シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Fire TV StickとAmazon Fire TVの違いは?できることや機能の差を比較してみた!

簡単なセットアップでAmazonの動画や映画などのコンテンツを楽しむ事ができるFire TV Stickを購入しました。随分前ですがプライムデーで安く手にしたもので。、しばらく放置してあったのですがせっかくなのでFire TV StickFire TVについて、どんなコトができるのか、操作性はどうなのか、などアレコレと紹介したいと思います。

 

Fire TV StickとAmazon Fire TVについて

Fire TVで出来ること

動画配信サービスを観ることができる

Fire TV StickとFire TVを使うことでAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを観ることができます。Fire TV StickとFire TVを買う人の大半はAmazonプライムビデオを視聴するためなのではないでしょうか。

Amazonプライムビデオ

スマホやタブレットからもAmazonプライムビデオを観ることができますが、やっぱりリビングにある大きいテレビで映画とかを見たくなりますよね。また、子供向けのアニメもたくさん配信されているのでお子さんがいる家庭にもオススメです。

アプリをインストールできる

Amazonに公開されているアプリをインストールすることができるので Amazonプライムビデオの他に、NetflixやHulu、dTV、DAZNなど他社の動画配信サービスを楽しむこともできます。もちろん、有料サービスなので別途お金が掛かってきますが。

Fire TV アプリ

あ、YouTubeやAbemaTVは無料で観ることができますね。

その他、ゲームなど

他にもFire TV StickとFire TVで楽しむことができるコンテンツがたくさんあるのでまとめました。

  • Amazonプライムビデオで映画や動画コンテンツを楽しむ
  • Amazonミュージックで100万曲聴き放題
  • プライムフォトでスマホから保存した写真を見る
  • ゲームをインストールして遊ぶ(コンテンツは限られるがMinecraft、FFなどがあ遊べる)
  • スマホの画面をミラーリング表示

まあ、メインとしての使い方は Amazonプライムビデオを見ることでしょうか。Fire TV Stickを購入する人の大半はAmazonプライムに加入していると思いますし。(わかりませんが。)

あとはBGMとしてAmazonミュージックを聴いたりする使い方もなかなか良いように思いますね。

Amazonプライム会員ならお得

年間3,900円(月額400円)のAmazonプライム会員ならFire TV StickやFire TVを安く購入することができます。特に年に一度のプライムデーではかなり安く購入することができます。

また、Amazonプライムビデオが無料で視聴することができ、映画、ドラマ、アニメなどが多数のコンテンツを観ることができます。最近では Amazonオリジナルのコンテンツも増えてきており(ドキュメンタル、ドラマ「FACE-サイバー犯罪特捜班-」、今田×東野のカリギュラ...など)あります。

Fire TV StickとAmazon Fire TVの違い

Fire TV Stickとは?

Fire TV Stickはスティック型の小さいデバイスとなっており、テレビのHDMI入力に直接接続することで、Amazonで配信している動画配信サービス「Amazonプライムビデオ(映画やドラマ、アニメなど)」をテレビで楽しむ事ができる端末となっています。

通常価格でも4,980円とかなりリーズナブルとなっており、セールをやっていることが多く4,000円以下で購入することができることもあります。

Amazon Fire TVとは?

Amazon Fire TVはセットトップボックス型のデバイスとなっており、Fire TV Stickの上位モデルとなっています。基本的にできることはFire TV Stickと同じですが、Fire TVは4K解像度の出力に対応しているのが最大のポイント言えるでしょう。

4Kに対応しているコンテンツはまだまだ少ないので恩恵を受けることは少ないですが、リビングに4Kテレビが置いてあるなら、Fire TVを購入した方が良いのかもしれません。ただ、大手メーカーの4Kテレビの場合は最初からAmazonプライムビデオのアプリがプリインストールされているモデルがほとんどなので、わざわざFire TVを購入するほどでもないのかもしれません。

