読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

HUAWEI nova liteの実機レビュー!iPhoneに似たデザインで2万円とは思えない高級感ある格安スマホ!

HUAWEI(ファーウェイ)がMVNO向けに2017年2月24日より販売を開始した格安スマホ「HUAWEI nova lite」を手に入れたのでレビューをしたいと思います!

nova liteはHUAWEIの新シリーズスマートフォンとなっており、基本的に契約とのセット販売で手に入れることができるモデルとなっているようですがイオンモバイルやNTTコム(goo Simseller)などでは契約なしでも購入することができます。NTTコムはビックリするくらい安い価格で販売されていたので速攻で品切れになったみたいですけどね。なので、僕はイオンモバイルのオンラインショップからnova liteをゲットしてみました。

 

HUAWEI nova liteの実機レビュー!

正面のデザインはiPhone7にそっくり!

nova liteはP9 liteとほぼ同じ価格帯のスマートフォンとなっており20,000円前後で購入することができる格安スマホです。ディスプレイの保護ガラスは丸みを帯びたエッジフォルムデザインを採用しパッと見はAppleのiPhone7を彷彿とさせるデザインとなっています。

HUAWEI nova lite

なんだろう。スマートフォン本体の角のRがiPhoneと同じになったから、iPhoneに似ているように見えるのでしょうね。ここまでパクってくるとは、さすがHUAWEI。

左からiPhone7、HUAWEI nova lite、P9 liteとなっていますがどうでしょうか。nova liteにホームボタンがついたらiPhoneそのもののデザインになってしまいますよ。

iPhone7とHUAWEI nova liteとP9 lite

nova liteとP9 liteのスペックと性能の比較

さて、nova liteのスペックは基本的にはP9 liteをブラッシュアップしたものとなっており、CPUのクロック数が少しだけ向上しRAMが2GBから3GBに増えています。そして、NTTドコモとソフトバンクの回線で使うことができます。

  HUAWEI nova lite HUAWEI P9lite
回線 SIMフリー
(NTTドコモ、ソフトバンク回線)
OS Android 7.0 Nougat
Emotion UI 5.0
Android 6.0 Marshmallow
Emotion UI 4.1
CPU Huawei Kirin655
オクタコア
(4×2.1GHz+4x1.7GHz)
Huawei Kirin650
オクタコア
(4×2.0GHz+4x1.7GHz)
RAM 3GB
ROM 16GB / Micro-SDスロット(最大128GB)
ディスプレイ 5.2インチ FHD(1920×1080) IPS(in-cell)
カメラ メインカメラ:1200万画素(開口部F2.2/AF/BSI)
インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)
メインカメラ:1300万画素(開口部F2.0/AF/BSI)
インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)
バッテリー 3000mAh
通信速度 <受信時最大150Mbps
送信時最大50Mbps
通信方式 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Bluetooth通信:v 4.1
Wi-Fi:802.11b/g/n(2.4GHz)
カラー ゴールド、ホワイト、ブラック
本体サイズ 高さ約147.2 mm、幅約72.94 mm、厚さ約7.6 mm、重さ約147 g 高さ約146.8 mm、幅約72.6 mm、厚さ約7.5 mm、重さ約147 g
スロット Nano-SIM × 2 microSDカード

ただし、カメラが1300万画素から1200万画素と少なくりレンズの明るさもF2.0からF2.2にスペックダウンしてしまうことになります。まあ、あくまで数値上の違いなので、実際にどこまで違いがあるのかは、これから使ってみてと言ったところでしょうか。

Geekbench 4でCPUの性能を測定してみました。左からP9 lite Premium、P9 lite、nova lite、iPhone7の4機種です。

HUAWEI nova liteの性能比較

nova liteとP9 liteはほぼ同じ性能となっていますね。P9 lite Premiumがプレミアムの称号があるのに性能が低いってどうなんだろうか。iPhone7はマルチコアスコアが5000超えの貫禄です。

HUAWEI nova lite 付属品レビュー

nova liteの箱はHUAWEIお馴染みの白色のデザインですが、P9 liteと違い横長のパッケージになっていますね。確かP8 liteのパッケージがこのスタイルだった記憶が

HUAWEI nova liteの箱

最初からテープが切れていました。

20170226174009j:plain

イオンモバイルが中を開いたのかな...。新品なのに良い気分がしませんね。多分、イオンモバイルのアプリなどをインストールしてあるんでしょうね。

箱を開くとnova lite本体が横に突き刺さった状態で梱包されています。

HUAWEI nova liteの中身

完全に誰か出した形跡あるよねー。まあ、MVNO経由で購入すると仕方ないのかもしれませんが。中に入っているものを確認すると説明書、ヘッドフォンイヤホン、充電アダプタ、USBケーブル(Micro-B)、専用のクリアケースが入っています。

