シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

PowerShot G1 X Mark Ⅲ レビュー!小型ボディにAPS-Cセンサーとズームレンズを搭載した魅力的なコンデジ!

CanonからAPS-Cイメージセンサーを搭載した高級コンパクトデジカメPowerShot G1 X Mark Ⅲが2017年11月下旬にリリースされますが、超がつくほどのコンパクトボディなのにAPS-C、ズームレンズを搭載したという事で、発表時からかなり気になっていました。という事で、銀座にあるキヤノンのショールームに行ってデモ機を触ってきたので触った感触などを書いていきたいと思います。

 

f:id:kazu-log:20171116112204j:plain

PowerShot G1 X Mark Ⅲ

PowerShot G1 X Mark Ⅲは旧モデルのMark Ⅱのコンパクトデジカメ風のデザインからミラーレス一眼スタイル風にガラッと雰囲気を変えました。というのも、Mark Ⅲは電子ビューファインダーが標準搭載されたことから、ミラーレス機っぽいデザインに変更されたようです。(左からPowerShot G1 X Mark Ⅲ、PowerShot G1 X Mark Ⅱ、PowerShot G7 X Mark Ⅱ)

f:id:kazu-log:20171116112934j:plain

このデザインを一目見ただけで一目惚れですよ。なかなかカッコいいと思う。

スペックの比較

新型のPowerShot G1 X Mark Ⅲと旧型のPowerShot G1 X Mark Ⅱ、そして2016年にリリースされた兄弟機でもあるPowerShot G7 X Mark Ⅱのスペックを比較してみたいと思います。

  Power Shot
G1 X Mark Ⅲ
Power Shot
G1 X Mark Ⅱ
Power Shot
G7 X Mark Ⅱ
イメージセンサー

APS-C CMOS
(332.27㎟)
約2,420万画素

1.5型高感度CMOS
(233.75㎟)
約1,310万画素
1.0型高感度CMOS
(116.16㎟)
(裏面照射型)
約2,010万画素
映像エンジン DiGic 7 DiGic 6 DiGic 7
レンズ構成枚数 8群9枚
両面非球面レンズ3枚
片面非球面レンズ1枚
11群14枚
両面非球面UAレンズ1枚
両面非球面レンズ2枚
9群11枚
両面非球面レンズ1枚
片面非球面UAレンズ1枚
片面非球面レンズ1枚
UDレンズ1枚
レンズ
焦点距離
(35mm換算)
24 - 72mm 24 - 120mm 24 - 100mm
開放F値 F2.8 - F5.6 F2.0 - F3.9 F1.8 - F2.8
ISO感度 ISO 100~25600 ISO 100~12800 ISO 125~12800
光学ズーム 3倍 5倍 4.2倍
撮影距離 10cm~∞(W)
30cm~∞(T)
5cm~∞(W)
40cm~∞(T)
5cm~∞(W)
40cm~∞(T)
シャッタースピード BULB、30~1/2000秒 60~1/4000秒 BULB、30~1/2000秒
絞り F2.8-F16(W)
F5.6-F16(T)
F2.0-F16(W)
F3.9-F16(T)
F1.8-F11(W)
F2.8-F11(T)
オートフォーカス TTLオートフォーカス
(デュアルピクセルCMOS AF)
マニュアルフォーカス
コンティニュアス
サーボAF
マニュアルフォーカス
TTLオートフォーカス
マニュアルフォーカス
NDフィルター ON/OFF切り替え可能(減光3段分) - ON/OFF切り替え可能(減光3段分)
光学手ブレ補正(IS) 4.0段(テレ端) 3.5段(テレ端) 4.0段(テレ端)
連続撮影 約9.0コマ/秒 約5.2枚/秒 約8.0枚/秒
動画 1920×1080(60fps) 1920×1080(30fps) 1920×1080(60fps)
撮影可能枚数(通常/エコモード) 約200枚/約250枚 約240枚/約300枚 約265枚/約355枚
液晶 3.0インチ(約104万ドット)
バリアングル・タッチパネル液晶
3.0インチ(約104万ドット)
チルト・タッチパネル液晶
電子ビューファインダー 約236万ドット - -
Wi-Fi/NFC 対応 Wi-Fiのみ対応 対応
Bluetooth 対応(4.1) - -
防塵防滴 対応 - -
大きさ(幅・高さ・奥行き) 115.0 × 77.9 × 51.4mm 116.3 × 74.0 × 66.2mm 105.5 × 60.9 × 42.2mm
質量(バッテリーおよびメモリーカード含む/本体のみ) 約399g/約375g 約553g/約516g 約319g/約294g