スペックの違いを比較

Fire TV StickとFire TVのスペックの違いを比較してみましょう。

  Fire TV Stick Amazon Fire TV
CPU MediaTek クアッドコア
1.3 GHz
MediaTek クアッドコア
2.0 GHz
GPU Mali450 MP4 Power VR GX6250
RAM 1GB LPDDR3 2GB LPDDR3
GPU Mali450 MP4 Power VR GX6250
ストレージ 8GB
Bluetooth Bluetooth 4.1
入出力端子 HDMI1.4b(HDCP1.4) HDMI2.0(HDCP 2.2)
ヘッドフォンジャック
10/100 Ethernet
microSDカードスロット
USB2.0ポート
Audio Dolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー
映像出力 720/1080p 60fps
(最大フルHD)
2160p 30fps
720/1080p 60fps
(最大4K)
ゲームコントローラー Amazon Fire TVゲームコントローラー Amazon Fire TVゲームコントローラー
Bluetoothコントローラー
サイズ 85.9 x 30.0 x 12.6 mm 115 x 115 x 17.8 mm
重量 32g 270g
価格 4,980円 11,980円

出力解像度の違い

Fire TVはFire TV Stickと比べてもCPUのクロック周波数が2.0GHzに高速化され、GPUもより性能の高いものが採用され、RAMの容量も2GBに強化されており、4Kコンテンツの再生に対応しています。この部分がFire TV Stickとの大きな違いともいえるでしょう。

4Kテレビに接続することを検討しているのであればFire TVを選んだ方がいいと思います。

ゲームの快適性

Fire TVはより性能の高いCPU/GPUを採用しRAMの容量も多いので、ゲームの動作Fire TV Stickよりも快適に動作します。また、性能の低いFire TV Stickに対応していないアプリも一部存在しているので、アプリを目的にFire TVの導入を検討しているのであればFire TV stickは選ばない方がいいのかもしれません。

Fire TVなら他社のゲームコントローラーをUSB接続可能

ゲームは付属のリモコンでの操作も可能ですが遊びにくかったりゲームのジャンルによっては操作できないものもあるので、専用のゲームコントローラーを使用する必要があります。

ちょっと高いのが難点ですね。しかし、Fire TVならPS4やX-box oneなどのコントローラーをUSB接続することができます。まあ、ゲーム目的でFire TVを購入することはないようにも思いますが。

ストレージ容量

Fire TV stickとFire TVのストレージ容量はともに8GBとかなり少なくなってます。ゲームアプリを数本インストールしたら容量がいっぱいになってしまいますよね。

そんな時はFire TVならmicroSDカードを入れることができ、ストレージ容量を大幅に増やすこともできるので、ゲームなどもガッツリと楽しむことが可能です。

Fire TV Stick 実機レビュー

では、実際に購入したFire TV Stickはどんなモノなのか見ていきましょー。

Fire TV Stick パッケージ

付属品が意外と多く、本体のスティック、リモコン、HDMI延長ケーブル、電源ケーブル(USB Micro-B)、電源アダプタなどが入っています。

Fire TV Stick 付属品

モニターに直接接続することができないことも考えてHDMIの延長ケーブルが入っているのは、とても優しいですね。これで4,980円で購入できるって安い。セール期間だったら3,000〜4,000円で買えちゃいますしね。

Fire TV Stick本体よりもリモコンの方が大きいというね。

Fire TV Stick 本体とリモコン

きちんとAmazonの電池も付属しています。

リモコンの電池

リモコンは赤外線ではなくBluetooth接続なのでモニターの裏側にあるHDMI端子に接続して逆方向に向けていても問題なく操作する事ができるのが良いところ。

Fire TV Stickをモニターに接続

AppleでいうApple TVのようなデバイスになるのですがAppleTVは据え置き型でテレビの場所に置く場所を考えないといけませんが、Fire TV Stickはスティック型なので本体を置く場所を確保する必要がないので、設置場所に困る事がありません。

電源の供給が必要

ちなみに電源の供給は必要なので付属のUSBケーブル(Micro-B)と電源アダプタを使ってコンセントに繋ぐ必要があります。

Fire TV Stick 電源接続

HDMIって電力供給はほとんどしてないのかな。詳しくは分からないけど、HDMIに挿すだけで使えるって公式の説明文に書いてあったのでてっきりHDMIにFire TV Stickを接続するだけで使えるもんだと思っていました。

