シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Amazon MasterCardクラシックのメリットとデメリットは?即時審査サービスですぐに利用可能!

Amazonで色々なモノを購入する機会が多いのであれば、Amazonのクレジットカード「Amazon MasterCardクラシック」を手にしておいた方がいいでしょう。

何よりもAmazonでの買い物でポイントが溜まりやすいというメリットがあります。僕は今までAmazon MasterCardクラシックを持っていなかったのですが、Amazonサイバーマンデーに合わせて、ついにゲットしてみました。

 

20171205130242j:plain

Amazon MasterCardクラシックカードの特徴

Amazon MasterCardクラシックはAmazonと三井住友カードが提携して発行しているクレジットカードとなっており、カードブランドはMasterCardとなっています。こちら側でカードブランドを選ぶことはできませんが、MasterCardであれば世界各地でクレジット決済をする事ができるので、特に問題はないでしょう。

電子マネーのiDが付いているのでクレジットカードだけではなく、コンビニやマクドナルドなどで電子マネーとしての利用が可能となります。

ポイントは1ポイント=1円で利用する事ができて有効期限はAmazonポイントを最後に利用してから1年間となっています。

Amazon MasterCardのメリット 

入会時にポイントを最大5000ポイントもらえる

入会時にAmazonポイントを2000〜5000ポイント貰うこともできるキャンペーンをやっているので、Amazonで何かを購入する事が多い場合はぜひ手に入れたいカードとなっています。僕は今回の加入でAmazonポイントを5000ポイントもゲットしちゃいました。ラッキー。

1回以上の利用で年会費は無料に

年会費は初年度は無料で2年目以降は1,350円/年となりますが、前年度にAmazon MasterCardクラシックを1回以上使うことで無料となるので、実質年会費は無料と考えていいでしょう。

Amazonで何か買わなくてもコンビニなどでの利用も利用回数にカウントされるので、年会費無料の敷居はかなり低いです。

ポイントの還元率が高い

Amazon MasterCardクラシックで買い物をすることでAmazonポイントを貰う事ができ、Amazonでの買い物に使う事が出来ます。

ポイントの還元率はこのようになっています。

Amazonでの利用
(プライム会員)
2%
(サイバーマンデー時は3%)
Amazonでの利用
(プライム会員以外)
1.5%
(サイバーマンデー時は2.5%)
Amazon以外での利用 1%

Amazon以外での利用で加算されるポイントは1%(100円につき1ポイント)となっており、通常のクレジットカードとしても高還元率といってもいいでしょう。

楽天カードのポイント還元率も1%ですが、世間一般的なクレジットカードは0.5%(200円につき1ポイント)のものが多く、Amazon MasterCardクラシックはAmazon以外での利用でもしっかりとポイントが付くのが特徴となっています。

Amazonでの利用の場合は1.5%(100円につき1.5ポイント)となり、年額3,900円のプライム会員なら2%(100円につき2ポイント)にポイント還元率が跳ね上がることになります。また、Amazonサイバーマンデーといったセール期間中はポイントの還元率が+1%となり、プライム会員なら3%(100円につき3ポイント)になるので相当お得になる事は間違いないです。

プライム会員になるとさらにお得に

プライム会員になるには3,900円/年を支払う必要がありますが、Amazonで年間195,000円(16,250円/月)の買い物で3900ポイントを貰うことができるので、Amazonで買い物をよくする人はプライム会員になってもいいと思います。

ちなみに、AmazonにはAmazon MasterCardクラシックカード以外でもポイントが付く商品があるので、実際にはもっと少ない金額で3,900ポイントに達することができます。ポイントが付く商品は一部に限られますが、ポイントの付く商品は値段の下にポイントという項目が表示されるのでチェックしてみましょう。

20171206145908j:plain

例えば、ポイントが5%付く商品の場合だと5%のポイントに加えてAmazon MasterCardクラシックの還元率である2%のポイントが追加されることになり、約7%のポイントをゲットすることが可能です。

20171206145710j:plain

つまり、ポイントの付く商品をAmazon MasterCardクラシックやゴールドで購入することで、Wでポイントをもらうことができる。ということになります。

ちなみに、プライム会員になることでAmazonでの買い物が多い人であれば送料が無料になったり、Amazonプライムビデオが見れるようになったりと、それ以外のメリットはかなり高いと思います。

即時審査サービスですぐにカードを利用できる

Amazon MasterCardクラシックは即時審査サービスを使うことで、通常なら数日かかってしまう審査がサイト上でその場で完了してしまうという素晴らしいサービスを提供しています。