よくもまあ、これだけの小さい筐体にこれだけの機能を詰め込んだものだなと感心してしまいますが、詳しく何がどう違うのかを見ていきます。

小型ボディにAPS-Cセンサーを搭載

PowerShot G1 X Mark Ⅲの本体サイズはとにかく小さいです。高級コンデジなのでコンパクトでないといけないのは当たり前のことですが、この小さなボディの中にCanonの2400万画素のAPS-Cイメージセンサーを詰め込んでいることに驚きです。

f:id:kazu-log:20171116112900j:plain

旧モデルは1.5型イメージセンサー(マイクロフォーサーズよりも少しだけ大きいサイズ)を搭載していましたが、それよりも大きいサイズのAPS-Cを搭載しながらサイズダウンをしているのが凄まじいですね。

f:id:kazu-log:20171116112914j:plain

バッテリー込みで399gって相当軽いですし、非常に魅力的。

2400万画素のAPS-Cセンサーはデュアルピクセル搭載でAF速度も高速です。おそらく、一眼レフカメラのEOS kiss 9/9i/9000D、EOS 80Dなどに搭載しているセンサーと同じものを採用しているのでしょう。パーツを共通化させることでコストダウン効果も期待したキヤノンらしい設計とも言えそうですね。

コンパクトボディにズームレンズを搭載

300g台のAPS-C搭載のコンデジは今までもありました。富士フイルムのX70や、RICOH GR2にいたっては260gというコンパクトボディでした。なので、399gの重量に感動するほどでもないのですが、PowerShot G1 X Mark Ⅲの凄いところはコンパクトボディに24-72mmのズームレンズを搭載している点でしょうか。

f:id:kazu-log:20171116112451j:plain

ズームレンズを搭載しているのにこんなにコンパクトボディのコンデジは今まで無かったんじゃないのかなと思います。技術の進歩を感じますしCanonもなかなか頑張っているんだなと。

ズームしない時はこんな感じ。

f:id:kazu-log:20171116112349j:plain

レンズの周囲にコントロールリングが搭載されており露出や絞りなどを簡単に調整することも可能。旧型のPowerShot G1 X Mark ⅡデュアルコントロールリングでしたがPowerShot G1 X Mark Ⅲはシングルコントロールリングになってしまいましたが、シャッターボタンのある前面部分に新たにスムーズダイアルが搭載されたことでより、日本の手を使って細かく調整することができるように進化しています。内蔵ストロボも搭載しているのでいざという時に役に立ちます。

レンズカバーがないのが残念

少し残念なポイントとして電源をOFFにしてもレンズカバーが閉じない仕様となってしまったところでしょうか。

電源OFFにしてもレンズカバーが出てこないのでレンズがむき出し状態になってしまいます。今までのPowerShotシリーズは電源をOFFにすれば自動的にレンズカバーが閉まる仕組みになっていただけにかなりのマイナスポイントと言えるかも。本体重量が399gであることを考えると開発時の仕様に「400gは絶対に切る」が目標にあったのかもしれませんね。400g越えてもいいからレンズカバーは搭載して欲しかった。

EOS M5に似た操作ダイヤル

操作はミラーレス一眼カメラのEOS M5と似た感じとなっており、左側にモード切り替えダイヤル、右側に露出ダイヤル、シャッター、ズームリング、各種設定ボタンなどなどが搭載されているデザインに。

f:id:kazu-log:20171116112505j:plain

EOSをベースとしたメニュー構成になっているのでCanonの一眼レフカメラを使っている人にとっては違和感なく使うことができると思います。

電子ビューファインダーの画質が綺麗

PowerShot G1 X Mark Ⅲは電子ビューファインダーを内蔵しています。

画質は色合いも良くとても綺麗でした。液晶ディスプレイが104万ドットなのに対しこんなに小さい電子ビューファインダーは236万ドットとなっています。表示遅延も少なく電子ビューファインダーで撮影するのが楽しくなってくると思います。片手サイズのカメラなのに電子ビューとはいえファインダーで写真を撮ることができる喜びを得ることができるのは素敵すぎます。

Wi-FiとBluetoothに対応

PowerShot G1 X Mark ⅢはWi-FiとBluetoothに対応しています。スマホとBluetoothで一度ペアリングをすることでスマホでカメラ内の撮影した写真のチェックをする事ができ、スマホに画像を簡単に転送する事ができるのでInstagramなどのSNSに気軽のアップする事ができます。

ついつい手軽なiPhoneで写真を撮影してしまいがちですが、PowerShot G1 X Mark Ⅲならカバンの中に忍ばせておいて簡単にiPhoneに転送する事ができるので、普段から持ち歩くには最強のカメラと言えるかもしれせんね。

 

画質はどう?