何れにしても電源に接続する必要があるので電源アダプタの空きに注意しましょう。

Fire TV Stickの初期設定

Fire TV Stickの初期設定は非常に簡単です。

モニターのHDMI端子にFire TV Stickを接続し電源アダプタをコンセントに入れると同時に電源がONになり、初期設定画面が表示されます。

Fire TV Stick ロゴ画面

最初に本体とリモコンのペアリング作業をします。「リモコンを検出中」という画面が表示したら「ホームボタン」を押すことでペアリングすることができます。

Fire TV Stickとリモコンのペアリング

言語設定をします。

Fire TV Stick 言語設定

Fire TV Stickは無線LAN環境が必須となっており、ネットーワークを選択してパスワードを入力します。

Fire TV Stick ネットワーク接続

Fire TV StickをAmazonから購入した場合は自動的にアカウント情報が紐付けされるので、アカウント情報に間違いなければ「〜さんのアカウントを使用」を選択します。もし、違う場合は「別のアカウントに変更」から再設定していきましょう。

Fire TV Stick アカウントせてい

以上で初期設定が完了。Amazonプライムビデオなどをふんだんに楽しむことができるようになります。

電源をOFFにする方法

Fire TV Stickの本体にはボタンらしいものが一切ないので実際に使ってみて一瞬迷ったのが電源の切り方です。

基本的に電源を切ることはできない仕様となっており、何も操作をせずに放置しておくことで自動的にスリープモードに切り替わるようになっています。

もし、強制的にスリープしたい場合はリモコンの「ホームボタン」を長押しすると4つのショートカット機能(アプリ、スリープ、ミラーリング、設定)が表示されるので、「スリープ」を選択することで、休止モードにすることができます。

Fire TV Stick スリープモード

復帰はいずれかのボタンを押すことで可能となっているので、電源が落ちているわけではなく基本的に待機状態(スリープ)になっている模様。本当に電源を切りたい時はスリープ状態にしてから電源プラグを抜けばいいのでしょう。

念のためにスリープ状態になってから数十秒たってから電源プラグを抜いた方がトラブルが起こりにくいかもしれませんね。

意外とサクサク快適に動作する

Fire TV Stickの性能はスペック的にはかなり低いものとなっていますが、UI画面がヌルヌルと動作し、映画を再生するときも待つことなくすぐに再生することができるので、意外にも快適に動作しています。おそらく搭載しているOSが軽量なんでしょうね。

より高スペックのFire TVもサクサク動作することは間違ありませんが、基本的には4Kコンテンツを扱うために必要なスペックなのでUI画面の快適性はさほど差がないのかもしれません。

 

最新テレビでは必要ないのでは?

我が家はリビングに置いてあるテレビはSONYの4K BRAVIAでOSがAndroid TVなのでAmazonプライムビデオはもちろん、Netflix、Hulu、YouTubeといった動画系アプリをインストールして観ることができます。

これはAndroid TVに限らず最近のテレビであれば最初から動画配信サービスのアプリがプリインストールされているので、基本的にFire TV Stickのようなデバイスは必要ないでしょう。

なので、僕も「Fire TV Stickなんて必要ないだろうなー」と思いながらもプライムデーで激安で販売されていたのをなんとなく購入したのですが、実際にFire TV Stickを使って見ると考えが少しだけ変わりました。

確かに必須ではないけどFire TV Stick側で操作した方が良いんじゃなかろうかとも思ってきます。というのも、これはSONYのBRAVIAの問題なのですがAndroid TVの動作・レスポンスがあまり速くないので、リモコン操作に対してワンテンポ遅れて反応したりするので、間違って操作してしまったり、Android TVの動作に少しだけストレスを感じてしまうこともあるんですよね。

なので、テレビ側にこのような動画配信専用アプリがインストールされていたとしても、Amazonプライムビデオを多用する人はあえて動作サクサクのFire TV Stickを購入するのもいいのかも。

Fire TV Stickなら持ち運びもできますし、別部屋のテレビに接続したり、旅行先のホテルのテレビに接続して楽しむということもできますし利用の幅は広がると思います。

4Kテレビに接続する場合、ゲームを楽しみたいという場合はFire TVの方がいいでしょう。

なお、Fire TVとテレビの接続は別途HDMIケーブルが必要となります。付属していないので4K出力に対応したハイスピードタイプのHDMIケーブルの購入をお勧めします。