普通はクレジットカードを手に入れて使うまで1週間以上かかってしまうのが当たり前ですが、Amazon MasterCardクラシックは当日から利用することが可能となります。(使うことができるのはAmazonテンポラリーカードという番号情報のみでAmazonで最大30,000までの決済が可能)

実際に僕も即時審査サービスを使ってAmazon MasterCardクラシックを申し込みをしてみました。

20171205163347j:plain

Amazon MasterCardクラシックの申し込むには振替口座となる銀行の通帳かカード(口座番号がわかるもの)と本人確認のための運転免許証が必要となるので、申し込む前に準備をしておきましょう。

申し込みのページから本人情報、職業などの情報を入力をしていくと「オンライン口座振替設定」という画面が表示されます。

20171205163528j:plain

即時審査サービスはオンライン口座振替に対応した金融機関でないと利用することができないので注意しましょう。

20171205164059j:plain

地方銀行も対応しているので地方に住んでいる人でもメインバンクを振替口座にすることができそうです。メジャーどころの楽天銀行が対応していないのはライバルだからでしょうかね?

最初、楽天銀行を振替口座に指定しようと思っていたので仕方なく地方銀行にしましたが。

口座情報を入力していき申し込みを進めていくと画面が切り替わってAmazon MasterCardクラシックの審査が開始されます。

20171205164200j:plain

申し込み完了です。

20171205164310j:plain

どうやら審査は通ったようですね。Amazonテンポラリーカードを利用することができるようになりました。

20171205164415j:plain

Amazonテンポラリーカードは上限3万円までAmazonで決済をすることができ、有効期限が3ヶ月となっている仮のカードとなります。

ここから本審査が始まるのですが、もし審査が通らなかった場合は審査が通らなかった時点でAmazonテンポラリーカードの利用が停止され、使った分に関してはは登録した口座から引き落としされることになります。

本審査は数時間後に完了したというメールが入ってきました。かなりスピーディですね。最短で3営業日でAmazon MasterCardクラシックのカードが手元に届くので、サイバーマンデーに間に合いそう。

なお、申し込みから1日後にはAmazonの管理画面に本物のAmazon MasterCardクラシックの情報が追加されます。

20171205165309j:plain

もちろん、すでにこのカードを使って決済することが可能でした。手元にカードが届かなくてもAmazon MasterCardクラシックを使って使ってバシバシと決済をすることができるということになりますね。

AmazonサイバーマンデーはAmazon MasterCardクラシックとAmazon MasterCardゴールドのポイント還元率が高くなる時期なので、これに間に合わせたい人もまだ間に合うかも?

Amazon MasterCardクラシックのデメリット 

一応、Amazon MasterCardクラシックのデメリットですが、そんなにないですね。唯一デメリットを書くならば海外旅行傷害保険、国内旅行保険が付帯していないという点でしょうか。保証されるのはショッピング補償の100万円のみとなっています。

旅行が好きな人はAmazon MasterCardクラシックではなく旅行保険もきちんと付帯されるJALカードやANAカードなどを持っていると思いますし、Amazon MasterCardクラシックに旅行保険はなくても付帯されていなくても問題ないのかなーと。

もし、必要であれば上位カードのAmazon MasterCardゴールドなら旅行保険も付くので安心です。

海外旅行傷害保険

  • 死亡・後遺障害:最高5,000万円
  • 治療費用:300万円
  • 携行品損害:50万円
  • 賠償責任:5,000万円
  • 救援者費用:500万円

国内旅行保険

  • 死亡・後遺症障害:最高5,000万円
  • 治療保険:日額5,000円
  • 通院保険金:日額2,000円
  • 手術保険金:最高20万円

その他付帯保険 

  • ショッピング補償:最高300万円

Amazon MasterCardゴールドは年会費10,800円と高額ですが、3,900円/年のプライム会員込みで、Amazonのポイント還元率が2.5%となります。また、マイ・ペイすリボに登録し前年度にカードを1回でも利用していれば5,400円割引となるので、ほとんど年会費をかけることなくAmazon MasterCardゴールドを持つことも可能ですね。

僕もゴールドにすれば良かったのかもしれませんが、入会ポイントが貰えないのでとりあえずクラシックにしてみました。Amazonでの買い物がもっともっと増えるならゴールドも検討してみてもいいのかも。

というわけで、とりあえずAmazon MasterCardクラシックでしばらくAmazonライフを楽しんでみようかなと思っています。