PowerShot G1 X Mark Ⅲの画質についてですが、カメラの液晶画面上で写真をズームして確認したレベルでの評価となりますが、画質はAPS-Cセンサーということもあり綺麗にボケるし細かいところの描写もそこそこ綺麗です。

1.5型のセンサーのPowerShot G1 X Mark Ⅱや1型のセンサーのPowerShot G7 X Mark Ⅱと比較してみましたが、細かいところの描写がPowerShot G1 X Mark Ⅲはとても自然に表現できているように見えました。

ただし、EOSのエントリー機であるEOS kiss 9/9i/9000DやEOS Mシリーズのような画質を期待してはいけないのかなとも思います。あくまで液晶画面でチェックしたものですが、撮影した写真を拡大してみると周辺の解像感がイマイチだなーと思う部分もあります。(それでも1型センサーのPowerShot G7 X Mark Ⅱよりは全然綺麗です。)

やはり、小型設計のズームレンズに若干無理があるのかもしれません。サイズ的に優位なEF-MやEF-Sレンズの性能に比べると劣るのは当然だと思います。

とはいえ、広角側はF2.8と明るい分類のレンズですし、4段分の光学式手ぶれ補正機能を搭載して、光学ズームを利用できさらに防塵防滴仕様なので普段のポートレートなどの撮影では非常に扱いやすいと思います。

もちろん、APS-Cの大型センサーなのでボケ量もバッチリでした。雰囲気ある写真をこのコンパクトなPowerShot G1 X Mark Ⅲ一台で十分にこなすことができそうです。

物撮りには向いていない

ブログを書いているとレビュー記事とかで物撮りすることがあります。

僕は基本的にCanon EOS 9000DにEF-S 35mm F2.8のLEDライトが搭載されたマクロレンズを使っている(か、FUJIFILM X-T2 & XF16-55mm F2.8を使う)のですが、もしかしてPowerShot G1 X Mark Ⅲでイケるのではないか。

もし、PowerShot G1 X Mark ⅢでイケるならEOS 9000Dを売却してコンデジ(PowerShot G1 X Mark Ⅲ)+ミラーレス機(FUJIFILM X-T2)の体制でイケるんじゃないか?

そんな淡い期待も込めて実機を触っていたのですが、PowerShot G1 X Mark Ⅲは広角側でマクロ10cmまで寄ることができますが、ちょっと微妙な感じでした。もうちょっと寄りたいのに寄れないという場面が結構多かった。

10cmって数字上は結構近くまで寄れる雰囲気がありますが物撮りの場合は結構遠いですね。(EF-S 35mm F2.8はレンズ先端から3cmまで寄れるので当然の結果なのか。)

なので、もし物撮りにも使いたい場合ははマクロ撮影5cmまで可能なPowerShot G1 X Mark ⅡやPowerShot G7 X Mark Ⅱの方がいいのかなと思います。隣になった実機で試してみましたが十分に使えるレベルです。画質もそこそこ綺麗ですし、しかもPowerShot G7 X Mark Ⅱは開放F値がF1.8-2.8と明るいのも魅力的。

RICOH GR/GRⅡと比べてどう?

PowerShot G1 X Mark Ⅲは2400万画素、RICOH GR/GRⅡは1600万画素のAPS-Cのイメージセンサーを搭載しています。画素数から見ればPowerShot G1 X Mark Ⅲの方が高精細な写真を撮影する事ができます。

しかし、解像感はズームレンズのPowerShot G1 X Mark Ⅲよりも単焦点レンズを搭載しているRICOH GR/GRⅡの方が上のように感じました。dereviewにてサンプル写真が多数アップされているのでかなり参考になるかと思います。

→ PowerShot G1 X Mark Ⅲ Sample galleries: Digital Photography Review
→ RICOH GRⅡ Sample galleries: Digital Photography Review

やはり、単焦点レンズのRICOH GRの画質はなかなか綺麗。ズームいらないならGR、ズーム欲しいならPowerShot G1 X Mark Ⅲなのかな〜。

まとめ

実際にデモ機を手にして感じたのは、APS-Cセンサーを搭載した小型コンデジでズームレンズを搭載したPowerShot G1 X Mark Ⅲは普段使いのカメラとしては非常に魅力的なのではないのかなと感じました。カバンの中に常に入れておくととても便利に使う事ができそうです。

ただ、初値が少々高いのでちょっと考えてしまいますよね。この価格帯だとOLYMPUSやPanasonicの小型ミラーレス機の方がいいんじゃないかって思いますし。価格が下がってきたらかなり魅力度が上がってきそうです。