhoneが近くになくてもApple Watch単体で通話したりメッセージの送受信ができるようになるGPS + Cellularモデルは運動をするときにiPhoneを持ち出す必要性がなくなるので、生活スタイルを大きく変える可能性もある、そんなスマートウォッチになりそうです。

ただ、通信プランを見直す必要があるので少し敷居が高いようにも思いますが、例え通信機能を使用しない場合でも、ストレージ容量が8GBから16GBに倍増したり、デザインにアクセントが追加されていたりするので、GPS + Cellularモデルを選ぶメリットはあるように感じます。

ということで、Apple Watch Series 3のGPS + Cellularモデルを購入しようかな。と、検討中です。