HUAWEI nova liteの付属品

nova lite専用のクリアケースが入っているのは嬉しいですね。量販店ではあまり販売されるようなモデルじゃないのでケースを探すのも一苦労だと思うので最初から付いてくるのはナイスです。

 

HUAWEI nova lite 外観レビュー

電源を入れてみると一番いい場所にイオンモバイルのアプリのウェジェットが設定されていました。

20170226174038j:plain

必要ないのでサクッと削除します。

20170226174217j:plain

それにしても、正面から見た感じが本当にiPhoneだわー。ラウンドエッジフォルムなので持ち心地もiPhone6/6s/7に近いところがあってiPhoneから乗り換えたとしても、そんなに違和感を感じないかもしれません。これで十分なんじゃないだろうか..とも思えてくる。

HUAWEI nova lite 本体

背面部分はアルミではなくガラス素材になっています。次期iPhoneがガラス素材になるのではないかと言われていますが、HUAWEI nova liteが一足先にそのデザインを実現したことになります。

保護フィルムが貼られているので剥がします。

HUAWEI nova lite フィルム

背面部分はガラス素材が採用され、とてもすっきりとしたデザインになっています。指紋認証リーダーのデザインもiPhoneのホームボタンに何処と無く似ているようにも見えますが....

HUAWEI nova lite 背面のデザイン

正面からのデザインは相変わらずiPhoneみたいです。手に持った感じのiPhoneのような持ち心地なので、iPhoneから乗り換えたとしても違和感なく使うことができるかもしれませんね。てか、これでいいんじゃないかなと思ってしまう。

HUAWEI nova lite 本体デザイン

本体下にスピーカー、マイク、USBコネクタ(Micro-B)が搭載されています。

nova lite USBコネクタ

nova liteは最新モデルなのにSB-Cではないのが非常に残念。

2017年に入ったんだから統一規格のUSB-Cを採用しようよ。ただ、USB-Cはコネクタのサイズは少しだけ大きいので設計を大幅に見直さないといけないのかもしれません。

本体上にヘッドフォンジャックが搭載されています。

nova lite ヘッドフォンジャック

ディスプレイが丸みを帯びているのがわかりますねー。本体右側の電源ボタンと音量ボタンが搭載されています。

nova lite 音量ボタンと電源ボタン

本体左側にSIMカードスロット(microSDカード)をが搭載されています。

nova lite SIMカードスロット

付属のピンを使ってカードスロットを開けると...

20170226181145j:plain

SIMカードとmicroSDカードを乗せることができるトレイができています。

nova lite デュアルSIM

SIMカードの種類はnanoSIMで2枚載せてデュアルスタンバイモードにすることができます。

nova lite デュアルSIM

しかし、nova liteもスロット2は2G(GSM)のみの対応となっているので日本でこのスロットの恩恵を受けることができません。なので、おとなしくmicroSDカードを入れておきましょうね。

nova liteはフラットタイプのカメラレンズを採用しているので、iPhoneのようにいでっぱりはなくとてもシンプルなデザインになっています。

nova lite カメラレンズ

シングルタイプのLEDフラッシュですが、明るさは十分で普通に夜でも撮影をすることができます。

nova lite LEDフラッシュ

いいね、このガラス素材の筐体は。今回購入したのはホワイトモデルなので指紋もほとんど目立たないですし、普段使いのスマートフォンとして十分な能力を持っていそうな感じがします。

 

まとめ

HUAWEI nova liteの端末価格はおおよそ20,000円とP9 liteとほぼ同価格で手に入れることができますが、RAMの容量が3GBにアップグレードされるなど操作性に関わる部分がブラッシュアップされているので、格安SIMを契約するときにスマホも同時購入するときにnova liteとP9 liteを選ぶことができる場合はnova liteを選んだ方がいいのかなと思います。

好みの問題かもしれませんが、デザインもnova liteの方がカッコいいように思います。

nova lite 本体デザイン

(左:nova lite、右:P9 lite)

同じ5.2インチのディスプレイを搭載してる両モデルですが、持ちやすさは確実にnova liteに方が上だと思いますよ。

nova liteはAmazonなどから購入することができず、各格安SIM業者(MVNO)から購入する必要があります。端末単体で購入したい場合はイオンモバイルなら今ところ購入できます。ただ、基本的にはセット販売することを条件に低価格で購入することができるモデルだったので、いつまで購入できるかは不明。

楽天モバイルでもnova liteを購入することができます。少し前まで通信速度が遅いなーと思っていたましたが、最近になって速度が高速化してきたので、かけ放題プランもあるので使い勝手の良い格安SIMなのでおすすめ。

▶︎ 楽天モバイル

LINEモバイルでもnova liteを購入することができます。やはりSNSのデータが消費しないというのは大きなメリットですよね。ただ、かけ放題プランがないのがネックかもしれません。

▶︎LINEモバイル

P9 liteなら普通にAmazonなどから購入できます。

P9 liteのレビュー記事はこちら!

nova liteとP9 liteを比較した記事はこちら!